スマホの機種変更で得する10の秘策|おすすめのショップを比較

スマホ(携帯)の機種変更を安くする方法を10個ご紹介します。ドコモ・au・ソフトバンクの他、家電量販店などの実店舗での割引キャンペーンについても触れていいます。誰でも何かしらでお得になるクーポンなどがきっと見つかるので、ぜひ参考にしてください。

  • 2021年1月6日
スマホの機種変更で得する10の秘策

ここでは携帯(スマホ)の機種変更で得する10の秘策をご紹介するとともに、機種変更を行うおすすめショップを比較しています。

携帯キャリアの機種変更手続きは、新規契約やのりかえ(MNP)と比較して割引やキャンペーンが少ないものです。

特に大手キャリアであるドコモ・au・ソフトバンクはその傾向が強いように思えます。

しかし時期によっては高額な割引やキャンペーンが提供されていますし、それ以外でも機種変更をお得にする方法は存在するのです。

ここでご紹介している情報はドコモ・au・ソフトバンクから発売となった最新の5Gスマホはもちろん、AppleのiPhoneシリーズへの機種変更でも役立つはずです。

3キャリアの機種変更の最安方法も最後にご紹介していますので、これから機種変更を検討している方は是非最後までチェックしてみてはいかがでしょう。

携帯(スマホ)の機種変更で得する10の秘策

iPhone 11
機種変更は既にキャリアと契約している事もあり、新規契約やのりかえ(MNP)より比較的手続きも簡単です。

ただし何も考えずに機種変更を行うと自身が考えている以上に損をしてしまう可能性があります。

携帯をお得に機種変更する秘策は実はたくさん存在していて、申し込み方法や決済方法によって割引・キャッシュバックを受けることができるのです。

ここからは携帯の機種変更で得する以下の10個の秘策について、それぞれ具体的に解説していきます。

オンラインショップでお得に機種変更する

ドコモ・au・ソフトバンクの機種変更場所
  • 【実店舗】:ドコモショップなどのキャリアショップ/家電量販店
  • 【インターネット】各キャリアのオンラインショップなど

機種変更は全国に展開するドコモショップ、auショップ、ソフトバンクショップはもちろん、家電量販店や駅前などにあるケータイショップでも行えます。

また、ご存じの方も多いでしょうが各キャリアの公式オンラインショップでも機種変更を行う事ができるのです。

「機種変更」は実店舗を利用するよりオンラインショップを利用した方がお得にできる可能性があります。

携帯ショップ・家電量販店は損をする?

  • 有料コンテンツ(オプション)の加入が必要となる・または勧められる
  • 予約をしていても1時間以上待たされる事がある
  • 端末分割購入時の「頭金」が必要となる
  • 基本的に機種変更時のキャッシュバックは無い

実は全国に展開するドコモショップ、auショップ、ソフトバンクショップのほとんどはキャリアから委託された代理店です。

ドコモショップ、auショップ、ソフトバンクショップは各店舗が指定する端末分割時の「頭金」が必要となるなど上記のような特徴があります。

当然のことながら家電量販店も代理店ですので、ドコモショップ、auショップ、ソフトバンクショップと同じような特徴があります。

ドコモ・au・ソフトバンク公式オンラインショップは?

ドコモオンラインショップ ホーム | ドコモオンラインショップ

  • 有料コンテンツ(オプション)の勧誘無し
  • 店員からの営業、待ち時間無し
  • 全ての対象キャンペーン適用
  • さらに加えてオンライン限定キャンペーンも対象
  • 頭金が0円・ドコモなら契約事務手数料も無料

ドコモ・au・ソフトバンクの公式オンラインショップは各キャリアが運営する直営店です。

このため頭金が0円など、携帯の機種変更時に大きなメリットがあります。

キャリアを変えないまま機種変更するなら、キャリア公式オンラインショップがおすすめです。

ドコモは『ドコモオンラインショップ』auは『auオンラインショップ』ソフトバンクは『ソフトバンクオンラインショップ』が利用できます。

オンラインショップで申し込むだけで、店員にしつこい営業をされたり有料コンテンツ(オプション)の強制加入をさせられることを回避することができるのです

ちなみに、機種変更ではなくドコモやauからソフトバンクへ乗り換えも検討しているなら『おとくケータイ』がおすすめです。

最高額のキャッシュバックを保証してくれて不要なオプションへの強制加入などもないため、最もお得に乗り換えることが出来ます。

引き止めポイントで機種変更をお得に

ドコモMNP
機種変更をお得にする方法の1つに、各キャリアの「引き止めポイント」を使うというものがあります。

引き止めポイントはキャリアが公式に発表しているものではありませんが確かに存在するポイントです。

引き止めポイントは長く同じキャリアを使っているユーザーが、キャリアからキャリアへの乗り換えを行う際に発生しやすいようです。

MNP(携帯電話番号ポータビリティ)について知っておこう

MNP(携帯電話番号ポータビリティ)の概要
  • 携帯電話番号を変えずにキャリアを移動できる
  • 「MNP転出手数料」「MNP転入手数料」という費用がかかる

MNPとは「Mobile Number Portability」(携帯電話番号ポータビリティ)の略称です。

MNPは携帯電話番号を変えずにキャリアを移動できる制度で、のりかえ(MNP)を行う際に利用するユーザーも多いものです。

以前は携帯電話番号も変えないとなりませんでしたが、MNPが2006年から始まったことによりキャリア間の移動が容易になりました。

電話番号がそのままで良いため、友人・知人はもちろん事前に取引先などに連絡を行う必要が無い事がMNP最大のメリットです。

更に現在ではメールよりLINEやFacebookメッセンジャーのようなコミュニケーションアプリで連絡を取る人が増えています。

このためより電話番号が変わらないMNPへのニーズが更に大きくなっているのです。

キャリアは引き止めようとする!?

MNP引き止めポイントをゲットする方法
  • 自分が契約しているキャリアのサポートに電話
  • ドコモは151、auは157、ソフトバンクは*5533へ
  • MNPで他社に乗り換えを検討中 or 行う予定であることを伝える

ドコモ、au、ソフトバンクといったキャリアからしてみれば、解約ならまだしも他社へのりかえ(MNP)をされるのは避けたい所です。

その為か、MNPを考えるユーザに対しポイント付与で引き止めようとするケースがあります。

契約年数などの契約状況でも変動する可能性があり確実に貰えるとは言いきれません。

しかしインターネットやSNS上の口コミを参考にすると、機種変更に使えるポイントを数万円分もらったという方もいるようです。

公表されていないため正確な基準は分からないのですが、電話するだけですので挑戦してみる価値は十分にあるでしょう。

ちなみに仮に引き止めポイントがもらえないままMNP予約番号を発行したとしても、使用しなければのりかえ(MNP)は行われません。

また、のりかえ(MNP)を行わなければそもそも費用なども発生しませんのでご安心ください。

ドコモ・au・ソフトバンクのクレジットカードでお得にする

ドコモ・au・ソフトバンクそれぞれのキャリアはクレジットカードの発行・運営を行っている事をご存じでしょうか。

携帯代の支払いを各キャリアのクレジットカードにすることでポイントがお得に貯まりますし、充実した補償や特典があるのも見逃せません。

クレジットカードに特にこだわりがないなら一考の価値ありです。

ドコモ・au・ソフトバンクのクレジットカードがお得な理由

dカード GOLD
ドコモ、au、ソフトバンクそれぞれクレジットカードを発行していることをご存知でしょうか。

例えばドコモだったらdカードで、黄色のポインコのキャラクターでもお馴染みですね。

やはり公式のクレジットカードだけに月々の支払いでポイントが還元されるなど魅力的な特典があります。

貯まったポイントは月々の携帯料金の支払いにも使えますし、先にご紹介したオンラインショップで利用する事も可能です。

更に実際にクレジットカードで支払わずとも、契約時に貰えるポイントだけゲットするという手もあるでしょう。

キャリアによっては入会のみで数千ポイントが貰える場合もありますので、興味のある方は適時チェックするようにしましょう。

各キャリアのクレジットカードの基本情報については下記の表で少しご紹介しています。

ドコモ・au・ソフトバンクのクレジットカード
ドコモdカード公式サイト
・入会費・年会費無料
dカード GOLD公式サイト
・年会費10,000円(税抜)
・ドコモの携帯料金から10%還元などの特典
auau WALLET クレジットカード
・入会費・年会費無料
au WALLET ゴールドカード
・年会費10,000円(税抜)
・auの携帯料金から最大11%還元などの特典
ソフトバンクソフトバンクカード
・入会費・年会費無料
・Tカード一体型プリペイドカード
ドコモユーザー必見!dカード GOLDがお得な理由

dカード GOLD(ゴールド) VISA ポインコ

ドコモが発行しているクレジットカード「dカード GOLD」は、ドコモユーザーがお得になる特典が充実しています。

ドコモユーザーにdカード GOLDを本当におすすめしたい理由をまとめたので、ぜひ一度目を通してみてください!

dカード GOLDは10,000円(税抜)の年会費がかかかりますが、ドコモユーザーであればポイント還元で十分に回収できる仕組みになっています。

また回収できる以上のポイント還元も見込めるほか、全国・ハワイの空港ラウンジが無料で利用できたり、旅行保険が付帯しているのも嬉しいポイントです。

ドコモユーザーの方はこの機会にぜひ入会を検討してみてください!

dカード GOLD公式サイトを見る

スマホの補償サービスを利用する

スマホの機種変更をする理由には、「調子が悪いな」というものもあると思います。

通常は修理、もしくはその機会に機種変更を検討されるかと思いますが、キャリアによっては「別の機種」に格安で交換出来ることもあります。

ドコモ・au・ソフトバンクのスマホ補償

ケータイ補償サービス

ケータイ補償サービス概要
月額料金(スマホ)月額料金:500円~1,000円(税抜)
※初回31日間無料
リフレッシュ品対応・水濡れや紛失、全損
・1年間に2回まで
交換の負担金7,500円~11,000円(税抜)
※コースにより異なる
その他サービス・データ復旧代金の割引
・「ケータイお探しサービス」の月額料金が無料

ドコモには「ケータイ補償サービス」というスマホ補償サービスがあります。

この「ケータイ補償サービス」は月額料金:500円(税抜)~1,000円(税抜)で利用できるサービスです。

月額料金とは別に交換時の費用も必要となりますが、水濡れや紛失、全損の際に機種変更するよりも安くリフレッシュ品に変えてもらえる可能性があります。

ただし、まったく同じ機種と交換ではなく異なるカラーや上位機種が提示される事もあります。

狙って好きな機種を選ぶのは難しいですが、タイミングによってはお得な機種に出会えるかもしれません。

この他auは「故障紛失サポート」、ソフトバンクは「あんしん保証パックプラス」と同じようなサービスを提供しています。

ドコモ・au・ソフトバンクのスマホ補償注意点

注意点
  • 月額料金+交換時の負担金が必要
  • 年間に利用できる回数には上限がある
  • 加入は「機種購入時」に限られる

ドコモ・au・ソフトバンクのスマホ補償サービスは月額料金+交換時の負担金が必要となる点、年間に利用できる回数に上限があるなどの共通点があります。

また、どの補償サービスも機種購入時にしか加入できないのが最大の注意点です。

月額料金も決して安くないため悩んでしまうかもしれませんが、端末の価格なども考慮して検討するようにしてみてはいかがでしょう。

あくまで参考となりますが、割引などを使っても5万円を超えるハイエンドモデルの場合は加入するのがおすすめです。

白ロムを入手し携帯端末料金を節約する

白ロムの入手方法
  • ネットショップ等の白ロム取り扱い店舗で直接購入
  • ネットオークションやフリマアプリで購入
  • 友人や家族から使っていないスマホを譲ってもらう

白ロムとは、SIMカード(電話番号などの情報が記録されている)を抜いた状態の携帯電話端末の事です。

この白ロム、場合によっては上記のような方法で安価で入手することができます。

型落ちやちょっとした傷ありでお得になっている可能性があるため、本体だけ変更したい人は検討する価値アリです。

ただし携帯の本体代を分割払いしている場合、支払いを滞納すると赤ロム(通信を制限された状態)となります。

白ロムを購入する際は以下の注意点を必ず確認するようにして下さい。

  1. SIMカードのサイズ(標準SIM/microSIM/nanoSIM)が合っているか
  2. 同社の携帯を入手する場合、そのまま使えるか
  3. 他社の携帯を入手する場合、そのまま使えるか
  4. 赤ロム(未払いなどでロックがかかっている)の状態になっていないか

格安SIMにMNPで乗り換え月額料金を節約する

機種変更したい理由が月額料金の場合、格安SIMの利用も検討しましょう。格安SIMとはその名の通り格安で通信サービスが利用出来るSIMカードです。

この格安SIMをネットや店舗で入手し、今持っている携帯に差し替えることで料金を見直すことができます。

契約するキャリアやプランによって通信料や通信速度に制限があったり、困った時に直接店舗に向かえないなどのデメリットもあります。

しかし、場合によりますが大手キャリアと比較して半額からそれ以上月額料金が節約出来るケースもあるのは大変魅力的です。

ここでは格安SIMに乗り換える際の注意点を2点ご紹介しておきます。

所有する端末のSIMロック解除を確認

SIMロック解除の確認ポイント
  • 格安SIMは「ドコモ回線」「au回線」「ソフトバンク回線」がある
  • 現在契約しているキャリアと回線が変わるならSIMロック解除が必要
  • SIMロック解除は各キャリアの店舗やネットでできる

格安SIMを利用するには事前に「SIMロック解除」と呼ばれる作業が必要となる事があります。

SIMロックとは、例えばドコモならドコモのSIMしか利用出来無いようになった状態です。

格安SIMは大手キャリアの回線を借りて運営されており、それぞれ「ドコモ回線」「au回線」「ソフトバンク回線」という種類があります。

「ドコモからドコモ回線の格安SIMに移行」というような、同じキャリアの回線であれば基本的にSIMロック解除は必要ありません。

ただし「ドコモからau回線の格安SIMに移行」というような場合には事前にSIMロック解除が必要となります。

SIMロック解除の条件は端末によって異なりますので、まずは一度契約しているキャリアに確認しておくとよいでしょう。

格安SIMで実際どれくらい安くなる?

ギガライト
2020年現在、ドコモ・au・ソフトバンクの通信料金は大容量プランと段階性プランの2つを中心としています。

ドコモの「ギガライト」のような段階性プランは月額料金も安く抑えられますし、何より料金の内訳が分かりやすいのも魅力的です。

ただしどのキャリアも各種割引を適用して1GB~1,980円(税抜)と横並びになっており、単身で契約する場合はどうしても料金が高くなってしまう傾向にあります。

1GBほどのデータ容量であれば、格安SIMなら割引を適用しなくても1,000円前後にできるため通信料の節約という意味では圧倒的でしょう。

機種変更後の旧端末を売却し現金をゲットする

これまで使っていた端末を売却する事で、機種変更時の費用を減らす事ができるかもしれません。

割引やポイントでの還元とを目的としている場合はキャリアの下取りを、現金に換えたい場合は中古ショップを利用するのがおすすめです。

白ロムとして不要な携帯(スマホ)を売却する

旧端末の主な売却方法
  • ネットショップや白ロム取り扱い店舗で直接売却
  • ネットオークションやフリマアプリで売却
  • 友人や家族などに売却

新しいスマホに機種変更をしたら、これまで持っていた機種を使う事は基本的に無いのではないでしょうか。

通常は店舗で処分をお願いするか、コレクションとして残しておく方々が多いのではと思います。

しかし現在はこういった旧スマホを買い取ってくれるサービスが続々登場しています。使わずに寝かしておくなら積極的に活用したい所です。

売却の際は電話番号、カード番号といった個人情報などの重要データは必ず消去しておきましょう。

特に買い取り店舗では基本的にデータの全消去が必須となっています。この他Edy、nanaco、waonなどの電子マネーは必ず移行作業を行っておきましょう。

各キャリアの下取りサービスを利用する

下取りプログラム
個人情報が詰まったスマホだけに、オークションなどで譲るのはいくら情報を消去しても不安が残ると言う人も少なくないと思います。

そんな時に便利なのが、ドコモ、au、ソフトバンクといったキャリアが行っている下取りサービスです。

まだ使えるスマホはもちろんのこと、古いガラケーや一般的には売却できないような画面割れ品でも下取りできる場合があります。

下取り額は端末・時期によって異なるため事前に各キャリアのHPで確認しておくようにしましょう。

自宅のインターネット契約と組み合わせでお得な割引をゲットする

ドコモ光セット割

各キャリアのインターネット回線セット割/概要
  • 【ドコモ】ドコモ光セット割:スマホ料金から最大1,000円(税抜)引き(回線ごと)
  • 【au】auセット割:スマホ料金から最大1,200円(税抜)引き(回線ごと)
  • 【ソフトバンク】おうち割 光セット:スマホ料金から最大1,100円(税込)引き(回線ごと)

大手キャリアはインターネット回線との組み合わせで割引をしてくれるキャンペーンを開催しています。

例えばドコモの場合、ドコモのスマホとドコモ光をセットで契約する事で毎月の料金から最大1,000円(税抜)が回線ごとに割り引かれます。

先にご紹介しているクレジットカードと組み合わせてポイント還元を受ければ、各キャリアの月額料金を更にお得にする事ができるはずです。

店舗独自の割引を使ってお得に機種変更する

店舗独自の割引・キャンペーンチェック方法
  • 直接出向いて確かめる
  • 店舗のホームページをチェック
  • 店舗のSNSアカウントをチェック

例えば同じドコモショップでも、地域の店舗毎に独自の割引が行われていることもあります。

店舗側が売りたい特定のスマホの機種変更のみ対象になることが多いですし、何よりオンラインショップと比較して目的のキャンペーンを見つけにくいと思われます。

ただしキャリアショップはホームページやツイッターなどで独自のキャンペーンを宣伝していることもあります。

どうしても手間はかかってしまいますが、機種変更を少しでもお得にしたいなら要チェックです。

携帯の機種変更専用のクーポンを利用する

ツイッターやキャンペーンで各キャリアのお得なクーポンがゲット出来ることがあります。ただし以下のように条件はさまざまです。

  • ツイッターのみで告知される
  • 解約して数年後に自宅へ郵送される
  • 地域限定のスマホタブレット教室参加で貰える
  • 光通信やJCOMなどショップから送られる

かつクーポンにもMNP専用や機種変更専用などの種類がありますので、狙って無償で入手するのは簡単ではありません。

しかし、オークションサイトなどを利用すれば比較的容易かつ安価に入手することが出来ます。

「docomo クーポン mnp」などで検索すれば直ぐに確認出来ますので、こちらも是非チェックしてみて下さい。

携帯(スマホ)の機種変更で得する10の秘策
  1. オンラインショップでお得に機種変更する
  2. 引き止めポイントで機種変更をお得に
  3. ドコモ・au・ソフトバンクのクレジットカードでお得にする
  4. スマホの補償サービスを利用する
  5. 白ロムを入手し携帯端末料金を節約する
  6. 格安SIMにMNPで乗り換え月額料金を節約する
  7. 機種変更後の旧端末を売却し現金をゲットする
  8. スマホ+ネット回線のセット割を利用する
  9. 店舗独自の割引を使ってお得に機種変更する
  10. 携帯の機種変更専用のクーポンを利用する

ドコモ・au・ソフトバンクの機種変更最安方法

ここまでのご紹介で、携帯(スマホ)の機種変更で得する10の秘策については理解できたかと思います。

ただしすべての秘策を同時に実行する事は難しいですし、結局どの方法が一番お得なのか悩んでしまう方もいる事でしょう。

「引き止めポイント」や「店舗独自の割引を探す」以外だと、オンラインショップで実施されているキャンペーンを活用する方法があります。

機種変更のキャンペーンは数こそ少ないですが、時期によっては非常にお得に端末を購入できるためおすすめです。

最後にドコモ・au・ソフトバンクの2020年最新のおすすめキャンペーンをまとめてご紹介します。

【ドコモ】機種変更のおすすめキャンペーン

5G WELCOME割

端末料金に関する主要キャンペーン概要
5G WELCOME割・5G対応機種購入が条件
・契約変更は5,500円割引
・ドコモショップでは一部条件が異なる
スマホおかえしプログラム・36回分割払いで端末を購入
・分割支払金(最大12回分)のお支払いが不要となる
はじめてスマホ購入サポート・FOMAからXiへの変更で利用可能
・最大100,000ポイント進呈
AQUOS R5G SH-51A 購入・応募キャンペーン・AQUOS R5G SH-51A の事前予約や購入が条件
・購入期間:4月30日まで/応募期間:5月10日まで
・購入&応募で5,000ポイントプレゼント

>ドコモ公式オンラインショップを見る

ドコモでハイエンドモデルを購入する場合は、端末価格の3分の1の支払いが免除となる「スマホおかえしプログラム」を利用しましょう。

最終的にドコモに端末を返却しなくてはなりませんが、高額なハイエンドモデルを安く購入するためには積極的に活用したいキャンペーンです。

また、ドコモでは5Gスマホの発表とともに4G/LTEスマホの大幅なポイント還元&割引キャンペーンが実施されています。

端末代金を割り引くオンラインショップ限定の「SPECIAL割引」は2020年3月18日から第2弾が実施されており、幅広い機種が対象となっているのが魅力的。

更に新しく登場した5G対応スマホも「5G WELCOME割」で5,500円分割引を受ける事もできます。

この他にも「はじめてスマホ購入サポート」など高額なポイント還元は実施されていますが、「FOMAからXiへの変更」のように条件が難しいのがデメリットです。

ドコモの機種変更を最安にしたいなら、定期的に開催される期間限定キャンペーンを活用する事が重要なポイントとなるでしょう。

ドコモでは通信料を値引きするキャンペーンも多く実施されていますので、そちらも合わせてチェックしてみてはいかがでしょうか。

ドコモのスマホが安くなる機種変更キャンペーンやクーポン情報をまとめて確認したい方はこちらもチェックしてみてください。

【au】機種変更のおすすめキャンペーン

au AQUOS R5G SHG01  au PAY 残高へ 5,000円キャッシュバック

端末料金に関する主要キャンペーン概要
かえトクプログラム・残価設定型
・端末を回収、使い続けるかは選べる
春トク割
2020年3月31日まで
・機種変更は12カ月目以上ご利用が条件
・最大22,000円(税込)割引
U25 機種変更 春トク割
2020年3月31日まで
・「Galaxy S20 5G SCG01」「AQOUS R5G SHG01」が対象
・機種代金が最大22,000円割引
AQUOS R5G SHG01 購入・応募キャンペーン・AQUOS R5G SH-51A の事前予約や購入が条件
・購入&応募で5,000円分キャッシュバック
初スマホ割(3G)3G→4Gが条件
・機種代金から最大82,500円(税込)割引

>au公式オンラインショップを見る

auのハイエンドモデルは残価設定型である「かえトクプログラム」を利用する事で安くする事ができます。

こちらも端末の返却が条件となっていますが、auの5Gスマホをはじめ幅広い機種が対象となっているのが魅力的。

また、auでも機種変更で端末代金を割り引く期間限定キャンペーンが開催されています。

こちらも残念ながら3月いっぱいでの終了となりますが、機種代金を割り引くキャンペーンは定期的に開催される傾向にあります。

各キャリアのキャンペーンを定期的にチェックして、お得な情報を逃さないようにしましょう。

auのスマホが安くなる機種変更キャンペーンやクーポン情報をまとめて確認したい方はこちらもチェックしてみてください。

【ソフトバンク】機種変更のおすすめキャンペーン

トクするサポート+

端末料金に関する主要キャンペーン概要
トクするサポート+・48回分割払いで端末を購入
・分割支払金(最大24回分)のお支払いが不要となる
下取りプログラム・下取り機種に応じてPayPayボーナス還元
web割(オンライン限定)・対象機種にのりかえで最大21,600円割引

>ソフトバンク公式オンラインショップを見る

ドコモ・auと比較すると、ソフトバンクの機種変更向けキャンペーンは決して多いとは言えません。

しかし、端末を安くできる「トクするサポート+」やPayPayボーナスが還元される「下取りプログラム」などのキャンペーンが常時開催されています。

また、「【オンライン限定】web割」なと特にのりかえ(MNP)のキャンペーンには力を入れているようです。

現在ドコモ・auをお使いの方なら、キャンペーンを利用してソフトバンクにのりかえ(MNP)を検討してみるのも良いかもしれません。

ソフトバンクのスマホが安くなる機種変更キャンペーンやクーポン情報をまとめて確認したい方はこちらもチェックしてみてください。

▲目次に戻る

携帯(スマホ)の機種変更で得する10の秘策まとめ

携帯(スマホ)の機種変更で得する10の秘策をまとめてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

ドコモ・au・ソフトバンクでは機種変更に関する期間限定のお得なキャンペーンを定期的に開催しています。

これらのキャンペーンを活用するのが機種変更をお得にする上で最も良い方法ですが、時期的に利用が難しいという方もいらっしゃるはずです。

しかし「機種変更で得する10の秘策」でお伝えした通り、オンラインショップの利用・旧端末の売却など時期を選ばず活用できる方法はいくつもあります。

頭金が無料となっているオンラインショップを利用するだけでも、機種変更を3,000円~10,000円程度お得にする事ができるはずです。

今回ご紹介している方法を最大限活用して、欲しかったスマホへお得に機種変更してみてはいかがでしょうか。


ドコモユーザーはdカード GOLDがお得!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
  • Amazon・マツキヨ・スタバ・ローソンなど人気店でポイントがお得
年会費10,000円(税別)審査最短5分で審査完了
ポイントdポイント還元率1~10%
保険国内・海外ありETCカード無料
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ
この記事を書いた人
mikeneko
mikeneko
契約社員・ウェブライターのWワークで活動しています。 10年以上ドコモユーザーでしたが2年ほど前に格安SIMを使い始めました。 機種情報はもちろん、料金プランなどお得な情報をわかりやすくご紹介していきます。