キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
読了時間:約 2

外出先でタブレットやPCからネットに接続したい時は、スマホのテザリング機能を使うと便利です。大容量プランの格安SIMをさしたスマホがあれば、お得にネット環境が整います。

携帯必需品のスマホひとつあれば、その他モバイルルーターを持ち歩く必要も、フリー Wi-Fiを探し求めて彷徨う必要もなくなります。テザリングの方法と利用上の注意点、テザリングにオススメの格安SIMとそのプランをご紹介します。

テザリングとは


テザリングとは、スマホをアクセスポイントにして、タブレットやPCなど他のデバイスからインターネットに接続する方法です。スマホのネットワーク回線を利用するので、通信分だけスマホのデータ量が消費されます。

そのため、テザリング用途でのスマホ利用をお考えの場合、相応容量のデータプランの契約が必要です。

3つのテザリング方法

スマホを利用したテザリングにはWi-fiテザリング、Bluetoothテザリング、USBテザリングの3つの方法があります。

テザリング方法 速度 バッテリー消費 接続台数 手順 セキュリティ
Wi-Fiテザリング × 複数台 ○~△※
Bluetoothテザリング 1台
USBテザリング 1台

※設定方法によりセキュリティの高低がかわります。

Wi-fiテザリング

一般的なテザリング方法です。通信速度が速く、複数台接続可能ですが、電力消費量が多いためバッテリーの消耗が早いです。

【メリット】

  • 通信速度が速い
  • 複数台接続可能

【デメリット】

  • バッテリー消費が早い
  • セキュリティ確保には、正しい設定が必要

Androidスマホの場合は、セキュリティはWPA2 PSKを選択して暗号化し、無精せずにパスワードもアルファベットの大文字、小文字、記号を使って厳格に設定します。端末によっては、WPS接続や最大接続数の調節も可能な場合もあります。

その場合、テザリング子機のデバイス側でパスワード入力が求めらる際も、WPS接続で簡単に接続できます。ただし、外出先でWPS接続を行うときは、「クライアントからのPIN」にて接続を行い、接続済みユーザーをきちんと確認するなど、外部から接続されていないかどうか気を配る必要があります。

また、接続デバイスの数があらかじめ分かっている時は、最大接続数を調節することでもセキュリティ度合いは高まります。

最大接続数の調節が出来ない端末やiPhoneの場合は、接続済みユーザーのこまめな確認の他、SSIDに個人あるいはモバイルホットスポットと特定されそうな名前を付けない、なども対策としては有効です。
例:○○のiPhone、AQUOS wifi、などはNG

【手順Android】

  1. スマホ(テザリング親機)の「設定」をひらき、「テザリング」の項目を選択
    端末ごとに表示方法が異なりますが「無線」「接続」「ネットワーク」などの項目を辿ると見つけやすいです。
  2. Wi-Fiアクセスポイント」や「Wi-Fiテザリング」の項目のON/OFF切り替えでテザリングを有効化
    端末によっては、画面のスワイプメニューで「テザリング」「アクセスポイント」などの項目があり、タップ一つでテザリングのON/OFF切り替えが出来る場合があります。
  3. 詳細設定を変更する場合「Wi-FIアクセスポイントをセットアップ」や「Wi-Fiテザリング設定」などでSSID(ネットワーク名)やパスワードを設定
  4. デバイス(テザリング子機)のWi-FI設定画面をひらき、スマホで設定したSSIDのWi-Fiに接続

【手順iPhone】

  1. iPhoneで「設定」→「インターネット共有」をON→「Wi-FiとBluetoothをオンにする」を選択
  2. デバイス(テザリング子機)のWi-FI設定画面をひらき、設定したSSIDのWi-Fiに接続

Bluetoothテザリング

消費電力が少なく、常時テザリングを使用したいときに向いている方法です。一方で、通信速度が遅く、接続台数も1台に限られます。

【メリット】

  • 消費電力が少なくバッテリー持ちがいい

【デメリット】

  • Bluetoothペアリング作業が必要
  • 通信速度が遅いため動画視聴は不可
  • 接続台数は1台のみ

Wi-FiやUSB接続に比べると通信速度は一番遅いですが、テキストベースのwebサイト閲覧、メールやSNSの送受信などは問題なく行えます

Bluetoothペアリングの手間がかかり、また接続台数も1台のみですが、逆に同じ無線接続のWi-Fiテザリングよりセキュリティが確保される接続法方ともいえます。

【手順Android】

  1. Wi-Fiテザリングと同じ手順でスマホ(テザリング親機)の設定画面から「テザリング」項目を探し、「Bluetoothテザリング」をON
  2. スマホとデバイス(テザリング子機)をBluetooth接続

【手順iPhone】

  1. iPhoneで「設定」→「インターネット共有」をON→「Wi-FiとBluetoothをオンにする」を選択
  2. iPhoneとデバイス(テザリング子機)をBluetooth接続

USBテザリング

有線接続のテザリング方法です。有線ゆえ、通信速度が一番早く、また安定していますが、接続台数は1台に限られてしまいます。

【メリット】

  • 充電しながらテザリング可能
  • 通信速度が速く、安定している
  • ホットスポットとして他者に使用される可能性がなくセキュリティが強固
  • 設定が簡単

Wi-FiやBluetoothの無線テザリング方法では、複数の電波が飛び交っている中だと干渉してしまい、繋がりにくくなりますが、有線接続のUSBテザリングではその心配はありません。通信速度とセキュリティも確保されており、3つのテザリング方法の中で一番安定、安心して使用できます

【デメリット】

  • 接続台数は1台のみ
  • USBケーブルが必要
  • 子機のデバイス側にUSBポートが必須のため、タブレットなどにはほぼ使えない※

※USB OTG(On-The-Go)対応のタブレットの場合は、変換ケーブル等を使用してUSBテザリングが可能となる場合もあります。

【手順Android】

  1. スマホ(テザリング親機)とデバイス(テザリング子機)をUSBケーブルで接続
  2. Wi-Fiテザリングと同じ手順でスマホ(テザリング親機)の設定画面から「テザリング」項目を探し、「USBテザリング」をON

【手順iPhone】

  1. iPhoneで「設定」→「インターネット共有」をON→「USBのみ」を選択
  2. iPhoneとデバイス(テザリング子機)をライトニングケーブルでUSB接続

テザリング運用には格安SIMがオススメ


大手キャリアでは、テザリングはプランによって有料オプションですが、格安SIMは無料で利用できます。テザリングを使ったネット接続は、PCやタブレット端末といった、スマホよりも表示画面が大きいデバイスで行うことが多いです。

必然的に、取得する情報量も増え、スマホよりも多量の画像読み込み、動画再生をしてデータ量を多く消費しがちです。データ容量を気にすること無くスマホでテザリングを行うのなら、20GBや30GBなどの大容量プランでの運用がオススメです。

しかし、ドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリアでは、5GB以上20GB未満のデータ量を使用するとなると、月額通話基本料抜きでのデータ月額基本料金だけで7,000円前後もかかってしまいます。

しかし格安SIMですと、大手キャリアの6割〜7割の月額基本料で20GBあるいは30GBの大容量プランを契約できます。

動作確認済み端末のチェックは不可避


SIMフリースマホで格安SIMを利用する場合は、スマホの周波数が対応していれば大抵はテザリング可能です。

一方、SIMロック解除を行っていないドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアの専用端末も、当該キャリア系の格安SIMならば運用可能と唱われていますが、テザリングに関しては対応がまちまちです。

【格安SIMでのテザリング可否】

回線系統 回線キャリア端末 他社SIMロック解除端末 SIMフリー端末
ドコモ系SIM
au系SIM
ソフトバンク系SIM ×

ドコモ系の格安SIMでは、2015年5月以降に発売されたドコモ端末およびSIMロック解除済み他社端でテザリング可能です。au系の格安SIMでは、au端末および一部SIMロック解除済み他社端末でテザリング可能です。


1 2