格安SIMの速度制限を回避する方法|通信量無制限プランがあるMVNO3選

  • 2021年1月17日

決められたデータ量を使い切ることで掛けられてしまう速度制限。日々データ通信をし過ぎないよう心掛けているという方は少なくないでしょう。

しかし、最近多数の格安SIMが導入している通信量無制限プランを利用すれば、データ容量を気にせずに思いっきりデータ通信を楽しむことが可能です。

ここでは、通信量無制限プランがあるMVNOを3つご紹介します。

速度制限から解放されて自由にSNSやYouTubeなどの動画サイトを楽しみたいという方は是非目を通して見て下さい。

通信量無制限プランで速度制限を回避する


冒頭で述べたように通信量無制限プランを利用すれば煩わしい速度制限を掛けられることなくデータ通信を行うことが可能です。

そもそも、通信量無制限プランとはどのようなものなのでしょうか。まずは通信量無制限プランについて簡単に解説しましょう。

通信量無制限プランとは名前の通り『データ容量の定めが無く、無制限にデータ通信を行るプラン』のことです。

しかし、プランの内容は通信量無制限プランを提供するMVNOによって異なります。

例えば、UQモバイルのデータ無制限プランは常に一定の速度でデータ通信を行えますが、楽天モバイルのスーパーホーダイは通信速度が段階式になっています。

他にも細かい仕様を含めると、同じ通信量無制限プランでもサービス内容は様々なので、乗り換え先を選ぶ際はじっくりサービス内容を確認しておかなければいけません。

何の制限も無くデータ通信できるとは限らない


通信量無制限と銘打たれてはいますが、実際には無制限にデータ通信を行えるわけではないことも多いです。

大抵は一定期間内に決められたデータ量以上の通信を行うと速度制限を掛けられてしまいます。

この基準もMVNOによって様々です。中には1日に3GBまで使えるような速度制限を掛けられる基準が緩い格安SIMも存在します。

速度制限を掛けられずとも、そもそもの通信速度が遅めに設定されている場合があるのも問題と言えるでしょう。

通信量無制限プランを提供する格安SIMの中には、通信量無制限プランのみデータ通信時の最高速度を低く設定しているキャリアが存在します。

場合によっては通常プランの速度制限中くらいの速度しか出ないこともあるため、乗り換え先を選ぶ際は注意が必要です。

このように、通信量無制限プランには明確なデメリットも存在します。

ただ、デメリットの存在を踏まえても、データ通信がほぼ無制限に行えるというのは魅力的です。

通信量無制限プランは誰にでもおすすめできるプランではありませんが、デメリットが気にならない方には最高のプランと言えるでしょう。

通信量無制限プランのポイント
  • データ容量の定めが無く、無制限にデータ通信を行えるプランのこと。
  • 一定期間内に決められたデータ量以上の通信を行うと速度制限を掛けられる、通常プランより速度が遅いなどキャリアによってデメリットも。
  • 同じ通信量無制限プランでもサービス内容はキャリアによって異なるので事前に調べておきましょう。

UQモバイル


画像引用元:乗りかえはUQ、だぞっ|【公式】UQ mobile|UQコミュニケーションズ
UQモバイルはKDDIグループの傘下企業であるUQコミュニケーションズが運用している格安SIMです。

特長は通信速度に優れることで、ワイモバイルと並んで全格安SIMの中でも1、2を争う程の通信速度を誇っています。

データ無制限プラン

UQモバイルの「データ無制限プラン」は通信量無制限プランの中では珍しく、『〇日間に〇GB以上データ通信すると速度制限をかける』というような縛りが存在しません。

そのため、一日中動画サイトを見たり、音楽を聴き続けたりすることも可能です。

せっかく通信量無制限プランに入ったのにデータ通信量を気にしたくないという方にとってはまさにうってつけのプランでしょう。

データ無制限プランの料金


所謂大手キャリア系の格安SIMに分類されるUQモバイルは通信速度が速い代わりに料金が高いキャリアとして知られています。

しかし、データ無制限プランに限ってはデータ通信専用プランで1,980円(税抜)/月、音声通話プランで2,680円(税抜)/月とかなり格安な料金設定です。

これは後述する通信速度の問題があるために、敢えて料金を抑えたとも考えられますが、安く通信量無制限プランを利用したい方にとっては魅力的な料金設定と言えます。

データ無制限プランの通信速度

通信速度の速さで有名なUQモバイルですが、データ無制限プランに限って言えば通信速度は上り、下り共に最大500Kbpsとあまり速くありません。

ただ、動画サイトの視聴が困難、いつまで経ってもブラウザが更新されないということは無いため、実用性に関して言えば充分と言えます。

何よりも通信速度を重視したい方にはおすすめ出来ませんが、少々遅くても安い方が好みならUQモバイルのデータ無制限プランは最適なプランとなるでしょう。

U-mobile


画像引用元:U-mobile(ユーモバイル)|高速モバイル通信でお得な格安SIM・格安スマホ
U-mobileは他のメジャーなMVNOほどの知名度こそ無いものの、一風変わった料金プランを展開していることで有名な格安SIMです。

通信量無制限プランのLTE使い放題はその最たるもので、現在U-mobileは速度制限に悩まされたくない方を中心に人気が急上昇しています。

LTE使い放題

LTE使い放題は同じくU-mobileが提供している通信量無制限プランであるU-mobile Plemiumの後継プランとして誕生したプランです。

LTE使い放題の特長は使いやすい料金と優れた通信速度を両立させている点にあります。

通信速度、料金のどちらか一辺倒ではなく、バランスの取れた通信量無制限プランを探しているのなら、LTE使い放題への加入を検討してみると良いでしょう。

LTE使い放題の料金


LTE使い放題の料金は音声通話プランだと2,980円(税抜)/月、データ通信専用プランだと2,480円(税抜)/月です。

最低利用期間の長いLTE使い放題2の場合は2,730円(税抜)/月と僅かではありますが、料金が安くなります。

LTE使い放題の通信速度

LTE使い放題の通信速度は通常プランとまったく同じです。しかし、短期間でデータ通信をたくさん行ってしまうと速度制限をかけられてしまいます。

通常プランと同じ速度でデータ通信できる代わりに利用の仕方によっては速度制限がかかる、というのは通信速度が通常プランと同じ通信量無制限プランではよくある話です。

ただ、LTE使い放題の場合はどれくらいの期間にどの程度データ通信をすると速度制限がかかるのかが公開されていません。

通信速度が速いのは大きな魅力ですが、速度制限がいつ来るか分からないというのは懸念要素となるでしょう。

大抵は3日間に2、3GB程度なら通信速度をかけられることは無いものの、場合によっては1日1GBもデータ通信していなくとも速度制限をかけられることがあります。

楽天モバイル


画像引用元:楽天モバイル:安心・お得な格安スマホ(スマートフォン)/格安SIM
楽天モバイルもまたU-mobileと同じくユニークなプランやサービスを次々に打ち出しています。

また、楽天モバイルは4つ目の大手キャリアとなることを目指していることもあって、サポートなどのサービスの質がかなり高いことでも有名です。

スーパーホーダイ

スーパーホーダイは使えるデータ量毎に料金が異なる格安SIMではポピュラーな料金システムを採用しています。その点では別段珍しくない料金プランと言えるでしょう。

しかし、スーパーホーダイはデータ量を使い切ると、通信速度が制限された状態で通信量無制限プランに切り替わる仕組みを採用しています。

この点に関してはかなり珍しい仕組みと言え、実際にスーパーホーダイが発表された時はかなり話題になりました。

通信速度が制限されると言っても、制限はかなり緩いためにブラウジングやSNSの利用はもちろん、動画サイトを見ることも出来ます。

基本はデータ通信量を消費して通信を行い、万が一データ通信量を使い切っても快適に通信したいという方にとってスーパーホーダイはうってつけのプランとなるでしょう。

スーパーホーダイの料金


スーパーホーダイにはデータ通信専用プランは設定されていないため、加入できるのは音声通話プランのみとなります。

料金は2GBプランだと1,480円(税抜)/月、6GBプランだと2,480円(税抜)/月、14GBプランだと4,480円(税抜)/月、24GBプランだと5,480円(税抜)/月です。

他社のプランと比較すると、使えるデータ通信量に対して料金は割高ですが、実質速度制限が存在しないことを踏まえると、かなり安い料金設定となっています。

スーパーホーダイの通信速度

スーパーホーダイのデータ通信量を使い切った後の通信速度は最大1Mbpsとなっています。

これだけの速度があればデータ通信量の多い動画を視聴してもストレスを感じることはほぼ無いでしょう。

ただ、12時から13時、18時から19時に掛けては通信速度が最大300kbpsに制限されてしまいます。

最大通信速度が下がってしまうタイミングがあるのはネックですが、この時間帯は回線が非常に混雑する時間帯であるため、仕方の無いことと言えるでしょう。

通信量無制限プランがあるMVNO3選
  • UQモバイル…速度制限をかけることがないので、日中動画サイトを見たり、音楽を聴き続けたりすることが可能。通信速度は通常プランより遅く、上り、下り共に最大500Kbpsとあまり速くないが、実用性に関して言えば充分。
  • U-mobile…「LTE使い放題の通信速度」は通常プランと変わらないが短期間でデータ通信をたくさん行ってしまうと速度制限をかけられる。
  • 楽天モバイル…「スーパーホーダイ」はデータ量を使い切ると、通信速度が制限された状態で通信量無制限プランに切り替わるめずらしい仕組。通信速度は最大1Mbpsと速い。

通信量無制限プランは魅力的なプラン


スマホが普及すると共に所謂『データ通信し放題プラン』は廃止されてしまい、速度制限はすべてのスマホユーザー共通の悩みの種となってしまっていました。

通信量無制限プランはそんな速度制限に苦しむスマホユーザーにとって待望のプランと言えるでしょう。

ただ、前述のように通信量無制限と言っても、何の制限も無しにデータ通信が行えるわけではないため、その点には注意が必要です。

そもそもの通信速度が遅かったり、短い期間内にデータ通信をし過ぎると速度制限をかけられてしまったりと、通信量無制限プランにもデメリットが存在します。

とは言え、実用的でないほど通信速度が遅いプランはほとんど存在せず、余程のことが無い限り速度制限をかけられることもありません。

総評として、注意すべきことはあるものの、通信量無制限プランは選ぶ価値が充分にある魅力的なプランと言えるでしょう。

速度制限から解放されたい、データ通信量を気にせずデータ通信を楽しみたいという方は是非通信量無制限プランのあるMVNOへの乗り換えを検討してみて下さい。


ドコモユーザーはdカード GOLDがお得!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
  • Amazon・マツキヨ・スタバ・ローソンなど人気店でポイントがお得
年会費10,000円(税別)審査最短5分で審査完了
ポイントdポイント還元率1~10%
保険国内・海外ありETCカード無料
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ
この記事を書いた人
empire
スマホ、PCが大好きなガジェットオタクライター。大手キャリア系の記事を中心に担当し、格安SIMやクレジットカードも執筆中。誰が読んでも分かりやすく、どこよりも詳しい解説を心掛けています。