読了時間:約 3

コンビニを毎日のように利用する人は少なくないでしょう。朝の通勤・登校時にパンとコーヒー、お昼の休憩時に弁当やおにぎり、帰宅時には小腹を満たすスイーツを買うという人も多いのでは?よく考えてみると、毎月コンビニで支払っている金額は結構な額になるかもしれません。

せっかくコンビニで支出するのであれば、お金を使えば使うほどお得になる「ポイント高還元クレジットカード」で支払うのがベストです。この記事では、コンビニをよく利用する人向けに、大手コンビニ別にスマホで支払える便利で、ポイントが沢山たまるお得なクレジットカードをご紹介します。

コンビニで使える電子マネーは多様化している


本題に入る前に、コンビニで支払いに使える電子マネーについておさらいしてみましょう。最近は現金支払い以外に、プリペイドカードやスマホで支払うことができる電子マネーが主流になってきています。電子マネーには、大きく分けて次の2種類があります。

  • 前払い方式(プリペイド型)
  • 後払い方式(ポストペイ型)

前払い方式(プリペイド型)電子マネー


セブンイレブンの「nanaco」、楽天の「Edy」、イオンの「WAON」などは、前もって金額をチャージする前払い方式の電子マネーです。チャージした金額分の買い物ができますが、それを超えた分は現金で支払うか、もう一回チャージすることが必要になります。

またSuicaやPASMOといった交通機関やコンビニ支払に使える電子マネーもありますが、これらも前もってチャージするプリペイド型です。

前払い方式の電子マネーは、頻繁にチャージするのが面倒くさいというデメリットがありますが、クレジットカードのように使いすぎる心配がないのがメリットといえます。

後払い方式(ポストペイ型)電子マネー


上記のプリペイド型電子マネーと違い、チャージする手間なく自由に使えるというメリットがあるのがポストペイ型電子マネーです。「QUICPay(クイックペイ)」「iD」といった電子マネーが有名ですね。ただし使いすぎると後で請求額に驚くことになるので、利用はちゃんと管理しておいたほうがいいでしょう。

なお、後払い方式の電子マネーは主にクレジットカード払いになります。クレジットカードによって特徴が異なり、特定のコンビニで使用することで通常の何倍ものポイントを還元してくれることも。つまり自分の使い方に合わせたクレジットカードを選ぶことで、どんどんポイントが貯まってお得になるわけです。

そこで、電子マネーとしてスマホ支払ができ、ポイントも高還元のクレジットカードをいくつか見てみることにしましょう。

コンビニ別のおすすめ高還元クレジットカード

大手コンビニ3社「セブンイレブン」「ローソン」「ファミリーマート」はそれぞれ、ポイントが沢山たまる素敵なクレジットカードを用意しています。それらのクレジットカードの特徴をつかんで上手に使うなら、いつものコンビニ利用をするだけで何千円もの違いが出てきますよ。

セブンイレブン「セブンカードプラス」


画像引用元: https://www.7card.co.jp/feature/index.html
セブンイレブンをよく利用する人に間違いなくおすすめなのがセブンカードプラスです。

セブンカードプラスの主な特徴

  1. nanacoポイントが貯まりやすい
  2. nanacoへのチャージでもポイントが貯まる
  3. イトーヨーカドーで買い物がお得
  4. カード入会で最大2,700nanacoポイントがもらえる

セブンカードプラスはnanacoポイントが貯まりやすい


画像引用元: https://www.nanaco-net.jp/about/
通常のプリペイド型nanacoカードは、100円(税抜)につき1ポイントが還元されます。それに対してセブンカードプラスは200円(税込)につき3ポイントが付きます。これはどれ位の違いになるのでしょうか?

セブンイレブンで1ヵ月に10,000円(税抜)分の買い物をした場合
nanacoプリペイドカード・・・100ポイント還元
セブンカードプラス・・・162ポイント還元

1年間毎月10,000円使った場合
nanacoプリペイドカード・・・1,200ポイント還元
セブンカードプラス・・・1,944ポイント還元

セブンカードプラスはプリペイドnanacoに比べて年間744ポイント多くもらえることになります。これだけだと違いはあまり大きくないように見えますよね。でもセブンカードプラスのメリットはこれだけではありません。

セブンカードプラスはチャージする時もポイントが貯まる


普通のnanacoカードは、支払の時にだけポイントが付きます。でもセブンカードプラスなら、クレジットカードでnanacoにチャージする際にも200円ごとに1ポイントが付くんです。つまり、チャージでポイント、使ってポイントのダブルでお得ということです。

セブンカードプラスで10,000円分のnanacoチャージをすると、50ポイント付きます。毎月10,000円分チャージしたとして、年間で600ポイントになります。これに、支払時に付く1年分1,944ポイントを合わせると2,544ポイントです。プリペイドnanacoの2倍以上ポイントがもらえるということですね。

セブンカードプラスはイトーヨーカドーで買い物がお得


イトーヨーカドーで買い物をよくする人はさらにお得になります。セブンカードプラスなら毎月8の付く日はハッピーデーといって、ほぼ全品5%オフで買い物ができるからです。食料品から衣料品、住まいの品々までほとんどが5%オフになりますので、毎月8・18・28日はカレンダーに印を付けておくといいかもしれません。

セブンカードプラス入会で最大2,700ポイントがもらえる

2018年7月現時点で、セブンカードプラス入会特典として最大2,700ポイントがもらえます。そのための条件がいくつかありますので、ここで紹介しておきます。

セブンカードプラス入会特典の2,700ポイントをもらうためには・・・

  • オンラインで入会手続きをしよう
  • オートチャージ(残高が少なくなったら自動入金すること)を利用しよう
  • JCBブランドを選ぼう
  • 支払いをセブン銀行口座に設定しよう
  • 入会時に「支払名人※」に登録しよう
  • クレジットショッピングを3回は利用しよう

※「支払名人」とは、1ヵ月の支払額があらかじめ設定していた金額を超えた場合、超えた分だけをリボルビング払いとして翌月に繰り越すシステムのことです。

QUICPay(nanaco)で簡単スマホ支払い


クレジットカードを毎回コンビニの支払い時に財布から出すのは面倒という人もいるでしょう。それならQUICPay(nanaco)がおすすめです。スマホを読み取り機にかざすだけでパッと支払いが完了しますし、nanacoポイントもちゃんと貯まります。

ローソン「ローソンPontaカードVisa」


画像引用元: http://kakaku.com/card/item.asp?id=026011
ローソン・ローソンストア100で買い物をよくする人におすすめなのがこのカードです。

ローソンPontaカードVisaの主な特徴

  1. Pontaポイントが2倍貯まる
  2. VISA加盟店でもポイントがお得に貯まる
  3. 今ならJALマイルも貯まる
  4. PontaポイントをJALマイルに交換できる
  5. 今ならカード入会で1,000Pontaポイントがもらえる

ローソンPontaカードVisaはポイント2倍


ローソンで誰でもすぐに作れるPontaカードは現金払い時にポイントが付き、100円につき1ポイント還元されます。でもローソンPontaカードVisaでクレジット払いをすると100円(税抜)で2ポイントと、2倍還元されるのでお得になります。

VISA加盟店でもポイントがお得に貯まる


ローソンPontaカードVisaカードは名前にvisaと付くだけあり、VISA加盟店でのショッピング1,000円につき5ポイントとお得に還元されます。ローソンだけでなく、ショッピングでも便利に使えるオールマイティーなクレジットカードといえるでしょう。

キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
1 2