スマホとパソコン
キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円で断然お得!
dカードゴールドキャンペーンバナー
読了時間:約 3

スマートフォンは、毎日持ち歩くという人がほとんどではないでしょうか。

日常的にインターネットを閲覧するスマートフォン。また、個人情報やクレジットカード情報など、大切なプライバシーに関する情報が入っています。

実は、パソコンと同じように、スマートフォンにもウイルス感染の危険性が高まっています。つまり、スマートフォンにもセキュリティ対策を行う必要があるということ。

今回は、スマホ(iPhone、Android)のセキュリティ対策を行うときにおすすめなアプリをご紹介します。

画像引用元:photo AC

iPhone・Androidにはどんな危険がある?

スマホとキー
画像引用元:photo AC

iPhoneやAndroidには、セキュリティ面でどのような危険性が考えられるのでしょうか?ウイルスが侵入した場合に、起こりうる危険について考えてみました。

個人情報の流出

ウイルスが侵入すると、さまざまな個人情報の流出に繋がることもあります。いくつか例をあげます。

メールアドレス、電話番号、電話帳データ、位置情報、メールなどのメッセージ内容、通話内容、カメラでの盗撮・盗聴

アカウントの乗っ取り

TwitterやInstagramなど各SNSのアカウントが、気づかないうちに乗っ取られてしまっているケースも珍しくありません。

第三者によって、なりすまし投稿や詐欺サイトへの誘導が行われてしまいます。

入金を要求される

その他、いきなりスマホにロックがかかり、ロックの解除にはお金が必要だと入金を要求されるケースもあります。

Androidはウイルスに狙われやすい?

iPhoneに比べて、Androidはウイルスに狙われやすいと言われています。なぜなら、OSやアプリケーションの審査が異なるため。

iPhoneには「iOS」が搭載されています。iOSでアプリケーションを提供・販売するためには、Apple社との契約が必要です。

また、アプリ配布前に別途審査が必要となるため、セキュリティ管理が比較的しっかりしていると言えます。

一方、Androidには「Android OS」が搭載されています。Android OSでは、Google Playストア以外にも、さまざまな企業によるwebサイトでの配布なども可能。

アプリ配布時の審査が緩く、開発や配布の自由度が高いと言えます。

以上のことから、iPhoneよりもAndroidの方が、ウイルスが侵入しやすくなると考えられます。

今すぐできるスマホのセキュリティ対策

スマホとパソコンを操作する女性
画像引用元:photo AC

次に、今すぐ取り組めるスマホ(iPhone・Android)のセキュリティ対策やおすすめの設定方法についてご紹介します。

OSやアプリを最新バージョンへアップデート

iOSやAndroid OS、ダウンロードしたアプリケーションは、最新バージョンへアップデートしておきましょう。

なぜなら、古いバージョンのOSやアプリを使い続けていると、脆弱性が残ったままになるため。脆弱性とは、ウイルスが侵入しやすくなる抜け穴のようなものを指します。

古いバージョンのままスマホを使っているだけで、気づかないうちに個人情報や抜かれていたり、スマホのロックがかけられてしまい使用不可能になったりすることも。

以下の方法で、最新バージョンへアップデートしておきましょう。

iPhoneのOSアップデート方法
  • 設定アプリを起動
  • 一般をクリック
  • ソフトウェア・アップデートがあるか確認
  • 今すぐインストールをクリック

自動アップデートをしていると夜間に自動でアップデートしてくれているのでおすすめです。

AndroidのOSアップデート方法
  • 設定アプリを起動
  • システムをタップ
  • 詳細設定をタップ
  • システムアップデートでアップデートを確認

公式ストア以外からアプリをダウンロードしない

iPhoneであれば「App Store」から、Androidであれば「Google Play」からアプリをダウンロードすべきです。

特にAndroidでは、Google Play以外からのアプリダウンロードだと、審査が緩い可能性が高いです。

結果、ウイルスを侵入させてしまうアプリケーションをダウンロードする恐れがあるため、公式ストア以外からアプリをダウンロードしないようにしましょう。

スマホのセキュリティ設定を見直す

iPhone、Android問わず、ロックやパスワードなどのセキュリティ設定を見直しておきましょう。

スマホのセキュリティ設定
  • Face IDもしくは指紋認証を有効にする
  • パスコードロックをかける
  • アプリやサイトに必要なパスワードを保存しない

パスワード設定のない無料Wi-Fiに接続しない

街中でよく見かけるパスワード設定のない無料Wi-Fiは、接続を控えることをおすすめします。

どこでも使える便利なフリーWi-Fi。しかし、中にはセキュリティが甘く、ウイルスの侵入や不正アクセスに繋がるケースも少なくありません。

特に、パスワードが必要ない無料Wi-Fiを利用してしまうと、第三者が覗き見をしたり乗っ取られたりするケースも珍しくなく、ウイルスが侵入しやすくなります。

必ず、普段からパスワード設定のある無料Wi-Fiを使うようにしましょう。

iPhoneのセキュリティ対策におすすめのアプリ

続いて、iPhoneのセキュリティ対策におすすめのアプリを4つご紹介します。

Lookout モバイルセキュリティ iOS版

Lookout モバイルセキュリティ iOS版
画像引用元:Lookout モバイルセキュリティ|App Store

  • 無料版あり
  • 有料(月360円)

App Storeのダウンロードリンク
1つ目は、Lookout モバイルセキュリティ iOS版。無料版では、OSのバージョンやパスコードの有無、位置検索が行えます。

Lookout モバイルセキュリティ iOS版で可能なこと
  • OSバージョン、パスコードの有無のチェック
  • 位置検索ツール
  • セキュリティに問題・Wi-Fiへの攻撃・悪質サイトへのアクセス・盗難時には、警告を送信

ウイルスバスター モバイル

ウイルスバスター モバイル
画像引用元:ウイルスバスター モバイル|App Store

  • 無料版あり(30日間の体験版)
  • 有料(月360円)

App Storeのダウンロードリンク
2つ目は、ウイルスバスター モバイル。メッセージやURLから、不審なリンク先ではないかをチェックすることが可能です。

ウイルスバスター モバイルで可能なこと
  • 不正webサイトへのアクセスブロック
  • webサイトの安全性をチェック
  • 不正リンクへの誘導メッセージをブロック
  • URLを読み取り、不正なリンク先かを判断
  • 盗難/紛失時に位置情報を表示

ノートン モバイルセキュリティ

ノートン モバイルセキュリティ
画像引用元:ノートン モバイルセキュリティ|App Store

  • 無料版あり
  • 有料(年2,800円)

App Storeのダウンロードリンク
3つ目は、ノートン モバイルセキュリティ。危険性の高いネットワークを識別するから、安心してネットを使うことができます。

ノートン モバイルセキュリティで可能なこと
  • 最新OSでない場合やパスコード未設定の場合に警告
  • 詐欺サイトチェック
  • 危険性の高いネットワークを識別

マカフィー モバイルセキュリティ

マカフィー モバイルセキュリティ
画像引用元:マカフィー モバイルセキュリティ|App Store

  • 無料
  • 有料版なし

App Storeのダウンロードリンク
4つ目は、マカフィー モバイルセキュリティ。紛失時に端末を持っている人の写真を撮ることができるから、盗難時などにも役立ちます。

マカフィー モバイルセキュリティで可能なこと
  • 紛失した端末を所持する人の写真を撮影、メールで確認可能
  • スマホの位置を確認できる
  • 紛失/盗難時にアラーム再生で位置確認
  • 写真や動画をPIN番号で保護
  • リモートで連絡先をバックアップし、消去できる

Androidのセキュリティ対策におすすめのアプリ

最後に、Androidのセキュリティ対策におすすめのアプリを5つご紹介します。

ESET Mobile Security for Android V4.1

ESET Mobile Security for Android V4.1
画像引用元:ESET Mobile Security for Android V4.1|Google Play

  • 無料(30日間体験)
  • 有料(年3,240円)

Google Playのダウンロードリンク
1つ目は、ESET Mobile Security for Android V4.1。

最大5台のデバイスで利用することができたり、紛失/盗難時には別デバイスから端末の位置情報を確認することができたりするため、便利かつコスパが良いアプリです。

ESET Mobile Security for Android V4.1で可能なこと
  • マルウェアの検査
  • webサイトやアプリの安全性を確認
  • 最大5台のデバイスで利用可能
  • 位置情報の撮影
  • 別デバイスから位置情報の確認可能

カスペルスキー インターネットセキュリティ for Android

カスペルスキー インターネットセキュリティ for Android
画像引用元:カスペルスキー インターネットセキュリティ for Android|Google Play

  • 無料版なし
  • 有料(月270円/年3,024円)

Google Playのダウンロードリンク
2つ目は、カスペルスキー インターネットセキュリティ for Android。マルウェア、ランサムウェア、フィッシングからブロックすることができます。

カスペルスキー インターネットセキュリティ for Androidで可能なこと
  • マルウェア、ランサムウェア、フィッシングからブロック
  • アプリにロックをかける
  • 紛失/盗難時に端末を追跡できる
  • 有害サイトのフィルタリング

ノートン モバイルセキュリティ Android版

ノートン モバイルセキュリティ Android版
画像引用元:ノートン モバイルセキュリティ Android版|Google Play

  • 無料(30日間体験)
  • 有料(年3,024円)

Google Playのダウンロードリンク
3つ目は、ノートン モバイルセキュリティ Android版。

公共Wi-Fiに接続しても、プライバシーに関する重要情報を保護してくれるため安心してスマホを利用できます。

また、アプリに無許可で位置情報や連絡先、写真を共有することも防ぎます。

ノートン モバイルセキュリティ Android版で可能なこと
  • 不審なアプリかどうかを確認
  • ウイルススキャン、除去
  • 公共Wi-Fiからプライバシー情報を守る
  • 位置情報や連絡先、写真の無許可共有を防ぐ
  • 不審なwebサイトからブロック
  • ランサムウェア保護

アバスト モバイルセキュリティ

アバスト モバイルセキュリティ
画像引用元:アバスト モバイルセキュリティ|Google Play

  • 無料
  • 有料版なし

Google Playのダウンロードリンク
4つ目は、アバスト モバイルセキュリティ。無料でセキュリティアプリを利用したい人におすすめ。

無料のVPNでプライバシーを保護したり、ウイルス、スパイウェア、マルウェアをスキャン・除去したりなど、基本的なセキュリティ機能が揃っています。

アバスト モバイルセキュリティで可能なこと
  • ウイルス、スパイウェア、マルウェアをスキャン、除去
  • 無料のVPNでプライバシーを保護
  • 紛失/盗難時に端末の追跡や復旧
  • 安全なWi-Fiかをチェック
  • カメラとマイクの保護

セキュリティアプリで安全にスマホを使おう

今回は、スマホに対するセキュリティ対策の必要性やiPhone・Androidのセキュリティ対策としておすすめのアプリについてご紹介しました。

パソコンにはウイルス対策を行なっているけれど、スマホにはセキュリティ対策を行なっていないという人も少なくありません。

しかし、いつどこで大切な個人情報を抜かれてしまったり、乗っ取られてしまったりするか分かりません。いざという時に「対策しておけばよかった…」と思う前に、スマホにもきちんとセキュリティ対策を行なっておきましょう。