UQモバイル クレジットカード 楽天カード
読了時間:約 2

UQモバイルへ乗り換えようと考えている方、UQモバイルで口座振替支払いをしている方は、クレジットカードでの支払いを検討した方が良いでしょう。

というのも、UQモバイルの料金をクレジットカードで支払うと、クレジットカード払いのユーザー限定の特典が貰えたり、ポイントをたくさん貰えたりするのです。

今回はUQモバイルユーザーの方、UQモバイルへ乗り換えようと考えている方のために、UQモバイルユーザーにお勧めのクレジットカードを4つご紹介します。

UQモバイルでクレジットカードを使う


画像引用元:乗りかえはUQ、だぞっ|【公式】UQ mobile|UQコミュニケーションズ

UQモバイルの支払い方法

クレジットカードのみを支払い方法として認めている格安SIMが多い中、UQモバイルではクレジットカードだけでなく口座振替による支払いを選択することも可能です。

例外として、UQモバイル公式オンラインショップや電話窓口から契約を行った場合はクレジットカードによる支払いしか選ぶことが出来ません。

どうしても口座振替で支払いたい場合は別ですが、UQモバイルの契約はオンラインショップで行った方が断然お得であるため、必然的にほとんどの方はクレジットカードを支払い方法として設定することになるでしょう。

UQモバイルで使えるクレジットカード

UQモバイルで使えるクレジットカードは、

  • VISA
  • JCB
  • MasterCard
  • American Express
  • DINERS

の5種類です。日本で使われている主要なカードブランドはすべて網羅しているので、基本的にはどんなカードでも使えると考えておいて間違いないでしょう。

注意点として、カードブランドがVISAやJCBだとしてもデビットカードを利用して契約をすることは出来ません。そのため、デビットカードをメインで使っている方は契約前にクレジットカードを作成しておく必要があります。

クレジットカードの作成には申し込みから到着までに概ね5日から2週間程度の時間が掛かるので、UQモバイルへの乗り換え日が決まっているのなら、それまでにクレジットカードが手元にある状態にしておきましょう。

クレジットカード払いがおすすめな理由

ポイントが貯まる

クレジットカードでUQモバイルの月額料金を支払う最大のメリットはポイントが貯まる点にあると言っても過言ではありません。

特に高還元率のクレジットカードを使う場合は、毎月たくさんのポイント還元を受けられるため、相対的にUQモバイルの料金を安くすることも出来るのです。

注意しておきたいのは『ポイント還元率の低いクレジットカードで支払いをしても意味が無い』という点で、単純計算でも1%のポイント還元を提示しているカードと0.5%のカードとでは貰えるポイントに半分もの差が出てしまいます。

そのため、UQモバイルの支払いに使うクレジットカードを選ぶ際はまずポイント還元率に注目しておくと良いでしょう。また、貰えるポイントがどんなお店で使えるのかも同時にチェックしておきたいです。

せっかくクレジットカードで料金を支払っても、ポイント還元率が低いカードやあまり利用しないお店でしかポイントが使えないカードを選んでしまっては意味がありませんから、クレジットカード選びは慎重に行ってください。

キャッシュバックが貰える


UQモバイルでは端末代金のキャッシュバックキャンペーンを行っていますが、常時開催・期間限定開催のものを問わずキャッシュバックを受け取るためにはクレジットカードでの支払いが条件に設定されていることが多いです。

また、条件にクレジットカードでの支払いが設定されていない場合でも、高額なキャッシュバックのほとんどはオンラインショップ限定のキャンペーンとなっているので、結局はクレジットカードが必要になります。

キャッシュバックは最大で13,000円にもなりますから、少しでも安く端末を購入したいのであれば、クレジットカードで料金を支払うのがおすすめです。

支払いがスムーズ

口座振替でよくあるトラブルが『口座にお金を入れ忘れていて支払いが出来なかった』というものです。誰しもうっかりしてしまうことはありますから、ある程度仕方の無い部分はあるものの、支払いの遅延は時として大きな問題に発展してしまうことがあります。

例えば、支払いを忘れたことに気付かず1か月以上支払いを行わなかった場合は、携帯を止められてしまうだけでなく、クレジットヒストリーに傷がついてしまうのです。

一度クレジットヒストリーに傷がつくと、最悪のケースでは携帯を分割で買えなくなったり、新たにクレジットカードを作ることが出来なくなってしまったりと、生活が不便になってしまいます。
クレジットカードを持っていない方にとっ
一方でクレジットカードの場合は必ず決まった期日に決済をすることが出来るので、支払い忘れをすることがありません。もちろん、クレジットカードの支払いに気を付ける必要はありますが、細々とした出費をクレジットカードにまとめておけば忘れてしまう心配もないでしょう。

UQモバイルで使いたいクレジットカード4選

楽天カード


画像引用元:楽天カード:お得なクレジットカード ポイントがザクザク!年会費無料
UQモバイルでの支払いだけに使うのではなく、どこでも使えてお得なクレジットカードが欲しいのなら楽天カードが最もおすすめです。

特にポイント還元率が更にアップする楽天のECサイトや、楽天スーパーポイントが使えるお店をよく利用するのなら楽天カードはかなり使い勝手の良いクレジットカードとなります。

既にメインのカードを持っている方でも楽天カードは年会費無料であるため、持っていて損をするということもありません。UQモバイルでの支払い用サブカードとして見ても楽天カードはとても優秀です。

ポイント還元率が高く使いやすい

楽天カードは還元率の高いクレジットカードの先駆け的存在で、ポイント還元率はどこで使っても1%とかなり高めに設定されています。高還元率のクレジットカードには条件付きで還元率が高くなるカードも少なくない中、必ず1%のポイント還元を受けられるのはかなり魅力的です。

また、ポイント還元率が更に高くなる特約店に指定されているお店が多いのも楽天カードの魅力のひとつでしょう。例えば楽天市場で買い物をした場合はポイントが2倍、特約店なら3倍にも還元率がアップするのです。

残念ながらUQモバイルの料金に関してはポイントアップの対象となっていないものの、本来は値引きされることのない携帯代がポイントバックという形で相対的に安くなることを考えれば、利用する価値は充分にあります。

ポイントの二重取りが出来る

通常、電子マネーのチャージはポイント獲得の対象外であることが多いですが、楽天がサービスの運営を行っている電子マネー『楽天Edy』を使えばポイントの二重取りをすることも出来ます。

二重取りをする際はまずコンビニなどでEdyのチャージを済ませておきましょう。EdyはiDなどのポストペイ型の電子マネーとは違いチャージしなければ使うことが出来ません。

チャージが終わったら後はEdyを使うだけです。注意しておきたいのは『必ず楽天カードでチャージする』ということで、現金や他のクレジットカードでチャージをしてしまうと、二重取りが出来なくなってしまいます。

OricoCard THE POINT


画像引用元:Orico Card THE POINT概要|Orico Card THE POINT| 高還率クレジットカード(オリコ カード ザ ポイント)
信販系クレジットカードの中でも特に高い人気を誇るOricoCard THE POINTは、楽天カードと並んでUQモバイルユーザーにおすすめしたいクレジットカードのひとつです。

OricoCard THE POINTは年会費が無料であることはもちろん、独自のポイントであるオリコポイントが使いやすいことが魅力となっています。オリコポイントはそのままではお店などで使うことが出来ないため、会員サイトにてポイント交換申請をしなくてはいけません。

交換対象に指定されているのはAmazonギフト券T-POINTnanacoポイントなどで、様々なポイントと互換性がある分、より多くのお店でポイントを利用出来るメリットを持っています。

楽天カードとどちらを選ぶか悩んだら、後述する半年間のポイント2倍キャンペーンを利用したいのならOricoCard THE POINTを、楽天市場など貰えるポイントが増えるお店で買い物をすることが多いなら楽天カードを選ぶと良いでしょう。

入会から半年間はポイントが2倍になる

OricoCard THE POINTに入会すると、特典として入会から半年間は貰えるポイントが2倍になります。もちろん、UQモバイルでの支払いもポイント獲得の対象です。

ポイント2倍の期間を最大限利用したいのなら、他のキャリアからの乗り換え時にOricoCard THE POINTを発行するか、引っ越しなどの出費がかさむタイミングで入会すると良いでしょう。

逆に、現在口座振替で支払いをしていてクレジットカード払いに切り替えたいと考えている方や、直近で大きな買い物をする予定が無い方はOricoCard THE POINT以外のクレジットカードも視野に入ります。

2種類の電子マネーを使える

ほとんどのクレジットカードは電子マネー機能を搭載していたとしても、1種類の電子マネーしか利用することが出来ません。しかし、OricoCard THE POINTにはiDQUICPayの2種類の電子マネーが搭載されています。

ただ、iDやQUICPayはEdyなどのチャージ式の電子マネーとは違い、ポストペイ型の電子マネーであるため、ポイントの二重取りをするのは難しいです。

QUICPayの場合は裏技的な方法としてnanacoを経由させてポイントの二重取りを行うことも可能ですが、手間を考えるとあまりおすすめは出来ません

とは言え、iDやQUICPayは事前にチャージすることなく使えるために、使いやすさで言えばチャージ式の電子マネーより便利です。使い勝手を取るか、ポイントを取るかは悩みどころですが、使い方次第ではiDやQUICPayの方がポイントを貯めやすいケースもあります。

Yahoo! JAPANカード


画像引用元:Apple Pay – Yahoo!カード
Yahoo! JAPANカードも楽天カードやOricoCard THE POINTなどと同じく高還元率で年会費が無料のクレジットカードです。お得なクレジットカードを語る上では外せない一枚と言えるでしょう。

選べるカードブランドがVISAJCBMasterCardと豊富なのもYahoo! JAPANカードの魅力で、持っていないカードブランドを埋めたい、海外でも使えるカードが欲しいなどのニーズにも適しています。

他の高還元率系クレジットカードに負けている点があるとすれば、ポイントの還元率が高くなる特約店の数が少ないことでしょう。自社がECサイトを運営している楽天カードなどに比べると、どうしてもこの点は見劣りしてしまいます。

最近のクレジットカードでは珍しく電子マネーも搭載していないので、一枚目のクレジットカードとしてはやや不適格と言わざるを得ません。ただ、サブカードとして使う2回払いで買い物をすることが多いなどの事情があるのならメインカードとしても使えます。

使いやすいTポイントが貰える

Yahoo! JAPANカードを利用することで貰えるポイントはFamilyMartなどで使えるTポイントであるため非常に使い勝手が良いです。

OricoCard THE POINTのように面倒なポイントの交換をする必要もなく、500円単位でなければ使えないなどの制約が無いこともYahoo! JAPANの利点と言えるでしょう。

また、少し前までは電子マネーのチャージについてはポイント獲得対象外となっていましたが、現在はnanacoにチャージすることでポイントの二重取りが行えます

カードブランドを問わずポイントの二重取りが出来るクレジットカードは少ないので、普段の買い物や税金の支払いはnanacoで済ませているという方はYahoo! JAPANカードを選ぶと良いでしょう。

2回払いの手数料が無料

Yahoo! JAPANカードを使う最大のメリットがこの『2回払いの手数料が無料』という点です。通常、回数に関係なく分割払いを選択すると、いくらかの手数料を取られてしまいますが、Yahoo! JAPANカードなら一切手数料を支払うことなく2回払いをすることが出来ます

例えば、UQモバイルでスマホを購入する際にこの機能を使えば、高額なスマホの端末代金を2回払いにして支出を分散させることが可能です。更に2回払いで端末代金を支払った場合は、端末割引が毎月の料金に合算されるため月々の支出を減らすことにも繋がります

リクルートカード


画像引用元:リクルートのクレジットカード Recruit Card
還元率の高いクレジットカードの中ではどちらかと言えば後発の部類に入るリクルートカードですが、後述する1.2%のポイント還元率に惹かれて、最近では入会する人が急激に増えています。

惜しむらくはnanacoを使ったポイントの二重取りが月3万円までしか出来ないことです。ポイント還元率を重視する方にとってはあまり問題とはなりませんが、nanacoを使うことが多い方からすると使いにくく感じることもあるでしょう。

とは言え、基本的にはポイント還元率が高い方が使い勝手は良いので、UQモバイルの支払いなど固定費や大きな出費をすべてひとつのクレジットカードで賄いたい方にとっては最適なカードと言えます。

1.2%のポイント還元が受けられる

ご紹介したように高還元率を謳うクレジットカードの中でも1%のカードが多い中、リクルートカードは何と1.2%もの高還元率を実現しています。通常利用に対するポイント還元率でリクルートカードを超えるカードは現状存在しません。

更にリクルートカードはクレジットカードを利用する度に毎回ポイントを付与するのではなく、毎月の利用分に対してポイントを付与する方式を取っているため、細かな支払いにクレジットカードを使ってもポイントを取りこぼすことが少なくなります

日々の生活で細かい支払いをクレジットカードですることが多い方や、他のクレジットカードでポイント還元率アップの特約店に指定されているお店をあまり利用しない方はリクルートカードを選ぶと良いでしょう。

UQモバイルの支払いはクレジットカードで!


クレジットカードを持っていない方にとって、UQモバイルでの支払いのためにクレジットカードを作るのは面倒に感じるかもしれません。

しかし、毎月の料金の一部がポイントとして返ってくる高額なキャッシュバックが受けられることを考えるとクレジットカードで支払いをしない手はないでしょう。

特におすすめしたクレジットカードであればどれもポイント還元率が高いことに加えて、使えるお店が多いために貯めたポイントが無駄にならないというメリットがあります。

これまでクレジットカードを持っていなかったという方はもちろん、UQモバイルに乗り換えを考えている方、現在UQモバイルを使っていて口座振替で支払いをしている方は、是非この機会におすすめしたクレジットカードの中で自分に合った一枚を選んでみて下さい。

Pocket