iPhoneの電源が入らない時にまず確認すること

読了時間:約 2

Appleから毎年秋に発売されるiPhoneシリーズは、2019年の今年もそろそろ発表間近とされています。

新型iPhoneはドコモ・ソフトバンク・auの3大キャリアからも発売され、事前予約で多くの方が新型iPhoneを手に入れるほどの人気シリーズですよね。

今回はソフトバンクから新型iPhoneが発売された場合、2018年に発売されたiPhone XS/XRの値下げがあるかについて、その可能性を考察していきます。

iPhone SEの知られざる魅力。最高傑作と言われたコンパクトモデル

新型iPhoneが今年も発表間近


Appleから発売されている人気スマートフォンシリーズ・iPhoneは2019年も新作が秋に発表されると予想されています。気になる新型iPhoneは3機種です。

  • iPhone XI
  • iPhone XI Max
  • iPhone XIR

XIはXS、XI MaxはXS Maxの後継機で、XIRはXRの後継機として登場すると予想されています。モデルは後継機のため、大きく変化するところはありません。

詳細の価格の発表もされていませんが、後継機なので2018年モデルのiPhone XS/XRの発売当初の価格と変わらないのではないでしょうか。

新しくトリプルカメラレンズが搭載

2018年モデルのiPhone XS/XRからの大きな変化としては、外面に取り付けられるカメラレンズが新たにトリプルレンズになることです。

そのためカメラレンズ部分がこれまでよりも大きく目立つ形となりました。なので、従来発売されているiPhone用のスマートフォンケースは使用できません。

新たにiPhone XI/XIR用のスマートフォンケースが発売されるでしょうが、はじめはその見た目に慣れるかどうか人によって分かれます。

2018年モデルのiPhone XS/XRは特にカメラ技術に力が入っていますが、iPhone XI/XIRはトリプルカメラレンズという点以外のカメラ性能に差はないです。

気になる発表・発売時期は?

それでは2019年の新型iPhone XI/XIRの気になる発表・発売時期を予想してみましょう。Appleの発表・発売日は毎年ある時期に集中している傾向があります。

2018年モデルのiPhone XSは9月12日に発表され、9日後の21日に発売されました。2o12年のiPhone 5発売から6年間は、発表日が9月第2週に集中しています。

発売日は発表されてから9〜10日後が最も多いです。以上の傾向から推測すると、今年の発表日は9/9〜13、発売日は9/19〜23と予想されます。

ただし、iPhone XRは10月の発売だったため後継機となるXIRも同時期に発売されると見込まれます。

では、新型iPhoneが発表・発売される9月から旧型となる2018年モデルのiPhone XS/XRは値下げされるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

お得?ドコモiPhone XSやGalaxy S9など人気機種の割引を実施

iPhone XS/XRをおトクにGETしよう


値下げされるiPhone XS/XRを機種変更や乗り換えで新しく使ってみたい!という方のために、まずはiPhone XS/XRの各スペックと魅力をお伝えします。

iPhone XS/XS Max/XRの各スペック比較は以下をご覧ください。

機種名iPhone XSiPhone XS MaxiPhone XR
CPUA12BionicチップA12BionicチップA12Bionicチップ
OSiOS12iOS12iOS12
ストレージ(ROM)64/256/512GB64/256/512GB64/128/256GB
メモリ(RAM)4GB4GB3GB
本体サイズ高さ143.6×幅70.9×厚さ7.7mm高さ157.5×幅77.4×厚さ7.7mm高さ150.9×幅75.7×厚さ8.3mm
重さ177g208g194g
ディスプレイ5.8インチOLEDディスプレイ6.5インチOLEDディスプレイ6.1インチLCDディスプレイ
解像度2,436×1,1252,436×1,1251,792×828
カメラ画素数メイン:1,200万画素(広角/望遠)デュアルカメラ
サブ:700万画素
メイン:1,200万画素(広角/望遠)デュアルカメラ
サブ:700万画素
メイン:1,200万画素(広角/望遠)シングルカメラ
サブ:700万画素
カラーゴールド/ブラック/シルバーゴールド/ブラック/シルバーゴールド/ブラック/ブルー/レッド/コーラル/イエロー
フレーム素材ステンレスステンレスアルミ

サイズ感

見た目の大きさやサイズ感に関しては、iPhone XSは2017年発売のiPhone Xの本体サイズ・ディスプレイサイズと変わらず5.8インチで、重さは177gです。

iPhone XS MaxはiPhoneシリーズ史上最大6.5インチで、XSより幅が約7mm、高さが約13mm、重さが約34g大きくなりました。

しかし、狭額縁設計によりiPhone 8Plus/7 Plus/6s Plusのサイズ感よりもコンパクトな見た目になっています。厚さはXSと変わらないスマートな設計です。

iPhone XRは5.8インチのXSと最大の6.5インチのXS Maxの中間に位置する、6.1インチのディスプレイサイズで、厚さ8.3mm、重さは194gです。

iPhone 8Plus/7 Plus/6s Plusを使用したことがあり、手持ち感になれている方はXS Maxのほうがコンパクト設計なのでおすすめです。

iPhone Xを使用したことがあり、手持ち感に慣れている方はサイズ感の変わらないXSまたは少し大きくなったXRをおすすめします。

基本性能

気になる基本性能は、CPUに関しては3機種とも同じiPhone史上最大A12を採用しています。CPU=iPhoneの賢さと考えてください。

RAMに関してはXRのみ3GBで、XS/XS Maxは4GBです。容量が大きいほど処理ができるということなので、RAM=作業机と考えてください。

どちらも数値が大きいほど性能が高く、性能が高いほどゲームアプリの動作感やアプリの同時使用がよりスムーズにできるようになります。

バッテリー駆動時間

気になるバッテリー駆動時間は以下の通りです。2017年発売のiPhone Xと比較してみてください。

機種名iPhone XSiPhone XS MaxiPhone XRiPhone X
高速充電30分で最大50%30分で最大50%30分で最大50%30分で最大50%
連続通話時間最大20時間最大25時間最大25時間最大21時間
インターネット利用時間最大12時間最大13時間最大15時間最大12時間
動画再生時間最大14時間最大15時間最大16時間最大13時間
音楽再生時間最大60時間最大65時間最大65時間最大60時間

iPhone XRが最もバッテリー駆動時間が長く、スマートフォンを日中よく利用する方におすすめです。

2019年新型iPhoneで待望の復活?指紋認証と顔認証のメリット

現在のソフトバンクでの販売価格

2019年8月時点のソフトバンクでの販売価格は以下の通りです。

機種名64GB/実質負担金128GB/実質負担金256GB/実質負担金512GB/実質負担金
iPhone XS136,800円/68,400円-155,040円/77,520円155,040円/77,520円
iPhone XS Max149,760円/74,800円-168,000円/84,000円168,000円/84,000円
iPhone XR106,560円/53,280円112,800円/56,400円124,800円/62,400円-

現時点では、iPhone XS/XS Maxの512GBは256GBと同じ価格に値下げされました。それ以外の大きな値下げ変動はありません。

半額サポートを利用して25ヶ月目に必ず機種変更をした場合は、支払う金額が実質負担金になるためおトクでおすすめです。

XSとXRの違い

iPhone XSは2017年発売のiPhone Xの後継機とされていますが、従来の指紋認証を廃止しFace ID(顔認証)に特化したところは大きいです。

また、iPhone XS/XS Maxは背面がステンレス素材になりよりスタイリッシュな見た目に近づいています。

iPhone XRはスペックに関してはバッテリー駆動時間以外XS/XS Maxに劣りますが、その分価格が安い廉価版と考えてください。

iPhoneでも最高度の性能であるiPhone XS/XS Maxには劣りますが、性能は従来のシリーズよりも十分なので人気の機種です。

また、iPhone XRは豊富なカラーバリエーションが展開されているのでファッションアイテムの一部としても選びやすいですよね。

次のページでは、iPhone XS/XRの値下げのタイミングについてご紹介します。

キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
1 2