読了時間:約 2

新型iPhoneの高額化、大手キャリアの割引率低下など、iPhone購入のハードルは年々上がっています。

そんな中注目されているのが、「格安SIMでiPhoneをセット購入する」という方法。

一昔前まで格安SIMはiPhoneの販売を行っていませんでしたが、現在は格安SIMのどこもがiPhoneの販売を行っています。

では、発売が迫っている新型iPhoneについてはどうなのでしょうか?

過去の傾向通りセット購入がお得なのでしょうか、それとも他にお得な購入方法が登場しているのでしょうか。

今回はそんな新型iPhoneを格安SIMでお得に購入する方法や、新型iPhoneを使うのに最適な格安SIMをご紹介していきます。

料金の安い格安SIMで新型iPhoneを使いたいという方、少しでも安く新型iPhoneを手に入れたいという方は是非目を通してみて下さい。

iPhone 11とiPhone 11 Proを徹底比較|おすすめはどっちか?その理由

2019年新型iPhoneは格安SIMで使える?


結論から言って、新型iPhoneは問題なく格安SIMで使用することが可能です。

しかし、新型iPhoneを格安SIMで使うためには、SIMフリー版を使用することが必須条件となっています。

大手キャリアで新型iPhoneを購入してから格安SIMへ乗り換える場合だと、SIMフリー化手続きが必須となるため注意しておきましょう。

また、キャリアによっては購入後すぐにSIMフリー化手続きが出来ないこともあり、その場合だとしばらくの間は大手キャリアを使い続けなければいけません。

そのため、新型iPhoneの発売と同時に格安SIMへ乗り換えたいのなら、はじめからSIMフリー版の新型iPhoneを購入することをおすすめします。

キャッシュバックを実施している格安SIMが主流

iPhone 6sやiPhone 7、8については直接販売をしていた格安SIMですが、新型iPhoneはキャッシュバックを実施するのみで直接販売やセット販売は行っていません

キャッシュバック額は格安SIMや利用する代理店によって異なりますが、15,000円前後のキャッシュバック・割引を実施している格安SIMが主流となっています。

10万円を超える新型iPhoneが数万円もお得に購入出来るというのはかなり大きなメリットと言えるでしょう。

キャッシュバック額だけを比較した場合、大手キャリアに比べると実質負担額はやや増えてしまいますが、格安SIMには毎月の料金が安いというメリットがあります。

このメリットを上手く利用すれば、例え新型iPhoneの実質負担額が大手キャリアより高額でも、2年、3年と使っていけば充分に得できるでしょう。

キャッシュバック・割引額を比較するのがおすすめ


新型iPhoneを取り扱っている格安SIM選びに悩んだら、キャッシュバック・割引額を比較してみて下さい。

キャッシュバックキャンペーンを実施している格安SIMは多いものの、キャッシュバック額はキャリアによって異なります。

そこで重要になるのが「どの格安SIMで新型iPhoneを購入するか」ということ。

あまりキャッシュバック額が大きくない格安SIMを選んでしまうと、途端に実質負担額は上がってしまいます。

そうならないためにも、新型iPhoneをセット購入する格安SIMを選ぶ際はしっかりキャッシュバック額を比較した上で、1番お得なキャリアを選ぶようにしましょう。

格安SIMから直接購入できるキャリアは存在しない

大手キャリアでiPhoneを購入する場合はキャリアから直接iPhoneを購入することが可能ですが、前述のように格安SIMでは直接iPhoneを購入することが出来ません

新型iPhoneを取り扱うキャリアが増えた今でもこの状況は変わっておらず、しばらくはキャッシュバック方式の取り扱いが主流となるでしょう。

iPhone Xsが発売された当時は「入荷が可能になれば取り扱う格安SIMも増えるのでは」と噂されましたが、結局高額iPhoneを取り扱うキャリアは現れませんでした。

この傾向を見るに、新型iPhoneが格安SIMで直接販売される可能性はあまり無いと言えるでしょう。

過去のセット購入時の本体価格をおさらい

iPhone 6sは激安価格で販売された

格安SIMに初めて登場したiPhoneは「iPhone 6s」で、発売当時は「格安SIMでもiPhoneが使える」と大きな話題になりました。

iPhone 6sが格安SIMで販売され始めた頃の価格は3万円前後と大手キャリアの半額以下であり、それも人気に拍車をかけた要因の一つと言えるでしょう。

話題になっただけあってiPhone 6sはかなりの台数が格安SIMから販売され、今でもiPhone 6sを愛用しているという格安SIMユーザーは少なくありません。

世代の古いモデルだけあって現在はほとんど在庫がない状態となっていますが、在庫がある格安SIMでは数百円でセット販売しています。

2018年以降はiPhone 7、iPhone 8が主流


iPhone 6sやiPhone SEを主力モデルに据えていた格安SIMですが、最近はiPhone 7やiPhone 8が主力モデルとして台頭してきつつあります。

iPhone 7やiPhone 8が主力モデルとなった理由としては、

  • iPhone 6sではスペック不足が目立つようになった
  • そもそもiPhone 6sの在庫が無い

の2つが挙げられます。特にスペックの問題は深刻で、発売当時は高性能だったiPhone 6sも今では5世代前の機種

日進月歩で進化するスマホの世界では流石に型遅れと言わざるを得ません。

また、「売りたくても在庫が無いため売れない」というのも大きな理由のひとつでしょう。

iPhone 6sは大幅値下げされたこともあり未だに人気の高いモデルで、出来れば格安SIM側としても販売したいと考えています。

しかし、在庫がないのではどうしようもなく、結果としてiPhone 7やiPhone 8の販売に踏み切ることとなったのです。

iPhone X以降のモデルは取り扱いが少ない

iPhone 7やiPhone 8を販売している格安SIMは非常に多いものの、iPhone X以降の高額モデルを取り扱っている格安SIMはほとんどありません。

ただ、直接販売こそしていないものの、格安SIMでも高額なiPhoneを対象としたキャッシュバックキャンペーンを行っているキャリアは徐々に増えつつあります。

この傾向は新型iPhoneが発売されても続くと考えられ、実際に新型iPhone向けのキャッシュバックを実施している格安SIMは少なくありません。

次のページでは、「現状最安のおすすめ格安SIMはどこ?」をご紹介します。

もし既にiPhoneの購入を決めている方は、購入後に焦らないようにこちらの記事も是非チェックしてみてください。

iPhone機種変更のデータ移行完全ガイド|準備から失敗した時の対処法
キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
1 2