キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
読了時間:約 1 minute

大手3社の場合、乗り換えや機種変更などの手続きは面倒で、長い時間が掛かってしまうことが多いです。そのイメージからか、格安SIMに興味を持っていても手続きが面倒で乗り換えを行っていない方は少なくありません。

しかし、要点さえ押さえればドコモやauなどからmineoなどの格安SIMを提供するキャリアへ乗り換えるのはとても簡単です。今回はauからmineoに乗り換えを考えている方向けに解説をしていきます。

格安SIMに興味がある方、興味はあっても準備や手順が分からないと悩んでいる方は是非目を通してみて下さい。

auからmineoに乗り換えるためにやっておくべき3つの準備


auからmineoに乗り換えるためにはいくつか準備をしておかなければならないことがあります。あらかじめ準備をしておけば、スムーズな乗り換えが出来るため、しっかりとチェックしておきましょう。

今の端末がmineoでも使えるか調べる

一つ目の準備は「現在使用しているau端末がmineoでも使えるか調べる」というもの。CMや広告では「SIMカードを差し替えるだけ」と宣伝していることがありますが、実は現在使用しているau端末が使えないケースもあるのです。

使用しているau端末が使えるかどうか調べるにはmineoの公式HPを参照します。まずはmineoの公式HPを開き、「auプラン対応端末一覧」をクリックしましょう。

少し分かりにくい場所にありますが、トップページから「mineoユーザーの声」をクリックし、この画像を目印にして探すとすぐに見つかります。

画像引用元:http://mineo.jp/lp/lp_10.html?cid=DBNA000NANAAFEVAC00000027150601&sid=ff4c3e09e03197508b21eff2b9911cd90853e455

次はリンク先のページで現在使用しているau端末が使用できるかのチェックを行いましょう。「お手持ちの端末が使えるかチェックする」をクリックし、端末チェッカーから必要事項を選択して下さい。

機種名が分からない場合は「動作確認端末一覧」ページの下部、「検索条件」から分かる範囲で条件を選択肢し、表示される一覧から自分の使用しているau端末の使用可否を調べましょう。

SIM解除を行う

使用しているau端末がmineoでも使用可能だったとしても、まだ安心してはいけません。auの端末をmineoで使うためにはSIMロックを解除しなければならないケースがあるのです。

SIMロックの解除が必要かどうかは「動作確認端末一覧」ページで調べた自分のau端末に関する情報を参照することで調べることができます。「SIMロック解除が必要です」と表示されている場合は乗り換え前にSIMロックを解除しておく必要があります。

SIMロックの解除方法

SIMロックを解除するための方法は「auショップで3000円を支払い解除してもらう」、「auポータル(au端末使用者専用サイト)にて解除を申し込む」の2つです。

どちらを選んでも簡単にSIMロックの解除を行えますが、auショップで解除を行った場合、「格安SIMへの乗り換えを検討しているのか?」など根掘り葉掘り理由を聞かれることがあります。

すべてのauショップでそのような事態が起きているわけではありませんが、理由を聞かれるのが面倒、少しでも出費を減らしたい場合はauポータルにてSIMロック解除を行った方が良いでしょう。

簡単にできる!auのiPhoneをSIMロック解除する方法と注意点

乗り換えに必要な書類を用意する

乗り換えに必要な本人確認書類を用意しましょう。乗り換えに必要なものはシングルタイプ、デュアルタイプどちらを選ぶか、MNPを利用するかどうかによって異なります。簡単な図を用意しましたので、自分の場合はどんなものが必要なのか確認をしてみて下さい。

タイプ本人名義のクレジットカード本人確認書類MNP予約番号連絡用メールアドレスおよび電話番号
シングルタイプ
デュアルタイプ(MNPなし)
デュアルタイプ(MNPあり)

重要なのは本人確認書類として使えるもの、使えないものを把握しておくことです。基本的には、運転免許証・運転経歴証明書・外国人登録証明書・外交官等居住証明書のいずれかを使用して申し込みを行います。

これらの書類が用意できない場合は、被保険者証+補助書類(発行から3か月以内かつ現住所の記載があるもの)または顔写真付き住民基本台帳カードが必要です。

補助書類として認められる代表的なものは、現住所が記載された公共料金の領収書・マイナンバーが記載されていない住民票など。

その他、上述のように発行から3か月かつ現住所の記載があるものであれば補助書類として認められることもありますが、確実に申し込みを行いたいのならいずれかを用意しておいた方が良いでしょう。

auからmineoに乗り換える5つの手順


準備が出来たらいよいよ乗り換えを行います。MNP番号の発行から詳しく解説するので、これを読むだけでauからmineoに乗り換えるために必要なすべての手順が分かります。

MNP(番号ポータビリティ)予約番号を発行する

MNPとは、現在使用中の電話番号をそのままに他のキャリアへ乗り換えを行うことです。MNP予約番号は名前の通りMNPを行う際に必要な予約番号のことを指します。

MNP予約番号を取得するためには、auショップへ行くかau公式サポートへ電話をしなければいけません。実際の手続きに掛かる時間はどちらも変わりませんが、auショップで手続きを行う場合、混み具合によっては対応をしてもらうまでしばらく待たなければいけないことがあります。

その点、電話での手続きでは何時間も待つことなくスムーズにMNP予約番号を発行して貰えるためとても便利です。SIMロック解除とMNP予約番号の発行を併せて行うのであればauショップへ行った方がスムーズですが、それ以外の場合は電話にて手続きを行った方が良いでしょう。

また、MNP予約番号を発行した後は出来るだけはやく乗り換えを行わなければいけません。というのも、MNP予約番号には使用期限があり、auの場合は発行から15日間が経過すると自動的にMNP予約番号が使えなくなってしまうのです。

auからMNP予約番号を取得。発行に必要な費用と手順

mineoに乗り換えを申し込む

auからmineoに乗り換える方法は「webで申し込み」、「エントリーパッケージを利用して申し込み」、「店舗で申し込み」の3つです。店舗での申し込みの場合、即日対応を受け付けている店舗に限り、申し込みをしてすぐにSIMカードを受け取ることができます。

急ぎであれば店舗での申し込みをおすすめしますが、自宅で手間なく手続きを行いたいのならwebでの申し込みがおすすめです。

まずはmineoの公式HPを開き、「お申込みはこちら!」をクリックしてください。その後、「お申込み手続ぎへ」から乗り換え手続きを開始します。エントリーコードをお持ちの場合は「エントリーコードでお申し込み」から、持っていない場合は「通常のお申込み」から申し込みを行いましょう。

エントリーコードって?

エントリーコードとはキャンペーンや家電量販店でエントリーパッケージを購入することで貰えるコードのことです。使用することで初期費用が無料になるので、少しでも掛かる費用を抑えたいのであれば積極的に利用しましょう。

エントリーパッケージの販売価格は店舗により様々ですが、一番安いのはAmazonで値段は462円となります。初期費用の掛かる通常契約と比べた場合、差額で2,778円もお得です。

サービスプランを選択

auからmineoに乗り換える際は「auプラン(Aプラン)」を選択して下さい。その後、タイプやコースを選択していきます。

タイプの選択

タイプはシングルタイプとデュアルタイプの2つとなります。簡単に説明すると、シングルタイプは通話機能のないデータ通信のみのタイプデュアルタイプはデータ通信に加えて音声通話機能がついたタイプです。

タイプによる価格の違いはありませんが、選ぶタイプによってデータ容量の料金が変化します。詳しくは「コースの選択」にて後述しますのでそちらを参照してください。

LINEやSkypeなどのアプリを使った通話がメインで、音声通話を使うことはあまりない方やサブのスマートフォンを契約したい方はシングルタイプを選ぶと良いでしょう。音声通話をする可能性が少しでもある、MNPを利用する方はデュアルタイプを選択して下さい。

コースの選択

コースの選択では月に使用できるデータ容量を決定します。選べる容量は500MBから30GBまで。容量の多いコースになればなるほど月額が上がっていきます。

人気のあるコースは大手キャリアで提供されているデータ容量に近い、3GB(シングルタイプ/972円・デュアルタイプ/1,630円)、6GB(シングルタイプ/1,706円・デュアルタイプ/2,365円)など。WiFiを利用する方は3GB、利用しない方は6GB以上を選んでいる傾向にあります。

タイプ500MB1GB3GB6GB10GB20GB30GB
シングルタイプ756円/月864円/月974円/月1,706円/月2,721円/月4,298円/月6,372円/月
デュアルタイプ1,414円/月1,522円/月1,630円/月2,365円/月3,380円/月4,957円/月7,030円/月

外でほとんどデータ通信を行わない方が1GB(シングルタイプ/864円・デュアルタイプ/1,522円)を選択しているケースもありますが、3GBとの価格差はシングルタイプ、デュアルタイプともに108円となので選択するメリットはあまりないでしょう。


1 2