ワイモバイルの料金まとめ

読了時間:約 2

よくCMで見かけるワイモバイルとはどんな会社なのでしょうか?

スマホ代が通話料込みで月額料金が1,480円から利用可能というのは本当でしょうか?

ワイモバイルで提供されている各プランの料金体系を詳しくご紹介しながら、他社と比較してどんな特徴があるのかも合わせてご紹介します。

ワイモバイルとはどんな格安スマホなのか?

ワイモバイルとはどんな格安スマホなのか?
画像引用元:iPhone |Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドで、ソフトバンクが提供する格安スマホです。

ワイモバイル独自の通信回線とソフトバンクから借りているソフトバンク回線の両方を使ってサービスが提供されているため、速度も速く安定しているのが特徴です。

速度や使いやすさは大手キャリア並みなのに格安スマホなので料金も安いので、大手キャリアからの乗り換えが増えています。

ワイモバイルのプランはわかりやすい? 各プラン料金体系と有料オプション

ワイモバイルのメインプラン「スマホプラン」はデータ通信量ごとの3種類

ワイモバイルの「スマホプラン」は3種類
画像引用元:スマホプラン|料金|Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで

ワイモバイルのメインとなっているのは10分以内の国内話し放題のついた「スマホプラン」です。

データ通信量ごとに3種類のプランにわかれており、2年間を契約期間として契約し、申し出がない限り2年ごとの自動更新の縛りがあるのが特徴です。

ワイモバイル スマホプラン
基本使用料ワンキュッパ割
適用後の基本料金
データ通信量
スマホプラン S月額 2,980円→ 月額 1,980円2GB→3GB
(オプション適用で2年間)
スマホプラン M月額 3,980円→ 月額 2,980円6GB→9GB
(オプション適用で2年間)
スマホプラン L月額 5,980円→ 月額 4,980円14GB→21GB
(オプション適用で2年間)
※2年間を契約期間としてご利用いただく料金プランです。
契約期間は、お申し出がない限り自動更新(継続)されます。
※契約期間のないプランもあります。
・スマホベーシックプラン S 月額 5,480円
・スマホベーシックプラン M 月額 6,480円
・スマホベーシックプラン L 月額 8,480円

縛りがあるのはちょっと…と感じる場合は契約期間の無い「スマホベーシックプラン」も提供していますが、月額料金が跳ね上がるのであまり選ばれることはありません。

音声通話が必要ない場合はデータ通信専用の「データプラン」

音声通話が必要ない場合はデータ通信専用の「データプラン」
画像引用元:データプランS/L|タブレット|料金|Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで

ワイモバイルのデータ通信専用プランは1GBまでの「データプランS」と7GBまでの「データプランL」の2種類です。

スマホプランと同様に2年を契約期間として契約し2年ごとに自動更新のある「データプランS/L」と、契約期間の無い「データベーシックプランS/L」があります。

ワイモバイル データプラン
基本使用料データ通信量
データプランS月額 1,980円1GBまで
データプランL月額 3,696円7GBまで
※データプランS、Lは2年間を契約期間としてご利用いただく料金プランです。
※契約期間の無い料金プランもあります。
・データベーシックプランS 月額 3,980円
・データベーシックプランL 月額 5,696円

子回線専用プラン(シェアプラン)は3回線まで

子回線専用プラン(シェアプラン)は3回線まで
画像引用元:子回線専用プラン(シェアプラン)|料金|Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで

ワイモバイルのシェアプランは主にタブレット向けのサービスとして提供されています。

ワイモバイル シェアプラン
親回線プラン基本使用料
(3回線まで)
通信速度低速化までの通信量追加料金
加入月加入翌月以降
スマホプランS月額 980円3GB(加入月)2GB(親回線との合算)500円/500MB
スマホプランM月額 490円※6GB(親回線との合算)
スマホプランL月額 0円※14GB(親回線との合算)
データプランS月額 980円1GB(親回線との合算)
データプランL月額 0円※7GB(親回線との合算)
※「シェアプランセット割」で、当社が指定するプランとシェアプランをご契約されたお客さまを対象にシェアプラン基本料金を割引します。

ケータイの場合は「ケータイプランSS」

ケータイの場合は「ケータイプランSS」
画像引用元:ケータイプランSS|料金|Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで

ケータイプランSSはガラケー向けのプランで、高音質の通話をリーズナブルに楽しめます

ネットやメールが利用できませんが月額料金が安いので、電話だけできれば良いという方におすすめです。

ワイモバイル ケータイプランSS
ケータイプランSS月額 934円~
※ケータイプランSSは2年間を契約期間としてご利用いただく料金プランです。
※契約期間の無い料金プランもあります。
・ケータイベーシックプランSS 月額 2,434円

別途有料のベーシックパックとパケット定額を付ければネットを利用することも可能です。

ワイモバイル ベーシックパックとパケット定額
ベーシックパック月額 300円申込みが必要
パケット定額月額 0~4,500円
(上限4,500円として使った分だけ)
申込みが必要
※パケット定額は月々2.5GBまで高速データ通信が利用できます。
データ通信量が2.5GBを超えた場合、当月末までデータ通信速度の低速化(送受信時最大128kbps)となります。

ワイモバイルの有料オプション

国内通話完全かけ放題の「スーパー誰とでも定額」

スマホプランにプラス1,000円で、すべての国内通話が完全にかけ放題になるオプション「スーパー誰とでも定額」を利用することができます。

ワイモバイル スーパーだれとでも定額
スマホプランS/M/L
ケータイプランSS
月額 1,000円申込みが必要
ケータイプラン月額 1,500円申込みが必要
※ケータイプランは2018年3月31日で受付を停止しています。

ケータイ専用の「だれとでも定額」

ケータイ専用の「だれとでも定額」は、他社も含めたすべてのスマートフォンやケータイ、固定電話への1回あたり10分以内の国内通話が無料で利用できます。(月500回まで)

ワイモバイル だれとでも定額
ケータイプラン月額 934円申込みが必要

ワイモバイルのお得な割引

ワンキュッパ割で最大1,000円割引

ワンキュッパ割で最大1,000円割引
画像引用元:ワンキュッパ割|キャンペーン・おすすめ情報|Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで

スマホプランの場合はワンキュッパ割を追加すると契約翌月から1年間は基本使用料が最大1,000円割引となります。(新規契約、他社からの乗換えが対象)

データ増量オプションで容量アップ

データ増量オプション
画像引用元:データ増量無料キャンペーン|キャンペーン・おすすめ情報|Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで

また、データ増量オプションを追加すると、月額料500円で増量したデータ容量を利用できます。

現在は契約から2年間に限り通信容量を増量するデータ増量オプションが無料で利用できるため、最初の2年間はかなりお得に利用することが可能です。

ワイモバイル データ増量オプション
申込必要
対象料金プランスマホプランS/M/L(タイプ1)
スマホベーシックプランS/M/L(タイプ1)
月額料500円 初月無料★

USIM単体契約特別割引

USIM単体契約特別割引
画像引用元:スマホプラン(USIMカード単体契約の場合)|Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで

USIM単体契約特別割引は、ご契約翌月を 1ヶ月目として 24ヶ月間、スマホプラン S/M/L の基本使用料から下記金額を割引します。

ワイモバイル USIM単体契約特別割引
スマホプランS毎月400円割引
スマホプランM毎月600円割引
スマホプランL毎月600円割引

シェアプランセット割

「シェアプランセット割」は、指定するプランとシェアプランを契約すると適用可能な割引です。

親回線でスマホプランもしくはデータプランを契約している場合に、子回線にシェアプランを3回線まで契約可能で子回線ごとに割引されます。

ワイモバイル シェアプランセット割
適用条件受付期間内に親回線となる「スマホプランM/L」または
「データプランL」をご指定のうえ、シェアプランをご契約いただくこと。
受付期間2014年12月4日(木)~
※終了時期は当サイトでお知らせいたします。
割引額「スマホプランM」ご契約の場合490円/月
「スマホプランL」「データプランL」ご契約の場合980円/月

シェアプラン用 その他のキャンペーン
適用条件本キャンペーン受付期間内にシェアプランをご契約いただくこと。
受付期間2014年12月4日(木)~
※終了時期は当サイトでお知らせいたします。
割引額シェアプランご加入当月の基本使用料(980円)を無料
親回線と同時加入でない場合の契約事務手数料を無料
※親回線と同時加入の場合は契約事務手数料はかかりません

全部まとめてお得なワイモバイルの家族割

家族割引サービス
画像引用元:家族割引サービス|割引サービス|料金|Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで

ワイモバイルの家族割は2台目以降(9回線まで)の回線で1年間のみ毎月基本料から500円割引になるサービスです。主回線は割引対象ではありません。

おうち割とは併用できません

ワイモバイル 家族割引サービス
1回線目(主回線)2回線目(副回線)
下記のいずれかのプランを契約
・スマホプラン
・データプランL
・Pocket WiFiの各料金プラン
下記のプランを契約でそれぞれ500円/月割引
・スマホプラン
・データプランL
・Pocket WiFiプラン2
・Pocket WiFiプラン2ライト
※ご家族(血縁・婚姻)、または同姓、もしくは同住所(生計を同じくしている)であることが確認できること。
※お手続きには家族確認書類が必要となります。

全部まとめてお得なおうち割

「おうち割」に申し込んでネットやおうちでんきとセットで利用すれば、ワイモバイルの月額料金が毎月割引になるサービスです。

残念ながら家族割と併用できませんが、おうち割は利用中ずっと割り引かれるためお得です。

おうち割 光セット(A)

おうち割 光セット(A)
画像引用元:おうち割|割引サービス|料金|Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで

おうち割 光セット(A)は一人あたり毎月最大1,000円の割引です。

おうち割 でんきセット

おうち割 でんきセット(A)
画像引用元:おうち割|割引サービス|料金|Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで

ワイモバイルとソフトバンクの「おうちでんき」をまとめて利用すると、スマホが最大10回線まで毎月100円割引になるサービスです。

24ヶ月目までの割引と期間が決まっており、25ヵ月目以降は毎月50円割引になります。

ワイモバイルのまとめ
  • ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドで、速度も速く安定しているのが特徴。
  • ワイモバイル スマホプランは、データ通信量ごとの3種類が用意されている。スマホプラン Sは月額 1,980円〜(ワンキュッパ割適用)。
  • スマホプランにプラス1,000円で、すべての国内通話が完全にかけ放題になるオプション「スーパー誰とでも定額」を利用することができる。
  • スマホプランは、2年間を契約期間として契約し、申し出がない限り2年ごとの自動更新の縛りがある。
  • 音声通話が必要ない場合はデータ通信専用の「データプラン」もある。ケータイの場合は「ケータイプランSS」が用意されている。

次のページでは、ソフトバンクの料金プランとワイモバイルとの比較ワイモバイルの注意点をご紹介します。

1 2