読了時間:約 2

KDDIの子会社であるUQコミュニケーションズが運営する『UQモバイル』は数ある格安SIMの中でも特に人気・知名度の高いキャリアで、格安SIMの中では比較的安定した通信環境を提供していると評判です。

ここではそんなUQモバイルで購入できる機種の中でも特におすすめなスマホをご紹介していきます。UQモバイルへの乗り換えを検討している方、UQモバイルを既に使っていて新しいモデルへ機種変更しようか考えている方は是非参考にしてみて下さい。

画像引用元:乗りかえはUQ、だぞっ|【公式】UQ mobile|UQコミュニケーションズ

UQモバイルで買えるスマホの特徴

ミドルクラスのスマホが多い

UQモバイルのラインナップのほとんどはエントリー~ミドルクラスに位置するスマホばかりで、最新のiPhoneやGalaxy noteシリーズなどのハイエンドモデルは一切取り扱っていません。

少し前までは国産の低価格帯スマホが目立ちましたが、現在では国内外問わずコストパフォーマンスに優れるスマホを幅広くラインナップしています。

最新モデルや高性能モデルは持ち込みが必須


iPhone XsやiPhone XRなどの最新モデル、Galaxy note 9などの高性能モデルをUQモバイルで使いたいのなら必然的にオンラインショップ等で購入した後、SIMカードのみの契約を行うことになります。

ただ、UQモバイルを介していない関係上、大手キャリアのような割引を受けることは出来ません。そのため、UQモバイルに乗り換える際は可能な限りUQモバイルが取り扱っている端末を購入した方が良いでしょう。

発売から時間が経っている機種はおすすめしない

UQモバイルの取り扱っている機種の中には発売から1年以上経っている機種も存在します。出来る限り安い端末が欲しいのであれば古い機種の方が良いのですが、あまりおすすめは出来ません。

というのも、古い機種を購入してしまうと使っているうちにメーカーサポートを受けられなくなったり、OSの更新が出来なくなったりと普段使いが難しくなるほど不便になってしまう可能性があるのです。

例外的にiPhone 7のような元々のスペックが高いモデルであれば発売から時間が経過した今でも充分な性能を維持していますが、モデルチェンジの間隔が短いAndroid端末の場合だとそうはいきません。

他にも古い端末の場合は修理用パーツが手に入らず高額な修理代金が掛った、というようなトラブルが発生することもあるため、UQモバイルでスマホを購入する際は少なくとも発売から1年未満のモデルを選んだ方が良いでしょう。

UQモバイルのおすすめスマホ4選

iPhone 7


画像引用元:iPhone 7 32GB ローズゴールド – Apple(日本)
これまで格安SIMが取り扱うiPhoneと言えばiPhone 6sやiPhone SEが主流となっていましたが、UQモバイルではiPhone 6sの後継モデルであるiPhone 7をラインナップしています。

価格は32GBモデルが34,236円(税込)、128GBモデルが47,196円と高額ですが、値段に見合う価値は充分にある機種と言えるでしょう。

iPhone 7のスペック

 iPhone 7
SoCA10 Fusionチップ
メモリ2GB
ストレージ32GB/128GB
SDカード非対応
ディスプレイ4.7インチ Retina HDディスプレイ
バッテリー1,960mAh
フロントカメラ700万画素
バックカメラ1,200万画素
サイズ縦:138.3mm
横:67.1mm
厚さ:7.1mm
重さ138g

iPhone Xsから数えると2世代前のモデルとなるだけあって、iPhone7のスペックは最新のiPhoneと比べると控えめな数値となっています。

とは言え、発売当初はハイエンドスマホのひとつに数えられる機種だっただけあって、今でも性能不足ということはありません。例えば搭載しているA10 Fusionチップはクアルコム製のミドルハイSoCである『Snapdragon 660』相当の性能を持っています。

メモリは2GBとAndroid端末のエントリーモデル並の数値ですが、OSやSoCの違いがあることを踏まえれば力不足とは言えないでしょう。唯一問題があるとすればストレージ容量が32GBと少ない点です。

Android端末であればSDカードを差してストレージ容量を増やすことも出来ますが、iPhone 7にはSDカードスロットが無いためストレージ容量を増量することも出来ません。

ストレージ容量を重視するのであれば、128GBモデルを購入するか、iCloudなどのクラウドストレージサービスを利用するしかないでしょう。

重視する方が多いカメラ性能についてはフロントカメラが700万画素、バックカメラが1,200万画素と標準的なものを搭載しています。

ハード面だけを見るとiPhone 6sから進化していないように見えるものの、iPhone 7に搭載されたカメラにはF値が2.2から1.8になる、光学式手ブレ補正が搭載されるなど大幅な改良が加えられました。

カメラ性能の差が顕著になるのは夜間撮影をした時でしょう。iPhone 6sで夜間撮影を行った場合、輪郭のぼやけた写真となってしまいがちですが、iPhone 7の場合はくっきりとした写真を撮影することが出来ます。

バッテリー容量が1,960mAhと少ない点については懸念要素ではあるものの、iPhoneはAndroidに比べて電池効率の良いマシンであるため心配はありません。長時間ゲームをプレイしたり動画を視聴したりしない限り、日中バッテリーが切れてしまうことは無いでしょう。

ライトユーザーにおすすめ


iPhone 7に限ったことではありませんが、iPhoneシリーズはどれもライトユーザーが使いやすいように設計されているため、スマホ初心者でも難なく使いこなすことが可能です。

また、面倒な設定をせずともクレジットカード情報などの個人情報を守れるのも、ライトユーザーがiPhoneシリーズを持つメリットのひとつでしょう。Android端末のセキュリティを高めようとすると、どうしてもセキュリティソフトの選別細かな設定などが必要になります。

しかし、iPhoneの場合はシリーズ共通で搭載しているOSの『iOS』のセキュリティがそもそも高いために、別途セキュリティソフトを入れずともしっかり個人情報を守ることが出来るのです。

スマホのスペック表を見てもイマイチよく分からないという方や、セキュリティの高い端末を使いたい方はiPhone 7や後述するiPhone 6sを選ぶと良いでしょう。

iPhone 6s


画像引用元:Apple iPhone 6s 128GB Space Gray – Before 23:59, delivered tomorrow
格安SIMや大手キャリアの格安プランではお馴染みのiPhone 6s。年々高くなるiPhoneシリーズの中では安く買える機種であるため発売から4年近く経った今でも未だに根強い人気を誇っています。

価格は32GBモデルが10,368円(税込)、128GBモデルが23,328円(税込)で、iPhone 7と比べるとかなり安いです。その分性能はiPhone 7より落ちてしまいますが、妥協が出来るのなら有力な候補となり得るでしょう。

iPhone 6sのスペック

 iPhone 6s
SoCA9
メモリ2GB
ストレージ32GB/128GB
SDカード非対応
ディスプレイ4.7インチ Retinaディスプレイ
バッテリー1,715mAh
フロントカメラ500万画素
バックカメラ1,200万画素
サイズ縦:138.3mm
横:67.1mm
厚さ:7.1mm
重さ143g

流石に4年前のモデルなだけあってスペックは最近の機種と比較するとエントリーモデル程度となります。特に処理性能は最新のiPhoneなどとは比べ物になりません。

使用しているSoC『A9』はデュアルコアのプロセッサで、シングルコア単体での性能はiPhone 5sに搭載された『A7』の処理性能と同等と発売当時はかなり優れたSoCでした。現在でもエントリーモデルに搭載されるSoCと比較すれば充分優秀と言えるでしょう。

1 2