読了時間:約 2

大切に使っていても、予期せぬタイミングで故障することがあるスマートフォン。

修理が必要になったスマホは、iPhoneならApple Storeなどの正規サービスプロバイダ、Androidならキャリアショップに持ち込むのが一般的です。

ですが、料金を安く済ませたい、その日のうちに直したい、という方は、街の修理店に持ち込むという方法もあります。

本記事では、グループ店舗80店舗、修理件数50万件以上の実績を誇る修理業者「スマホスピタル」を紹介します。

料金、店舗、所要時間などの観点で、正規の修理や他業者と比較していますので、スマホをどこに修理に出すか迷っている方は参考にしてみてください。

SIMフリー端末の画面割れ・水没|保証が受けられない時の修理費用と時間・手続き

スマホスピタルと正規修理を徹底比較!


画像引用元:iPhone・スマホ修理のスマホスピタル新宿東口店 | iPhone(アイフォン)修理・スマホ修理ならスマホスピタルグループ

まずは、スマホスピタルと正規修理店を比較していきます。

スマホスピタルと正規修理の料金を比較すると?


スマホスピタルのような街の修理店を利用する最大のメリットは修理料金の安さでしょう。

iPhoneやAndroidのハイエンド機は、メーカーやキャリアの補償サービスに加入していないと修理代金が高額になりがちです。

Androidは機種によって代金が異なりますが、例えば正規のサービスプロバイダを利用した場合のiPhoneの修理代金は以下の通りです。

正規サービスプロバイダのiPhone修理代金

機種名 画面破損 その他の損傷
AppleCare+加入時
(全モデル共通)
3,400円 11,800円
iPhone XS Max 37,400円 67,800円
iPhone XS 31,800円 62,400円
iPhone XR 22,400円 45,400円
iPhone X 31,800円 62,400円
iPhone 8 Plus 19,400円 45,400円
iPhone 8 16,800円 39,800円
iPhone 7 Plus 19,400円 39,800円
iPhone 7 16,800円 36,400円
iPhone 6s Plus 19,400円 37,400円
iPhone 6s 16,800円 33,800円
iPhone 6 Plus 16,800円 37,400円
iPhone 6 14,800円 33,800円
iPhone SE 14,800円 30,400円
iPhone 5s、iPhone 5c、iPhone 5 14,800円 30,400円
iPhoneバッテリー交換にかかる時間って?Apple公式での修理の流れも

スマホスピタルとの修理代金差額は?


スマホスピタルを利用した場合の修理代金は、故障した部位によって細かく設定されています。

ここでは、よくある画面故障と電源ボタン交換の修理代金と、正規サービスプロバイダと比較した差額を一覧にしてみました。

なお、修理代金については、スマホスピタル新宿東口店の公式サイトを参照にしています。

故障部位 機種 修理代金 正規修理との差額
ガラス+液晶交換修理
(軽度)
iPhone XS Max 54,800円 +17,400円
iPhone XS 44,800円 +13,000円
iPhone XR 37,800円 +15,400円
iPhone X 24,800円 -7,000円
iPhone 8 Plus 9,380円 -10,020円
iPhone 8 8,380円 -8,420円
iPhone 7 Plus 6,980円 -12,420円
iPhone 7 5,880円 -10,920円
iPhone 6s Plus 6,380円 -13,020円
iPhone 6s 4,800円 -12,000円
iPhone 6 Plus 4,800円 -12,000円
iPhone 6 3,380円 -11,420円
iPhone SE 4,380円 -10,420円
iPhone 5s 4,380円 -10,420円
電源ボタン交換修理 iPhone X 12,800円 -49,600円
iPhone 8 Plus 9,980円 -35,420円
iPhone 8 8,980円 -30,820円
iPhone 7 Plus 8,980円 -30,820円
iPhone 7 8,980円 -27,420円
iPhone 6s Plus 8,980円 -28,420円
iPhone 6s 8,980円 -24,820円
iPhone 6 Plus 7,980円 -29,420円
iPhone 6 6,800円 -27,000円
iPhone SE 5,980円 -24,420円
iPhone 5s 5,980円 -24,420円

ディスプレイを交換する場合、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRといった最新機種は正規サービスプロバイダに依頼した方が割安です。

それ以外の機種の場合、スマホスピタルに依頼した方が大体10,000円前後お得になります。

ディスプレイ交換以外の修理になると、正規サービスプロバイダは高額な修理代金がかかりますので、ボタンの不備など軽微な故障であればスマホスピタルに依頼した方が明らかに安く済みます。

店舗を比較すると?

スマホスピタルは全国に約80店舗展開しています。一方、Appleの正規サービスプロバイダは全国に100店舗以上です。

ドコモ・au・ソフトバンクのキャリアショップは、いずれも2,000店舗以上ありますので、単純に店舗数で比較すると、スマホスピタルの方が圧倒的に少ないので、持ち込み修理しやすいのは、正規修理の方といえます。

ただし、キャリアショップはともかくAppleの正規サービスプロバイダがない地域もありますので、そうした場合にはスマホスピタルのような街の修理店が活躍します。

修理にかかる時間を比較すると?


スマホスピタルの修理にかかる時間は、簡単なものであれば20分、長いものでも120分。iPhone、Android問わず基本的に即日対応になります。

故障したiPhoneを正規サービスプロバイダに持ち込んだ場合は、軽微なものであれば即日、預かり修理となる場合は1週間前後かかります。

故障したAndroidをキャリアに持ち込む場合は、基本的に預かり修理となりますので、1週間前後は観た方が良いでしょう。

故障したその日に直したいなら、スマホスピタルの方がスピーディです。

※街の修理店を利用する際の注意点


修理代金と所要時間の面で大きなメリットのあるスマホスピタルですが、スマホスピタルを含む街の修理店を利用する場合は、いくつか確認しておくべき注意点があります。

非正規店での修理は各種補償・下取りなどの対象外

街の修理店での修理に使用する部品は、メーカー修理時に使用する純正品とは異なります。

そのため、各種端末補償サービスやAppleCare+はもちろん、キャリアが提供している下取りサービス条件からも外れてしまいます

いくら早く直したいからといって、Apple Care+やキャリアの端末補償サービスに加入しているのに街の修理店を利用するというのはおすすめできません。

また、今後乗り換えの際などに下取りサービスを利用しようとしている方も注意が必要です。

修理前と同等の品質を保証していない

同じくメーカー純正品を使用していないという理由から、街の修理店では、修理前と同等の品質・動作を保証していないことがほとんどです。

街の修理店を利用する際には、できるだけ信頼度の高い店を利用するようにしましょう。

なお、保証期間が設定されている業者であれば、期間内に不具合が発生した場合に無償で再修理に対応してもらえます。ちなみにスマホスピタルの補償期間は3ヵ月間となっています。

まとめ
  • 修理代金はiPhone XS/XS Max/XR以外、スマホスピタルの方が安い
  • 所要時間は即日対応が基本のスマホスピタルの方がスピーディ
  • 補償サービスや下取りの対象外となる点は注意が必要

次のページでは、スマホスピタルを他業者との比較をご紹介します。
iPhoneバッテリー交換まとめ|修理の費用やおすすめの業者について

1 2