Android iPhone
読了時間:約 3

今や生活の必需品となったスマートフォン。機種代金の支払いが終わったり、あるいは使っていた端末が故障したり、気になる新型iPhoneが発売されたり、新規機種を購入するタイミングは必ず訪れるものです。

新規機種購入の際、果たしてどこで買おうか迷う方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、iPhoneとAndroidに分けて、新規機種購入時にどこで買えばお得なのかを解説していきます。なお、新規機種はオンラインショップでの購入を想定しています。

加えて、端末が安く購入できる時期についても紹介していますので、これから機種変更する方は気になるところをチェックしてみてください。

新型iPhoneを予約するなら


画像引用元:iPhone XRを購入 – Apple(日本)

毎年魅力的なモデルが発売される新型iPhone。2018年モデルはiPhone XSとXS Maxの2機種が9月21日、iPhone XRが10月26日から発売となります。新型iPhoneを確実に入手したいならやはり予約するのが一番です。

ドコモ・au・ソフトバンクといったキャリアで新型iPhoneを予約すると、新規機種購入補助という形で何かしらの割引が効く場合がほとんどです。

ここでは、毎月の利用料金から割引される形の従来の機種購入補助の割引額を比較します。機種については、2018年モデルのiPhone XSの例で計算します。

端末購入補助はドコモでは「月々サポート」と「端末購入サポート」、auでは「毎月割」、ソフトバンクでは「月月割」として割引されています。

ドコモは2種類ありますが、「端末購入サポート」は値下げやキャンペーン時に大幅な割引を行うことが多いので、普段は「月々サポート」がメインです。

auの「毎月割」は新料金プラン「ピタットプラン・フラットプラン」に適用されず、ソフトバンクの「月月割」は2019年1月31日に受付終了とされており、ドコモ以外の2社は利用料金と機種代金を分ける分離プランを主な割引として展開していくようです。

割引額はソフトバンクが一番おトク

割引額はソフトバンクが一番大きいので、新型iPhoneの予約ではソフトバンクで購入するのが一番お得

また、機種変更よりも、新規・乗り換え(MNP)の方が割引額が優遇されています。

ただし、上述したように「月月割」は終了予定の割引で、現状でも適用できる場面が少ないので、条件が合わない場合は「半額サポート」の方を利用しましょう。ソフトバンクの各モデルの割引額と実質負担金は以下の通りです。

機種変更の場合(ソフトバンク)

iPhone XS 機種変更の場合
64GB 256GB 512GB
支払総額 136,800円 155,040円 180,000円
月月割 -73,200円 -73,200円 -73,200円
実質負担金 63,600円
(2,650円/月)
81,840円
(3,410円/月)
106,800円
(4,450円/月)

新規・乗り換えの場合(ソフトバンク)

iPhone XS 新規・MNPの場合
64GB 256GB 512GB
支払総額 136,800円 155,040円 180,000円
月月割 -82,800円 -82,800円 -82,800円
実質負担金 54,000円
(2,250円/月)
72,240円
(3,010円/月)
97,200円
(4,050円/月)

iPhone XS購入時の「月月割」の割引額は全モデル共通で、機種変更が-73,200円、新規・乗り換えが-82,800円

機種変更の場合はドコモより14,232円、auより8,160円、新規・乗り換えの場合は、ドコモより23,832円、8,160円お得な計算になります。

ただし、ソフトバンクは2019年1月31日に「月月割」の受付を終了しますので、割引を受けたい場合はそれまでに申し込みが必要です。

また、対象となるプランが新規・乗り換えでは通話基本プラン(2年契約なし)月額4,212円のみとなりますので、適用される場面が限られます。

それ以外の方は「半額サポート」を利用するのがおすすめです。「半額サポート」については後で詳しい例を載せています。

ソフトバンクに次いでauがお得

iPhone XSの予約購入で、ソフトバンクに次いでお得なのはau。auもソフトバンクと同様に機種変更よりも新規・乗り換えの方が割引額が優遇されています。auの各モデルの割引額と実質負担金は以下の通りです。

機種変更の場合(au)

iPhone XS 機種変更の場合
64GB 256GB 512GB
支払総額 128,640円 146,880円 171,840円
毎月割 -65,040円 -65,040円 -65,040円
実質負担金 63,600円
(2,650円/月)
81,840円
(3,410円/月)
106,800円
(4,450円/月)

新規・乗り換えの場合(au)

iPhone XS 新規・MNPの場合
64GB 256GB 512GB
支払総額 128,640円 146,880円 171,840円
毎月割 -74,640円 -74,640円 -74,640円
実質負担金 54,000円
(2,250円/月)
72,240円
(3,010円/月)
97,200円
(4,050円/月)

auはソフトバンクの次に割引額が大きいです。機種変更よりも新規・乗り換えの方が9,600円ほど割引額も大きくなっています。

新型iPhone予約時の注意点としては、auの「毎月割」は「フラットプラン/ピタットプラン」に適用されないので、機種代金は安いけど利用料金が高いというケースがあります。

また、新たに登場した「auフラットプラン25 Netflixパック」や、2018年11月30日までの期間限定割引「iPhoneギガトクキャンペーン」も利用できませんので、自分の使い方に合ったプラン選択が必要です。

ドコモは割引額が小さいが今後も継続

毎月の割引額はドコモが一番少額となっていますが、今後もメインの機種代金割引として継続していくため、予約はもちろん新規機種購入のあらゆるケースで適用されます。

加えてドコモの月々サポートは新規・乗り換えへの優遇がなく、機種変更・新規・乗り換えで共通の割引額です。ドコモの各モデルの割引額と実質負担金は以下の通り。

機種変更・新規・乗り換えの場合(ドコモ)

iPhone XS 新規・機種変更・MNPの場合
64GB 256GB 512GB
支払総額 128,952円 147,096円 171,720円
月々サポート -58,968円 -58,968円 -58,968円
実質負担金 69,984円
(月々2,916円×24)
88,128円
(月々3,672円×24)
112,752円
(月々4,698円×24)

ドコモでは「オンラインショップ限定特典」として、2018年の11月30日まで5,184円還元を行っています。新型iPhoneも対象機種に入っていますので、ドコモオンラインショップから予約する場合は利用しましょう。家族にドコモユーザーがいる場合は「家族まとめて割」なども活用するとよりお得に新型iPhoneを運用できます。

新型iPhoneを早期購入するなら


画像引用元:iPhone XSまたはiPhone XS Maxを購入する – Apple(日本)

携帯ショップなどでは独自の割引を展開していることもありますが、オンラインの場合は主にキャリアが提供している割引を使うことになります。

そのため、毎月割引が効くタイプの端末購入割引を利用する場合は、新型iPhoneの早期購入も機種代金に限っていえば「ソフトバンク→au→ドコモ」の順にお得です。

ソフトバンクとauでは、2年後の機種変更時に使用端末を下取りに出すことで、24回分の機種代金が無料になる「半額サポート」(ソフトバンク)と「アップグレードプログラムEX」(au)も提供しています。

毎月の機種代金割引との併用はできませんが、今後は新料金プランに対応した両プログラムの利用がメインになると思われます。

ここでは新型iPhone早期購入の例として「半額サポート」と「アップグレードプログラムEX」を選んだ場合の機種代金を見ていきましょう。

なお、両プログラムとも24回分の機種代金が無料になる割引なので、新規・乗り換え・機種変更で同額の割引を受けられます。

ソフトバンク「半額サポート」適用時

iPhone XS 新規・機種変更・MNPの場合
64GB 256GB 512GB
販売価格 (48ヵ月) 136,800円 (2,850円/月) 155,040円 (3,230円/月) 180,000円 (3,750円/月)
割引総額 -68,400円 -77,520円 -90,000円
実質負担金 68,400円
(2,850円×24ヵ月)
77,520円
(3,230円×24ヵ月)
90,000円
(3,750円×24ヵ月)

au「アップグレードプログラムEX」適用時

iPhone XS 新規・機種変更・MNPの場合
64GB 256GB 512GB
販売価格 (48ヵ月) 128,640円 (2,680円/月) 146,880円 (3,060円/月) 171,840円 (3,580円/月)
割引総額 -64,320円 -73,440円 -85,920円
実質負担金 64,320円
(2,680円×24ヵ月)
73,440円
(3,060円×24ヵ月)
85,920円
(3,580円×24ヵ月)

ソフトバンクとauで比較すると、同じ半額プログラムですが、販売価格が安い分auの方が4,000円程度安くなっています。

ドコモは現在半額のプログラムを提供していませんので、ドコモと比較するとソフトバンク・auの方が安く新型iPhoneを購入できます

新型iPhoneできるだけ安く購入したいなら


新型iPhoneをできるだけ安く購入したい方には、キャリア公式のオンラインショップを利用するより、ソフトバンクのオンライン代理店を利用するのがおすすめです。

とくに「おトクケータイ.net」と「SMARTPHONE STORE」は、正規の代理店でありながら、独自のキャッシュバックを提供していて、かなり安く新型iPhoneを購入することができます。

乗り換えなら「おトクケータイ.net」がお得


おトクケータイ.netは、累計申込件数は30万件を突破するなど実績のあるソフトバンクのオンライン代理店です。

公式サイトはクレーム件数0件を謳っており、ソフトバンクショップのなかでも信頼度の高いオンラインショップといえます。

おトクケータイ.netが取り扱っているのは、au・ドコモ・格安SIMなどからの乗り換えと新規契約です。

ソフトバンク内の機種変更に対応していない代わりに、その分とくに他社からの乗り換えのキャッシュバックが手厚くなっています。

キャッシュバック内容は時期によって異なりますが、2018年の新型iPhoneが発売されたばかりの10月には、iPhone XSとXS Maxの全モデル、全カラーを対象とした30,000円のキャッシュバックを開催。

ソフトバンクの割引とは別に利用できますので、オンラインから購入するならおトクケータイ.netを利用した方が圧倒的にお得です。

9月時点では20,000円だった新型iPhone対象のキャッシュバックが、10月に早速増額されていることを考えても、今後も新型iPhoneを対象とした破格のキャッシュバックを展開する可能性が高いと思われます。

おトクケータイ.netの割引については購入する時期や機種によってことなりますので、問い合わせが必要ですが、電話かメールで無料で問い合わせできますので、気になる方は公式サイトからキャッシュバック額だけでも確認してみるのがおすすめです。

おとくケータイ.netでキャッシュバック額を確認する

「SMARTPHONE STORE」も割引がお得

SMARTPHONE STOREもおトクケータイ.netと同様、ソフトバンクのオンライン代理店です。正規取扱店なので安心で、かつソフトバンクの割引とは別に、主に新規・乗り換えを対象とした「ウェブ割」と呼ばれる独自の割引を行っていますので、お得に端末を購入できます。

2018年の新型iPhoneは、10月時点ではウェブ割の対象となっていないのでソフトバンクオンラインショップで購入するのと同額ですが、昨年モデルのiPhone 8 64GBがソフトバンクオンラインショップで1,800円(48回払い)に対し、SMARTPHONE STORE限定で月額225円と激安価格。

「半額サポート」を利用したとしても、ソフトバンクオンラインショップから購入するより割引額が37,800円安い計算になります。

こちらも機種変更を検討する前に一度問い合わせてみると比較できていいですね。

SMARTPHONE STOREでキャッシュバック額を確認する

新型iPhone XS Maxをできるだけ安く購入する【おトクケータイ.net】


画像引用元:iPhone XS – Apple(日本)

iPhone XSのディスプレイを大型化したハイエンドモデルのiPhone XS Max。スペック重視のユーザーには気になる機種ですが、iPhone XS Maxは64GBモデルでもアップルストアでは124,800円(税別)と価格がネックです。

そんな高額なiPhone XS Max、おトクケータイ.netとソフトバンクの割引を組み合わせるとどこまで安く購入できるのか見てみましょう。

なお、おトクケータイ.netについては10月時点のキャッシュバック額、ソフトバンクは「半額サポート」適用時の機種代金で計算します。

iPhone XS Maxを「おトクケータイ+ソフトバンク」で購入すると

iPhone XS Max 64GBを「おトクケータイ.net+ソフトバンク」の組み合わせで購入した場合の月額利用料金の例は以下のようになります。

■iPhone XS Max 64GB
端末代金 3,120円×48ヵ月 (149,760円)
通話基本プラン 1,200円
ウェブ使用料 300円
データ定額50GBプラス 5,980円
半額サポート -74,880円
1年おトク割 -1,000円/月
おうち割 光セット -1,000円/月
みんな家族割+(4人以上の場合) -2,000円/月
ギガ使い放題キャンペーン+ -1,000円
キャッシュバック -20,000円
消費税 198円
実質負担金 月額5,798円

販売価格が149,760円のiPhone XS Max 64GBも、ソフトバンクの割引とおトクケータイ.netのキャッシュバックをフルに利用すると月額5,798円+20,000円のキャッシュバックで利用することができます。

データ容量50GBもいらないという方は、従量制のデータ定額ミニモンスター(月額2,480円~)も選べますが、「みんな家族割+」「ギガ使い放題キャンペーン」が適用されませんので、月額5,258円と500円程度の差額になります。

使用量が1GBを超えると「データ定額50GBプラス」の料金を越えますので、割引がフル活用できる方は50GBプランの方がおすすめです。

おとくケータイ.netでiPhone XS / XS Maxを安く購入するならこちら

iPhoneを実質0円で購入する【SMARTPHONE STORE】


2018年モデルは割引の対象機種となっていませんが、2017年モデルのiPhone 8と2016年モデルのiPhone 7であれば、SMARTPHONE STOREが格安で販売しています。

iPhone 8の64GBモデルがソフトバンクオンラインショップだと月額1,800円×48回払いのところを月額225円、iPhone 7の128GBモデルが2,070円のところを月額270円というお得な価格で購入可能。

ソフトバンク公式の割引分も考えれば、実質0円で購入できる計算です。詳しい価格についてはプラン・機種などによって異なりますので、こちらも実際に問い合わせてみてください。

SMARTPHONE STOREでiPhoneを実質0円で購入するならこちら

新型Androidの予約はどこがお得?


XperiaやGalaxyといったiPhoneに対抗するハイエンドスマホのほか、最近ではHUAWEIなどの中国メーカーもコストパフォーマンスに優れる機種を多く販売しており、国内のAndroidユーザーも着実に増えています。

ここでは、2018年5月31日に発売されたXperia XZ2を例に、新型Androidはどこで予約するのがお得か検証していきます。

Xperia XZ2の予約価格の例


画像引用元:Xperia XZ2 | モバイル | ソフトバンク

Xperia XZ2の各キャリアの販売価格は以下の通りです。なお、予約当時の価格なのでドコモが「月々サポート」、auが「毎月割」、ソフトバンクが「月月割」適用時の価格となっています。現在の販売価格とは異なりますので注意してください。

ドコモ Xperia XZ2の予約価格

機種変更 新規契約 乗り換え
販売価格 (24ヵ月) 94,608円 (3,942円/月)
月々サポート (24ヵ月) -46,656円 (-1,944円/月) -63,504円 (2,646円/月)
実質負担金 47,952円 (1,998円×24ヵ月) 31,104円
(1,296円×24ヵ月)

au Xperia XZ2の予約価格

機種変更 新規契約 乗り換え
販売価格 (24ヵ月) 95,040円 (3,960円/月)
毎月割 (24ヵ月) -47,520円 (-1,980円/月)
実質負担金 -47,520円 (1,980円/月)

ソフトバンク Xperia XZ2の予約価格

機種変更 新規契約 乗り換え
販売価格 (24ヵ月) 102,720円 (4,280円/月)
月月割 (24ヵ月) -43,200円 (-1,800円/月) -86,400円 (-3,600円/月)
実質負担金 59,520円 (2,480円/月) 16,320円 (680円/月)

機種変更はau、乗り換えはソフトバンクがお得

2018年5月の予約受付時点のXperia XZ2の価格で比較すると、新型Androidの予約は機種変更ならau、乗り換えならソフトバンクがお得という結果になりました。

とくにソフトバンクの乗り換えで月額680円は圧倒的な安さです。

2018年9月からauとソフトバンクは旧料金プランが一新されましたが、ソフトバンクは一貫して乗り換え優遇傾向にありますので、今後も乗り換えがお得になる可能性が高いです。

新型Androidを予約する際は、ソフトバンクへの乗り換えも検討してみて良いかもしれません。

新型Androidの早期購入はどこがお得?


新型Androidが発売されてから早期購入する場合も同様で、乗り換えはソフトバンクがお得な場合が多いです。

ただし、ソフトバンクとauはそれぞれ「月月割」と「毎月割」を廃止して、「半額サポート」と「アップグレードプログラムEX」を推し進めていく方針のようです。

どちらも2年後の機種変更を前提とした割引で、使用していた端末を下取りに出す必要があるなど、毎月割引が効くタイプのこれまでの割引と条件が異なりますので、その点については十分注意が必要です。

ただ、価格的にはどちらも半額で新型AndroidやiPhoneを購入できるので、実質負担金はお得になるケースが多いです。

Androidできるだけ安く購入する


Androidをできるだけ安く購入したい場合は、ソフトバンクのオンライン代理店のSMARTPHONE STOREもおすすめです。

現在は2017年の夏モデルとしてソフトバンクから発売された京セラの「DINGO G」と、2018年1月にソフトバンクとY!mobileで発売されたSHARP製の「Android One S3」端末価格0円で購入できます。

両端末ともシンプルで使いやすいデザインと耐衝撃性の高い頑丈さが売りのAndroid端末。スペックはミドルスペック相当で、あまりスマートフォンにこだわりがない方には十分な性能が備わっています。

また、端末価格が0円ですので、その分割引は毎月の利用料金に回すことができるので大変お得。Androidをできるだけ安く購入したい方におすすめです。

SMARTPHONE STOREの端末価格0円機種のスペック

端末価格0円のDINGO GとAndroid One S3のスペックは以下の通りです。

DINGO G Android One S3
OS Android 7.1 Android 8.0
CPU Snapdragon 425
(1.4GHzクアッドコア)
Snapdragon 430
(1.4GHz+1.1GHz オクタコア)
RAM 2GB 3GB
ROM 16GB 32GB
外部メモリ 最大256GB 最大400GB
ディスプレイ 5.0インチ
解像度 1,280×720 (HD) 1,920×1,080 (フルHD)
サイズ 約143×72×10.6 mm 約144×71×8.5 mm
重さ 約142g 約143g
バッテリー 2,300mAh 2,700mAh
Bluetooth Bluetooth 4.2
カメラ アウトカメラ:約1,300万画素
インカメラ:約200万画素
アウトカメラ:約1,310万画素
インカメラ:約500万画素
カラー ホワイト/ブラック/レッド ターコイズ/ネイビーブラック/ホワイト/ピンク

基本的に後に発売されたAndroid One S3の方がスペックが優れているので、SMARTPHONE STOREを利用して0円で購入する場合はS3を購入した方がお得です。

メーカーがSHARPなこともあり、購入しやすいエントリーモデルとしてヒットした「AQUOS sense」に近い設計となっています。

1年間でもっとも得する時期は?


iPhoneやAndroidをできるだけ安く購入したいなら、購入する時期についても検討する必要があります。

お得な時期には各社が割引キャンペーンを実施し、新型iPhone・新型Androidなどの魅力的な機種が値下げされますので、ぜひ狙ってみてください。

学割シーズン【新規・MNP】

スマートフォンが一番お得に購入できる時期が3月

企業にとっては決算前の年度末、消費者にとっては卒業シーズンにあたるこの時期、主に新規・乗り換えユーザーを対象とした大々的なキャンペーンが行われます。

新型iPhoneや新型Androidをできるだけ安く購入したいという方におすすめの時期です。参考までに2018年のキャンペーンの例を載せておきます。

2018年春ドコモのキャンペーン


ドコモの春のキャンペーンは3月20日~4月2日の間で実施されました。新規・乗り換えで契約すると「春のiPhoneデビュー割」が適用され、割引前は31,104円だった昨年モデルのiPhone 8 64GBが一括22,680円まで割引されました。

割引は「端末購入サポート」の割引額を一時的に上げる形で実施されますので、この時期を逃すとチャンスは次の値下げを待つしかありません。

2018年春auのキャンペーン

auは新学割と特別キャンペーンが実施されました。25歳以下のユーザーを対象に、通常のピタットプランから1年間500円割引される「ピタット学割」、フラットプランから1年間520円割引される「フラット額割」が5月31日まで開催。

さらに機種変更・新規契約・乗り換えと同時に両学割プランに申し込みで、1年間1,000円割引と学割を中心としたお得な割引を提供していました。

2018年春ソフトバンクのキャンペーン

ソフトバンクもau同様に学割を中心としたキャンペーンを提供しました。「学割先生」は25歳以下のユーザーと、学校の先生などの教育に携わる方を対象に、毎月の利用料金が1,020円割引。

その家族も1年間割引が適用されるなどお得なキャンペーンを展開しました。

iPhone発表シーズン直前【前世代iPhone】

iPhone発表シーズン直前は、前の世代のiPhoneが安くなるのでお得です。iPhoneを取り扱うお店は新機種を発売する前に前の機種を売り切っておきたいので、高額なキャッシュバックなどに期待できます。

この時期はとくにキャリアショップやオンラインショップよりも、ケータイショップや家電量販店などの方がお得に購入できる場合が多いです。

iPhone発表シーズン直後【キャッシュバック・特典】


毎年9月は新型iPhoneが発表されますが、実は発売直後もねらい目です。

新型iPhoneの発売は、メディアなどでも大々的に報じられ、1年のなかでスマホに一番関心が集まる時期なので、各社が特典やキャッシュバックを展開して、乗り換えるといかにお得かをアピールします。

とくに他社から乗り換えるユーザーを獲得したいので、乗り換え(MNP)を対象とした特典・キャッシュバックが充実しますので、乗り換えでの機種変更がお得です。

また、前世代の機種も値引きされますので、最新のiPhoneでなくても良いという方も、1年前のモデルのiPhoneをお得に購入できます。

2018年秋であれば、ドコモは「オンラインショップ限定特典」や「秋のサン9キャンペーン」などを実施し、さらに前年モデルのiPhone 8とiPhone 8 Plusの端末購入サポート額が増額され、MNP一括でiPhone 8 64GBが10.368円という破格の値段で購入できました。

最新のiPhoneでなくても良いユーザーを中心に、iPhone 8の売り上げが好調を維持しています。

学割シーズン前【Android】

学割シーズンの前にはスマートフォンの冬春モデルとして新型のAndroidが発売されます。

この時期はAndroidが全体的に値下げ傾向なので、Androidへの機種変更をする場合はねらい目な時期です。ただし、学割シーズンが控えていることもあり、キャンペーンなどは控えめ。数か月待って春に買う方が良いかもしれません。

ドコモの携帯機種変更でベストタイミングはいつ?2年縛りと解約月

オンラインショップで買うならネット代理店も選択肢に


近年は、キャリアのオンラインショップでも実店舗と同等のサービスを受けることができ、手数料無料など優遇されることが増えてきましたので、機種変更・乗り換えなどもオンラインで済ませる方が増えてきました。

そんな中、ソフトバンクではオンラインの正規代理店として、「おトクケータイ.net」や「SMARTPHONE STORE」といったオンラインショップが登場しています。

こうしたオンラインショップは独自の割引を実施しており、よりお得に新規機種を購入できる場合がありますので、機種変更の際には一度検討してみるのがおすすめです。

どちらも電話・メールの問い合わせだけなら無料ですので、お気軽にキャッシュバック・割引内容だけでも確認してみてはいかがでしょうか。

Pocket