読了時間:約 2

ドコモで最新iPhoneを購入した場合はどんなプランやオプションを選べば良いのでしょうか。また、月額料金がどの程度になるのかも知っておきたいところです。

今回はそんなドコモでiPhoneを購入した場合のプラン・オプションの選び方に加え、プラン・割引毎の月額料金の目安をご紹介していきます。

iPhoneに機種変更しようかと考えている方は是非参考にしてみて下さい。

iPhoneのプランはどう選ぶ?

格安スマホの大容量プラン、どのくらいの容量の契約を選べばいいの?

基本プランの選び方

基本プランは通話に関するプランを指します。現在ドコモで提供されているプランの種類は、

  • シンプルプラン
  • カケホーダイプラン
  • カケホーダイライトプラン
  • データプラン

の4つとなっています。

各プランはそれぞれ明確にサービスが異なるので、基本プランを選ぶ際に『どう選べば良いのか分からない』と困ってしまうことは無いでしょう。

シンプルプラン

通話メインの人が選ぶおすすめの格安スマホと気を付けるポイント
シンプルプランは電話を掛けるよりも受ける方が多い方向けのプランで、データプラン以外の他のプランと同様家族内の通話が無料となっています。

料金は基本プランの中では最も安い980円(税抜)/月と格安ですが、自分から電話を掛けた際の通話料は20円/30秒とやや高額です。

仕事で使うスマホとは別にプライベートのスマホとして最新iPhoneを持ちたい、自分から電話を掛けることは滅多にないという方はシンプルプランを選ぶと良いでしょう。

カケホーダイプラン

カケホーダイプランでは国内通話が24時間無料になるため、自分から電話を掛けることが多いのならカケホーダイプランを選ぶと良いでしょう。

シンプルプランに比べると料金は2,700円(税抜)/月と高額ですが、長時間の電話をしたり電話を掛けたりすることが多いのならカケホーダイプランの方がお得になりやすいです。

カケホーダイライトプラン


電話を掛けることは多いけれど、長時間の通話はしない』という方におすすめなのがカケホーダイライトプランです。カケホーダイプランとカケホーダイライトプランの違いは5分以上の通話で通話料が掛かるかどうかにあります。

料金はカケホーダイプランが2,700円(税抜)/月であるのに対し、カケホーダイライトプランは1,700円(税抜)/月と1,000円もの差が出る計算となるので、少しでも携帯料金を下げたいのならカケホーダイライトプランの方がおすすめです。

長時間の通話をどの程度するのか分からないのなら、はじめはカケホーダイライトプランを契約して、5分では足りないと感じたらカケホーダイプランに切り替えるというのも良いでしょう。

基本プランの選び方
  • シンプルプラン…自分から電話を掛けることは滅多にない方
  • カケホーダイプラン…自分から電話を掛けることが多い方<
  • カケホーダイライトプラン…電話を掛けることは多いけれど、長時間の通話はしない方<

データプラン

データプランとは通話をしないプランのことで、加入すると通話が一切行えなくなります。

料金はカケホーダイプランライトと同じ1,700円(税抜)/月と通話が出来ないにしては高額です。

基本的にはタブレットを購入する際に選ぶプランであるため、最新iPhoneを使うのなら選択する理由は無いでしょう。

パケットパックの選び方


所謂『データ定額サービス』であるパケットパックは最新iPhoneを余すことなく使いたいのなら必ず加入しておくべきサービスと言えます。

最新iPhoneを購入・契約する際に選べるのは、

  • ベーシックパック
  • ベーシックシェアパック
  • ウルトラデータパック
  • ウルトラシェアパック

の4つです。

POINT

シェアパックとシェアパック以外の違いは名前の通り『データ容量をシェア出来るかどうか』にあり、シェアパックを選択すると後述するシェアオプションが使えるようになります。

ベーシックパック

ベーシックパックは1人でドコモと契約している方向けのパケットパックです。従量課金制であるため、余ったデータ容量を繰り越す『パケットくりこし』を利用することは出来ません。

料金は1GBまでの利用だと2,900円(税抜)/月、3GBまでだと4,000円(税抜)/月、5GBまでだと5,000円(税抜)/月、20GBまでだと7,000円(税抜)/月と使ったデータ量に応じて料金が上がるシステムになっています。

ウルトラデータパックのような大容量パケットパックが必要無い、毎月のデータ通信が一定ではない方はベーシックパックを選ぶと良いでしょう。

ベーシックシェアパック

お友達紹介でも現金キャッシュバック
ベーシックシェアパックはベーシックパックの従量課金制をそのままに、データ容量をファミリー向けに調整したパケットパックです。

使えるデータ容量が増えた分、料金も5GBまでの利用で6,500円(税抜)/月、10GBまでで9,000円(税抜)/月、15GBまでで12,000円(税抜)/月、30GBまでで15,000円(税抜)/月と高額になっています。

とは言え、複数人でドコモと契約する場合、子回線は500円(税抜)/月のシェアオプションに加入することで、パケットパックに加入する必要が無くなるので、料金の変更はそこまで気にならないでしょう。

少なくとも、ひとりひとりが別個のパケットパックに加入するより料金は割安です。

シェアする人数が3~4人程度ならウルトラシェアパックではなくベーシックシェアパックの利用をおすすめします。

ウルトラデータパック

ウルトラデータパックは定額制のパケットパックです。データ容量はウルトラデータLパックが20GB、ウルトラデータLLパックが30GBとかなり大容量になっています。

その分料金も高額で、ウルトラデータLパックは6,000円(税抜)/月、ウルトラデータLLパックは8,000円(税抜)/月のデータ通信量が掛かります。

ただ、ベーシックパックだと20GBの利用で7,000円(税抜)/月となるところが、ウルトラデータLパックだと6,000円(税抜)/月となっている点、ベーシックパックでは30GBまでのデータ容量に対応していない点を踏まえると、料金が高額過ぎるとは言えません

格安なのはベーシックパックの方ですが、最新iPhoneを使ってゲームや動画視聴などを思いっきり楽しみたいのならウルトラデータパックが最適です。

ウルトラシェアパック


ベーシックシェアパックと同じくウルトラシェアパックはウルトラデータパックのファミリー向けパケットパックという位置付けです。

ファミリー向け仕様になったことによりデータ容量の上限も100GBまでにアップしました。

30GB、50GB、100GBと選べるデータ容量はどれもかなり大容量ですが、料金もデータ容量に比例して高額になっており、30GBだと13,500円(税抜)/月、50GBだと16,000円(税抜)/月、100GBだと25,000円(税抜)/月となっています。

ベーシックシェアパックではデータ容量が足りない、家族の人数が多いなどのケースでは必然的にウルトラシェアパックを選ぶことになるでしょう。

パケットパックの選び方
  • ベーシックパック…1人でドコモと契約。データ通信をあまり使用しない・毎月のデータ通信が一定ではない方
  • ベーシックシェアパック…家族向け。通信料が多くなく、シェアする人も多くない方
  • ウルトラデータパック…1人でドコモと契約。ゲームや動画視聴など通信料が多い方
  • ウルトラシェアパック…家族向け。通信料が多いもしくは家族が多い方

最新iPhoneのプラン参考例

あまりデータ通信を行わない方のプラン

あまりデータ通信を行わないのならパケットパックを『ベーシックパック』にしましょう。ベーシックパックの最低料金は2,900円(税抜)/月、これにシンプルプラン、spモードの料金を併せると月々の料金は4,100円(税抜)となります。

オプションのケータイ補償サービスに加入したとしても料金は4,850円(税抜)/月と安い部類に入るので、これだけ基本料金を抑えておけば端末価格を足しても毎月の料金は10,000円以下に抑えられます。

料金は利用状況に応じて変動しますが、この組み合わせはあまりデータ通信を行わない方だけでなく、毎月のデータ通信量が一定では無い方にも最適です。

電話を掛けることが多いのならシンプルプランではなく、カケホーダイプランやカケホーダイライトプランを選択するのも良いでしょう。

たくさんデータ通信をしたい方のプラン

毎月のデータ通信量が20GBを超えるのならベーシックパックではなく、ウルトラデータLパックもしくはウルトラデータLLパックをプランに組み込むのがおすすめです。

基本プランをシンプルプランに設定した場合の料金は『シンプルプラン+ウルトラデータLパック+spモード』で7,200円(税抜)/月と高額になってしまいますが、データ容量を確保しつつ料金を安く抑えたいならこの組み合わせが最も安い計算になります。

1 2