読了時間:約 2

dカードとdポイントの組み合わせの魅力は他社の携帯キャリアユーザでもカード利用やポイント獲得ができることにあります。

ドコモ自身が、携帯ユーザーのためのポイントという位置付けではなく、ショッピングを販売促進するためのポイントとしており、ユーザーに利益を還元する仕組みをしっかり作っているからだと思います。

今回は、ドコモユーザでなく、きっかけも携帯ではないがdポイントを有効活用している方の意見をまとめました。

▽dカード入会特典はこちら

ドコモユーザではないが普段使いのdポイントで結構たまる

  • 19歳 学生

ポイント還元率の低い商品はdポイントで買う

私はドコモのスマホなどを使っているわけではないのですが、dマガジンを契約したのをきっかけにdポイントをためるようになりました

dポイントには2年という有効期限があります。dマガジンだけではなかなかポイントは思うようにたまりません。そこでポイントカードを作り、もっと効率よくポイントを貯めようと考えたのです。

dポイントは、支払いに使うと値引きとして扱われるので、ポイントを使って支払った分にはポイントが加算されないのはご存知でしょうか?

私はこの事実を知ってから、dポイントを使う際、ポイント還元率の低い商品に使うことにしています。そうすることで、できるだけ無駄を省いているのです。

毎月20日のdショッピングデーを利用

またできるだけ効率よくポイントをためるため、毎月20日に開催されるdショッピングデーを利用するようにしています。このショッピングデーに買い物をすると、4000円以上購入するとポイントが20倍、ポイント利用分を20%還元、この日だけのお買い得品があるなどかなりお得なのです。

さらにギフトコでも定期的にキャンペーンを行っており、キャンペーンのときに買い物をするといつもよりもポイント還元率が高くなるなど特典がたくさんあります。

また、街中のdポイント加入店をしらべ、その店で重点的に買い物をするようにもしています。私がよく使うのは、マックやローソン、東急ハンズです。これらの加盟店も、キャンペーン期間にはポイント還元率が高くなるので見逃せません。

またネットショッピングをよくする方は、dポイントに対応しているネットショップもたくさんあるのでチェックをしておきましょう。

最近人気の「メルカリ」もdポイントが使えます。私はマツモトキヨシでもよく使います。また利用している方が多いAmazonも、dポイントが使用可能。意外と多くの店舗で対応しているのですね。

ネットで買い物する前に、対応している店舗を調べてからにするとdポイントをさらに効率よくためることができます。

なお、ポイント倍増キャンペーンの際、「〇円以上から」と決まっている場合もあるので、倍増キャンペーン時にまとめ買いすることをおすすめします。

このように、dポイントは、ドコモと契約していなくてもやり方次第で効率よくためることが可能です。

ドコモのdポイント 得するキャンペーン情報まとめ

dポイント適用店舗は多い。dポイント投資もたまると思う

  • 21歳 学生

dポイント投資は使い方次第では減らないようにできる

行きつけのコンビニがローソンで近くにマクドナルドがあり、メルカリを頻繁に利用する自分にとってはかなり利用可能店舗が多く感じます。

その他のレストランでもかなり多くの店で使えるようになってきており、貯めやすいと思います。

dポイントを貯め始めることを機にクレジットカードの利用を始めました。

確認する手間も省くことができるのでクレジット支払いにすることにしています。

旅行等も加算されるので貯めやすさはかなりなものだと思います。

加えてdポイント投資というものがあり、最初は怖かったので手を出さずにいたのですが勝手に増えるだけなのである程度ポイントがたまってきたら投資をすることをお勧めします。

あまり増えないという意見が多く見られますがポイントということで元手が少なかったり普通の投資をしている人には物足りなく感じるかもしれませんが自分の使い方からすると十二分に増えている実感があります。

その自分の使い方というのは、クレジット支払いしない時の端数をポイントで払うことです。多くの方がこの使い方をされているのかもしれませんがやはりこれはかなり便利です。

ですので私が利用するポイントは1〜9ポイントでたまに数百円分ポイントだけで買うことがあります。

1 2