キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円で断然お得!
読了時間:約 2

端末代金も併せると月々の負担が1万円を超えることも少なくない大手キャリア。

そんな大手キャリアに比べて格安SIMの料金は非常に安く、毎月2,000円程度の負担でスマホを運用することが出来るキャリアも多く存在します。

ただ、格安SIMはキャリアによってサービスやプランに大きな違いがあるため、乗り換え先を選ぶ際は様々なキャリアをじっくり比較してみなければいけません。

そこで、今回は月額2,000円台運用ができる格安SIMのデータ通信量と料金を比較し、自分に最適な格安SIMを見つけられるよう分かりやすく解説していきます。

月額2,000円台で運用できる格安SIM


スマホ全盛期の昨今、ガラケー時代と同じく大手キャリアでスマホを契約すると、月々の携帯料金は桁違いに高くなります。

しかし、格安SIMであれば料金を2,000円台に抑えることも充分に可能です。月額2,000円台で運用できる格安SIMの詳細を見ていきましょう。

大抵の格安SIMは2,000円台で運用できる

大手キャリアのユーザーからすれば考えられないことですが、ほとんどの格安SIMはデータ通信量さえ気にしなければ2,000円台で運用できます。

もっと言えば1,000円台で運用するのも難しくなく、データ容量が少なくても良いのなら端末代金を含めた毎月の携帯代を3,000円程度に抑えることも充分可能です。

希望する条件が2,000円台でスマホを運用したい、というだけならかなり多くの格安SIMから選べるので、乗り換え先は様々なキャリアを吟味して決めると良いでしょう。

プランの内容は格安SIMによって大きく異なる


月額2,000円台運用ができる格安SIMを比較する際は、プランの内容が似通っている格安SIM同士を比較して、料金の高低を算出してみましょう。

例えば3GBプランが1,500円で運用できるA社、1,700円で運用できるB社があったとして、使えるデータ通信量が同じならA社の方が断然お得です。

しかし、B社に音声通話の無料時間があったとすると、人によってはB社の方がお得に感じることもあります。

このように、プランの内容は格安SIMによって様々で、何に魅了を感じるかも人によって異なるため、比較を行う際は料金だけでなく様々な要素を見るようにしましょう。

データ通信量と料金のバランスが大事

格安SIMを選ぶ際に重視したいのが『データ通信量と料金のバランス』です。

格安SIMを比較していると、同じ料金なのに使えるデータ容量が異なるキャリアがあることに気付きます。

これは前述のようにそれ以外のサービスの有無で料金が異なっていることもありますが、プランの内容は同じであるにも関わらず料金が高額なキャリアも存在するのです。

使えるデータ容量は同じであるにも関わらず、他のキャリアより高額な料金を支払ってしまうと損をしてしまいます。

そのため、格安SIMを選ぶ際はデータ通信量と料金のバランスにも目を向けるようにしましょう。

格安SIMのデータ通信量と料金を比較

データ通信プランの比較

 mineo(D・Aプラン)DMMモバイルBIGLOBEモバイルLINEモバイルIIJmioUQモバイル楽天モバイル
1GB800円(税抜)480円(税抜)×500円(税抜)×××
2GB800円(税抜)770円(税抜)×××××
3GB900円(税抜)800円(税抜)900円(税抜)1,110円(税抜)900円(税抜)980円(税抜)900円(税抜)・(3,1GB)
5GB×1,210円(税抜)×1,640円(税抜)××1,450円(税抜)
6GB1,580円(税抜)×1,450円(税抜)×1,520円(税抜)××
7GB×1,860円(税抜)×2,300円(税抜)×××
10GB2,520円(税抜)2,190円(税抜)×2,640円(税抜)××2,260円(税抜)
12GB××2,700円(税抜)×2,580円(税抜)××
20GB3,980円(税抜)3,980円(税抜)4,500円(税抜)×××4,050円(税抜)

グラフでは主要な格安SIM7社の料金をまとめています。データ通信プランは音声通話プランより安いのが特長で、3GB程度なら数百円の料金で運用することが可能です。

とは言え、ほとんどの方にとって音声通話機能は必須であるため、データ通信プランはどちらかと言えばサブスマホ用のプランと言えるでしょう。

LINE通話やキャリア独自の通話プランがある場合は別ですが、大手キャリアから乗り換える際は音声通話プランを利用する方が無難です。

格安SIMで主流の4GB~6GBのデータ容量に関しては、データ通信プランと言えど1,000円を超える料金となってしまいます。

主流のデータ容量ということもあって、この辺りのデータ容量プランではどこの格安SIMも似たような料金です。

唯一DMMモバイルは5GBプランで1,210円と突き抜けて安いので、毎月のデータ通信量が5GBに収まるのならDMMモバイルをおすすめします。

12GB以上のプランとなると端末負担込みで2,000円台というのは難しいです。概算ではありますが、毎月の携帯料金は3~4,000円台となってしまうでしょう。

データ通信プランのポイント
  • 音声通話機能がついていないのでサブスマホ用として利用したい人におすすめ
  • データ通信プランは音声通話プランより安い
  • 格安SIMで主流の4GB~6GBのプランは基本的に1,000円を越える
  • DMMモバイルは5GBプランで1,210円と突き抜けて安いので、毎月のデータ通信量が5GBに収まるのならDMMモバイルがおすすめ

音声通話プランの比較

 mineo(Aプラン)DMMモバイルBIGLOBEモバイルLINEモバイルIIJmioUQモバイル楽天モバイルワイモバイル
1GB×1,260円(税抜)1,400円(税抜)1,200円(税抜)××××
2GB×1,380円(税抜)××××××
3GB1,510円(税抜)1,500円(税抜)1,600円(税抜)1,690円(税抜)1,600円(税抜)1,680円(税抜)1,600円(税抜)・(3.1GB)1,980円(税抜)
5GB×1,910円(税抜)×2,220円(税抜)××2,150円(税抜)×
6GB2,190円(税抜)×2,150円(税抜)×2,220円(税抜)×××
7GB×2,560円(税抜)×2,880円(税抜)××××
10GB3,130円(税抜)2,890円(税抜)×3,220円(税抜)××2,960円(税抜)2,980円(税抜)・(9GB)
12GB××3,400円(税抜)×3,260円(税抜)×××
20GB4,590円(税抜)4,680円(税抜)5,200円(税抜)×××4,750円(税抜)4,980円(税抜)・(21GB)

音声通話プランの比較ではデータ通信プランでご紹介した7つの格安SIMに、通信速度に定評のあるワイモバイルを加えて解説を行っていきます。

前述の通り、大手キャリアと同じ使い勝手でスマホを運用したいのなら、音声通話プランを選ぶことになるでしょう。

料金は音声通話機能が使用できるために、データ容量が同じプラン同士でデータ通信プランと比較すると400~600円程度高くなっています。

そのため、1GBプランであっても数百円で使用できるということはありません。どんな格安SIMでも下限は1,000円台となってしまいます。

5GB前後のプランともなれば料金は2,000円前後になるので、毎月の携帯料金を2,000円台に抑えたいのならこれ以上のデータ容量プランを選ぶのは難しいでしょう。

音声通話プランのポイント
  • 大手キャリアと同じ使い勝手で、同じ電話番号でスマホを利用したい人におすすめ
  • 5GB前後のプランの料金は2,000円前後

端末台込み2,000円台で使える料金プランの目安


端末の分割代金を含めて2,000円台でスマホを運用するとなると、料金は少なくとも2,000円前後に抑えておきたいです。

例えばデータ通信プランだと7GBまで、音声通話プランなら5、6GB前後のデータ容量プランを選ぶことになります。

端末台を少しでも安くして、使えるデータ通信量を増やしたいのならセット購入を検討してみると良いでしょう。

というのも、セット購入でスマホを購入すると、大手キャリアのように割引が効く格安SIMが非常に多いのです。

POINT

元々の端末価格が安いスマホを選べば、毎月のデータ通信量が10GBを超えても2,000円台で運用することが可能です!

月額2,000円台運用ができる格安SIMの選び方

2台持ちが煩わしいならデュアルSIM、デュアルスタンバイで解決
月額2,000円台で運用できる格安SIMは非常に多いため、比較をしただけでは乗り換え先を決めきれないこともあります。

乗り換え先に悩んだときはどのように選べば良いのでしょうか。月額2,000円台運用ができる格安SIMの選び方をご紹介していきます。

料金で選ぶ

通信速度やオプション、独自サービスなどにこだわりが無いのなら料金を比較して最も安く使える格安SIMを選ぶと良いでしょう。

基本的には音声通話プランを選びことになりますが、音声通話をすることがほとんど無いのなら思い切ってデータ通信プランも候補です。

データ通信プランは音声通話プランと比べて600~700円程度料金が安いので、毎月のデータ通信量が3GB程度なら毎月数百円でスマホを運用出来ます。

また、お得にデータ通信できる格安SIMが好みであれば、1GBあたりの料金が安いキャリアに乗り換えるのもひとつの手です。

注意点として、料金だけを重視して乗り換え先を選ぶと、実用的ではないデータ容量のプランまで比較対象になってしまいます。

そのため、料金を比較して格安SIMを選ぶ際は、料金を見る前に自分は毎月どのくらいデータ通信をしたいのかを考えておくことをおすすめします。

通信速度で選ぶ


格安SIMは料金が安い分、通信速度が遅いのは仕方がない』と考えている方は非常に多いですが、格安SIMでも通信速度に優れるキャリアは存在します。

例えばUQモバイルやワイモバイルなどの大手キャリア系の格安SIMは他の格安SIMとは比較にならない程の速度でデータ通信をすることが可能です。

ただ、大手キャリア系の格安SIMは通信速度が速い代わりに料金は格安SIMの平均より高めなので、料金に拘る方にはあまり向いていません

価格を抑えつつ通信速度の速い格安SIMを選びたいのなら、LinksMateやIIJmio、楽天モバイルなどの通信速度の評判が良いキャリアがおすすめです。

通信速度こそ大手キャリアや大手キャリア系の格安SIMには一歩及びませんが、通信速度に定評のあるキャリアならストレスを感じることなくデータ通信を行えます

オプション・独自サービスで選ぶ

一部の格安SIMはユニークなオプションや独自サービスを提供しています。料金の安い格安SIMなら2,000円台に料金を抑えてもそれらのサービスを利用出来るでしょう。

特に注目しておきたいのは特定のWebサービス・アプリでのデータ通信量がカウントされなくなるカウントフリーオプションです。

中にはデータ通信量が増えがちなYoutubeなどの動画サイトでのデータ通信量がカウントフリーとなるものもあります。

利用するアプリ・Webサイトが決まっている場合など、使い方次第では料金の高い大容量データ通信プランに加入するより毎月の料金を低く抑えられるでしょう。

最近は上記のような独自のサービスを提供する格安SIMが増えているので、乗り換え先を選ぶ時はそれらのオプション・サービスにも目を向けてみることをおすすめします。

格安SIMの選び方まとめ
  • 料金で選ぶ…通信速度やオプション、独自サービスなどにこだわりがないのであれば料金で選びましょう。
  • 通信速度で選ぶ…速度で選ぶならUQモバイルやワイモバイルですが料金は高め。価格を抑えつつある程度の通信速度を求めるなら、LinksMateやIIJmio、楽天モバイルなどがおすすめ。
  • オプション・独自サービスで選ぶ…10分間の通話無料のオプションや特定のWebサービス・アプリでのデータ通信量がカウントされなくなるカウントフリーオプションを提供している会社もあります。通話をよくしたり、特定のwebサービスをしているならこちらを基準に選ぶのがおすすめ。

2,000円台のプランでお得に格安SIMを使おう


格安SIMの料金は契約するプランが同じような内容であれば、大手キャリアの1/3程度になることが多いです。データ通信プランなら1/4になることも珍しくありません。

そのため、今大手キャリアを使っていて料金が6~7,000円程度の方が格安SIMに乗り換えた場合は特に何かを我慢することなく料金を2,000円台に抑えられます。

また、格安SIMならではのサービスであるカウントフリーオプションを使えば、毎月のデータ通信量が増えても、更に料金を安くすることが可能です。

格安SIMへの乗り換えを考えていた、料金がどの程度下がるのか気になっていたという方はご紹介したデータ通信量と料金の比較を参考に乗り換え先を選んでみて下さい。

じっくり料金やデータ通信量、オプション等を比較して行けば、自分にとって最適な格安SIMが必ず見つかります