ソフトバンク 審査
ソフトバンク公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているのでお得!
読了時間:約 2

ソフトバンクに新規契約やMNPで加入する際「新規契約審査」に通過する必要があります。

新規契約審査には「契約審査」「分割審査」の2種類がありますが、それぞれどのような審査基準を設けているのでしょうか。

今回はソフトバンクの「新規契約審査」についての解説と審査に落ちる原因や対処法について詳しく紹介します。

アイキャッチ画像引用元:ソフトバンク

ソフトバンクの新規契約審査とは?

ソフトバンク 審査
画像引用元:ソフトバンク
ソフトバンクに「新規契約」で申し込む場合「新規契約審査」に通過する必要があります。

普段、スマホを契約する際、審査があることを意識する人はあまりいないかもしれません。

しかし、ソフトバンクでは「申し込み」の次に「審査」が行われ、審査に通過すると商品が発送されます。

審査に通過しないとソフトバンクに加入することができません。

機種変更の場合は、ソフトバンクの利用実績がある分、審査に落ちるといったことはないでしょう。

しかし、新規契約の場合、利用実績がない分、しっかりとした審査が行われます。

では、ソフトバンクの「新規契約審査」では何が審査されるのか詳しくみていきましょう。

ソフトバンクの審査は2種類

ソフトバンクの新規契約審査には下記の2種類があります。

ソフトバンクの新規契約審査

それぞれの審査で何が見られるのか詳しく解説していきます。

審査項目や審査基準を把握して対策してみましょう。

契約審査

「契約審査」は、契約者本人に対する審査です。

審査の目的としては、「スマホの犯罪利用の防止」「料金の滞納防止」といった点が挙げられます。

具体的に何が審査されるのかは明らかではありませんが、上記の可能性が考えられる方は審査に落とされてしまいます。

ただし、普通に生活をしていれば何ら問題ありません。

過去に「スマホを強制解約させられた」「短期解約を繰り返した」「料金を滞納しすぎた」などの経験がなければ審査に通過できるでしょう。

分割審査

「分割審査」は、スマホ端末を分割購入する際に行われるローンの審査です。

イメージ的には自動車ローンや住宅ローンを組む際に行われる審査と同じで、それのミニバージョンと考えればいいでしょう。

分割審査では契約者の支払い能力及び「信用情報」が審査されます。

「信用情報」とは、過去のキャッシングやローン、クレジットカードの利用状況、スマホの分割払いなどの履歴を指します。

これらの履歴に「支払い遅延」や「延滞」などの傷があると審査に落ちてしまう可能性があります。

過去に「債務整理」や「自己破産」などを経験していても、審査に不利になってしまいます。

ソフトバンクの利用履歴以外の項目も審査対象となるため、普段の支払い関連の事柄は滞りなくやっておきましょう。

また、分割審査はスマホの価格によっても基準が変わります。

一般的に「10万円」を基準に端末代金が10万円を下回ると審査も若干緩くなる傾向にあります。

端末代金が10万円を超えると年収や借入状況といった項目を含む信用情報が本格的に見られます。

ハイエンドスマホだと端末価格が10万円を超えることは珍しくもないため、分割審査を受ける際は注意してください。

ソフトバンクの審査にかかる期間

ソフトバンク 審査
画像引用元:ソフトバンク
ソフトバンクの新規加入で行われる審査に要する期間は具体的に明記されているわけではありません。

ただ、一般的にソフトバンクの店頭でスマホの申し込みをすると、その場で契約を済ませてスマホを持ち帰ることが可能です。

ソフトバンクのオンラインショップでも、申し込みから最短翌日での到着が可能と明記されています。

そのため、審査自体に要する時間はさほど長くないと推測できるでしょう。

ソフトバンクの審査に落ちる原因

ソフトバンクが行う新規契約審査に落ちてしまったという場合、以下のような原因が考えられます。

それぞれ原因について詳しく解説します。

信用情報に傷がある

過去にクレジットカードの支払いやローンの返済などで延滞や滞納してしまい信用情報に傷がついていると審査に落ちてしまうことがあります。

また、MNPでソフトバンクに加入する場合、乗り換え元の支払いに滞納がある場合にも審査に落ちてしまうでしょう。

「信用情報」は「契約者が健全にソフトバンクを利用してくれるか」の目安となります。

契約審査で躓かないためにも信用情報に傷がつくような行為はしない方がいいでしょう。

過去に強制解約されたことがある

過去に料金の未払いや不正利用などが原因でスマホを強制解約された経験があると契約審査に不利になってしまいます。

ソフトバンクとしてはこのような人に対して、安心してサービスを提供することができませんよね。

「また、料金を踏み倒されるかもしれない」というリスクを抱えているため、審査に落とされてしまう可能性が高いです。

他社の借入やローンがある

返済などを滞りなく行っていても、他社の借入やローンを抱えている場合、審査に不利になる可能性があります。

特に、複数の会社から借入している場合や借入金額が高額な場合は審査に落とされてしまうかもしれません。

「ローンや借入金を完済する」もしくは「債務を整理して一本化する」などして対処してください。

クレヒスが全くない

「クレジットカードを使ったことがない」「ローンを組んだことがない」という場合でも、審査に落ちてしまう可能性があります。

信用情報には何ら傷はないのですが、逆に何の履歴がないのも「信用がない」と判断されてしまいます。

20代ぐらいの方であればそこまで問題にもなりませんが、30代でクレヒスがないと審査に通過するのが厳しくなると考えられます。

ソフトバンクの契約審査に落ちた時の対処法

ソフトバンクの契約審査に落ちてしまったときの対処法を解説します。

主な対処法としては以下の3点です。

ソフトバンクの契約審査に落ちた時の対処法

契約審査に落ちるのは主に支払い能力や信用情報の部分に原因があるので、それらを解決することが対処法となります。

未納金を速やかに支払う

回線料金や他社からの借入金など未払い分がある場合には、速やかに支払ってください。

支払いが遅延している状態を改善するだけでも幾分かはマシになるでしょう。

また、借金などがある場合にも、完済してから再度契約審査を受けてみるといいでしょう。

身の回りの支払い関連の事柄を綺麗にした上で、またソフトバンクに申し込んでみてください。

信用情報をクリアにする

信用情報に傷がある場合には、短期間での解決は難しく、対処には時間を要します。

個人の信用情報は「信用情報機関」に保存されており、情報の保存期間は約5年間と言われています。

そのため、一度信用情報に傷がつくと5年はそのままになってしまいます。

保存期間を過ぎれば信用情報が綺麗になるので、契約審査にも通りやすくなるでしょう。

時間はかかりますが、信用情報をクリアにするためにもその間の支払いを真面目に続けることが重要です。

クレヒスを積み上げる

クレヒスが全くなくて審査に落ちてしまった場合は「クレヒスを積み上げる」ことから始めるといいでしょう。

簡単な方法としては「クレジットカードを発行する」が挙げられます。

クレジットカードを利用して、毎月の支払いを滞りなく続けていればクレヒスが自然に積み上がっていきます。

もちろんそこで支払い遅延などが起きると信用情報に傷がつくので注意してください。

クレヒスがない場合は、審査に通りやすいクレジットカードを発行して無理なく使い続けることをおすすめします。

ソフトバンクの分割審査に落ちた時の対処法

ソフトバンク キャンペーン
画像引用元:ソフトバンク
ソフトバンクの分割審査に落ちた場合の対処法は主に以下の3点です。

分割購入をするに足る支払い能力がないと判断されているので「購入方法を変える」という視点での対処法を解説します。

スマホを一括払いで購入する

分割審査に通らないのであれば「一括購入」を選択するのがおすすめです。

一括購入なら分割審査を受ける必要がありませんし、確実に目当ての機種が購入できます。

もちろん分割購入で利用できるキャンペーンなどもあるので、金銭的な負担は大きくなる傾向はあります。

10万円以下のスマホを購入する

分割審査はスマホの価格が安いほど緩くなる傾向にあります。

もし10万円以上のハイエンドスマホを買おうとして審査に落ちたのであれば、10万円未満の安いスマホを選びましょう。

端末価格を安くすれば審査に通るかもしれません。

希望のスマホを買うことはできませんが、妥協できるようでしたらこういった対処法もおすすめです。

キャンペーンや下取りを利用する

ソフトバンクで実施されている端末割引キャンペーンや下取りサービスを利用することで端末価格を安くするという方法です。

先ほどの話と同様に端末価格が安くなれば分割審査も緩くなります。

端末割引や下取りを使って端末価格を安くしてみましょう。

ソフトバンクで審査に通りやすいモデルはある?

iPhone SE

画像引用元:スマートフォン | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク
ソフトバンクで公式に「審査に通りやすい」モデルと明記されているわけではありません。

それでもここまでの内容から「端末価格の安いスマホ」ほど審査に通りやすいといえるでしょう。

ちなみにソフトバンクで端末価格が10万円未満の機種は以下のようなものがあります。

機種名端末価格
iPhone SE(第2世代)57,600円
iPhone 858,320円
iPhone 739,600円
Google Pixel 3a36,720円
Google Pixel 4
87,840円
ZEN Axon 10 Pro 5G72,720円
AQUOS sense3 plus51,120円
arrows U21,984円
LG G8X ThinQ55,440円

審査に不安がある人はこういった機種を選んでみてください。

ソフトバンクの新規契約審査に通過できるようにしよう

ソフトバンクの新規契約審査について解説しました。

「契約審査」と「分割審査」それぞれの審査内容や落ちた場合の原因と対処法について理解しましょう。

この記事の内容を参考にして、審査に通過できるよう身の回りの支払いを滞りなく行ってください。