Pocket

読了時間:約 2

ソフトバンクから2018年夏モデルとしてシンプルスマホ4が7月下旬以降発売予定です。シンプルスマホ4のメーカーは、AQUOSも手がけているシャープです。

このページでは、シンプルスマホ4について紹介し、買う理由と買わない理由という視点から考察していきます。

シンプルスマホ4のスペック

それでは早速、シンプルスマホ4のスペックを見ていきましょう。

スペック表 シンプルスマホ4
OS Android™ 8.0
CPU MSM8937(オクタコア)1.4GHz+1.1GHz
サイズ 約143mm(高さ)× 約71mm(幅)× 約9.4mm(厚さ)
重さ 約150g
ディスプレイ 約5.0インチ
1,280×720ピクセル(HD)
RAM 3GB
ROM 32GB
外部メモリカード microSDXC(400GB)まで対応
背面カメラ 約1,310万画素
正面カメラ 約500万画素
バッテリー容量 2,800mAh
連続通話時間(静止時) 測定中
連続待受時間(静止時) 測定中
充電時間 測定中
防塵・防水 IP68
耐衝撃 MIL-STD-810G Method 516.7:Shock-Procedure Ⅳ
おサイフケータイ 非対応
ワンセグ/フルセグ 対応/非対応
ハイレゾ 非対応
生体認証 非対応
通信方式 4G LTE(FDD-LTE):900MHz/1.7GHz/2.1GHz
4G LTE(TDD-LTE):2.5GHz
4G(AXGP):2.5GHz
3G(W-CDMA):900MHz/2.1GHz
最大通信速度(下り) 112.5Mbps
最大通信速度(上り) 37.5Mbps
カラー シャンパンシルバー、ネイビー、ピンク
機種代金 現時点では不明

シンプルスマホ4を買う理由


はじめに、シンプルスマホ4を買う理由から紹介します。

スマホ初心者も安心のシンプル画面


画像引用元:http://www.sharp.co.jp/products/simple-sumaho4/index.html

シンプルスマホ4を買う理由としてまっさきに挙がるのは、その名の通りのシンプルさです。シンプルスマホ4のホーム画面は、大きな文字と大きなアイコンによって構築されるデザインになっています。

写真を見ると、初期設定ではアプリのアイコンは9つまで置けるようですね。他のスマホですと、ホーム画面だけでも20を遥かに超える数のアイコンを置けるのが一般的で、それが便利でもあります。

しかしシンプルスマホ4ではあえて数を絞ることによって、初心者でも混乱しないデザインになっているのです。表示が大きいことは、特に目が悪くなった高齢者にとって嬉しい配慮となるでしょう。

「はっきりビュー」で目に優しいディスプレイ

シンプルスマホ4は約5.0インチのディスプレイを搭載しています。解像度は1,280×720のHDです。

これだけなら何の魅力もありませんでした。しかしシンプルスマホ4には「はっきりビュー」という独自の機能があります。

はっきりビューとは、輝度やコントラスト、彩度等を調整することで目に負担がかからないようにでき、画面を見ることによる疲労感などを軽減できるというものです。これは初心者や高齢者に限らず嬉しい機能になりそうですね。

スマホを使うことによる眼精疲労はよく話題になりますが、しかしスマホはもはや生活と切り離せないものである故、どうしようもない問題でもあります。それをこういった機能によって抑えてくれるというのは非常にありがたいです。

また、シンプルスマホ4のディスプレイは、「IGZO液晶ディスプレイ」というシャープと株式会社半導体エネルギー研究所が共同開発した独自のものとなっています。

このIGZO液晶ディスプレイは、光の反射を軽減するインセル構造というものになっており、太陽光や蛍光灯などで画面が反射して見えにくくなることを防いでくれます。いわゆるアンチグレアというやつです。

スマホユーザーによっては、ディスプレイにまつわる問題解決のために、別売りのブルーライトカットフィルムやアンチグレアフィルムを貼る方も多いですが、シンプルスマホ4ならわざわざそういったものを買わなくてもよいというのもメリットです。

ワンタッチで「電話」「メール」「音声検索」を起動する専用ボタン

シンプルスマホ4の本体下部には、3つのボタンが設置されています。左から「電話」、「ホーム画面」、「メール」を起動するボタンです。

また、画面側面には「音声検索」を起動するボタンも付いています。音声検索では、音声によってインターネット検索やスマホの設定が行えます。

こういった物理ボタンは、最近のスマホからはなくなっている傾向にあります。物理ボタンをなくせば、その分ディスプレイの面積を広げられますし、デザインも近未来的で格好良いと評価が高まるからです。

しかしシンプルスマホ4は、あえて物理ボタンを複数付けています。そのため見た目は少々野暮ったいですが、物理ボタンを廃したスマホにはない利便性のほうを取っているのです。

最高等級の防塵・防水性能

シンプルスマホ4は、防塵・防水仕様となっています。保護等級はIP68です。これは、防塵の保護等級が6、防水の保護等級は8であることを示しています。

防塵は等級6が最高

等級 種類 説明
PI0X   無保護

特に保護されていない。
PI1X 50mmより大きい固形物に対する保護

直径50mmを超える固形物体が内部に侵入しない状態。
例えば手などが誤って内部の充電部や可動部に接触する恐れがない。
PI2X 12.5mmより大きい固形物に対する保護

指先、または長さが80mmを超えない指先類似物が内部の充電部や可動部に接触する恐れがない。
直径12.5mmを超える固形物体が内部に侵入しない。
PI3X 2.5mmより大きい固形物に対する保護

直径または厚さが2.5mmを超える工具やワイヤなどの固形物体が内部に侵入しない。
PI4X 1.0mmより大きい固形物に対する保護

直径または厚さが1.0mmを超えるワイヤや鋼帯などの固形物体の先端が内部に侵入しない。
PI5X 防塵形

粉塵が内部に侵入することを防止する。若干の粉塵の侵入があっても正常な運転を阻害しない。
PI6X 耐塵形

粉塵が内部に侵入しない。

防水は等級8が最高

等級 種類 説明
PIX0   無保護

特に保護されていない。
PIX1 滴下する水に対する保護

1ミリメートル毎分の水を10分間鉛直落下しても有害な影響を受けない。
PIX2 15°傾斜したとき落下する水に対する保護

正常な取付位置より15°以内の範囲で傾斜したとき、
3ミリメートル毎分の水を各方向から2.5分間ずつ、計10分間鉛直に落下する水滴によって有害な影響を受けない。
PIX3 噴霧水に対する保護

鉛直から60°以内の角度で、
0.07リットル毎分の水量で10分間噴霧上に落下する水によって有害な影響を受けない。
PIX4 飛沫に対する保護

いかなる方向から0.07リットル毎分の水量で5分間水が飛沫しても有害な影響を受けない。
PIX5 噴流水に対する保護

いかなる方向から12.5リットル毎分の水流水を外皮表面積1平方メートルあたり1分間、
合計3分間以上直接噴流させても有害な影響を受けない。
PIX6 波浪に対する保護

波浪またはいかなる方向から100リットル毎分の水流水を外皮表面積1平方メートルあたり1分間、
合計3分間以上直接散水しても有害な影響を受けない。
PIX7 水中への浸漬に対する保護

水深1メートルの水槽に機器を30分間没しても浸水しない。
PIX8 水没に対する保護

製造者によって規定される条件に従って、連続的に水中に置かれる場合に適する。原則として完全密閉構造。

このように、IP68というのは最高等級となっています。これならキッチンや洗面所などでの使用の他、アウトドアにも安心して持っていけます。

防塵・防水のスマホであってもIP68というのは決して当たり前ではありません。特に防水の保護等級が7で留まっているものが多いです。よって、シンプルスマホ4の防塵・防水性能は特に優れていると言えます。

参考までに、iPhone Xでも保護等級はIP67です。

衝撃にも強い頑丈さ

シンプルスマホ4には耐衝撃性能もあります。耐衝撃性能については、米国国防総省が制定したMIL-STD-810G Method 516.7:Shock-ProcedureIVに準拠しています。

シャープは、高さ1.22mから合板(ラワン材)に製品を26方向で落下させる試験を実施してクリアしました。これなら不意にシンプルスマホ4を落としてしまったとしても滅多なことでは壊れないでしょう。

耐衝撃まで備えているスマホは珍しいです。iPhoneやGalaxy、HUAWEIといったメジャーな海外製スマホにはないことが多いので、日本製ならではの長所と言えるかもしれません。

microSDXC(最大400GB)を挿入できる

シンプルスマホ4のROM(内部ストレージ)は32GBです。これは少ないです。

しかし、シンプルスマホ4には最大400GBのmicroSDXCまで挿入することができます。これによって、シンプルスマホ4のROM(内部ストレージ)は実質432GBまで拡張することができます。

432GBあればよほどのことがない限り容量がいっぱいになることはありません。安心して画像や動画をスマホに保存できます。

また、機種変更時にも、新しいスマホにmicroSDXCが挿せるならそれだけでデータを移すことができて簡単です。

その他の便利機能を紹介!


シンプルスマホ4には他にも便利な性能・機能があります。

インテリジェントチャージ

充電を繰り返してもバッテリーが劣化しにくいというものです。

楽ともリンク

よく使う連絡先を3件まで登録でき、素早く連絡を取れるようになります。

トリプルくっきりトーク

周囲の騒音があっても聞き取りやすい通話を実現します。

緊急ブザー

緊急時のブザーを鳴らすと、約10秒後にあらかじめ登録していた相手に電話が発信されます。ただし「110」「118」「119」は登録できません。

シンプルスマホ4を買わない理由


次に、シンプルスマホ4を買わない理由について述べていきます。

CPUの性能が物足りない

シンプルスマホ4には、MSM8952というCPUが採用されています。MSM8952というのは、クアルコム社のSnapdragon 617の別名です。

このCPUの性能は、ぎりぎりミドルレンジと呼べる程度のものです。決して高い性能とは言えません。

あくまで携帯電話として使うだけなら問題ありませんが、ゲームアプリなどスマホならではの楽しみ方をしたいユーザーにはあまり向いていません。最低限度の性能という感じです。

初心者や高齢者向けのスマホだからCPUは重要ではない、という考え方もあると思います。一方で、まだスマホに慣れていない方を対象にしているからこそ、もう少し性能を上げてほしかった気もします。

本当に初心者であれば、使っているうちにスマホでしたいことが増えていくかもしれませんし、するつもりのなかったゲームで遊びたくなるかもしれません。また、動作が遅ければ、それだけでいちいち不安に駆られてしまいそうです。

そう考えると、初心者向けのスマホのCPU性能が高くないというのは矛盾している気さえします。余計なCPU性能は必要ないと判断できるのは、むしろ自分のスマホの用途を熟知した玄人の方ではないでしょうか。

おサイフケータイに対応していない

シンプルスマホ4はおサイフケータイに対応していません。これまでおサイフケータイを使っていた方や使おうとしていた方は買うべきではありません。

機種代金はまだわからないが……


気になるシンプルスマホ4の機種代金ですが、ソフトバンクの公式サイトを見てもまだ公表されていません。発売がまだ先だからでしょう。

シンプルスマホ4の評価は機種代金によって大きく左右されます。

シンプルスマホ3の機種代金は税込59,520円

シンプルスマホ4の前の機種であり、すでに発売されているシンプルスマホ3の機種代金は、税込59,520円です。これに月月割が24ヶ月間適用された場合、「実質負担額」は税込18,720円(新規契約・機種変更)になります。

実質負担額という言葉をどう受け取るかはユーザーによって大きく異なりますし、すべての方が月月割を24ヶ月間受けられるわけではないため、ここでは純粋な機種代金である税込59,520円を軸に話します。

これはあくまでもシンプルスマホ3の機種代金であり、シンプルスマホ4はどうなるかわかりませんが、もしもシンプルスマホ4の機種代金も同程度なら非常に残念です。スペックに大して割高と言わざるを得ません。

CPUにMSM8952(Snapdragon 617)を採用していることでコストは大分抑えられているはずです。実際、これより高性能のCPUを採用していても、ミドルレンジ機なら30,000円程度というのが現在のスマホの大まかな相場です。

まだ値段が発表もされていないうちからあれこれ言うのもためらわれますが、シンプルスマホ4も60,000円近い機種代金になるのでしたら、これだけで買う理由をすべてひっくり返すほどの買わない理由になります。

購入判断は機種代金を他スマホと比較してから!


ここまでのことをまとめると、シンプルスマホ4には日本製ならではの細かな配慮も多く、独自の魅力が少なくありません。しかしCPUを中心とするスペックは低く、初心者であっても本当にこれでいいのかは落ち着いて考える必要がありそうです。

また、警戒すべきは機種代金です。もしシンプルスマホ3と同じく60,000円近くするようでしたらオススメできません。

初心者や高齢者の方であっても、シンプルスマホ4しか使えないという状態は滅多にないでしょう。OSがAndroidであることは他のスマホと変わらないため、基本的な操作に違いはないからです。

大きな文字と大きなアイコンで表示されるシンプルな画面というのも、実は他のスマホでも設定できる場合があります。例えば同じソフトバンクの2018年夏モデルの中で限定しても、DIGNO Jがそうです。

シンプルスマホ4に魅力を感じたとしても、購入する前にいったん価格も含めて他のスマホと比べてみることをオススメします。

携帯キャリアはドコモになりますが、同じような機種で「ドコモ らくらくスマートフォン」があります。らくらくスマートフォンも使いやすさと見やすさを重要視した機種でシニア層へのプレゼントにオススメとされています。
高齢の家族へのプレゼントにおすすめ!ドコモ「らくらくスマートフォン4」

トップ画像引用元:https://www.softbank.jp/mobile/products/smartphone/simple-sumaho4/

Pocket

ソフトバンク公式ショップを利用すると、実店舗でかかる頭金が無料待ち時間なしで手続きが可能です。↓↓↓