読了時間:約 3

今年もAppleから最新iPhonexの後継であるiPhone Xs / iPhone Xs Maxが発売されました。

昨年はiPhone Xは販売に減少傾向が出ていますが、iPhone 8は絶好調。iPhone 8絶好調の口火を開いたのはドコモといっても過言ではありませんでした。

iPhone 8の価格自体は非常に高く、一括で出せる価格とは到底思えません。それが、ドコモだと、安いんです。

2018年の新型iPhoneでもドコモは同じようにMNPするユーザーに対して極めて破格の機種購入サポート適用iPhoneを出してくるでしょう。

格安SIMに不満を感じている方、ソフトバンクやauが思ったより高いと感じている方はこの機会にぜひ、ドコモへMNP(乗り換え)してみてはいかがでしょうか?

普通に考えて高いドコモに乗り換えてMNPってありえないんじゃない?という方にも是非読んでみてください。

ドコモで最新iPhoneの購入はオンラインショップがオススメ!
ドコモで最新iPhoneの購入はオンラインショップで予約する理由

最新iPhone XS / iPhone XRはドコモへMNP(乗り換え)で手に入れるのがお得

iPhone8
MNP(Mobile Number Portability / 乗り換え)とはキャリア乗り換えとも言われ、電話番号を変更することなく携帯会社を変更できる制度を指します。

これはドコモ一強だった時代に、auやソフトバンクとの競争を活発化させるために国(総務省)が示した制度です。

既存ユーザーをライバルから引き抜けるため、過激なMNP競争もありました。時には10万円キャッシュバックなども。

対象はドコモ→ソフトバンク、au→ソフトバンクが多く、次いでドコモ→auでした。しかし、あまりにも過激であったため、キャッシュバックは縮小傾向にあります。

現在ではわずかに残るキャッシュバックですが、それも2018年中に規制が入るという噂もあります。

この時代にイメージされたのが「ドコモは全て高い」でした。

しかし、今は違うんです。
「ドコモはユーザによっては安い」に変わりつつあります。

ちなみに他のキャリアでもMNP(乗り換え)だけで20,000円以上もお得に最新iPhoneをゲットすることは難しく、20,000円未満の割引でも一部でしか行われていないので注意しましょう。

今回はドコモの最新iPhoneにしぼって、MNPで賢くお得にiPhone 8を買う方法を詳しくご紹介いたします。

現在、auやソフトバンク、格安SIMなどをお使いで、電波や速度に不満を感じているなら、ドコモへMNPで最新iPhoneを手に入れましょう。

キャッシュバックは、ソフトバンクへ乗り換えのみ存在しています。いま現在、ソフトバンク以外の携帯キャリアを使っているなら、MNP先をソフトバンクにすることも検討してみるのもいいでしょう。

その際に利用するべきショップは「おとくケータイ.net」がお得です。

キャリア公式のキャンペーンも同時利用できて、機種変更の頭金も不要、来店の必要もなく高額キャッシュバックがもらえます。

MNP予約番号発行手順と必要なもの

まず乗り換え(MNP)方法を確認します。基本となる手順は2つです。

  • 現在の契約しているキャリアから転出するために、予約番号を発行してもらう。
  • 販売店にその予約番号を持っていき、契約する。

MNP予約番号取得の方法

キャリアへの電話で取得します。各社キャリア受付時間が9:00~20:00です。

日曜、祝日のお昼は待たされることが多いので平日に取って置くと便利です。
au→0077-75470
docomo→0120-800-000 ドコモケータイから(151)
ソフトバンク→0800-100-5533 ソフトバンクケータイから(*5533)

繋がったあとはガイダンスに従ってMNP予約番号をお願いしますとオペレーターに伝えればOKです。

Webサービスでの取得が簡単なのですが、あえてこの方法はお勧めしません。

なぜなら、MNPする人に破格でポイントを進呈して考え直してもらう「引き止めポイント」をもらえる可能性があるからです。

また、見逃していた特典を丁寧に教えてくれるオペレーターさんもいます。

なのでドコモへMNPするのは損と思ったら、調べ直した上で、今いるキャリアでの機種変更も検討してみましょう。

参考:「MNP引き止めポイント」でさらに安くする

準備するもの

・本人確認書類 -免許証やパスポート、マイナンバーカードなど
・引き落としに利用するクレジットカードか預金口座
・MNP予約番号

乗り換えの手順

MNP予約番号と口座かクレジットカードと身分証明書類が揃ったら下記の手順になります。
各オンラインショップで機種を選ぶ

プランを選ぶ

ケータイ補償など保険などの必要なオプションを選ぶ

審査(審査落ちすることもあります。)→原因と対処法を解説

切り替え

のりかえ完了

商品到着

のりかえ(MNP)手続き(最長30分ほどケータイが利用できない時間があります)

完了

いよいよドコモへMNP|オススメなのはドコモオンラインショップ

オンラインショップなら有料のオプションを強制されることなく、賢くお得に機種変更することができます。

  • ショップ店舗ではなく、自宅で受け取る方が便利でお得
  • 機種変更(ドコモ→ドコモ)なら一番おすすめ
  • ドコモ直営のため最優先で最新iPhoneを入荷
  • キャッシュバックは出ないが料金キャンペーンが充実

ドコモオンラインショップはiPhoneファン向けサービスが充実

特にiPhoneの導入が最後発だったドコモは、iPhoneの機種変更・MNPには非常に気を使っています。

このため各種キャンペーンを積み重ねていくとまさに「0円ケータイ?」と勘違いしそうな価格設定にしています。
ここでは過去のiPhone 8 購入キャンペーンを紹介します。

ドコモ iphone8/64GB 一括22680円(端末購入サポート)
春のiphoneデビュー割キャンペーン -8424円
下取り(例au・ソフトバンクのiphone6)
家族まとめて割り -5184円
-1928円

まさかの-1928円。マイナス? 

上記は学割+家族割りの組み合わせなので、家族全員で乗り換えるか、家族にドコモユーザーがいることが前提ですが、安い!
というか得してる。

この価格は他社の学割+家族割りでは不可能な価格設定です。
参考:iphone8、8plusが一番安いのはドコモ

ドコモは家族に強い

ドコモは最近、家族割りに力を入れています。また、ドコモだけがパケットシェアプランを提供しているため、基本の親シェアプラン+子プラン利用料(500円)でパケット共有できるようになります。

これがイチオシなのは、他社と違って期間限定のキャンペーンではないことや、不要な家族まで高いパケット料金を強制しなくて済むからです。

気をつけて欲しいのは「他社は高額の割引に見えるけど1年限定で、しかも一人でも抜けると、ただ高いだけの家族セット」になってしまうことです。

家族向けのシェアパック

引用:家族向けのシェアパック

どのくらいのパケットを使っているかは、各社の「利用状況の確認」で見ることができます。

My Softbank
My Softbank
My Softbank
My Docomo
My Docomo

ドコモは家族の利用度合に合わせて設計できるので、2年後にびっくりするような額になる心配がありません。

反面、上記の料金のように特別安い訳ではないので、家族全員がパケットを「じゃんじゃん使う」みたいな状況だと割高感があります。

「エンジョイ♪シェアパックキャンペーン」は新たにシェアパックまたはウルトラシェアパックに加入することで6,000ポイントを受け取ることができるキャンペーンです。

新たに「ベーシックシェアパック」「ウルトラシェアパック」の申込・加入時にもらえるので、子ユーザのシェアパック利用料金が1年分タダになるのと同額です。

ドコモの新料金プラン|ベーシックパックとベーシックシェアパックを徹底解説

1 2