「Xperia 1」は広角・標準・望遠のトリプルレンズカメラを搭載

読了時間:約 2

先日発売されて話題になっているソフトバンクの2019年夏モデル「Xperia 1」へお得に機種変更するにはどうすればいいのでしょうか?

8万円得する機種変更方法と選ぶべきソフトバンクのキャンペーンについて詳しくご紹介します。

2019年夏発売「Xperia 1」の評価レビュー|買う理由と買わない理由

話題のソフトバンクの2019年夏モデル「Xperia 1」とは?

ソフトバンク2019年夏モデル「Xperia 1」
画像引用元:Xperia(エクスペリア) 1 | ディスプレイ | ソニーモバイル公式サイト

「Xperia 1」はソニーモバイルコミュニケーションズの最新フラグシップモデルで、ソフトバンクでは6月14日に発売された2019年夏の目玉端末です。

ソフトバンクでの販売価格は136,320円。取扱いカラーは人気のあるパープル、ホワイト、ブラックの3色。

ソフトバンク発売の「Xperia 1」 基本スペック
サイズ約167㎜×約72㎜×約8.2㎜
(高さ×幅×厚さ)
質量約178g
OSAndroid™ 9 Pie
CPUQualcomm®Snapdragon™855/2.8GHz+2.4GH+1.7GH オクタコア
メモリ内蔵(ROM/RAM)64GB/6GB
外部microSD/microSDHC/microSDXC(最大512GB)
ディスプレイ約6.5インチ/有機EL/4K(3840×1644)/HDR対応
カメラメインカメラ26㎜(標準):有効画素数 約1220万画素/F値1.6/メモリー積層型イメージセンサー
52㎜(望遠):有効画素数 約1220万画素/F値2.4
16㎜(超広角):有効画素数 約1220万画素/F値2.4
フロントカメラ有効画素数 約800万画素/F値2.0
電池容量3200mAh
最大通信速度下り最大:988Mbps/上り最大:37.5Mbps
防水/防塵防水(IPX5/8)、防塵(IP6X)
カラーブラック、ホワイト、パープル

これまでのXperiaに比べて縦長で軽く、映画とほぼ同じ比率の21:9シネマワイドディスプレイで世界初の4K対応した話題のスマートフォンとなります。

海外でも人気のある端末ですが、更に日本向けにおサイフケータイ(FeliCa)とテレビ受信機能(フルセグ、ワンセグ)を搭載。

高画質化技術 X1 for mobileで映像コンテンツを美しく見る以外にも、シネマ撮影専用機能「Cinema Pro」を使って自分で作って楽しむことも可能です。

新機能の立体音響技術「Dolby Atmos」とコンテンツに合わせて本体が振動する「ダイナミックバイブレーションシステム」で臨場感のある3Dサウンドも楽しめます。

また「Xperia 1」はXperia初の広角・標準・望遠のトリプルレンズカメラも大きな魅力です。

スマホでは世界初、人の目を検出してフォーカスを合わせる「瞳オートフォーカス(AF)」にも対応。

子供やペットなどを撮影する機会が多いならシャッターチャンスを逃さず、狙ったタイミングで撮影できるのでおすすめです。

Xperia 1の特徴
  • Xperiaシリーズのフラグシップモデル
  • ソフトバンクでの販売価格は136,320円
  • 取扱いカラーはパープル、ホワイト、ブラックの3色
  • 日本向けにおサイフケータイ(FeliCa)とテレビ受信機能(フルセグ、ワンセグ)を搭載
  • Xperia初の広角・標準・望遠のトリプルレンズカメラ

ソフトバンクの「半額サポート」を利用して「Xperia 1」に機種変更しよう

ソフトバンクの半額サポートとはどんなサービス?

ソフトバンクでの「Xperia 1」の販売価格は136,320円
画像引用元:半額サポート | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

「Xperia 1」の販売価格は136,320円と高額なので、購入は割賦購入するほうが一般的でしょう。

ソフトバンクでは「半額サポート」というサービスを利用することで月々2,840円(48回分割)で購入可能となります。

半額サポートとは48回割賦で毎月のお支払い負担が軽減され、さらに25ヵ月目で回収を条件に機種変更すると、旧機種の機種代金が最大半額支払い不要になるサービスです。

ソフトバンク「半額サポート」利用時の支払いシュミレーション
48回分割2,840円×48ヵ月
(支払総額 136,320円)
25ヵ月目に
機種変更する場合
2,840円×24ヵ月
(支払総額 68,160円)
24回分割5,680円×24ヵ月
(支払総額 136,320円)

25ヶ月目に機種変更して「Xperia 1」をソフトバンクに返却すれば、半額サポートによって端末の残り代金が0円になるため実質支払額は68,160円となります。

半額サポートは25ヶ月目になったらすぐに機種変更しないと損する

ソフトバンクで Xperia 1を半額サポートで購入すれば最大68,160円オフ
画像引用元:半額サポート | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

確かに半額サポートを利用すれば販売価格136,320円の「Xperia 1」を実質支払額68,160円で購入することができます。

しかし、半額サポートで残り代金が0円になるのは機種変更をした月からとなっています。

もし機種変更をしなければ残り代金は0円になりませんし、24ヶ月を過ぎても機種変更をしない場合は毎月割賦金を支払うことになります。

実質支払額68,160円で購入できるのは25ヶ月目に機種変更した場合なので、もし機種変更が遅くなればその分残り代金が減ってお得度が少なくなるので注意しましょう。

また、残り代金が0円になるといっても割賦金がまったく無くなる訳ではなく、実際には毎月の割賦金と同額の割引が入って支払いが必要なくなる仕組みとなります。

もしソフトバンクから他社へ乗り換えをした場合は割引は無くなってしまうので、残っている割賦金を全額支払う必要が出てきます。

半額サポートを利用して2度機種変更をした場合は2台分の割賦金を抱える状態になるので、頻繁に乗り換えをする人は気を付けましょう。

とはいえ、ソフトバンクをずっと利用し続けるなら半額サポートはとてもお得なサービスです。ぜひ利用して最大68,160円オフで「Xperia 1」に機種変更しましょう。

次のページでは、ガラケーなら「スマホデビュープラン」で「Xperia 1」に機種変更しようをご紹介します。

キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
1 2