格安SIMでも使えるテザリングの方法と注意点|おすすめキャリアとプランまとめ

  • 2020年6月12日
楽天モバイルのオンラインショップなら自宅で完結・在庫も豊富でおすすめ!

外出先でタブレットやPCからネットに接続したい時は、スマホのテザリング機能を使うと便利です。大容量プランの格安SIMをさしたスマホがあれば、お得にネット環境が整います。

携帯必需品のスマホひとつあれば、その他モバイルルーターを持ち歩く必要も、フリー Wi-Fiを探し求めて彷徨う必要もなくなります。テザリングの方法と利用上の注意点、テザリングにオススメの格安SIMとそのプランをご紹介します。

テザリングとは


テザリングとは、スマホをアクセスポイントにして、タブレットやPCなど他のデバイスからインターネットに接続する方法です。スマホのネットワーク回線を利用するので、通信分だけスマホのデータ量が消費されます。

そのため、テザリング用途でのスマホ利用をお考えの場合、相応容量のデータプランの契約が必要です。

3つのテザリング方法

スマホを利用したテザリングにはWi-fiテザリング、Bluetoothテザリング、USBテザリングの3つの方法があります。

テザリング方法 速度 バッテリー消費 接続台数 手順 セキュリティ
Wi-Fiテザリング × 複数台 ○~△※
Bluetoothテザリング 1台
USBテザリング 1台

※設定方法によりセキュリティの高低がかわります。

Wi-fiテザリング

一般的なテザリング方法です。通信速度が速く、複数台接続可能ですが、電力消費量が多いためバッテリーの消耗が早いです。

【メリット】

  • 通信速度が速い
  • 複数台接続可能

【デメリット】

  • バッテリー消費が早い
  • セキュリティ確保には、正しい設定が必要

Androidスマホの場合は、セキュリティはWPA2 PSKを選択して暗号化し、無精せずにパスワードもアルファベットの大文字、小文字、記号を使って厳格に設定します。端末によっては、WPS接続や最大接続数の調節も可能な場合もあります。

その場合、テザリング子機のデバイス側でパスワード入力が求めらる際も、WPS接続で簡単に接続できます。ただし、外出先でWPS接続を行うときは、「クライアントからのPIN」にて接続を行い、接続済みユーザーをきちんと確認するなど、外部から接続されていないかどうか気を配る必要があります。

また、接続デバイスの数があらかじめ分かっている時は、最大接続数を調節することでもセキュリティ度合いは高まります。

最大接続数の調節が出来ない端末やiPhoneの場合は、接続済みユーザーのこまめな確認の他、SSIDに個人あるいはモバイルホットスポットと特定されそうな名前を付けない、なども対策としては有効です。
例:○○のiPhone、AQUOS wifi、などはNG

【手順Android】

  1. スマホ(テザリング親機)の「設定」をひらき、「テザリング」の項目を選択
    端末ごとに表示方法が異なりますが「無線」「接続」「ネットワーク」などの項目を辿ると見つけやすいです。
  2. Wi-Fiアクセスポイント」や「Wi-Fiテザリング」の項目のON/OFF切り替えでテザリングを有効化
    端末によっては、画面のスワイプメニューで「テザリング」「アクセスポイント」などの項目があり、タップ一つでテザリングのON/OFF切り替えが出来る場合があります。
  3. 詳細設定を変更する場合「Wi-FIアクセスポイントをセットアップ」や「Wi-Fiテザリング設定」などでSSID(ネットワーク名)やパスワードを設定
  4. デバイス(テザリング子機)のWi-FI設定画面をひらき、スマホで設定したSSIDのWi-Fiに接続

【手順iPhone】

  1. iPhoneで「設定」→「インターネット共有」をON→「Wi-FiとBluetoothをオンにする」を選択
  2. デバイス(テザリング子機)のWi-FI設定画面をひらき、設定したSSIDのWi-Fiに接続

Bluetoothテザリング

消費電力が少なく、常時テザリングを使用したいときに向いている方法です。一方で、通信速度が遅く、接続台数も1台に限られます。

【メリット】

  • 消費電力が少なくバッテリー持ちがいい

【デメリット】

  • Bluetoothペアリング作業が必要
  • 通信速度が遅いため動画視聴は不可
  • 接続台数は1台のみ

Wi-FiやUSB接続に比べると通信速度は一番遅いですが、テキストベースのwebサイト閲覧、メールやSNSの送受信などは問題なく行えます

Bluetoothペアリングの手間がかかり、また接続台数も1台のみですが、逆に同じ無線接続のWi-Fiテザリングよりセキュリティが確保される接続法方ともいえます。

【手順Android】

  1. Wi-Fiテザリングと同じ手順でスマホ(テザリング親機)の設定画面から「テザリング」項目を探し、「Bluetoothテザリング」をON
  2. スマホとデバイス(テザリング子機)をBluetooth接続

【手順iPhone】

  1. iPhoneで「設定」→「インターネット共有」をON→「Wi-FiとBluetoothをオンにする」を選択
  2. iPhoneとデバイス(テザリング子機)をBluetooth接続

USBテザリング

有線接続のテザリング方法です。有線ゆえ、通信速度が一番早く、また安定していますが、接続台数は1台に限られてしまいます。

【メリット】

  • 充電しながらテザリング可能
  • 通信速度が速く、安定している
  • ホットスポットとして他者に使用される可能性がなくセキュリティが強固
  • 設定が簡単

Wi-FiやBluetoothの無線テザリング方法では、複数の電波が飛び交っている中だと干渉してしまい、繋がりにくくなりますが、有線接続のUSBテザリングではその心配はありません。通信速度とセキュリティも確保されており、3つのテザリング方法の中で一番安定、安心して使用できます

【デメリット】

  • 接続台数は1台のみ
  • USBケーブルが必要
  • 子機のデバイス側にUSBポートが必須のため、タブレットなどにはほぼ使えない※

※USB OTG(On-The-Go)対応のタブレットの場合は、変換ケーブル等を使用してUSBテザリングが可能となる場合もあります。

【手順Android】

  1. スマホ(テザリング親機)とデバイス(テザリング子機)をUSBケーブルで接続
  2. Wi-Fiテザリングと同じ手順でスマホ(テザリング親機)の設定画面から「テザリング」項目を探し、「USBテザリング」をON

【手順iPhone】

  1. iPhoneで「設定」→「インターネット共有」をON→「USBのみ」を選択
  2. iPhoneとデバイス(テザリング子機)をライトニングケーブルでUSB接続

テザリング運用には格安SIMがオススメ


大手キャリアでは、テザリングはプランによって有料オプションですが、格安SIMは無料で利用できます。テザリングを使ったネット接続は、PCやタブレット端末といった、スマホよりも表示画面が大きいデバイスで行うことが多いです。

必然的に、取得する情報量も増え、スマホよりも多量の画像読み込み、動画再生をしてデータ量を多く消費しがちです。データ容量を気にすること無くスマホでテザリングを行うのなら、20GBや30GBなどの大容量プランでの運用がオススメです。

しかし、ドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリアでは、5GB以上20GB未満のデータ量を使用するとなると、月額通話基本料抜きでのデータ月額基本料金だけで7,000円前後もかかってしまいます。

しかし格安SIMですと、大手キャリアの6割〜7割の月額基本料で20GBあるいは30GBの大容量プランを契約できます。

動作確認済み端末のチェックは不可避


SIMフリースマホで格安SIMを利用する場合は、スマホの周波数が対応していれば大抵はテザリング可能です。

一方、SIMロック解除を行っていないドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアの専用端末も、当該キャリア系の格安SIMならば運用可能と唱われていますが、テザリングに関しては対応がまちまちです。

【格安SIMでのテザリング可否】

回線系統 回線キャリア端末 他社SIMロック解除端末 SIMフリー端末
ドコモ系SIM
au系SIM
ソフトバンク系SIM ×

ドコモ系の格安SIMでは、2015年5月以降に発売されたドコモ端末およびSIMロック解除済み他社端でテザリング可能です。au系の格安SIMでは、au端末および一部SIMロック解除済み他社端末でテザリング可能です。

ソフトバンク系の格安SIMでは、iPhone、iPadといったソフトバンクApple端末のみテザリング可能です。その他、格安SIM各社も全てのSIMフリー端末で動作保証をしている訳ではありません。対応周波数が合致しているSIMフリー端末であっても、テザリングは出来ない機種もあります

前述した3大キャリア専用端末も、格安SIMのテザリング条件にあうスマホであっても全てが動作するとは限りません。ご契約の前に、各格安SIMの公式ページでお手持ちの端末が動作確認済み端末かどうか必ず確認するようにして下さい。

オススメ格SIM① 楽天モバイル


画像引用元:楽天モバイルトップ|はじめての方へ|楽天モバイルなら3大キャリアのiPhoneも対応! 楽天モバイル公式サイト

テザリング運用おすすめプラン

ドコモ回線・au回線を使用した場合の月額基本料金(税抜)です。

プラン 通話SIM 050データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
20GB 4,750円 4,170円 4,050円
30GB 6,150円 5,520円 5,450円

ドコモ回線のみの月額基本料金(税抜)です。

プラン 楽天ダイヤモンド会員 楽天会員 楽天会員でない方
スーパーホーダイプランLL 24GB 3年長期割 4,980円
(初月980円)
5,480円
(初月1,480円)
5,980円
(初月1,980円)
2年長期割 5,480円
(初月1,480)
5,980円
(初月1,980円)
6,480円
(初月2,480円)
1年 5,980円
(初月1,980円)
6,480円
(初月2,480円)
6,980円
(初月2,980円)

スーパーホーダイは「楽天でんわ 10分かけ放題」となるプランです。長期割引は契約解除料金9,800円が発生する最低利用期間を契約したときに適用されます。

なお、契約解除料金は、大手3大キャリアのように期間拘束のある自動更新ではなく、それぞれ12ヶ月、24ヶ月、36ヶ月が過ぎた後は契約解除料は発生しません。

iPhoneキャリア端末のテザリング可否

iPhoneは最新機種のiPhone XS、 iPhone XS Max、 iPhone XRまで動作チェックをしています。ドコモ回線は、ドコモ端末のiPhone5からテザリング可能です。

au回線は、au端末のiPhone6からテザリング可能ですが、SIMロック解除が必要となります。au端末のiPhoneでも楽天モバイルのau回線のSIMを使用するためには、iPhone8未満の端末ではSIMロック解除が必要です。

加えて、iOS端末の利用にはAPN構成プロファイルのインストールが必要です。また、USBテザリングはiTunesのインストールが必要です。

公式サイト:楽天モバイル 動作確認済み端末 iOS端末APN構成設定方法

通話もよくする方にオススメ

楽天でんわで10分以内の電話かけ放題のスーパーホーダイプランは、格安SIMで月々のスマホ利用料金を押さえたいけれど、通話もしたいという方にはぴったりのプランです。楽天スーパーポイントも貯まるので、楽天をよく使うという方にオススメです。

オススメ格SIM② BIGLOBEモバイル


画像引用元:TOP|格安SIM/スマホ|オプション|エンタメフリー・オプション BIGLOBEモバイル公式サイト

テザリング運用おすすめプラン

通話SIMとSMS付データSIMはドコモ回線とau回線の月額基本料金(税抜)です。データSIMのみドコモ回線のみとなります。

プラン 通話SIM SMS付データSIM データSIM
ドコモ回線のみ
20GB 5,200円 4,620円 4,500円
30GB 7,450円 6,870円 6,750円

iPhoneキャリア端末のテザリング可否

iPhoneは最新機種のiPhone XS、 iPhone XS Max、 iPhone XRまで動作チェックをしています。ドコモ回線は、ドコモ端末ではiPhone5c~iPhone XSでテザリング可能です。2018年12月現在、iPhone XRのドコモ端末は動作確認中です。

au回線は、au端末でiPhone6~iPhone XSでテザリングが可能です。2018年12月現在、iPhone XRのau端末は動作確認中です。ただし、iOS端末の利用にはAPN構成プロファイルのインストールが必要です。

公式サイト:BIGLOBEモバイル 動作確認済み端末 iOS端末APN構成設定方法

動画視聴をよくする方にオススメ

音声通話SIMで月額480円(税抜)、SMS付データSIMとデータSIMは月額980円(税抜)を追加することで、エンタメフリー・オプションが利用できます

対象サービスはYouTube、Google Play Music、Apple Music、Abema TV、Spotify、AWA、radiko.jp、Amazon Music、U-NEXT、YouTube Kidsと、動画・音楽サービスの大手は網羅されています。

エンタメフリー・オプションはテザリングによる視聴でも適用されます。ただし、複数台・複数アプリでの同時視聴を行うと、エンタメフリーの対象外となる場合があります。動画をよく見る、音楽をよく聞くといった方にオススメです。

オススメ格SIM③ mineo


画像引用元:mineo公式サイト

テザリング運用おすすめプラン

Aプランはau回線、Dプランはドコモ回線、 Sプランはソフトバンク回線の月額基本料金(税抜)です。

プラン デュアルタイプ
(音声通話あり)
シングルタイプ
(データ通信のみ)
Aプラン 20GB 4,590円 3,980円
Dプラン 20GB 4,680円 3,980円
Sプラン 20GB 5,030円 4,070円
Aプラン 30GB 6,510円 5,900円
Dプラン 30GB 6,600円 5,900円
Sプラン 30GB 6,950円 5,990円

シングルプラン(データ通信のみ)にSMSオプションを追加する場合、月額基本料金としてAプランは無料、Dプランは120円(税抜)、 Sプランは180円(税抜)が別途かかります。

iPhoneキャリア端末のテザリング可否

iPhoneはiPhone7とiPhone8のみ動作確認済みです。基本的に各キャリア端末のiPhone7、iPhone8に各キャリア系のSIMを使用するなら、SIMロック解除せずにテザリング可能です。

ただし、au端末のiPhone7は、たとえau回線であったとしてもSIMロック解除が必要な上、au VoLTE対SIMを選択しなければテザリングが出来ません

また、ドコモ、ソフトバンクおよびSIMフリー端末のiPhone7をSIMロック解除してAプランで運用する場合も、au VoLTE対応SIMでないとテザリングは出来ないので注意して下さい。加えて、iOS端末の利用にはAPN構成プロファイルのインストールが必要です。

公式サイト:mineo 動作確認済み端末 iOS端末APN構成設定方法

ソフトバンク系回線を使用したい方にオススメ

3大キャリア全ての回線が選べます。20GB、30GBの大容量プランでソフトバンク回線を使いたいならmineoです。

「複数回線割引」や「家族割引」で1回線につき50円が月額基本料金から割引になるサービスもあるので、家族全員でmineoにするという方にオススメです。

オススメ格安SIM④ イオンモバイル


画像引用元:トップ|キャンペーン|イオンスマホ→イオンモバイル乗り換えキャンペーン イオンモバイル公式サイト

テザリング運用おすすめプラン

ドコモ回線、au回線の月額基本料金(税抜)です。

プラン 音声プラン データプラン
20GB 4,680円 3,980円
30GB 6,080円 5,380円
40GB 7,980円 7,480円
50GB 10,800円 10,300円

データプランにSMSオプションを追加する場合、月額基本料金としてドコモ回線で140円(税抜)が別途かかります。一方、au回線では無料でSMSオプションが追加できます。

iPhoneキャリア端末のテザリング可否

iPhoneは最新機種のiPhone XS、 iPhone XS Max、 iPhone XRまで動作チェックをしていますが、2018年12月現在、最新機種のiPhoneで確認がとれているのはドコモ・au回線ともSIMフリー版のみです。

ドコモ回線は、ドコモ端末ではiPhone5c~iPhone Xでテザリング可能です。au回線は、SIMロック解除をしたau端末のiPhone6~iPhone7でテザリングが可能です。

au端末でiPhone8~iPhone XはSIMロック解除なしでテザリング可能です。ただし、iOS端末の利用にはAPN構成プロファイルのインストールが必要です。

公式サイト:イオンモバイル 動作確認済み端末 iOS端末APN構成設定方法

30GBでもデータ量が足りない方にオススメ

40GB、50GBの大容量データプランが用意されています。テザリングをよく利用して、月に30GB以上のデータを消費するならばイオンモバイルが適しています

また、ネットでの申し込みはもちろんのこと、全国のイオン店舗で申し込み及びアフターサービス受けられます。大容量プランを選びたい方、分からないことがあったら直に確認したい方にはオススメです。

テザリングの注意点まとめ

  • Wi-Fiテザリングは複数台接続可能だが、バッテリー消費とセキュリティ確保に注意
  • Bluetoothテザリングは常時テザリング可能だが、テキストベースの情報取得向き
  • USBテザリングは速度とセキュリティに優れているが、子機デバイスはほぼPCに限定
  • テザリングするには20GB、30GBの大容量データプランがオススメ
  • 格安SIMではテザリング可能な動作確認済み端末か必ず事前にチェック

楽天モバイルのオンラインショップなら自宅で完結・在庫も豊富でおすすめ!
dカード GOLDのメリット
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDの特徴
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
年会費10,000円(税別)ポイント還元率1~10%
ポイント名dポイント保険国内・海外あり
ETC年会費無料審査最短5分で審査完了
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)