キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
読了時間:約 3

UQモバイルの通信速度は高速&安定


画像引用元:乗りかえはUQ、だぞっ|【公式】UQ mobile|UQコミュニケーションズ

格安SIMへの乗り換えで気になるのがやはり通信速度。特に社会人や学生のアクセスが集中する昼や夕方の時間帯は、快適な通信速度が出ない格安SIMが多いのが現状です。

キャリアよりも料金が安くなるとしても、思うままにiPhoneを使えないのでは魅力を感じないという方もいるでしょう。

そんななかUQモバイルは通信速度と安定性に定評があります。実際にMMD研究所やモバレコが主要都市で速度測定を行った最新のデータでも、昼や夕方を含めてストレスなく使用できる通信速度が出ています。

また、ユーザーが増えると通信速度が下がるのが普通ですが、シェア率3位になった現在でも安定した高速通信が実現しているため、今後も通信品質に関しては信頼して使用できるのではないでしょうか。

UQモバイルでのiPhoneの使い方


ここでは、UQモバイルが提供している便利な機能・使い方を紹介していきます。

iPhoneでのテザリングが可能


UQモバイルではiPhoneを使用したテザリングにも対応しています。

テザリングはスマホを使用して、PCやタブレットなど別の端末をネットワークに接続する機能。

通信速度が安定しているUQモバイルでは、テザリングでも快適に利用することができます。

外出先でPCやタブレットの使用を考えている方には便利な機能ですね。

iPhone 5s以降の機種でテザリングが利用できますが、データ専用プランでは一部の機種で利用できないとのことなので確認が必要です。

高速通信の切り替えでデータ容量を節約

UQモバイルのプランは、「プランS(3GB)」「プランM(9GB)」「プランL(21GB)」と、他社と比較するとデータ容量の選択肢が少なめ。

そのため、月によっては月末にデータ容量が足りなくなる、なんてことになりがちです。

もちろん有料でデータチャージ(追加購入)することもできますが、できるだけ毎月のデータ容量をオーバーしたくない方も多いでしょう。

そんなときに役立つのが「ターボ機能のオンオフ」です。

データ容量の範囲内は受信最大225Mbpsの高速通信を利用しますが、ターボをオフにすると受信最大300kbpsの低速通信に切り替えられます。

低速時はデータ容量消費なし


低速通信時はデータ容量を消費しませんので、SNSやブラウジングなどあまり速度が必要ない使い方をするときは、データ容量を節約可能です。

今のところキャリアでは提供していない機能ですので、高速通信と低速通信を上手く使い分けることで、キャリアでiPhoneを利用していた時よりも、少ないデータ容量で済む方が多いのではないでしょうか。

データ容量の確認やターボ機能のオンオフは、公式の「UQモバイル ポータルアプリ」を使って一括で確認できるのも便利ですね。

余ったデータ容量は翌月に繰り越し可能

その月に余ったデータ容量は、翌月末まで繰り越し可能です。

そのため月によって使用するデータ容量にばらつきのあるユーザーでも、データ容量の無駄が少なくて済みます。

ターボ機能である程度コントロールすることもできますので、これまでデータ容量にかかっていた料金を大幅に節約できるかもしれませんね。

UQモバイルはiPhoneユーザーも快適な格安SIM!


UQモバイルはiPhoneユーザーも快適に使用できる格安SIMです。本記事で紹介した特徴をあらためてまとめておきましょう。

まとめ
  • 料金プランはお得な1,980円(3GB)から
  • 格安SIMトップクラスの通信速度で快適
  • UQモバイルからはiPhone 6s/7が購入できる
  • キャリア版iPhone 6s以降、Apple版iPhone 5sが使用可能
  • iPhoneテザリング対応、ターボ機能オンオフなど便利な機能もあり

UQモバイルは格安SIMのなかでもサービス内容が充実しています。キャリアのような快適さを維持しつつ、スマホ料金を節約したいiPhoneユーザーは一度検討してみてください。


1 2