読了時間:約 2

ハイスペックなスマホを使いたい、でも毎月のスマホ代も安くしたい…それは誰もが思うことではないでしょうか。今や格安スマホの会社は、その数も種類も、数え切れないほど存在しています。

中でもテレビのCMが印象的なUQモバイルは、契約ユーザー数も顧客満足度も、年々右肩上がりで、昨今特に注目を集めている格安スマホ会社の1つとなっています。

本記事では、その人気急上昇中のUQモバイルで同じく人気の高いXperiaを使う方法と注意点をご紹介しています。

また、動作確認端末を見るときのポイントや、対応しているSIMカードを確認方法なども解説していますので、今後UQモバイルへの切り替えを検討している方は必読となっています。

UQモバイルってどんな会社?


画像引用元:お申し込みをご検討中の方へ|【公式】UQ mobile・UQ WiMAX|UQコミュニケーションズ
UQモバイルは、au系列のMVNOの会社です。通信網はauの電波を間借りしているため、速く安定した通信を提供できるのがウリとなっています。

UQモバイルの通信の速さ・安定性には定評があり、他のMVNOの会社のように、時間帯によって通信速度が極端に遅くなったりすることがほとんどなく、ストレスフリーで利用することができます。そのため、auのサブブランドとも言われています。

また、料金の面においても、UQモバイルに乗り換えたおおよその人たちが、そのコストパフォーマンスに満足しています。実際、J.D.パワーの調査によると、数多の格安SIMの会社を抑え、UQモバイルが満足度1位に輝いています。

UQモバイルでは、格安SIMと格安スマホの両方が取り扱いされています。手持ちのスマホにSIMカードのみを契約して利用することもできれば、新しく端末を購入して利用することもできます。

ここでもau系列である特徴が色濃く反映されており、SIMカードのみの契約の場合、動作確認がとれている端末はauの端末が一番多くなっています。そのため、UQモバイルユーザーの中には、auで使用していた端末にUQモバイルのSIMカードを挿して利用するユーザーが多く見られます。

UQモバイルを利用するメリットは?


UQモバイルを利用する最大のメリットとしては、やはり通信速度の速さ安定性でしょう。実際にUQモバイルを契約しているユーザーの声をきいてみても、通信面での不満はあまり聞きません。

また、人気を集めている理由として、通話プランに選択肢が多いのも魅力のひとつではないでしょうか。

UQモバイルの通話プランは、5分以内の通話がかけ放題になる「おしゃべりプラン」と、無料通話分が付帯した「ぴったりプラン」の2種類用意されています。さらに、インターネット通信だけに特化した低料金のプランも用意されています。

他のMVNOの会社と比較しても、通話プランが充実している分、格安スマホが初めてという方でも挑戦しやすいのかもしれません。

UQモバイルでXperiaを使う方法と注意点


UQモバイルが、通信速度の安定した顧客満足度の高い格安スマホの会社だということはわかっていただけたかと思います。では実際に、UQモバイルでXperiaを使うとなった場合、どのような点に注意しながら手続きをしたらよいのでしょうか。

まず、一番初めに、Xperia自体はUQモバイルでの取り扱いはありません。そのため、UQモバイルでXperiaを使用するためには、docomo・au・Softbankのいずれかで購入したXperiaを利用することになります。

次に、UQモバイルでSIMカードのみを契約します。そして、SIMカードをXperiaに挿入して利用していくような形になります。

ともなれば、気になるのはSIMカードを契約する時の注意点ですよね。そこで、特に注意すべき2つのポイントを挙げてみました。

  • 使用したいXperiaがUQモバイルのSIMカードで動作するのか
  • 対応しているSIMカードはなんの種類なのか

次から、上記2点について詳しく解説していきます。

動作確認端末の確認は必須項目!


画像引用元:動作確認端末一覧|UQmobile|格安スマホ・格安SIMのUQmobile
まずは、「動作確認端末」の確認をしましょう。「動作確認端末」とは、各キャリアの端末が、UQモバイルで提供するSIMカードに対応しているかどうかを確認する一覧表のことです。

動作確認端末は、UQモバイルのホームページで確認することができます。

肝心な確認方法ですが、まず動作確認端末の上部にある携帯会社・メーカー・端末種別・SIMの種類の中からカテゴリーを選択します。Xperiaを検索するなら、メーカー部分にソニーを選択すると分かりやすいでしょう。選択した後、表示される一覧表の中に、自分の使用したいXperiaのモデルがあれば使用可能です。

対応しているSIMカードの種類も確認しよう


次に、対応しているSIMカードの種類を確認しましょう。SIMカードには以下の種類があります。

  1. Micro SIMカード
  2. Nano SIMカード
  3. VoLTE Nano SIMカード

昨今のスマートフォンは、そのほとんどがNano SIMカードを挿入するようにできています。ここ2~3年の間で発売されたXperiaは、ほとんどがこのNano SIMカード対応だと思っていいでしょう。

しかしこのNano SIMカードの厄介なところが、同じNanoサイズであっても、LTE対応なのかVoLTE対応なのかで若干の違いがあるという点です。たとえ同じサイズであっても、通信方式を間違ってしまった場合、通話・通信ができません。

万が一、契約時にSIMカードのサイズや通信方式を誤ってしまうと、無償ではなく、有償での交換となってしまいます。またインターネットからの契約だと、自宅に届くまでの日数も要するため、その間スマホが利用できない日数がでてきてしまいます。

そうならないためにも、動作確認端末同様、SIMとカードの種類もしっかりと確認してから契約したいものです。

UQモバイルに乗り換え・新規契約する時の4つのポイント


動作確認端末や対応しているSIMカードの確認のほかに、注意するべき点はあるのでしょうか。考えられるものを4つポイントでまとめてみました。

SIMロック解除がされているか確認しよう


SIMロック解除がされているかどうかは、動作確認端末や、対応しているSIMカードの確認と同じくらい重要なポイントになります。

特に、大手3社で購入したXperiaを利用しようと考えている方は、SIMロック解除が必須となっています。自分の持っている端末が、SIMロック解除が必要なものなのかどうか、契約前に必ず確認しましょう。

SIMロック解除の有無は、各キャリアの公式ホームページでも確認できるほか、UQモバイルの動作確認端末一覧からも確認することができます。動作確認やSIMカードと合わせて確認するといいでしょう。

もし、最近購入したばかりのXperiaを使用したいのであれば、購入してから100日間はSIMロック解除ができない「100日間ルール」というものが存在します。こちらは自分が現在契約しているキャリアに問い合わせることで確認できます。

SIMロック解除とは?格安SIM・格安スマホに乗り換えるための方法と注意点

解約金・手数料はいくら?費用がいくらかかるか確認しよう


もし、今現在他社を契約中で、UQモバイルへの乗り換えを検討しているなら、解約手数料事務手数料といった乗り換えにかかる費用はいくらくらいになるのか事前に調べておきましょう。

また、新規契約であっても、SIMカードの発行手数料は必ず発生してきます。そこで、乗り換え・新規契約それぞれで、発生する可能性のある手数料がどれくらいあるのかまとめてみました。

1 2