読了時間:約 2

アプリのデータ移行

次に必要なのが、アプリのデータ移行設定です。よく使うアプリとしては、SNS関連のアプリやおサイフケータイといった決済アプリでしょう。

特に注意が必要なのが、ほとんどのスマホユーザーが利用しているLINEとパズドラなどのゲームアプリです。

これらのアプリは、しっかりと引き継ぎ設定をしないとデータを移行させることができず、LINEであればトーク履歴が消えてしまいます。ビジネスでLINEを使用している人も多いでしょうから、LINEの引き継ぎ設定を詳しくご紹介しましょう。

ゲームアプリについては、各アプリの説明を見ると引き継ぎ方法が詳しく掲載されている他、必ずアカウントIDが存在しているはずなので、それをメモしておくようにしましょう。

スマホ機種変更でアプリデータを引き継ぐ前にやっておくべきこと

LINEのデータ移行のための設定方法

LINEのデータ移行方法は、簡単です。古い機種でLINEのアプリを開き「設定→アカウント引き継ぎ設定」と進みます。ここで、「アカウントを引き継ぐ」にチェックを入れると、36時間以内に引き継ぎを行うようにアラートが出るのでOKをタップします。

ここにチェックを入れない状態で新しい機種でLINEをインストールしてログインしてしまうと、過去のトーク履歴や購入したスタンプ情報が全て消えてしまう可能性があるので、注意しましょう。

LINEデータをスマホ変更で引き継ぐ方法|トーク履歴やスタンプなど

写真や音楽などのデータのバックアップをする

スマホのデータフォルダに入っている、撮影した写真やダウンロードした音楽も、新しいスマホに移行したいところです。その場合も、バックアップを取って、新しい機種に移す必要があります。

iPhoneの場合は、こちらもiCloudで自動バックアップをしてくれるので、Apple IDがあれば大丈夫です。Androidの場合は、電話帳と同じようにSDカードにバックアップをするか、クラウドサービスでバックアップを行う必要があります。

ただし、電話帳と違い、画像や動画が多い場合はデータ容量が大きいので、スマホ向けのバックアップアプリやSDカードでは容量が足りない場合があります。その時は、パソコン向けのクラウドサービスを利用するか、パソコンに繋いでバックアップを行う必要があります。

パソコン向けのクラウドサービスにバックアップする

ドロップボックスやgoogleドライブなどの、パソコン向けのクラウドサービスには、スマホアプリもリリースされており、スマホからデータの出し入れを行うことも可能です。

無料である程度の容量が与えられるので、SDカードやスマホ向けのバックアップアプリと違い、容量を気にせずに保存することが可能です。また、パソコンやタブレットにもアプリをインストールしておけば、データの共有が簡単にできることもメリットです。

パソコンにバックアップする

パソコン向けのクラウドサービスを使わずに、お持ちのパソコンに直接繋いでバックアップを取るという方法もあります。スマホとパソコンをUSBケーブルで繋ぐと、スマホの中身をコピーできるようになります。

画像データなどは、同じフォルダに保存されているはずなので、それをデスクトップ上にコピーしておくことで、確実にバックアップを取ることができます。

データの数が多いとコピーに時間がかかってしまうかもしれません、アナログでありながら一番確実な方法であると言えるでしょう。

iPhoneとMacでiCloudをアカウント同期させる方法と凄い機能

機種変更後にやるべきこと

機種変更前のスマホでデータ移行の準備やバックアップが終わったら、次に新しいスマホを使って行う設定があります。iPhoneでもAndroidでも、最初に確認したアカウント情報を入力する画面になるので、ここは間違わずに入力するようにしましょう。

iPhoneの場合、Apple IDで全ての情報がiCloud上に一元化されているので、ログインすればアプリのインストールやデータの移行は一瞬で終わります。あとは、各アプリの設定を行うだけでOKです。

Androidの場合は、バックアップしたデータを、それぞれインポートする作業が必要となるので、一手間増えるような形となります。

電話帳のエクスポート

Androidの場合は、電話帳のインポートを行う必要があります。機種変更前にSDカードに保存したか、クラウドサービスを利用したのかによって、インポート方法は異なります。

また、スマホ上でgmailなどでやりとりした履歴があった場合、google連絡先に登録されていることがあります。その場合はgoogleアカウントにログインすると連絡先はインポートされます。その他のインポート方法が次の手順で行います。

SDカードからのエクスポート方法

新しいスマホにSDカードを挿した状態で電話帳を開き、メニュー画面から「インポート/エクスポート」をタップします。その後、SDカードからエクスポートを選択し、全ての連絡先をエクスポートをタップすると、事前にバックアップした電話帳が反映されます。

この時、google連絡先と重複している連絡先がある場合があり、同じ連絡先が2種類登録されたりする可能性があるので、気になる人は事前にどちらかの連絡先を削除しておくと便利です。

クラウドサービスからのエクスポート方法

クラウドサービスを使ってバックアップを取っておいた場合は、再度アプリをインストールしてからエクスポートの手順を踏む必要があります。利用しているクラウドサービスによりエクスポート方法は異なるので、インポートする前に、エクスポートの手順をある程度頭に入れておくようにしましょう。

次のページでは使っていたアプリをインストールして復元する手順を説明します。

キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
1 2 3