格安SIMでかけ放題プランがあるのは?通話料金が安いおすすめMVNO

  • 2021年1月17日
通話メインなら自分に合った格安スマホ選びが重要

通話することが多い方にとって、高額になりがちな通話料金は大きな悩みの種と言えるでしょう。

そんな方におすすめなのが「かけ放題プラン」です。今回はかけ放題プランのある格安SIMを4つご紹介していきます。

その中でも通話料金が安い格安SIMをピックアップしてご紹介するので、通話料金を抑えたいと考えている方は是非参考にしてみて下さい。

格安SIMで通話料金を安く抑える方法

ドコモやドコモ光のポイント還元は携帯料金が対象
格安SIMで通話料金を安く抑えたいならかけ放題プランを使うのがおすすめです。

大手キャリアと違い、ほとんどの格安SIMは無制限のかけ放題プランの設定が無く、大抵は「〇分の電話かけ放題」など時間制限のついたかけ放題プランを提供しています。

しかし、時間制限があるとは言え、かけ放題プランに加入するのとしないのとでは、月々の通話料金負担がまったく異なるのです。

毎月3時間通話すると仮定した場合、通常の音声通話プランだと30秒/20円として毎月の通話料金は7,200円となる計算ですが、かけ放題プランなら1,000円程度で済みます。

ノンストップで長時間通話することは出来ませんが、通話料金が1/7にもなることを考えれば、かけ放題プランの方がお得であることに間違いは無いでしょう。

ワイモバイル


画像引用元:【公式】Y!mobile(ワイモバイル)- 格安SIM・スマホはワイモバイルで
ワイモバイルはソフトバンクがサブブランドとして運営している格安SIMで、厳密に言えば格安SIMではあるものの、MVNOとしては扱われません。

しかし、魅力的なかけ放題プランを提供している格安SIMであり、ユーザーにとってMVNOか否かはあまり関係がないため、今回ご紹介するに至りました。

ワイモバイルのかけ放題プラン

ワイモバイルのかけ放題プランは「スマホプラン」と「スーパーだれとでも定額」の2つです。まずはスマホプランの詳細から見ていきましょう。

スマホプランは3/9/21GBの中から選べるデータ容量と10分間の国内通話が何度でもかけ放題となるサービスがセットになったプランです。

スーパーだれとでも定額は料金プランではなくオプション扱いのサービスで、加入すると通話時間無制限で国内通話が掛け放題になります。

長時間の電話はしない、長時間の電話をするけれど10分毎に掛け直す手間が惜しくないのであればスマホプランを選ぶと良いでしょう。

10分以上の電話をすることが多い、いちいち10分毎に電話を掛け直すのを面倒に思うならスーパーだれとでも定額への加入をおすすめします。

ワイモバイルの通話料金


ワイモバイルでスマホを運用する際、料金プランの選択肢はスマホプラン以外に無いため、原則として通話料金が個別に掛かることはありません。

ただ、10分以上の通話を行った場合は超過分の通話時間に対して、30秒につき20円の通話料金が別途掛かってしまうため注意が必要です。

スマホプランの料金はデータ容量3GBのプランで1,980円(税抜)/月、9GBのプランで2,980円(税抜)/月、21GBのプランで3,980円(税抜)/月となっています。

平均的な格安SIMの料金と比べるとワイモバイルの料金はやや高めですが、通話かけ放題サービスが付属した料金プランとしてはかなり格安な部類と言えるでしょう。

スーパーだれとでも定額の料金はどのプランに加えて契約した場合でも一律1,000円(税抜)/月です。こちらに関してはスマホプランと違い高めの料金設定と言えます。

どうしても10分では収まらない電話を頻繁にするのならスーパーだれとでも定額への加入も視野に入りますが、基本的にはスマホプランのみの契約がおすすめです。

ワイモバイルのかけ放題プラン
  • ワイモバイルのかけ放題プランは「スマホプラン」と「スーパーだれとでも定額」の2種類。
  • スマホプラン…3/9/21GBのどれかから選べるデータ容量とセットのプラン。10分間の国内通話が何度でもかけ放題。
  • スーパーだれとでも定額…オプション扱いのサービス。通話時間無制限で国内通話がかけ放題

UQモバイル


画像引用元:乗りかえはUQ、だぞっ|【公式】UQ mobile|UQコミュニケーションズ
UQモバイルもワイモバイルと同じく大手キャリアであるauのサブブランドとして誕生した格安SIMですが、こちらはワイモバイルと違いMVNOとして扱われています。

というのも、UQモバイルはワイモバイルと違い運営している会社が別なので、「他社から回線を借りて通信事業を営んでいる」というMVNOの基準に合致するのです。

UQモバイル最大の魅力は他の大手キャリア系格安SIM同様「通信速度が速い」という点にありますが、かけ放題プランが存在する点も魅力のひとつに数えられます。

かけ放題プランが使えて、尚且つ通信速度が速い格安SIMを探しているのなら、UQモバイルはワイモバイルと並んで最有力の候補となるでしょう。

UQモバイルのかけ放題プラン

UQモバイルの基本料金プランには「おしゃべりプラン」と「ぴったりプラン」の2つがありますが、このうちおしゃべりプランが通話かけ放題プランに該当します。

内容はワイモバイルと同じく3/9/21GBのデータ容量+国内通話かけ放題というものです。

ただ、無料で通話できる時間は5分までと少なめで、それ以降はおしゃべりプランの料金の他に、追加で通話料金が掛かってしまいます。

無制限に通話を掛けられるプランやオプションは存在しないため、5分以上の通話をすることが多い方にとって、UQモバイルは最適な格安SIMとは言えないでしょう。

逆に、5分以内の通話で事足りることが多い方にはおすすめの格安SIMと言えます。

UQモバイルの通話料金


UQモバイルのかけ放題プランであるおしゃべりプランは格安SIMの料金プランの中ではやや高い部類に入ります。

具体的な料金は3GBプランだと1,980円(税抜)/月、9GBプランだと2,980円(税抜)/月、21GBプランだと4,980円(税抜)/月です。

無料通話時間を超過した場合の通話料金は20円/30秒で、平均的な通話料金となっています。

UQモバイルのかけ放題プラン
  • UQモバイルの基本料金プランは「おしゃべりプラン」と「ぴったりプラン」の2種類。
  • 「おしゃべりプラン」がかけ放題となり、3/9/21GBのデータ容量+国内通話5分までかけ放題。

BIGLOBEモバイル


画像引用元:【公式】格安SIM/スマホのBIGLOBEモバイル
BIGLOBEモバイルは老舗プロバイダーBIGLOBEが手掛ける格安SIMとしてスタートし、今ではauを運営するKDDI傘下の格安SIMとなりました。

独立系の格安SIMとして営業していた時代もBIGLOBEモバイルはかなりシェアの高いキャリアでしたが、KDDIに買収されて以降は更にユーザー数が増えています

その理由となったのは大手キャリアの傘下ブランドにしか出来ない「長時間の通話かけ放題サービスの提供」と、「通信速度の速さ」の2つの魅力を備えたからでしょう。

更にBIGLOBEモバイルは同じくKDDI傘下の格安SIMであるUQモバイルより料金が安いため、その点も多くのユーザーに支持されている理由と言えます。

安く通話かけ放題サービスを使いたい、通信速度の速さと通話かけ放題を両立した格安SIMに乗り換えたい方にとってBIGLOBEモバイルはうってつけの格安SIMです。

BIGLOBEモバイルのかけ放題プラン

BIGLOBEモバイルでは通話かけ放題サービスを含む料金プランを提供しておらず、オプション扱いで通話かけ放題サービスを提供しています。

つまり、全てのプランがオプションに加入することにより通話かけ放題プランになり得るのです。

BIGLOBEモバイルの通話かけ放題オプションには「10分かけ放題」、「3分かけ放題」の2種類が存在します。

両者の違いは名前の通りで、10分かけ放題では10分間の国内通話が掛け放題、3分かけ放題では3分間の国内通話が掛け放題になります。

注意しておきたいのは、通話かけ放題が適用されるのはBIGLOBEモバイルユーザー専用の通話アプリである「BIGLOBEでんわ」から発信した場合のみであるという点です。

誤って通話アプリを使わずに電話を掛けてしまった場合は通話かけ放題が適用されず、契約している料金プランとは別に通話料金が掛かってしまいます。

BIGLOBEモバイルの通話料金


10分かけ放題の料金は830円(税抜)/月、3分かけ放題の料金は600円(税抜)/月となっています。

通話無料時間が3分で充分なのであれば3分かけ放題への加入をおすすめしますが、3分では短すぎることが多いため、大抵は10分かけ放題を選ぶことになるでしょう。

3分かけ放題では3分以上、10分かけ放題では10分以上の通話を行ってしまうと、無料時間を超えて通話した時間に対して通話料金が掛かります。

通話料金は9円/30秒と他社の通話料金より割安ですが、油断して長時間通話をすると高額な通話料金を請求されてしまうため気を付けましょう。

BIGLOBEモバイルのかけ放題プラン
  • BIGLOBEモバイルではオプション扱いで通話かけ放題サービスを提供。
  • 10分かけ放題」、「3分かけ放題」の2種類がある。
  • BIGLOBEモバイルユーザー専用の通話アプリである「BIGLOBEでんわ」から発信が必要。
  • 3分かけ放題の料金は600円(税抜)/月、10分かけ放題の料金は830円(税抜)/月です。

IIJmio


画像引用元:格安SIM/格安スマホ・インターネットサービスのIIJmio
格安SIM黎明期から営業を続けるIIJmioは業界4位のシェアを誇る人気キャリアで、格安SIMでは珍しくファミリー層の獲得に力を入れていることでも有名です。

通話かけ放題サービスだけでなく、家族で利用しやすいかどうかも重視するならIIJmioへの乗り換えを検討してみると良いでしょう。

IIJmioのかけ放題プラン

IIJmioもBIGLOBEモバイルと同様にかけ放題プランは提供していませんが、「通話定額オプション」という名前でかけ放題オプションを提供しています。

通話定額オプションの詳細に関しても基本はBIGLOBEモバイルと同じで、3分もしくは10分以内の国内通話が掛け放題です。

ただ、IIJmioの場合は家族へ通話を行う場合、通話無料時間が3分かけ放題だと10分、10分かけ放題だと30分に拡大されます。

ひとりで契約する場合はどちらを選ぶか悩みどころですが、家族全員で格安SIMへ乗り換える場合は、IIJmioを選んだ方が良いでしょう。

IIJmioの通話料金


IIJmioの通話定額オプションの料金は3分かけ放題の場合600円(税抜)/月、10分かけ放題の場合830円(税抜)/月です。

通話無料時間を超過した場合の通話料金は10円/30秒と格安で、家族間通話で無料時間を超過した場合は8円/30秒と更に安くなります。

IIJmioのかけ放題プラン
  • IIJmioは「通話定額オプション」という名前でかけ放題オプションを提供。
  • 3分もしくは10分以内の国内通話が掛け放題。
  • IIJmioの場合は家族へ通話を行う場合、通話無料時間が3分かけ放題だと10分、10分かけ放題だと30分に拡大される。
  • 3分かけ放題の場合600円(税抜)/月、10分かけ放題の場合830円(税抜)/月です。

通話料金はかけ放題でグッと安くなる


長時間通話は毎月の携帯負担を大幅に増やす主な原因の一つです。特に1時間を超す通話を何度もしてしまった場合は例え格安SIMでも携帯代は1万円を軽く超えてしまいます。

しかし、今回ご紹介したかけ放題プランを上手く利用すれば、通話料金を一定に抑えることが可能です。

毎月の通話料金で悩んでいたという方はこの機会に通話かけ放題プランのある格安SIMへの乗り換えを考えてみて下さい。


ドコモユーザーはdカード GOLDがお得!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
  • Amazon・マツキヨ・スタバ・ローソンなど人気店でポイントがお得
年会費10,000円(税別)審査最短5分で審査完了
ポイントdポイント還元率1~10%
保険国内・海外ありETCカード無料
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ
この記事を書いた人
empire
スマホ、PCが大好きなガジェットオタクライター。大手キャリア系の記事を中心に担当し、格安SIMやクレジットカードも執筆中。誰が読んでも分かりやすく、どこよりも詳しい解説を心掛けています。