UQ mobileからpovoへ乗り換える手順10ステップ|事前準備と注意点まとめ

UQ mobileからpovoへ乗り換える手順や事前準備、注意点を紹介します。UQ mobileとpovoはどちらもauのサブブランドですが、乗り換えるには手続きが必要です。UQ mobileからpovoへ乗り換えたい方は、ぜひ参考にしてみてください!

  • 2021年4月26日
UQ mobileからpovoへ乗り換える手順10ステップ|事前準備と注意点まとめ
au公式でスマホ本体代が最大50%OFFになるキャンペーン実施中!

ここではUQ mobileからpovoへ乗り換える手順をはじめ、事前準備と注意点をまとめてご紹介しています。

povoとUQ mobileはどちらもauのサブブランドという扱いですが、乗り換えの手順などは異なっています。

またpovoの対応端末や使えないサービスなどにも注意が必要なので、UQ mobileからpovoへの乗り換えは検討している方は事前に確認しておきましょう。

また新料金プランpovoの評判・口コミやメリット・デメリットもまとめているので、併せてご覧ください。

povoの契約に要注意!
povoでは端末とのセット購入ができないため、auオンラインショップ等で事前に対応端末を購入しておくのがおすすめです。

またauで購入したスマホであっても、一部機能に対応していない機種もあるため注意しましょう!

>povo公式サイトを見る

auでiPhone13を予約!
オンライン予約なら当日受け取り可能
Apple発表会
  • かえとくプログラムで約50%OFF
  • 下取りプログラムで最大50,600円還元
矢印iPhone13を
au公式ショップで見る

auの新料金プランpovoの基本情報

au povo
au povo
povoのサービス詳細
提供開始日2021年3月23日
ご契約いただける方20歳以上の個人のお客様
月額料金2,480円(税込2,728円)
月間データ容量20GB
通話料金30秒あたり20円(税込22円)
SMS送信:1通あたり3円(税込3.3円)[70文字まで]
受信:無料
ネットワーク5G(2021年夏提供開始予定)/4G LTE
eSIM新規とMNP(他社からの乗りかえ)に対応
トッピング5分以内通話かけ放題(税込550円/月)
国内通話かけ放題(税込1,650円/月)
データ使い放題24時間(税込220円/24時間)
データ追加1GB(税込550円/1GB)
割引
家族割プラス:×
(21年夏までの加入者はカウント対象)
家族割:×
auスマートバリュー:×
スマイルハート割引:×
その他サービス+メッセージ
テザリング(追加料金無しで利用可)
国際電話・国際SMS
国際ローミング(提供開始日は未定)
あんしんフィルター for au
povoに無いサービスキャリアメール
留守番電話サービス
引き継げないサービスUQ学割
端末保証サービス
支払い情報
対応端末auスマートフォン
SIMフリー端末
キャリア決済利用可能
契約事務手数料0円
契約解除料
au/UQ mobile/povo間の
移行手数料
お申込み窓口、
お問い合わせ窓口
オンラインのみ

povoは月20GBで2,728円(税込)というシンプルな内容が魅力の新料金プランです。

月額550円(税込)の5分以内通話かけ放題をはじめ、トッピングと呼ばれるオプションで自分好みのプランに変えられます。

キャリアメールや留守番電話サービスは使えませんが、データ通信が中心となる方にとってこれほど最適なプランはありません。

ちなみにUQ mobileはpovoと同じくauのサブブランドで、データの繰り越しや学割にも対応した「くりこしプラン」など魅力的なサービスがあります。

月額料金だけで見ればUQ mobileも十分お得ですが、povoには「auの家族割にカウントされる(条件あり)」というメリットがあるのは見逃せません。

UQ mobileから乗り換えた場合UQ学割や端末保証サービスは引き継げませんが、家族がauと契約している場合月額料金を安くできる可能性があるでしょう。

\最大22,000円割引キャンペーン実施中!/
矢印au公式オンラインショップを見る

UQ mobileからpovoに乗り換える前の準備

auのおすすめプラン
au 料金プラン
UQ mobileからpovoに乗り換えで必要なもの
ご本人さま確認書類・運転免許証
・運転経歴証明書
・マイナンバーカード
・在留カード
※いずれか1つ
支払い情報登録時クレジットカードのみ
povoの対応端末SIMロック解除されたもの
au ID持っていない場合、新規発行

UQ mobileからpovoへの乗り換えは、他社からの乗り換え(MNP)と同じ扱いとなっています。

このためUQ mobileで発行したMNP予約番号や本人確認書類・支払い情報などが必要となります。

同じauブランドであるにも関わらずMNP手続きが必要という点は、乗り換えを考えている方にとってデメリットではないでしょうか。

ただし、auとUQ mobileとpovo間の移行手続きでは「契約解除料」「番号移行手数料」「新規事務手数料 (UQ mobileでは、SIMパッケージ料金)」はかかりません。

UQ mobileはサブブランドという事で「おしゃべり・ぴったりプラン」に2年契約での10,450円(税込)という契約解除料が設定されています。

povoへの移行では高額な契約解除料などはもちろん、他のキャリアでは必要となるMNP転出手数料も無料となっているのは魅力的です。

乗り換えの際の各種注意点は「UQ mobileからpovoに乗り換える際の注意点」で詳しく解説しています。

UQ mobileからpovoへ乗り換える手順

続いてはUQ mobileからpovoへ乗り換える手順を詳しく解説します。

料金プランがシンプルなので選択項目は少なく、MNP予約番号など事前準備が整っていれば10分~15分程度で申込めるはずです。

合わせて申込み後のSIMロック解除とSIM開通手続きについてもご紹介します。

UQ mobileからpovoへ乗り換える手順10ステップ

  1. UQ mobileでMNP予約番号を取得する
  2. povoのHP内「お申し込み」から申込み
    ご利用手続き povo
  3. 希望するSIMカードを選択
    povoの申込み SIMカード
  4. 利用する機種を選択し「お申し込み」へ
    povo 申し込み
  5. 「ご契約種別」を確認し、au IDの選択
    povo 申し込み au ID
  6. MNP予約番号を入力し確認画面へ
    povo MNP入力
  7. 通話のトッピングを選び「ご契約者さま情報に進む」へ
    povo トッピング選択
  8. 個人情報を入力・暗証番号を決定し本人確認書類のアップロードへ
    povo 本人確認
  9. 受取方法を選択(自宅)
  10. ご注文内容確認用パスワードを決定・注文完了
    povo 確認パスワード入力
UQ mobileのMNP予約番号取得方法
Webからmy UQ mobileにてお手続き
携帯電話・一般電話から<UQ mobileお客さまセンター> 0120-929-818
受付時間:9:00~21:00
※当面の間20時まで短縮営業

UQ mobileからpovoへは上記のような10ステップで乗り換えます。

MNPを利用した手続きという事で、基本的な契約の流れは他社からの乗り換え(MNP)と同じです。

MNP予約番号は2通りの方法で取得できますが、特に理由が無いならPC・スマホから手軽に申込めるmy UQ mobileでの手続きがおすすめです。

ちなみにpovoはスマホの申込み限定で本人確認書類と自身の容貌を撮影する事で本人確認ができるeKYCにも対応しています。

本人確認書類のアップロードではSIMカード受取り時に本人確認(または本人限定受取)が必要となるので、手間を減らしたいなら利用してみると良いでしょう。

矢印povo公式サイトを見る

SIMロック解除とSIM開通手続き

UQ mobileでのSIMロック解除手続き
  1. my UQ mobileにログイン
    UQ mobile SIMロック解除
  2. 「契約確認・変更」タブをタップし、「ご契約内容」欄の「詳細を確認・変更する」をタップ
    UQ mobile SIMロック解除
  3. 契約の内容が表示されるので、画面を下にスクロールして「SIMロック解除」をタップ
    UQ mobile SIMロック解除
  4. SIMロックの状態と注意事項を確認し、「ロックを解除する」ボタンをタップ
    UQ mobile SIMロック解除
  5. 注意事項の内容を確認して「実行する」ボタンをタップ
    UQ mobile SIMロック解除
  6. 受付番号が表示され、SIMロック解除が受け付けられる
    UQ mobile SIMロック解除
povoのSIM開通手続き
au ICカード(SIMカード)①au ICカードを挿入
②Webサイトまたは電話で回線の切り替え
・Webサイト:受付時間9:00 ~ 21:15(年中無休)
・電話:受付時間9:00 ~ 20:00(年中無休)
③アクセスポイントの設定(Androidのみ)
④SIM開通手続き
eSIM【iPhone】
①Webサイトまたは電話で回線の切り替え
②URLよりプロファイルをダウンロード
③SIM開通手続き
【Android】
①Webサイトまたは電話で回線の切り替え
②URLよりプロファイルをダウンロード
③アクセスポイントの設定
④SIM開通手続き

povoで使うスマホはSIMフリー端末か、事前にSIMロック解除しておく必要性があります。

UQ mobile端末を使う場合はmy UQ mobileから上記の手順でSIMロック解除をしておきましょう。

郵送でau ICカードが届いたら、使う予定のスマホにSIMカードを挿して開通手続きを行います。

eSIMカードの場合はSIMカードは必要ありませんので、契約後にWebサイトまたは電話で回線の切り替えを実施します。

au ICカードが届けられてから10日経過すると自動的に回線の切り替えが行われるので注意しましょう。

各種不明点の質問などはpovoのHPの「チャットで質問」や「トッピングアプリ」から行えます。

\最大22,000円割引キャンペーン実施中!/
矢印au公式オンラインショップを見る

UQ mobileからpovoに乗り換える際の注意点5つ

UQ mobileからpovoに乗り換える際の注意点5つ
  • 一部機能が利用できない可能性の端末がある
  • eSIMカードでの契約はeKYCでの本人確認が必要
  • MNP予約番号の有効期限は13日まで
  • 端末補償サービスは引き継げない
  • UQ mobileの家族割は対象外

続いてはUQ mobileからpovoに乗り換える際の注意点を確認してみましょう。

povoは「オンラインでの申込み・サポート」「キャリアメールが無い」などは既にご存じかと思いますので、ここでは見逃しやすい注意点をご紹介します。

一部機能が利用できない可能性の端末がある

povo 対応端末
povo 対応端末
povoの対応端末
一部機能が利用できない可能性の端末(一部)
povoの対応端末
(UQ mobile現行モデル)
iPhone SE (第2世代)
iPhone 7
Galaxy A41
Galaxy A20
AQUOS sense3 basic
一部機能が利用できない
可能性の端末
(UQ mobile現行モデル)
OPPO Reno3 A
一部機能が利用できない
可能性の端末(メーカー)
au販売(4機種)
ASUS(31機種)
富士通(3機種)
Google(8機種)
HUAWEI(2機種)
MAYA SYSTEM(2機種)
Motorola(8機種)
OPPO(11機種)
ピーアップ(1機種)
シャープ(1機種)
トリニティ(1機種)
ウイコウ・ジャパン(2機種)
ZTE(2機種)

povoのHPで公開されている「対応端末」はサービス開始前の時点で約190機種あります。

動作確認されているのは主にau端末ですが、UQ mobileで販売されているiPhone SE(第2世代)やGalaxy A41など同名モデルならSIMロック解除して使う事ができます。

ただし、基本動作(通話・データ通信)の確認はされているものの、一部機能が利用できない可能性の端末があるとしています。

一部機能が利用できない可能性の端末には、数こそ少ないですがUQ mobileで販売されている現行モデルも含まれています。

特にiPhone以外の海外製のSIMフリーモデルを利用している方は注意が必要です。

まだ動作確認されてないUQ mobile販売端末も多いですが、今後povoの「対応端末」は増えていく予定です。

eSIMカードでの契約はeKYCでの本人確認が必要

povo/eSIMカード対応端末(サービス開始時点)
iPhoneiPhone 12 Pro
iPhone 12 Pro Max
iPhone 12
iPhone 12 mini
iPhone SE(第2世代)
iPhone 11 Pro
iPhone 11 Pro Max
iPhone 11
iPhone XR
iPhone XS
iPhone XS Max
AndroidGoogle Pixel 5
※auで販売した端末

povoのeSIMカード対応端末はサービス開始時点で12機種のみとなっています。

UQ mobileで販売されている端末ではiPhone SE(第2世代)が唯一povoのeSIMでの契約に対応しています。

eSIMカードでの契約は書類と容貌を撮影してアップロードするeKYCでの本人確認が必要で、PCからは申込みできません。

eSIMカードでの契約をするなら必ずスマホから申込みを行いましょう。

MNP予約番号の有効期限は13日まで

povoで入力するMNP予約番号の有効期限は13日以上必要です。

有効期限が13日未満だと乗り換え(MNP)が出来ないため、UQ mobileでの手続きは余裕をもって行いましょう。

端末補償サービスは引き継げない

UQ mobileでは端末同時購入時のみ加入できる月額380円(税込418円)の端末保証サービスが提供されています。

自然故障以外でも安価で修理・交換などが出来るのがメリットですが、povoでは端末保証サービスを引き継ぐ事は出来ません。

スマホの持ち出しが多い方、ハードに使っている方はこの点を不安に思うかもしれません。

ただし1年のメーカー保証はそのままなので自然故障・初期不良であれば無償交換できます。

UQ mobileの家族割は対象外

UQ mobile家族割
UQ mobile 家族割
UQ mobile家族割の対象プラン
  • スマホプラン(2021年1月31日新規受付終了)
  • おしゃべりプラン/ぴったりプラン(2019年9月30日新規受付終了)

povoはUQ mobileの旧プランを対象とした家族割の対象外です。

UQ mobileの家族割は対象プランに加入していれば2回線目以降、最大9回線まで各550円(税込)割り引かれるというお得なサービスです。

家族がUQ mobileの家族割を利用している場合は最低2回線以下にならないか確認しておきましょう。

UQ mobileからpovoに乗り換えでよくある質問

povoではauの家族割は使える?

povoは原則としてauの家族割対象外ですが、「21年夏までのご加入者は早期申込特典として、家族人数のカウント対象」と発表されています。家族がauと契約している場合は家族割でどれくらいお得になるか確認しておくと良いでしょう。

UQ mobileとpovoの月額料金は日割りになる?

UQ mobile・povoどちらも日割りとなります。UQ mobileで対象と明記されているのは「くりこしプラン・スマホプランS/M/L・おしゃべりプランS/M/L・ぴったりプランS/M/L・データ高速(無制限)プラン・データ高速(無制限)+音声通話プラン」です。

SIMロック解除は本人以外もできる?

2020年10月1日以降はUQ mobileの端末購入者本人ではなくても手数料無料でSIMロック解除可能です。購入者本人以外の場合は電話でのSIMロック解除となり、住所、氏名、生年月日、連絡先電話番号なども必要ですのであらかじめ準備しましょう。

事前準備をすればUQ mobileからpovoへの乗り換えは簡単

UQ mobileからpovoへの乗り換えはMNP予約番号を取得しなければなりません。

auからpovoへの乗り換えは実質料金プランの変更のように手続きできるため、この点をデメリットとして捉える方もいるでしょう。

しかし、事前準備さえしっかり行えばUQ mobileからpovoへの乗り換えは簡単です。

対応端末の確認など、今回ご紹介した注意点に気を付けてUQ mobileからpovoへの乗り換えを行いましょう。


au公式でスマホ本体代が最大50%OFFになるキャンペーン実施中!
この記事を書いた人
みけねこ
契約社員・ウェブライターのWワークで活動しています。 10年以上ドコモユーザーでしたが3年ほど前に格安SIMを使い始めました。特にお得なキャンペーン情報には目がありません。「スマホはお得が一番」をモットーに、 最新機種はもちろん料金プランなどの情報をユーザーの目線からわかりやすくご紹介していきます。