読了時間:約 2

ワイモバイルでは昨年12月から2019年5月末にかけて「ワイモバ学割」の受付がスタートしました。学割シーズンの期間中に家族揃って乗り換え、新規契約を検討している方も多いのではないでしょうか。

ここではワイモバイルの2019年の学割キャンペーンについて詳しく紹介していきます。ワイモバイルの学割がどのくらいお得なのか、他社の学割と比較したい方もぜひ参考にしてみてください。

画像引用元:ワイモバ学割|キャンペーン・おすすめ情報|Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで

ワイモバ学割 2019年の内容は

まずはワイモバイルの2019年の学割の内容について紹介していきます。2019年の新しい学割の申し込み受付は昨年2018年の12月5日から開始しています。受付期間は2019年5月31日までです。

最大13ヶ月1,000円割引

加入月から最大で13ヶ月間基本料から毎月1,000円割引になるキャンペーンです。最大で13,000円もお得になると考えれば非常に魅力的なキャンペーンではないでしょうか。

また、今回学割を適用させるための対象プランは、スマホプランM/Lのみとなっています。スマホプランSや契約期間の縛りがないスマホベーシックプランはは割引の対象外です。

またワイモバ学割はいくつかの他のキャンペーンとも併用が可能です。よりお得に契約することができるのはうれしいポイントです。併用可能なキャンペーンについては後ほどご紹介します。

学割を適用させるには

学割を適用させるにはいくつか条件があります。条件を満たさないと申し込むことができませんのでしっかり確認しましょう。

適用条件

  1. 新規契約・NMP(他社からの乗り換え)・番号移行を申し込み
  2. スマホプランM/Lに申し込むこと
  3. 個人のお客様であり受付期間内に5歳~18歳の方が申し込むこと
  4. 使用者に対してワイモバ学割の申し込み履歴がないこと

指定機種はありません。ワイモバイルで取り扱っている全機種対象です。また、SIMのみの契約でもワイモバ学割を申し込むことが可能です。

また、家族の方、親権者の方名義での契約の場合、使用者登録に学生(5歳~18歳)の方の情報登録を行えば学割は適用されます。

以前はスマホプランSも対象プランでしたが今回は対象外です。残念ではありますが間違えないよう気をつけましょう。

注意事項

申し込み時は条件を満たしていても、その後条件から外れれば学割は自動的に適用外となります。適用対象プラン内でのプラン変更は可能です。プラン変更適用月から、再度割引が適用されます。(割引期間は変わりません)

例えば回線契約の解約、契約回線の譲渡や承継をした場合、使用者の情報を変更した場合も適用終了となります。もちろん対象外のスマホプランSやスマホベーシックプランに変更した場合も割引適用終了です。

家族も学割は適用できるのか

ワイモバ学割は家族も適用させることが可能です。条件を満たせばご家族の方も最大13ヶ月1,000円の割引を受けられます。では早速条件を確認していきましょう。

適用条件

  1. 新規契約・NMP(他社からの乗り換え)・番号移行を申し込み
  2. スマホプランM/Lに申し込むこと
  3. 受付期間中に“ワイモバ学割”にお申し込みいただいている回線があること
  4. 上記回線と同一グループの家族割引サービスに加入していること

ご家族の方に学割を適用させる場合も指定機種は特にありません。もちろんSIMのみの契約も学割申し込みが可能です。

前提条件として既にワイモバイルを契約しワイモバ学割を適用されている回線があること、もしくは2回線以上の申し込みを行い1回線目にワイモバ学割を適用させることが必要です。

注意事項

ワイモバ学割(家族)の場合も申し込み時は条件を満たしていても、その後条件から外れれば学割は自動的に適用外となります。

もちろん適用対象プラン内でのプラン変更は問題ありません。プラン変更適用月から、再度割引が適用されます。(割引期間は変わりません)

回線を解約したり、割引対象外のプランに変更した場合は割引の適用が終了します。ご注意ください。

申し込み方法について

ワイモバ学割を使ってワイモバイルでお得に契約したいと決めたら、早速申し込みをしましょう。申し込み方法は2通りです。ワイモバイルのWEBページからの申し込みと店頭での申し込みです。

店頭で申し込むの場合

不明瞭な部分や細かく確認したいことも店頭であればその場ですぐ相談確認ができます。申し込み手続きをより安心して進めることができます。

ただし、店頭ですと学割シーズンは特に新規契約者が増えるため、混みあうことが予想されます。時間にゆとりがある時に行きましょう。また、持ち物として契約者と利用者それぞれの本人確認書類が必要です。

ワイモバイルの店頭申し込みであれば、中学生以上の未成年者に限り本人名義で契約可能です。しかし必ず親権者の同意が必要となるため、申し込み時未成年者のみでの来店ならば同意書が必ず必要となります。

契約内容の細かい取り決めなどで親権者に相談が必要なものもありますので、できれば親権者と一緒の来店をお勧めします。

オンラインで申し込むの場合

オンラインでWEBページから申し込む場合、契約は必ず保護者(親権者)の方が行なってください。購入したい機種を選択した後、お客様情報入力画面で必要な情報を入力していきます。

その際「利用者」という項目で「契約者と別」のラジオボタンを選択し、ご利用者情報で生年月日を入力すると年齢が5歳~18歳の場合ワイモバ学割が自動的に適用されます。

また生年月日の記載がある公的書類を本人確認書類として、画像をアップロードするため事前に準備しておきましょう。契約者、利用者ともにそれぞれ必要になります。

店頭での申し込みと違い保護者(親権者)名義でしか契約が行えませんが、未成年者の場合は今後も手続き内容によって親権者の同意が必要になることも多いので、保護者(親権者)名義での契約の方が何かと都合がいいかもしれません。

また、待ち時間もなくスムーズに自宅で申し込みを完了させられるのが、オンラインでの申し込みの利点です。

併せてお得なキャンペーン・サービス

ワイモバ学割と併せて申し込みたいお得なキャンペーンもご紹介します。せっかくなので利用できるキャンペーン・サービスは全て活用していきましょう。

ワンキュッパ割

2016年6月から現在まで継続して行われている割引サービスです。加入翌月から12ヶ月間、毎月基本料金から1,000円の割引を受けることができます。

通話もデータ通信料もコミコミでこの月額は非常に安く好評です。こちらのワンキュッパ割を適用させたうえでさらにワイモバ学割での割引も受けられますのでぜひ利用したいサービスです。

利用条件として適用可能なのは新規契約・NMPで申し込みのみです。もしくは指定プランへの変更を伴う機種変更であればワンキュッパ割を申し込むことができます。

指定の料金プランは、スマホプランS/M/Lです。すでに現在スマホプランS/M/Lを利用中の方が機種変更される場合は対象外となります。

おうち割光セット(A)

自宅のインターネットとワイモバイルをセットでまとめるだけで、ワイモバイルの月々の利用料金がずっと割引になるサービスです。自宅の固定回線がSoftBank光、もしくはSoftBank Airである方が対象です。

1 2