月3GBプランがある格安SIM比較|1番お得なおすすめMVNOはここ!

  • 2021年1月17日

格安SIMでは定番のプランである「3GBプラン」。ポピュラーなプランであるが故に、キャリア選びはかなり難しくなります。

というのも、3GBプランを展開する格安SIMは非常に多いため、3GBプランの有無を基準に格安SIMを選ぼうとすると、膨大な格安SIMを比較しなければならないのです。

ここでは、そんな手間を省くために、通信速度や料金など格安SIMの持つ魅力毎に最もお得でおすすめな格安SIMをご紹介しています。

3GBプランのある格安SIMへ乗り換えたいと考えている方、結局どこの格安SIMへ乗り換えるのが1番お得なのか分からないという方は是非目を通して見て下さい。

3GBプランのある格安SIMはどう選ぶ?


月に使えるデータ容量が3GB付属する所謂「3GBプラン」は、格安SIMの基本プランとして扱われることも多く、多くのキャリアが主力のプランとして力を入れています。

そのため、漠然と比較していたのでは「どの格安SIMの3GBプランも魅力的で決めきれない」と悩んでしまうことでしょう。

3GBプランを備える格安SIMを選ぶ際に重要なのは、自分はどんな要素を重視したいのか前もって決めておくことです。

例えば、とにかく通信速度を重視したいなら、3GBプランがあり、通信速度の速い格安SIMを絞り込めば良いため、候補はグッと絞り込まれます。

このように、予めどんな要素を重視したいのか決めておけば、3GBプランを備える格安SIM選びは簡単になるでしょう。

乗り換え先の格安SIMを決められないと悩んでいるなら、記事中で紹介する格安SIMを参考にすると共に、上記の方法で乗り換える格安SIMの候補を絞り込んで見て下さい。

通信速度重視ならワイモバイル


画像引用元:【公式】Y!mobile(ワイモバイル)- 格安SIM・スマホはワイモバイルで
通信速度を重視するなら、大手キャリア並の通信速度を誇るワイモバイルが最もおすすめです。

大手キャリアから格安SIMへ乗り換えた際によくある「料金は安くなったけれど通信速度が遅すぎてストレスを感じる」という問題もワイモバイルなら起こり得ません。

ワイモバイルの真価が発揮されるのはお昼や夕方などの回線が混雑するタイミングです。

通常、格安SIMは12-13時、17-18時の回線が混雑する時間帯では快適なデータ通信の維持が難しくなります

しかし、通信速度が速いだけでなく、通信が安定しているワイモバイルなら問題なくデータ通信を行うことが可能です。

ストレスを感じることなくスムーズにデータ通信をしつつ、お得な3GBプランを備える格安SIMに乗り換えたいならワイモバイルを選ぶと良いでしょう。

ワイモバイルの3GBプラン

ワイモバイルの3GBプランは「スマホプランS」と呼ばれ、料金は1,980円(税抜)/月となっています。

また、独自のサービスとして、スマホプランSには10分以内の音声通話がかけ放題となるサービスが付属します。

この手の時間制限付きかけ放題サービスは大抵の格安SIMで有料オプション扱いとなっていますから、元々料金に含まれているのは魅力的です。

他の格安SIMに比べると料金は若干高めですが、データ通信の快適さ、かけ放題サービスの存在を考えると妥当な料金と言えるでしょう。

反面、スマホプランSにはデータ通信専用SIMが用意されておらず、選ぶSIMの種類は必然的に音声通話SIMとなります。

そのため、ワイモバイルはサブスマホのための格安SIMというよりは、メインのスマホを運用するための格安SIMとしての側面が強いです。

コストパフォーマンスの高いNifmo


画像引用元:NifMo(ニフモ) by NIFTY | ドコモのSIMで格安スマホ
Nifmoは料金と通信速度のバランスが取れたキャリアで、コストパフォーマンスを重視する方に人気です。

特に通信速度に関しては注目しておくべきで、大手キャリア系格安SIMほどでは無いものの、Nifmoの通信速度はかなり速い部類に入ります。

データ通信の安定性もそこそこ高く、混雑する時間帯を除けば快適にデータ通信をすることが可能です。

混雑する時間帯でも他の格安SIMに比べれば充分速いものの、流石に速度低下が一切起こらない程ではありません。

料金が安くて通信速度の速い格安SIMに乗り換えたいという方は、コストパフォーマンスに優れるNifmoを検討してみると良いでしょう。

Nifmoの3GBプラン

Nifmoにおける3GBプランの料金はデータ通信専用SIMを選んだ場合だと900円(税抜)/月、音声通話SIMの場合だと1,600円(税抜)/月です。

格安SIMにおける3GBプランの平均料金は1,600円前後なので、Nifmoの料金はちょうど平均程度となっています。

ワイモバイルと同じく通信速度を加味すればこの料金は妥当なもので、ほぼ同じ使い勝手でデータ通信できる点を考えればお得ですらあります。

他の格安SIMより通信速度が明らかに速いにも関わらず、料金が平均程度に抑えられているのは驚異的なコストパフォーマンスと言わざるを得ません。

通話かけ放題やカウントフリーなどの人気サービスこそありませんが、料金の安さと通信速度の速さを両立した格安SIMが好みならNifmoは最適な乗り換え先です。

カウントフリーのあるBIGLOBEモバイル


画像引用元:【公式】格安SIM/スマホのBIGLOBEモバイル
老舗プロバイダーの展開する格安SIMとして誕生し、今やauを運営するKDDIグループの傘下となったBIGLOBEモバイルもお得な格安SIMのひとつです。

BIGLOBEモバイルの魅力は何と言ってもカウントフリーサービスの存在にあり、データ容量が不足しがちな3GBプランの欠点を上手く補っています。

BIGLOBEモバイルのカウントフリーサービス「エンタメフリー・オプション」はカウントフリー対象となるネットサービスが多いことで有名です。

  • YouTube
  • YouTube Kids
  • YouTube Music
  • Apple Music
  • Google Play Music
  • Spotify
  • AWA
  • Amazon Music
  • radiko.jp
  • U-NEXT
  • AbemaTV

以上がエンタメフリー・オプションの対象ネットサービスの全てで、料金は他社の平均程度であるにも関わらず、対象ネットサービスの種類は2~3倍となっています。

3GBプランとカウントフリーサービスをお得に組み合わせて使いたいのなら、BIGLOBEモバイルはうってつけの格安SIMと言えるでしょう。

また、BIGLOBEモバイルは通信速度にも優れています。特にau回線を利用するタイプA回線はかなり高速で、データ通信時にストレスを感じることはほとんどありません。

カウントフリーサービスを安く利用出来、通信速度も速い格安SIMという条件で乗り換え先を探すなら、BIGLOBEモバイル一択と言っても過言では無いでしょう。

BIGLOBEモバイルの3GBプラン

BIGLOBEモバイルの3GBプランの料金はデータ通信専用SIMだと900円(税抜)/月、音声通話SIMだと1,600円(税抜)/月です。

エンタメフリー・オプションの料金はSIMの種類で変わり、データ通信専用SIMで480円(税抜)/月、音声通話SIMで980円(税抜)/月となっています。

3GBプラン自体にはカウントフリーサービスが付属せず、通話かけ放題サービスの設定も無いため、3GBプラン単体で契約した場合の料金は平均程度です。

ただ、3GBプランと一緒にエンタメフリー・オプションへ加入した場合は、対象ネットサービスの数を踏まえると、一気にお得な料金になります。

そのため、3GBプランを展開している格安SIMの中からBIGLOBEモバイルを選ぶのならエンタメフリー・オプションへの加入は必須となるでしょう。

逆に、エンタメフリー・オプションにあまり魅力を感じないのであれば、他の格安SIMへ乗り換えた方がお得です。

料金を抑えたいならDMMモバイル


画像引用元:DMM mobile – 業界最安値プランあり、月々440円から!格安スマホ・格安SIM
DMMモバイルは格安SIMの中でも断トツに料金が安く、可能な限り毎月の携帯料金を抑えたいと考えている方に人気です。

特に3GBプランの料金は業界最安クラスであるため、何よりも安さを重視する方はDMMモバイルへの乗り換えを考えてみると良いでしょう。

ただ、料金が安い分、プランの内容は最小限となっており、カウントフリーサービスや通話かけ放題サービスは付属しません。

それらのサービスを利用したい場合は「10分かけ放題」、「SNSフリー」などのオプションに加入することになります。

オプションの料金もかなり抑えられていますが、DMMモバイルは通信速度があまり速くないため、カウントフリーサービスをいつでも快適に楽しむのは難しいです。

基本的には「最安料金でスマホを運用するために選ぶキャリア」と考えておいた方が良いでしょう。

DMMモバイルの3GBプラン

前述の通りDMMモバイルの料金は格安SIM業界の中でも屈指の安さを誇ります。

3GBプランの料金はデータ通信専用SIMで850円(税抜)/月、音声通話SIMで1,500円(税抜)/月です。

10分かけ放題オプションの料金は850円(税抜)/月と似たサービスを提供する格安SIMと比較すると並程度の料金となっています。

Twitter、LINE、Instagram、Facebook、Messengerがカウントフリー対象となるSNSフリーオプションの料金は250円(税抜)/月です。

こちらの料金は他社のカウントフリーサービスよりかなり安いため、お得に利用することが出来ます。

ただ、通信速度があまり速くないというデメリットがあることを考えると、加入するべきか否かは考えものです。

対象のSNSを利用することが多いなら加入も視野に入りますが、快適に利用出来ないタイミングがあることは考慮しておかなければいけません

月3GBプランがある格安SIMまとめ
  • 通信速度重視ならワイモバイル…混雑する時間帯でも快適なデータ通信がおこなえる。料金はやや高め。
  • コストパフォーマンスの高いNifmo…混雑する時間帯を除けば快適にデータ通信をすることが可能。料金と通信速度のバランスが取れたキャリア。
  • カウントフリーのあるBIGLOBEモバイル…データ容量が不足しがちな3GBプランを補えるカウントフリーオプション。BIGLOBEモバイルはカウントフリー対象となるネットサービスが充実している。
  • 料金を抑えたいならDMMモバイル…3GBプランの料金は業界最安クラス。

1番お得な格安SIMは何を重視するかで変わる


今回は料金・通信速度・カウントフリーサービス・コストパフォーマンス別に最もお得な格安SIMをご紹介しました。

重視したいポイントが既に決まっている方は、ご紹介した格安SIMへの乗り換えを検討してみると良いでしょう。

もしまだ決まっていないのなら、まずは「自分は格安SIMにどんなことを求めるのか」をじっくり考えてみて下さい。

そうすれば、自ずと自分が選ぶべき格安SIMの条件が見えてきます。


ドコモユーザーはdカード GOLDがお得!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
  • Amazon・マツキヨ・スタバ・ローソンなど人気店でポイントがお得
年会費10,000円(税別)審査最短5分で審査完了
ポイントdポイント還元率1~10%
保険国内・海外ありETCカード無料
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ
この記事を書いた人
empire
スマホ、PCが大好きなガジェットオタクライター。大手キャリア系の記事を中心に担当し、格安SIMやクレジットカードも執筆中。誰が読んでも分かりやすく、どこよりも詳しい解説を心掛けています。