格安SIM|ワイモバイルで端末故障・ガラス割れスマホを修理するときの手順

  • 2021年1月17日

ドコモやau、ソフトバンクなどの、大手携帯キャリアでは、スマホの端末が故障したり、ガラスが割れたりしたときは、店頭に駆け込めば修理の手続きをしてもらえます。

しかし、格安SIMの場合は、店頭窓口が少なかったり、会社によってはそもそもショップを設けていないという場合もあります。

そんな格安SIMの中でも、ワイモバイルは大手携帯キャリア並みの故障修理の対応をしてくれると評判です。ワイモバイルで端末故障・ガラス割れなどのスマホを修理する手順をご紹介します。

格安SIMのワイモバイルで端末故障やガラスが割れた時はどうしたら良い?

格安SIMの中でも、ワイモバイルは大手携帯キャリアと同じように店頭窓口を構えているので、端末が故障したり、ガラスが割れたりした場合は、店頭に持っていけば修理の受付をしてくれます。

格安SIMには珍しい、端末保証などのオプションサービスも充実しているのも、嬉しいポイントです。

ただし、ワイモバイルの店舗は、増えてきているとはいえ、まだまだ混雑する時間なども多く、待ち時間が長くなってしまう場合があります。ワイモバイルの端末が「故障かな?」と感じたら、まずは次の方法を試してみましょう。

慌てる前にまずはワイモバイル「トラブル診断」をしよう

「スマホの動作がおかしい」「音が鳴らない」など、端末の故障を疑う症状が見られた時は、ワイモバイルの店頭やカスタマーセンターに問い合わせをしたくなるところです。

しかし、慌てる前に、ワイモバイルのホームページで紹介されている「ワイモバイル『トラブル診断』」を行うことをおすすめします。

というのも、トラブル診断を試しただけで、症状が改善される場合があります。
最低でも以下の2つに関しては試してみると良いでしょう。

  • 端末の再起動
  • 電源を切った状態でSIMカードを抜き差し

これらを試しても、まだ症状が改善されない場合は、かなりの確率で修理が必要となるでしょう。

ワイモバイルの「修理シミュレータ」も活用しよう

トラブル診断で症状が改善されず、修理が必要と判断できる場合でも、まだ店頭へ行ったりカスタマーセンターに問い合わせをするのは待ちましょう。

ワイモバイル公式サイトにある「修理シミュレータ」で、スマホの製品・利用期間・サービス加入状況・故障の状態を選択すると、修理なのか、交換なのか、機種変更なのかなど、最適な対応を導き出してくれます。

目安となる料金まで表示してくれるので、シミュレータで対応を決めてからワイモバイルの店頭やカスタマーセンターに連絡すると、話がスムーズに進むでしょう。

まずワイモバイルの取り扱い端末かどうか確認する

大手携帯キャリアと違い、ワイモバイルは格安SIMのため、MNPなどでスマホは購入せずに、SIMだけ契約することも可能です。

しかし、その場合は、ワイモバイルでは修理を受け付けてもらえませんので注意しましょう。ワイモバイルで修理が可能な場合は、以下のケースに限定されます。

  • ワイモバイルで購入したAndroid
  • ワイモバイルで購入したiPhone

AndroidとiPhoneでは、修理の対応が違うので注意しましょう。大手携帯キャリアの場合も一緒ですが、基本的にiPhoneの故障に関しての窓口は、Apple Storeになります。

しかし、ガラス割れについてはAppleCareに加入していれば、ワイモバイルの店頭で受け付けてくれることもあるので、相談してみると良いでしょう。

一方、Androidに関しては、ワイモバイルの店頭で故障の受け付けをしてくれます。しかし、ワイモバイルでSIMカード購入時にSIMフリースマホをセットで購入した場合は、修理の受付の対象外となります。注意しましょう。

ワイモバイルの端末が故障した場合の修理受付や手続きについて

それでは実際に、ワイモバイルで故障した端末やガラス割れしたスマホを修理することになった場合の手続き方法をご紹介します。ワイモバイルでは、「故障」「全損」と2種類に定義されています。

故障は、スマホの動作に問題があることを、全損は水没や原型をとどめない破損(車に轢かれたなど)とされています。

ガラス割れの場合は、ガラスが割れているけれど、スマホの動作に問題がない場合は故障、ガラスが割れてさらに電源が入らない場合は全損の位置づけなります。

修理に出す前に注意すること

まず、修理に出す前に注意しておきたいことがあります。それは、修理受付に出した端末のデータは全て消えてしまうということです。

撮影した写真や動画、インストールしたアプリ、電話帳などはすべて削除されてしまいます。修理に持っていく前に、事前にバックアップを取ってから行くことにしましょう。

写真や動画のデータがたくさんあれば、バックアップまでにかなりの時間が必要となります。また、電源が入らないなどの故障の場合は、そもそもバックアップが取れなくなってしまいます。

そんな状況にならないためにも、普段からスマホのデータはバックアップを取っておくことをおすすめします。

ワイモバイルの店頭窓口がおすすめ

格安SIMの中でも、全国に1000店近い店頭窓口を設けているのは、ワイモバイルの特徴であり強みであると言えるでしょう。

大手携帯キャリアと変わらない感覚で、「トラブル診断や修理シミュレータとかわからない!」という人も、とりあえず店頭に駆け込めば、対応してくれます。

直接持ち込んで見てもらえば、故障が過失があるのか無いのかも判断してもらえるので、有償か無償の修理なのかも教えてくれます。

修理を依頼する際は、修理してほしい端末はもちろん、免許証などの本人確認書類と、スマホの購入が1年以内ならばその保証書も持って行くようにしましょう。

ワイモバイルの店頭窓口がない場合はカスタマーセンターへ

ワイモバイルの店頭窓口が近くにない、という人は、ワイモバイルカスタマーセンターへ電話でお問い合わせをすると、修理の受付を行ってくれます。

ワイモバイルの店頭は全国各地に増えており、ソフトバンクのワイモバイル取り扱い店でも修理を受け付けてもらえるようになっています。

最寄りのワイモバイルの店頭がどこにあるかわからない人は、カスタマーセンターで聞くか、ワイモバイルのホームページから検索するようにしましょう。過疎地でない限り、自宅近くに店舗があるはずです。

ワイモバイルの端末修理中の代替機について

格安SIMの場合、端末が故障してしまうと、ほとんどの場合は修理中はスマホが使えません。予備のスマホを自分で用意したり、修理期間中はスマホを持たない生活を送らなければなりません。

しかし、ワイモバイルは、店頭でスマホを修理に出した場合は、ワイモバイルでも大手携帯キャリアと同じように代替機の貸し出しをしてくれます。代替機は、無料での貸し出しとなっています。

ワイモバイルの端末修理の期間は?

店頭窓口へ修理を依頼すると、そこからメーカーに送られ修理されます。修理が終わったら、またメーカーから店頭へ届き、その後あなたの手元に戻ってくるという流れになります。

そのため、ワイモバイルでスマホを修理に出した場合は、どんなに早くても1週間は修理期間がかかると予定しておきましょう。

当然、修理でできるものと、部品の交換が必要な場合もあるので、1週間以上かかることもあります。一方で、修理ではなく機種の交換の場合は、平均して2日〜3日程度で端末が届きます。

ワイモバイルの端末故障・ガラス割れで修理する場合の費用は?

ワイモバイルの端末故障やガラス割れで修理をする場合の費用は一体いくらくらいかかるのでしょうか?

これは、ワイモバイルのオプションである「故障安心パックプラス」に加入しているか、加入していないかによって大幅に変わってきます。オプションに加入していない場合は、修理シミュレータで大体の目安を教えてくれます。

故障の程度や過失の有り・無しにより、0円〜数万円、場合によっては機種変更してしまったほうが安くなることもあるので、修理シミュレータや店頭で相談することをおすすめします。

しかし、実際にはワイモバイルの担当部署か、もしくはメーカーで修理を行うまでは正確な金額はわかりません。修理が完了して、スマホが戻ってきたときに、初めて金額がわかります。とはいえ、事前の目安と大幅に変わってくることもそう無いでしょう。

大幅に金額が変わるケースとして考えられるのが、端末の修理を依頼したところ、交換の対応になってしまったなどという場合です。このような場合は、事前に確認の連絡が入るはずなので、そこで再度、金額の目安は教えてくれるので、安心しましょう。

故障安心パックプラスの加入をおすすめ

ワイモバイルの端末を長く使いたいという場合は、「故障安心パックプラス」への加入をおすすめします。

故障安心パックプラスは、月々690円のオプションとなっており、故障や全損の場合の修理や端末交換を安くできるようなるほか、水没や破損などで電源が入らなくなってしまったなどのトラブルが起きたときの、データ復旧などの支援を行ってくれるサービスとなっています。

スマホの端末保証は、通常1年間となっており、それ以降の故障に関しては、過失があっても無くても有償での修理となることがほとんどです。

しかし、故障安心パックプラスならば、永年無償で修理をしてくれます。「とりあえず困ったらワイモバイルの店頭へ」という感覚で修理を依頼することができます。

他にも、外装交換(塗装が剥げたり傷ついた場合)が1,500円、バッテリー交換が5,000円でできるなど、故障以外にメンテナンス費用が安くなるというのも、嬉しいポイントです。いつ、スマホが故障してもいいように、保険として入っておくと安心です。

ただし、利用機種がiPhoneの場合など、機種によっては対象外のサービスとなる場合があるので、その点はしっかりと確認してから申し込みをするようにしましょう。このオプションは、端末購入時にしか加入することはできないので、注意してください。

オプションに入らないという考え方もOK

月々690円のオプションで、補償が充実しているのが加入する人が多いかと思いきや、店頭で購入した人は店員さんに進められて「とりあえず入っておくか」という人がほとんどです。

オンラインストアで契約した場合は、特に誰かに進められるということはないので、オプションに未加入の人の方が多いのです。

スマホの傷や破損は、スマホカバーやガラス割れ対策としてガラスシートをつけることで十分ケアできます。せっかく格安SIMに乗り換えたのだから、オプションもできる限り少なくして、月々の出費を減らしたい人は、細心の注意を払ってスマホを扱い、画面割れなどを回避するのも良いでしょう。

ワイモバイルでiPhoneを契約している場合の修理方法

ここまで紹介したのは、「ワイモバイルのAndroid端末の修理方法」となります。しかし、ワイモバイルのスマホラインナップには、iPhoneシリーズも入っており、ワイモバイルでiPhoneを契約している人も多いでしょう。

ワイモバイルのiPhoneユーザーの場合の修理手順は、Androidと異なった手順や方法となります。

iPhoneは1年間の無料保証が付いている

iPhoneを始めとしたApple製品は、例外なく1年間の無料保証と90日間の電話サポートというサービスが付いてきます。

しかし、実際にiPhoneを契約した場合、通常は2年間の契約縛りが発生するので、無料保証を2年間に延長したい場合は、AppleCareという有料オプションに加入すれば延長が可能となります。

AppleCareは、有料だけあって保証も幅広く設定されているので、iPhoneユーザーは加入しておくことをおすすめします。料金も、ワイモバイルの故障安心パックプラスより安いので、iPhoneユーザーには必須のオプションだと言えるでしょう。

ワイモバイルのiPhoneを修理に出す手順

iPhoneの場合は、ワイモバイルの店頭で修理は受け付けていません。基本的には、以下の3つの方法のいずれかになります。

  • Apple Storeへ予約して持ち込む
  • Apple正規サービスプロバイダへ持ち込む
  • エクスプレス交換サービスを使う

このうち、Apple Storeは、大都市圏に数件しかないので、地方在住の方は修理費用+交通費がかかってしまうので、現実的な選択肢ではありません。

ほとんどの場合は、Apple正規サービスプロバイダへの持ち込みか、エクスプレス交換サービスを利用して修理を依頼することとなるでしょう。

Apple正規サービスプロバイダとは?

Apple正規サービスプロバイダとは、Appleから許可を得ているお店であり、全国で100店舗以上展開されています。

多くの場合は、家電量販店内に入っており、Appleからの認定資格を持ったスタッフが、Appleから直接提供されている部品を使って修理してくれるので、Apple Storeと同等の修理を行ってくれる場所となります。

Apple正規サービスプロバイダで修理するメリットとしては、当日の対応が可能な場合がほとんどであり、修理も軽微なものならその場で対応してくれることです。

一方でデメリットは、Apple Storeと比べれば多いですが、まだまだ全国に数は少なく、最寄りのApple正規サービスプロバイダは、片道1時間の場所にあるなんてことも考えられます。

エクスプレス交換サービスとは?

AppleCareの特典の1つとして便利なのが、このエクスプレス交換サービスです。これは、画面割れや故障が起きた際に、新品または新品同様のiPhoneを自宅に郵送交換してくれるという、とっても便利なサービスとなっています。

自宅に新品のiPhoneが届くので、故障しているiPhoneと引き換えることで受け取れるので、近くにApple StoreやApple正規サービスプロバイダが存在せず、AppleCareに加入している人は、エクスプレス交換サービスをおすすめします。

このサービスのメリットは、自宅で手続きから交換・受け取りまでできてしまうことです。一方でデメリットは、AppleCareに入っていなければ使用できないことです。

また、AppleCareに加入していても、交換の場合は11,800円の交換機の代金がかかるので、修理で済む場合の故障よりも高くなってしまう場合があります。

自分がどのケースに当てはまるのかしっかり確認しよう

ワイモバイルで端末故障やガラス割れしてしまったときの、スマホの修理手順をご紹介しました。ワイモバイルでは、使用しているスマホがAndroidかiPhoneかによって修理の対応が変わってくるので注意しましょう。

Androidの場合は、ワイモバイルの店頭で修理対応が可能ですが、iPhoneの場合は修理はApple Storeか、Apple正規サービスプロバイダが修理の受付となります。

また、ワイモバイルの格安SIMを使用していても、MNPで移転した場合や、格安SIMとセットで購入したスマホ端末を使用している場合などは、ワイモバイルの故障安心パックプラスに加入していないと、修理や交換をしてもらえません。

自分がどのケースに当てはまるのかしっかり確認し、最適な手順で修理を行うようにしましょう。

2018年|格安SIM・格安スマホ徹底比較|主要10社のメリット・デメリット・評判まとめ


ドコモユーザーはdカード GOLDがお得!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
  • Amazon・マツキヨ・スタバ・ローソンなど人気店でポイントがお得
年会費10,000円(税別)審査最短5分で審査完了
ポイントdポイント還元率1~10%
保険国内・海外ありETCカード無料
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ