スマホの料金が安くなる5つの節約術!携帯代が2,500円になった話

スマホの料金を安くするために見直しをしましょう。携帯代を安くしたいけどどうしていいか分からない方に向けて、原因と節約方法をまとめて解説していきます。ドコモ・au・ソフトバンクに分けて確認していくので、ぜひ参考にしてください。

  • 2020年9月30日

現在スマホを使用している方の中に、こんな悩みを抱えている方はいませんか?

  • 月々のスマホ料金が1万円を超えるので家計が苦しい
  • スマホ料金が高いと思いながらも、どうしたら良いか分からない
  • スマホ料金を節約したい

今回はスマホ料金が高くて悩んでいる方へ、スマホや携帯代の料金を安くする節約術を解説していきます。

いくつか紹介しますので、まずは一つでも試して携帯代を安くしていきましょう。

スマホと携帯代の月額料金の平均額はいくら?

スマホ代の平均額は?

スマホ・携帯代を安くするといっても、まずは月額料金の平均額を知ることが節約の鍵となります。

ドコモやau、ソフトバンクともにデータプランの料金は5,000円〜8,000円となります。

それに加え、機種代を分割払いしている場合には機種により機種代1,000円〜3,000円程度かかります。

そのため、スマホ・携帯代の月額料金の平均額は大体8,000円程度でしょう。

スマホ・携帯代が高い原因6つ

スマホ代はなぜ高い?

スマホ・携帯代の月額料金平均額が分かったところで、次に料金が高い原因を知っておきましょう。

原因6つをまとめてみました。

機種代を分割支払いしているから

まずは多くの人が支払っているだろう機種代についてです。

キャリアによって異なりますが、2年目で新機種に買い換えるとお得になるプランがあるんですよね。

そのため、ドコモ、au、ソフトバンクのキャリアで契約している方のほとんどが機種代を分割支払いしているかと思います。

機種によりますが、ハイスペックな機種ほど月々の分割支払いの料金が高くなります。

不要なオプション契約

契約時にオプションに加入することが条件で割引が受けられる場合があります。

もちろん自分にとって必要なオプションであれば問題ありませんが、必要のないオプション料をそのまま払い続けている方も少なくありません。

  • 料金明細を見ると、よく分からないオプション料金が取られている

こんな場合には、オプション契約の見直しが必要です。

無料通話分を超える通話

無料通話分を超える通話をしていませんか?

  • 「家族間通話無料」だけど家族以外とよく通話をしている
  • 5分まで通話無料のかけ放題オプションに加入しているけど、5分以上通話してしまっている

こんな場合にはかけ放題オプションの見直しが必要です。

かけ放題プランだけど通話してない

逆に、何分話そうが無制限でかけ放題のオプションに加入していても、全く通話していないのであれば無駄ですよね。

そういった場合には、かけ放題プランをランクダウンするか、解約してしまいましょう。

契約しているデータ量が多い

次にデータ量について、データプランの中ではユーザーに合わせて使用データ量別のプランがそれぞれ用意されています。

契約時になんとなく決めたデータプランではありませんか?

キャリアでは大容量プランと、段階的なプランが用意されています。

自分が毎月どのくらいデータ通信をしているのか、把握してみましょう。

データ量を追加購入している

先ほどとは反対のケースです。

データ量を追加購入するほど使用しているのに、契約しているデータプランのデータ容量が少ない場合も考えられます。

そのため、データ量を新たに追加購入しなくてはならず、料金が上がってしまいます。

スマホ・携帯代を安くする方法4つ

スマホ・携帯代を安くしよう!

スマホ・携帯代が高くなる原因がわかったところで、実際に料金を安くする方法を見ていきましょう。

方法1:通話代の見直し

キャリアのかけ放題プランを利用する

無料通話分を超える通話で通話料金がかかってしまっている場合には、かけ放題プランを検討しましょう。

キャリア別のかけ放題プランをまとめてみました。

キャリア5分通話無料かけ放題
ドコモ5分通話無料オプション:700円かけ放題オプション:1,700円
au通話定額ライト2:800円通話定額2:1,800円
ソフトバンク準定額オプション+:800円定額オプション+:1,800円

どのキャリアでも、かけ放題のオプションは5分以内かけ放題の2つが用意されています。

基本的に通話料金は30秒で20円かかります。

各キャリアのかけ放題プランを使う場合とどちらが安くなるのか、じっくり考えて見るのがおすすめです。

かけ放題の目安
  • かけ放題オプション向かない人
    自分から電話をかけない人
  • 5分通話無料オプションがお得な人
    →例)月3回以上5分間の通話を自分からする人
  • かけ放題オプションがお得な人
    →例)月5回以上10分間の通話を自分からする人
無料通話アプリなどを利用する

また、スマホ同士で通話をするなら、通話料無料のIP電話アプリを利用するのもおすすめです。

有名なのはLINEやSkype、Viberなどですね。

特に連絡手段にLINEを利用している方は多いため、LINEなら相手方も電話に応じてくれるでしょう。

ただしIP電話は通常の電話と異なり、データ通信にて通話する仕組みです。

そのため、通常の電話と異なり電話が繋がりにくいなどのデメリットもあります。

方法2:料金プランの見直し

各キャリアでは、基本的に大容量のデータプランと段階的なデータプランの2つが用意されています。

キャリア別にデータプランの月額料金とデータ容量をまとめてみました。

分かりやすいように、割引なしの月額料金を載せています。

大容量プラン
 容量月額料金
ドコモ(ギガホ)30GB7,150円
au(データMAX 4G LTE)30GB7,650円
ソフトバンク50GB7,480円
段階的プラン
  • ドコモ:ギガライト
  • au:ピタットプラン 4G LTE
  • ソフトバンク:ミニフィットプラン
段階ドコモauソフトバンク
1GB3,150円3,150円3,980円
2GB4,150円4,650円5,980円
3GB4,150円4,650円7,480円
4GB5,150円4,650円7,480円
5GB5,150円6,150円7,480円
6GB6,150円6,150円-
7GB6,150円6,150円-

大容量のデータプランは月に30GB〜50GBとたくさんデータ量を使用できる分、月額料金も高めです。

自分が毎月どのくらいデータ量を使用しているのか、きちんと把握することが大切です。

適切な料金プランを見極めよう
  • 段階的なプランがお得な場合→毎月〜7GB(ソフトバンクの場合は〜2GB)までしかデータ量を使わない人
  • 大容量プランがお得な場合→毎月7GB以上(ソフトバンクの場合は2G以上)データ量を使う人

方法3:オプション料金の見直し

まずは利用明細を確認し、オプション料金が取られていないか確認してみましょう。

各キャリアから、セキュリティや紛失、故障などのサポートサービスが用意されています。

契約時に以下のオプションに加入している場合、毎月決められた料金が引き落としされます。

主なオプションは以下の通りです。

ドコモの主なオプション
オプション名料金サービス内容
ドコモサービスパック500円〜2,000円スマホ設定サポート、セキュリティ対策、ネットワーク機器の保証など
あんしんセキュリティ200円セキュリティ対策
ケータイ補償サービス330円〜1,000円補償サービス
dアニメストア400円アニメ見放題
dキッズ372円子ども向け知育サービス
dTV500円2万作品が見放題
dマガジン400円人気雑誌の最新号も読み放題
ディズニープラス700円ディズニーがグローバルで展開する定額制公式動画配信サービス
auの主なオプション
オプション名料金サービス内容
安心サポートパック920円〜950円故障、紛失や使い方のサポート
電話きほんパック300円留守番サービスや迷惑電話撃退サービスなどがセットでお得になったサービス
TELASA562円テレビ朝日をはじめとした動画配信サービス
ブックパス380円〜562円コミック、雑誌、小説、実用書などが読み放題
うたパス500円9,000以上のプレイリストが聴き放題
Disney pass500円ディズニーの作品が見放題
GeForce NOW Powered by au1,800円クラウドゲームサービス「GeForce NOW」の国内向けサービス
Apple Music980円Apple Musicが楽しめる
YouTube Premium1,180円YouTubeを広告なし、バックグラウンド再生やオフライン再生可能
NetflixNetflixが含まれる料金プランのみ:5,460円映画やTV番組、アニメが見放題
ソフトバンクの主なオプション
オプション名料金サービス内容
あんしん保証パック200円〜1,190円修理や配送交換など
iPhoneセキュリティパック500円セキュリティ、紛失など様々なオプションがセットでお得になったサービス
Netflix800円〜1,800円映画やTV番組、アニメが見放題
とく放題(M)590円食料品・日用品・レジャー&旅行の割引やSALE
ブック放題500円人気のマンガや雑誌が読み放題
アニメ放題400円3,000作品以上のアニメが見放題

各キャリアかなりの数のオプションサービスがあります。

契約しているのに利用していなければ解約して節約しましょう。

オプションの解約は面倒だと思われるかもしれませんが、解約方法は難しくはありません。

インターネットでその場で解約できる場合もあり、サポートへの電話も30分程度で解約することができます。

少し頑張って解約すれば、その後オプション料を払う必要がないので、ぜひ解約しましょう。

ただし、サポート系のオプションを解約した場合、万一紛失や故障した場合にサポートが受けられなくなってしまうため注意しましょう。

方法4:端末代金を節約する

ここまではキャリアの料金プランなどで節約する方法を紹介しました。

次に端末代金を節約する方法を紹介します。

端末代金を節約する場合、現在支払っている端末の分割支払いが終了するタイミングで、新しい端末で節約する方法を検討しましょう。

キャリアではiPhoneやハイスペックなAndroidスマホ以外にも、低価格のモデルの取り扱いもあります。

ハイスペックスマホは端末代10万円を超えるものもある中、2万円代で購入できるスマホもあります。

ドコモ:2万円で購入できるスマホ
機種名価格
arrows Be4 F-41A23,760円
Galaxy A20 SC-02M21,384円
ドコモのスマホおすすめランキングはこちらでチェック。

au:2万円で購入できるスマホ
機種名価格備考
AQUOS sense3 basic SHV4817,710円かえトクプログラム適用
Galaxy A20 SCV4617,710円かえトクプログラム適用
LG it LGV3617,710円かえトクプログラム適用
AQUOS sense3 SHV4522,080円かえトクプログラム適用
HUAWEI P30 lite Premium HWV3322,080円かえトクプログラム適用
Galaxy A30 SCV4322,540円かえトクプログラム適用
GRATINA KYV4823,920円かえトクプログラム適用
BASIO325,450円かえトクプログラム適用
iPhone SE (第2世代) 64GB28,750円かえトクプログラム適用
Mi 10 Lite 5G XIG0129,900円かえトクプログラム適用

auのスマホおすすめランキングはこちらでチェック。

ソフトバンク:2万円で購入できるスマホ
機種名価格備考
AQUOS zero210,992円トクするサポート適用
※別途プログラム利用料390円×24回
arrows U10,992円トクするサポート適用
※別途プログラム利用料390円×24回
Google Pixel 3a10,992円トクするサポート適用
※別途プログラム利用料390円×24回
シンプルスマホ414,760円トクするサポート適用
※別途プログラム利用料390円×24回
iPhone 7 32GB18,360円トクするサポート適用
※別途プログラム利用料390円×24回
シンプルスマホ524,840円トクするサポート+適用
iPhone SE (第2世代) 64GB28,800円トクするサポート+(特典A)適用

ソフトバンクのスマホおすすめランキングはこちらでチェック。

auとソフトバンクでは、iPhone SE (第2世代)の64GBも2万円代で購入可能です。

どうしてもiPhoneがいいという方はiPhone SEを検討してみるといいかもしれません。

料金プラン1年間無料の楽天モバイルで節約しよう

楽天モバイルUN-LIMIT料金
「Rakuten UN-LIMIT 2.0」は1年間無料

ここまでは主にドコモ・au・ソフトバンクでの節約方法を紹介しましたが、ここからはそれ以外の選択肢を考えていきます。

ここでは、新たなMNOである楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT 2.0」について紹介します。

2020年4月から新たに始まった「Rakuten UN-LIMIT 2.0」は、300万名を対象に月額2,980円を1年間無料で提供しています。

まだ300万人に達していないようですので、今なら無料で利用可能です。

楽天モバイルの料金プラン「UN-LIMIT 」
利用料金2,980円
※1年間無料キャンペーン実施中
月間データ量楽天回線エリア:無制限
パートナー回線エリア:5GB
通話料金かけ放題
※Rakuten Linkアプリ使用時

Rakuten UN-LIMIT 2.0がおすすめな理由

Rakuten UN-LIMIT 2.0がおすすめな理由
  • 月額2,980円が1年間無料
  • 楽天回線ならデータ使い放題
  • 楽天回線以外のパートナーエリアでも月に5GB使える
  • 専用アプリ「Rakuten Link」を使えば通話し放題
  • 最低利用期限や解約金がないため安心

とにかくおすすめな理由は、1年間無料ということ。

毎月無料でデータ通信や通話し放題なので、スマホ代がかなり節約できます。

Rakuten UN-LIMIT 2.0って実際どうなの?

確かに1年無料なのはいいけど、品質はどうなの?と思われるかもしれません。

実際に私はRakuten UN-LIMIT 2.0を契約、楽天回線エリアで利用していますが、かなり快適です。

ただし場所によっては楽天回線エリアでも圏外になってしまうことがあります。

また、通話の専用アプリ「Rakuten Link」は通常の電話に比べると不安定で、時々相手の声が聞こえなくなってしまうこともあります。

こんな運用方法がおすすめ

まだ始まったばかりのサービスですので、「Rakuten UN-LIMIT 2.0」のみで運用するのは少し不安かもしれません。

そこで、他のサービスと「Rakuten UN-LIMIT 2.0」を併用することで、スマホ代を抑えつつ安定的な運用ができます。

POINTキャリアの料金プランを安価な段階的プランに変更+「Rakuten UN-LIMIT 2.0」を併用

実際に私自身も「Rakuten UN-LIMIT 2.0」を併用して、毎月スマホ代2,500円程度で運用しています。

楽天回線エリアの場合、データ通信は楽天モバイルメインで行えばデータ使い放題です。

そのため、キャリアでのデータプランは段階的プランにします。

キャリアでのデータ通信量が1GB未満であれば、以下の表の金額となります。

ちなみに、表はわかりやすいよう割引なしの月額料金を載せています。

2年定期契約や家族が同じキャリアを利用しているなど、条件を満たせばさらに割引されます。

 1GB
ドコモ
(ギガライト)
3,150円
au
(ピタットプラン 4G LTE)
3,150円
ソフトバンク
(ミニフィットプラン)
3,980円

楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT 2.0」を併用すれば、スマホ・携帯代の月額料金の平均額約8,000円を大きく下回ることができますね。

楽天モバイルの料金プランについては、「楽天モバイルのスマホ料金プラン徹底解説!他キャリアとの比較」で詳しく解説しています。

毎月のスマホ代を節約して、ゆとりのある生活を送ろう

今回はスマホ・携帯代の節約術を紹介しました。

スマホ・携帯代の節約術まとめ
  • 通話の多い人はキャリアのかけ放題プランを検討しよう
  • 自分のデータ通信量に合わせて、キャリアの料金プランを見直そう
  • キャリアのオプション料金、不要なオプションは解約しよう
  • ハイスペックスマホではなく、低価格のスマホを購入しよう
  • 1年間無料の楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT 2.0」を上手く活用しよう

契約時、キャリアの店員は色々なプランやオプションを勧めてくれますが、自分にとって適切なプランやオプションを見極めることが大切です。

あなたも毎月にかかるスマホ代を少しでも節約して、その分ゆとりのある生活を送りましょう。


ドコモユーザーはdカード GOLDがお得!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
  • Amazon・マツキヨ・スタバ・ローソンなど人気店でポイントがお得
年会費10,000円(税別)審査最短5分で審査完了
ポイントdポイント還元率1~10%
保険国内・海外ありETCカード無料
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ