おサイフケータイ 電子マネーの使い方 dカード
読了時間:約 2

おサイフケータイを使って日々の決済を簡単にしたいと考えている方は非常に多いです。しかし、「自分の持っているカードでも利用出来るのか」、「お得に使うためにはどうすれば良いのか」と悩む方が多いのもまた事実でしょう。

今回はそんなおサイフケータイをこれから使い始める方に向けて、主要クレジットカード会社別のおサイフケータイ対応状況とお得な使い方をご紹介します。

おサイフケータイの仕組み


おサイフケータイとはスマホ経由で電子マネーを使って決済を行う機能のことです。クレジットカードを利用する場合は「QUICPay」・「iD」を使い、電子マネーで決済した分を後日クレジットカード会社経由で支払うことになります。

おサイフケータイを使うメリットは決済が手軽という点が大きいです。例えばコンビニで少額の決済をする際は小銭を数えたり、おつりを貰ったりといった作業が必要となりますが、おサイフケータイであれば読み取り機にスマホをかざすだけで決済が完了します。

また、クレジットカードだけでなくチャージ式の電子マネーを使う際は、残りの残高をスマホ上で確認することが出来るため、あとどれくらい使えるのか分かりやすいというのも大きなメリットと言えるでしょう。

なぜおサイフケータイが人気なのか

「おサイフケータイはお得!」という触れ込みを聞いたことがある方は多いでしょう。しかし、「なぜおサイフケータイを使うと得するのか」について知っている方はあまり多くないのではないでしょうか。

実はおサイフケータイを利用することで得られる利益は、普通にクレジットカードを使ったり、電子マネーを使ったりしても得られるものばかりなのです。

それにも関わらず、現金やクレジットカードではなくおサイフケータイを積極的に使う人が増えている理由は「支払いの手軽さ」にあります。

現金払いの場合はお札や小銭を数える、クレジットカードであればサインをするなどの煩わしい手順を踏まなければ決済することが出来ません。

しかし、上述のようにおサイフケータイは支払い時に電子マネーで支払いたい旨を伝え、スマホをかざすことで支払いを済ませることが出来るのです。

慣れてしまえばこれほど簡潔な決済方法はありませんから、おサイフケータイはコンビニやスーパーなどでの日々の支払いをスムーズに行いたい人に強く支持されています。

店頭で電子マネーをチャージすることなく、クレジットカードからおサイフケータイ利用分が自動で差し引かれるポストペイ型の支払いが出来る点も人気に拍車を掛けた一因と言えるでしょう。

主要クレジットカード会社別対応状況

VISA


画像引用元:https://www.visa.ca/en_CA/pay-with-visa/cards/credit-cards.html
国内でも特に利用者の多いVISAは発行している会社がかなり多いのが特長です。おサイフケータイ用のクレジットカードを作る際は、ポイント還元率年会費などを比較して自分に合ったものを探すと良いでしょう。

また、「三井住友カード Visa payWave」を利用すれば海外でもおサイフケータイを使用することが可能です。よく海外へ行くという方やこれから海外へ行く予定がある方はこちらの利用をおすすめします。

JCB


画像引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%93%E3%83%BC

JCBもまたVISAと同様に使用者の多いクレジットカードです。おサイフケータイ用としても、高額決済も出来るメインのカードとしても優れているものが多いため、JCBはどんな方にもおすすめできるカードブランドとなります。

これはJCBだけでなくすべてのクレジットカードに言えることですが、おサイフケータイに対応しているとは言っても、どの程度力を入れているかはカードによって大きく異なります

例えば、「JALカード TOKYU POINT clubQ」は1.5%と非常に高いポイント還元率を誇っているものの、ポイントが付与されるのはWAON・PASMOなどのクレジットカード未対応の電子マネーのみで、QUICPayやiDで決済するメリットはあまりありません。

もちろん、付与されたポイントを使っておサイフケータイで支払いをすることも可能なのですが、自動で料金がカード利用分に加算されるQUICPayやiDと比べると些か不便と言わざるを得ません。

つまり、クレジットカードは種類によって付与されるポイントや仕組みに違いがあり、優遇されていないカードの場合、おサイフケータイを使う旨味が減ってしまうのです。

そのため、「どのクレジットカードをおサイフケータイで使うか」はおサイフケータイをお得に使う上で必ず考えておかなければならない問題と言えます。

MasterCard


画像引用元:https://www.mastercard.co.jp/ja-jp/consumers/find-card-products/credit-cards.html
MasterCardもまた国内では人気が高く、発行数の多いクレジットカードです。QUICPayやiD機能のついたものを発行している会社は多いですが、おサイフケータイのお供として使う場合はポイント還元率が低めであるためあまりおすすめ出来ません。

例外として「OricoCard THE POINT」は最大還元率2.5%とかなり高い還元率を誇ります。年会費も無料なのでMasterCardをおサイフケータイで使いたい方はOricoCard THE POINTを選ぶと良いでしょう。

American Express


画像引用元:https://www.amazon.co.jp/dp/B007TYQ1CQ
American Expressはステータスの高いクレジットカードとして有名です。ただ、年会費は高額でゴールドカードともなれば29,000円(税抜)とかなり高額になります。

そのため、おサイフケータイ用のクレジットカードとして見るとAmerican Expressは不適格なカードと言わざるを得ないでしょう。しかし、マイルを貯めるなど別の目的がある場合は一概におすすめ出来ないカードとは言えません。

複数のカードを持つことなくマイルを貯めたり、AmericanExpressならではのサービスを受けつつおサイフケータイにも使ったりしたい方はAmerican Expressを選ぶと良いでしょう。

Diners Club


画像引用元:https://www.diners.co.jp/ja/index.html
Diners ClubもまたAmerican Expressと並んでステータスの高いクレジットカードです。年会費が高い点もAmerican Expressと同じで、通常のカードでも22,000円(税抜)と高額です。

Diners Clubのおサイフケータイ対応状況は良いとは言えないでしょう。ホテルの部屋や飛行機の座席が無料でアップグレードされる、高級レストランの予約を取ってくれるなどのサービスを提供しているため愛用者は多いですが、ポイント還元率は良くありません。

クレジットカードを複数持ちたくないけれどおサイフケータイは使いたい」というケース以外では他のクレジットカードの利用をおすすめします。

おサイフケータイをお得に使う方法

端末保証はいつでも解約できる

目的に合わせたクレジットカードを作る

おサイフケータイをお得に使いたいのであれば目的に合わせてクレジットカードを作ることをおすすめします。例えばマイルをたくさん貯めたいのであれば、ポイントではなくマイルを還元してくれるクレジットカードを選ぶべきです。

また、よく利用するお店が優遇されているかどうかもチェックしておきましょう。クレジットカードの中には特定のお店で利用するとポイント還元率が高くなるものが存在します。

もちろん、おサイフケータイを経由してクレジットカードを使った場合でもポイント還元率の優遇を受けることが可能なので、おサイフケータイ用のクレジットカードを選ぶ際は、よく利用するお店を優遇しているクレジットカードが無いかチェックしてみましょう。

ポイントを活用する

クレジットカードを使う大きなメリットのひとつが「ポイント」です。利用金額に応じて貰えるポイントはおサイフケータイでの支払い時に使えたり、貯めて置くことで旅行券や食事券と交換してもらったりすることも出来ます。

また、クレジットカードの中にはおサイフケータイ経由で決済を行うとポイント還元率が高くなるものが存在します。中には3%以上の高還元率のカードも存在しますから、おサイフケータイ用に新たなクレジットカードを発行するというのも良いでしょう。

年会費無料のカードを選ぶ

クレジットカードには年会費が掛かることが多く、高額なものになると数万円単位の年会費が必要なこともあります。しかし、最近は年会費が無料のクレジットカードも登場しており、中には条件なしで年会費永久無料のカードも存在します。

せっかくポイントが貯まりやすいクレジットカードを使っていても年会費の高いクレジットカードを使っていては、差し引きで損をしてしまうので、おサイフケータイ用のクレジットカードには年会費無料のものを選ぶようにしましょう。

キャンペーンを利用する

クレジットカードの中には「QUICPayを使うと還元率アップ」、「iDをはじめて利用した人にキャッシュバック」などのキャンペーンを行っているものがあります。

例えば三井住友カードは、

  • iD利用者に抽選でプレゼントを贈呈
  • iD決済時のポイント還元率2倍
  • iD新規利用者に1,000円キャッシュバック

などのキャンペーンを実施しています。このようにクレジットカードの中には電子マネーでの決済を優遇しているものが多く存在するのです。

おサイフケータイをお得に使いたいのであればQUICPayやiDに関するキャンペーンを行っているクレジットカードを探してみると良いでしょう。

おサイフケータイをお得に使えるクレジットカード

イオン銀行利用者におすすめ「イオンカードセレクト」


画像引用元:http://www.aeon.co.jp/creditcard/lineup/select.html
最近はクレジットカードにキャッシュカードなどの機能を組み合わせたカードが増えてきましたが、イオンカードセレクトはなんと1枚で3つの機能を兼ね備えています。

イオンカードセレクトで使える機能は、

  • クレジットカード機能
  • キャッシュカード機能
  • WAONカード機能

の3つです。つまり、イオンカードセレクトを持っていれば1枚のカードで、クレジットカードでの決済イオン銀行の利用WAONでの決済が可能となります。

更におサイフケータイを組み合わせればiDやQUICPayを使った決済も出来るようになるため、スマホとイオンカードセレクトさえあれば、ほぼすべてのお店で支払いが出来るようになるのです。

ただ、多機能で便利な反面、イオンカードセレクトのポイント還元率は最大1%と平均的で、ポイント目的の方にはあまり向きません。

マイルを貯めたいなら「American Express Sky Traveler Card」


画像引用元:https://www.americanexpress.com/jp/credit-cards/sky-traveler-card/
ポイントではなくマイルを貯めたいのであれば「American Express Sky Traveler Card」がおすすめです。American Express Sky Traveler Cardは名前の通りよく飛行機を使う方向けのクレジットカードで、マイル還元率はなんと1.5%となっています。

現状、マイル還元率でAmerican Express Sky Traveler Cardを上回るカードは存在しませんから、よく飛行機に乗る方、マイルを貯めたい方にはこのカードを選ぶと良いでしょう。

ただし、QUICPayやiD利用に対する特典等は存在しないため、おサイフケータイと相性が抜群だとは言えません。American Express Sky Traveler Cardは、あくまで少しでもマイルを貯めたい方向けのクレジットカードと言えるでしょう。

提携店での決済がお得になる「dカード」


画像引用元:https://d-card.jp/st/index.html
ドコモが発行しているdカードはすべてのおサイフケータイユーザーにおすすめのクレジットカードと言えます。というのも、dカードは提携店でカード決済をするとポイント還元率が大幅にアップする仕組みとなっているのです。

例えばローソンでdカードを使うと利用額の3%が割引となり、ポイント還元率が2%になります。また、ドコモユーザーであればdカードを持っているだけで最大1万円のケータイ補償サービスを受けることが可能です。

他にもdカードには高島屋やENEOS、スターバックスなどの提携店で利用すると貰えるポイントが増える特典が存在します。もちろんこれらの恩恵はおサイフケータイを経由してdカードを使った場合でも有効です。

dカードはドコモユーザーでなくとも作ることが出来ます。dカードの提携先に自分がよく行くお店があるのなら、持っておいて損は無いでしょう。

おサイフケータイを使う際の注意点

充電がないと使えない

おサイフケータイ機能は充電が無いと使うことが出来ません。そのため、出先で充電が切れてしまった場合は充電をするか、現金での支払いをする必要があります。

財布を持ち歩いている場合であればあまり問題にならないかもしれませんが、財布を持たずスマホだけを持って買い物へ出かけた際などに充電が切れると厄介です。

FeliCa対応店でなければ使えない

おサイフケータイはFeliCa端末にスマホをかざすことで決済を行うシステムなので、そもそもFeliCa端末を設置していない店舗でおサイフケータイを使うことは出来ません

コンビニや大手デパート、飲食チェーン店などでは大抵使えますが、個人商店やハイブランドのショップなどでは使えないことがあるため注意しておきましょう。

海外では使えない

海外にもスマホを利用した決済方法「NFC」が存在しますが、おサイフケータイとは仕組みが違うため利用することは出来ません。例外としてNFCに対応している端末であれば決済することが可能です。

ただ、今後は世界基準規格であるNFCの導入が日本でも始まると予想され、実際に国内モデルのスマホでもNFCとFeliCaの両方に対応したモデルが登場しています。

現状ではまだまだ充分に普及しているとは言えませんが、今後NFC機能を搭載したモデルが増えていけば、海外でスマホを使った決済が出来るようになるでしょう。

高額決済には利用できないことも

基準はクレジットカードによって異なるものの、あまりに高額な決済にはおサイフケータイが使えないこともあります。

目安として2万円以上の高額決済をする際は利用できないケースが存在しますから、大きな出費がある際はおサイフケータイではなくクレジットカードか現金で支払いをした方が良いでしょう。

カードとの組み合わせで更にお得に!

ご紹介したようにおサイフケータイは支払いに使用するクレジットカード次第でよりお得に使うことが可能です。特にポイント還元率の高いクレジットカードと組み合わせて使った場合は現金払いより断然お得となるでしょう。

また、年会費が無料、キャンペーンを実施しているクレジットカードを選ぶのも忘れてはいけません。これからおサイフケータイを使い始めるという方は、自分の生活スタイルに合ったクレジットカードと共におサイフケータイを活用してみましょう。

Pocket