キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
読了時間:約 2

もはや電気や水道と並ぶインフラになりつつあるインターネット回線。国内のシェア率第1位はNTT東日本・西日本のフレッツ光ですが、近年ではキャリアが提供する光回線も着実に伸びてきています。

キャリアが提供している光回線は、携帯と同じキャリアを利用すると専用の割引が受けられるのが大きなメリットで、携帯料金を節約したい方には最適です。

本記事では、ドコモの「ドコモ光 セット割」とソフトバンクの「おうち割 光セット」を徹底比較。携帯とネット回線のセット利用でお得なのはどちらか検証していきます。とくにドコモ光・ソフトバンク光への乗り換えが簡単なフレッツ光を利用中の方や、近々インターネット回線を契約予定の方は要チェックです。

「ドコモ光 セット割」「ソフトバンク おうち割 光セット」ってどんな割引?


現在各キャリアがドコモ光、ソフトバンク光、au光というインターネット回線を提供しています。これは「光コラボレーション」と呼ばれる形態で、ネット回線シェア率1位を誇るNTT東日本・西日本のフレッツ光の回線をそれぞれのキャリアが借り受けて、サービスを提供しています。

回線はフレッツ光のものですから、同等の通信速度が期待でき、かつフレッツ光よりも安く利用できたり、独自のサービスを提供していたりするのが光コラボの特徴です。

今回紹介する各キャリアのネット回線は、携帯電話と合わせて利用することで、毎月の利用料金が割引になるサービスを提供しています。

「ドコモ光 vs ソフトバンク光」回線として優れているのはどっち?


画像引用元:ドコモ光×GMOとくとくBBの7つのおトク大公開 | 速いドコモ光なら GMOとくとくBB

ここからは、ドコモ光とソフトバンク光を比較していきます。まずは、両者の回線としての実力を見ていきましょう。

ドコモ光とソフトバンク光に共通するのは「光コラボレーション」と呼ばれるサービスである点。フレッツ光から回線を借り受けて、それぞれの会社が独自のサービスを展開することで、ユーザーの選択肢が広がりました。「光コラボ」は回線速度は維持しつつ、フレッツ光よりも割安で利用できるのがメリットです。

ドコモ光とソフトバンク光、回線速度が速いのは?


画像引用元:ドコモ光×GMOとくとくBBの7つのおトク大公開 | 速いドコモ光なら GMOとくとくBB
ドコモ光やソフトバンク光でまず気になるのは、なんといっても回線速度でしょう。両社ともフレッツ光の回線を借りてサービスを提供していますので、数値上の回線速度には差がありません。フレッツ光、ドコモ光、ソフトバンク光のいずれも、通信速度は最大1Gbpsです。

ただし、この速度はあくまで規格上の最大速度であり、実際に1Gbpsの速度が出ることはほぼありません。同じプランを利用していても、ユーザーの利用環境や回線の状況によって、速度が大きく変わってきます。

SNSなどで口コミを調べても良いですが、速度低下の原因はマンションに住んでいるため1本の光回線を共有せざるを得なかったり、PCやルーターの処理性能が十分でなかったりとさまざまなので、自分の環境で速度が出るかは使ってみるまではわかりません

ドコモ光とソフトバンク光、利用料金が安いのは?


次に利用料金を見てみましょう。こちらは回線速度と違って申し込む前からわかっていますので、検討しやすいですね。ドコモ光、ソフトバンク光の利用料金は以下の通りです。

マンション 戸建て
ソフトバンク光 3,800円 5,200円
ドコモ光 4,000円 5,200円
フレッツ光 3,450円~4,450円 5,700円

※どちらの料金も2年契約ありの場合

ドコモ光とソフトバンク光は、戸建ての利用料金が5,200円で同額、マンションはソフトバンク光の方が200円安い3,800円で利用可能です。フレッツ光は、マンションタイプですと利用者数に応じて料金が上下しますので、一番安いタイプだった場合は最安値となりますが、プロバイダ料が別にかかります。

OCN、So-net、@niftyなど定番のプロバイダで月額1,000円の利用料金が発生しますので、最終的にはプロバイダ料が基本料金に含まれているドコモ光とソフトバンク光の方が割安になります。ということで、利用料金はフレッツ光を含めてソフトバンク光が最安です。

フレッツ光ネクストからの乗り換えなら簡単

インターネット回線も携帯会社のように定期契約があります。定期契約を選ぶと月額料金がお得になることが多いので、定期契約を結んでいるユーザーの方が多いでしょう。

定期契約の場合は、契約更新期間以外に解約すると解約料が必要になりますので、インターネット回線を乗り換えるのは簡単ではありません。ですが、フレッツ光ネクストを利用している場合は、ドコモ光・ソフトバンク光への回線変更には初期工事不要で、解約料も無料で変更可能です。

現在フレッツ光ネクストを利用していて、ネット・携帯料金を少しでも安くしたい方は、ドコモ光・ソフトバンク光への乗り換えも検討してみてはいかがでしょうか。

「ドコモ光 vs ソフトバンク光」セット割引がお得なのはどっち?


画像引用元:【公式】SoftBank 光(光回線のソフトバンク光) | インターネット | ソフトバンク

次に携帯とのセット料金が安いのはドコモとソフトバンクのどちらかをチェックしていきます。

ドコモの「光セット割」はどれくらいお得?


画像引用元:スマホが安くなる!ドコモ光の料金 | 速いドコモ光なら GMOとくとくBB

ドコモの「光セット割」は、シェアグループごとに割引が適用されます。とくに家族でデータ容量をシェアするシェアパックの割引がお得で、最大3,500円の割引が受けられます。一方、個人利用のベーシックパックでは最小の1GBで100円の割引と、お得感が薄目。

「ドコモ光セット割」適用時のパケットパックごとの割引額は以下の通りです。なお、ドコモ公式では長期契約ユーザーを対象とした「ずっとドコモ割プラス」と合わせて利用することが想定されていますので、「ずっとドコモ割プラス」の割引額も記載しておきます。

家族向けパケットパック利用時

パケットパック ドコモ光セット割 割引額 ずっとドコモ割プラス 割引額
ベーシックシェアパック(~5GB)
月額6,500円
‐800円 -900円
ベーシックシェアパック(~10GB)
月額9,000円
‐1,200円 -1,000円
ベーシックシェアパック(~15GB)
月額12,000円
‐1,800円 -1,200円
ベーシックシェアパック(~30GB)
月額15,000円
‐1,800円 -1,200円
ウルトラシェアパック30(30GB定額)
月額13,500円
-2,500円 -1,200円
ウルトラシェアパック50(50GB定額)
月額16,000円
-2,900円 -1,800円
ウルトラシェアパック100(100GB定額)
月額25,000円
-3,500円 -2,500円

1 2