ソフトバンクの学割 機種の評価・レビュー
読了時間:約 2

昨今の犯罪の多様化など、都市部に置ける治安という側面を鑑みても、防犯目的を兼ねて子供たちにスマホを持たせたいと考えている親御さん達も少なくありません。

スマホで家族といつでもどこでもすぐに連絡を取りあえるというのは、親にも子供にも大きなメリットとなります。

その反面、多感な成長真っ只中の子供たちとって何かしらのトラブルを及ぼす危険性も持ち合わせているツールであることも否定できません。

そんな葛藤の中でも、子供たちに持たせた時にセキュリティ面だけでなく、性能に伴う価格面などを総合的に考慮し、子供たちにぴったりなスマホをご紹介していきます。

また、最近の各キャリアの傾向として「学割」の適用条件のハードルも低くなっておりますので、今回はソフトバンクの「学割放題」を契約するのに最適なおすすめ機種を中高生向けに詳細を見ていきます。

ソフトバンクの「学割放題」とは

画像引用元:ソフトバンク、学生なら基本料が3カ月間0円になる「学割放題」を12月21日から実施 | プレスリリース | ニュース | 企業・IR | ソフトバンク

毎年12月中旬を過ぎる頃になると、各キャリア新年へ向け「学割」を発表する時期となります。ソフトバンクでは今年も「学割放題」と銘打って学割施策を打ち出してきました。

早速今回の「学割放題」の適用条件を下記にまとめました。

【学割放題適用条件】

  • 契約者・利用者が25歳以下である。
  • ソフトバンクで新規(MNP含む)・機種変更・契約変更(3Gから4G)をする。
  • 2018年12月21日(金)~2019年5月31日(金)までのキャンペーン期間内の申し込みをする。
  • 「ウルトラギガモンスター+」もしくは「ミニモンスター」へ加入する。

上記の条件をクリアすると、自動的に「学割放題」が適用となります。

今回は「ウルトラギガモンスター+」への加入で3ヶ月間4,500円「ミニモンスター」の加入では2,980円が「学割放題」として割引されます。

更に「ミニモンスター」では基本料金が3ヶ月間無料となり、「学割放題」対象回線が家族4人以上のグループ内の回線の場合「ウルトラギガモンスター+」でも3ヶ月間無料となり、適応期間中は端末代金のみの支払いとなり大変お得な割引施策となっています。

中高生におすすめ、ソフトバンク「学割放題」加入にぴったりのスマホ5選

今年もお得な学割施策で注目を集めているソフトバンクですが、加入の際には機種の購入が必須の条件となっています。そこで「学割放題」を加入する時に購入をおすすめする機種を、性能・価格面などから見て特に中高生にもぴったりなおすすめ機種をご紹介していきます。

Xperia XZ2

画像引用元:Xperia XZ2 | モバイル | ソフトバンク

高性能・高画質・最近流行りのデュアルカメラ非搭載ながら一瞬を逃さない先読み撮影が便利な若いユーザーを筆頭に人気のあるXperiaを使っている中高生のスマホユーザーを多く見かけます。

国産のメーカーということもあり、防水・フルセグ・おサイフケータイとなんでもござれといったスペックで非の付け所がないくらいの仕上がりです。

また、Xperiaに搭載される「Motion Eye」カメラは、「スローモーション撮影」・「先読み撮影」・「連射機能」もついており、写真撮影をよくするユーザーや、SNSを頻繁に更新するユーザーには最適な機種となっています。

最近の流れにより、随分ベゼルも目立たなくなりましたが、最新モデルと比較するとまだこれからといった感じです。

厳しい評価をすると、最新機種を比較的短期間に連投する感のあるXperiaですが、所有欲を満たすという高揚感を味わうことは難しい機種であるともいえます。

また、高性能の機種で購入価格も抑えたいユーザーには、旧モデル「Xperia XZ1」も選択肢として考慮するのもおすすめです。

モデルXperia XZ2
カラーリキッドシルバー・リキッドブラック・ディープグリーン・アッシュピンク
サイズ153 x 72 x 11.1mm
重量198g
バッテリー容量3,180mAh
OSAndroid 8.0
ストレージ64GB
外部ストレージmicroSD(最大400GB)
ディスプレイ5.7インチIPSディスプレイ
インカメラ500万画素
アウトカメラ1.900万画素
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth®5.0

AQUOS R2

画像引用元:AQUOS R2 | モバイル | ソフトバンク

高性能で新機能も搭載され、デュアルカメラが秀逸な「AQUOS R2」。135°の超広角レンズで動画撮影中もAIが自動で写真を保存してくれるなどの機能にも注目を集めている機種です。

また、上部ベゼルレスが採用されディスプレイサイズも6.0インチでありながら、サイズ感は「AQUOS R」と変わらずコンパクトな仕上がりとなっています。

旧モデル「AQUOS R」発売から約1年後、鳴り物入りでというと大げさですが、期待された中発表された、「AQUOS R2」ですが、上部のベゼルレスなど評価はそれなりに高いのですが、多方面からの注目を集めるには至らないといった感じはあります。

大型ディスプレイ採用も流行に従った良い判断だと思いますが、AQUOSと言えば、カメラ機能は無視できません。

ハイスペック機種ですので高画質・フルセグ・防水・おサイフケータイ全部載せではありますが、やはり大きな技術の進歩はデュアルカメラが全てを語っています。飼っているペットの動画や写真を撮って楽しむという方も、少なくありません。

「録画撮影中に、AIが写真を自動撮影する」近未来を感じさせるようなこの機能、動画撮影のレンズでの撮影途中に、写真撮影の標準レンズを使い写真を撮影してくれるというもの。もちろん手動操作での撮影も可能です。

例えば、友達とレジャーなど遊びに行ったりした時の記念に動画撮影する機会も最近では増えてきています。そんな時に自動で写真も残すことができればとても便利です。写真をスマホの待受、SNSにアップするのにも一役かってくれます。

写真も動画も撮りたいがために、スマホ・デジカメ・ビデオカメラ、3台フル稼働なんてことは現在ではありえません。

それでも、動画撮影中に写真撮影モードに変更するなどの手間もかからず、一瞬の楽しさを撮り逃す心配もなくしかも撮影に気を取られず楽しむことが可能となり、一石二鳥の機能となっています。

また、SHARP独自のIGZOディスプレイは、ストレスフリーな画面操作性は25%向上し、AQUOSシリーズのスクロールした時の感度は心地よく、ゲームなどの操作にも高いパフォーマンスを発揮してくれます。

モデルAQUOS R2
カラーブルーシルバー・ピンクゴールド・ローズレッド・プレミアムブラック・プラチナホワイト
サイズ156 x 74 x 9mm
重量181g
バッテリー容量3,130mAh
OSAndroid 8.0
ストレージ64GB
外部ストレージmicroSD最大400GB
ディスプレイ6.0インチIPSディスプレイ
インカメラ1,600万画素
アウトカメラ2,260万画素+1,630万画素
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth®5.0

HUAWEI nova lite 2

画像引用元:HUAWEI nova lite 2 | モバイル | ソフトバンク

ミドルスペックでありながら高性能で、ポートレートモード搭載のカメラは魅力的だが、有効画素数1,300万画素は少々控えめな印象の「HUAWEI nova lite 2」。

ベゼルも狭く5.7インチの視認性の良いディスプレイ、上位モデルの「HUAWEI MATE 10 PRO」の廉価版のような位置づけでありながら、スペックも確保されている「HUAWEI nova lite 2」は、スマホの端末代金を抑えたい、中高生にぴったりなスマホといえます。

ROMが32GBで、RAMは3GBとなり、色々なアプリを沢山の利用したり、高速処理が必要な操作が求められる事には向いているとはいえませんが、LINE・SNS閲覧・写真撮影などを普通に使うのであれば、全く問題はありません。

また、ダブルレンズカメラを搭載し、ぼかしを利用したポートレート写真も手軽に楽しめ、美肌補正などが搭載されたインカメラで高画質さながらのセルフィーも可能です。

ただ、現在の高機能カメラと比べると画素数は低く抑えられ、メインカメラ1,300万画素、インカメラ800万画素と、撮った写真をスマホで閲覧、また画質に神経質なユーザーでなければ、それも許容範囲なレベルとなっています。

また防水機能・サイフケータイなどが搭載されていないのは人によってはネックとなりますが、その代償としてに端末代金を抑えることが可能な機種です。

しかし「HUAWEI nova lite 2」はSDカードでストレージを確保することも可能ですし、スマホを初めて持つ初心者でも簡単に操作可能な「シンプルモード」も搭載され、中高生の初めての1台としておすすめできる機種でもあります。

もちろんデザインはハイスペックモデルと変わりませんので、周りの目が気になる若者にぴったりのスマホであることは間違いありません。

モデルHUAWEI nova lite 2
カラーゴールド・ブルー・ブラック
サイズ150.0 x 73.0 x 7.5mm
重量143g
バッテリー容量3,000mAh
OSAndroid 8.0
ストレージ32GB
外部ストレージmicroSD最大256GBまで
ディスプレイ5.65インチIPSディスプレイ
インカメラ800万画素
アウトカメラ1,300万画素
Wi-Fi802.11 b/g/n
Bluetooth®4.2

DIGNO J

画像引用元:DIGNO® J | モバイル | ソフトバンク

性能を抑え端末価格も抑えられた丈夫な本体で、高画質でなくても写真が楽しめるユーザーであれば「DIGNO J」もおすすめです。DIGNOシリーズは防水のみならず耐衝撃性も備えていますので、どうしても扱いが荒くなりがちな、中高生にも安心設計のスマホとなっています。

旧モデルの「DIGNO R」ではLINEをインストールしただけでストレージの空きが確保できなくなり、それ以上アプリがインストールできないという状況に陥るユーザーも少なくありませんでした。

全体的に性能は低いというのが正直なところですが、「DIGNO J」ではROMは32GBとなり、「HUAWEI nova lite 2」と同じくらいのアプリをインストールすることも可能です。

この機種の特に注目すべき点として、「耐衝撃」に加えて「耐ディスプレイ割れ」にも強くなっています。ちょっと落としただけなのに画面が割れてしまって気を揉むユーザーも多いと思います。そんなお困り事も「DIGNO J」であれば頑丈で安全です。

本体の強度を高めた機種となっていますが、そのような機種にありがちな「ゴツい」感じもなく、5.0インチのディスプレイサイズの割には薄い本体の構造上、手にも馴染みやすく持ちやすくなっています。

カメラの有効画素数は1,300万画素で、背景をぼかすポートレートモードなどの尖った機能は搭載されていませんが、スマホの端末代を抑えたい、丈夫で割れない本体が良いという具合に中高生におすすめできる1台です。

モデルDIGNO J
カラーアクアブルー・チャコールブラック・パールホワイト
サイズ約72×145×8.4mm
重量約130g 
バッテリー容量2,600mAh
OSAndroid 8.1
ストレージ32GB
外部ストレージmicroSDX(最大256GB)
ディスプレイ約5インチFHD液晶
インカメラ500万画素
アウトカメラ1,300万画素
Wi-FiIEEE802.11 b/g/n
Bluetooth®4.2

iPhone XR

画像引用元:iPhone XR 料金・割引 | モバイル | ソフトバンク

新型iPhoneとして「iPhone XS/XS Max」に続いて登場したのが「iPhone XR」です。

最高クラスのSuperRetinaディスプレイに継ぐ解像度を誇る、Liquid Retinaと呼ばれる新たなディスプレイを搭載した機種として注目を集めています。

スペックは「iPhone XS/XS Max」より若干劣るものの、実際に画面を確認してもその違いがわからないほど、Liquid Retinaディスプレイはコスパにも優れている秀逸なディスプレイとなっています。

画面サイズは6.1インチとなり、昨年の発売されたiPhone Xの5.8インチよりサイズアップしており、視認性も良好です。色合いも美しく幅広い色を表示可能で、自然に近い正確な色を表現可能な技術が使用されています。

「iPhone XS/XS Max」同様にホームボタンを廃止したすっきりとした、ベゼルレス対応端末で、Face IDをセキュリティ認証に採用しロック解除だけでなくキャッシュレス決済Apple Payによる支払い時なども、スマホに顔を向けるだけの最新の認証技術が光る機種です。

CPUは上位モデルとなる「iPhone XS/XS Max」同様にA12Bionicが搭載され、カメラの画像処理、3Dゲームなど、ストレスなく高速処理が可能です。

特筆すべき点の一つに「iPhone XR」に搭載されているカメラはシングルレンズであるにも関わらず、ぼかしを利用したポートレート写真の撮影も可能です。

しかも、最先端機能がふんだんに搭載されていても、コスト面でユーザー視点に立ったお手頃価格となっていることも、中高生におすすめできる機種といえます。

「iPhone XS/XS Max」のラグジュアリー感漂うデザインとは違いカラーバリエーションも豊富で、若年層ユーザーを意識した作りとなっているのも好印象です。Appleがカジュアルに最先端のiPhone機能を実感してもらうために敷居を下げた端末が、「iPhone XR」といえます。

モデルiPhone XR
カラーブラック・ホワイト・イエロー・ブルー・コーラル・レッド
サイズ150.9 x 75.7 x 8.3mm
重量194g
バッテリー容量2,942mAh
OSiOS 12
ストレージ64GB / 128GB / 256GB
外部ストレージmicroSDスロット無し
ディスプレイ6.1インチIPSディスプレイ
インカメラ700万画素
アウトカメラ1,200万画素
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth®5.0

子供たちにスマホを持たせる上での不安

現在では、小学生からお年寄りまで様々なユーザーに対して提案ができるスマホが増え万人がスマホを利用できる様な環境は整ってはいますが、だからといって子供たちに大人と同じ様にスマホを持たせるのは少し不安だと考える子供を持つ親御さんも少なくありません。

そこで、子供を持つ親世代のユーザーが考える子供たちにスマホを所持させる上での不安要素TOP5を下記にご紹介します。

  1. 有料コンテンツの購入
  2. 不適切なサイトの閲覧
  3. 利用するアプリなどが心配
  4. 誹謗中傷など、いじめの対象とならないか不安
  5. 時間の制限なく通話できる

社会人となり分別がつく様になれば別ですが、小学生~高校生の子供たちはまだまだ周りの影響を受けやすい多感な時期を生きています。上記の様な事を心配するのは無理もありません。

ソフトバンクの場合には、有料コンテンツなどのダウンロードをした場合、「ソフトバンクまとめて支払い」で毎月の使用料金と合わせて請求がきます。

月額料金を自分のお金で支払いをするわけではない子供たちは、使用料金を意識するといったことは難しいため注意しなければなりません。

また、インターネット上の全ての情報を閲覧することが可能となるため、場合によっては刺激の強すぎる情報、またコンプレックス・トラウマを形成する原因になるという可能性も否定できませんので、子供の親としては注意したいところではあります。

ソフトバンクのジュニアスマホとは?

画像引用元:ジュニアスマホ | モバイル | ソフトバンク

「キッズケータイなんて年齢でもないし、一般的なスマホを持たせるのは少し抵抗がある。」といったユーザーの期待に応えるべくできたのが、ソフトバンクの「ジュニアスマホ」です。

機種は一般の機種と同じで、なんの変哲もないスマホ。しかし、中身は子供向けというのが、ソフトバンクのジュニアスマホのコンセプトとなっています。

見た目は完全に普通のスマートフォンなので、見た目を気にする中高生の子供たちでもなんの抵抗もなく携帯でき、かつ中身は子供向けとなっていますので子供たちがスマホが原因となる危険にさらされる事もなく、親御さんも安心のスマホです。

しかも、最新機種にも対応しているのも利用しやすいメリットとなっています。同時に一般のスマホを利用する訳ですから、「ジュニアスマホ」の利用による端末の割引などはありませんので、そこは考慮して検討する必要があります。

ジュニアスマホの機能

画像引用元:ジュニアスマホ | モバイル | ソフトバンク

「ジュニアスマホ」は中身は子供向けというコンセプトですが、実際どのような事ができるのかについてご紹介します。

  • 有料コンテンツなどの購入防止
  • 有害サイト・アプリの制限
  • 簡単操作のホーム画面

【有料コンテンツなどの購入防止】

「ジュニアスマホ」では一般のスマホでは可能な、「ソフトバンクまとめて支払い」が利用できません。そもそも「ジュニアスマホ」には課金システムが無いため有料コンテンツの購入は不可能という訳です。

例外として、クレジットカード決済による、ネットショッピングをすることは可能となりますので注意が必要です。

【有害サイト・アプリの制限】

ソフトバンクのスマホには「ジュニアスマホ」に限らず、全てのスマホで利用可能な「あんしんフィルター」という子供向けのセキュリティアプリを用意しています。

「あんしんフィルター」とは、親御さんのスマホ・パソコンなどから、子供たちのスマホにアクセス制限を設定可能なフィルタリング機能となっています。

子供たちの年齢に合わせフィルター強度を「小学生モード・中学生モード・高校生モード・高校生プラスモード」の4段階で任意に設定が可能です。フィルター強度により、「不適切なサイト」と認定されたサイトへのアクセス自体ができなくなります。

親御様の判断によりアクセスの承認をすることで、サイト・アプリの起動が可能となるため、子供たちが誤って「不適切なサイト」を閲覧してしまうといった事を未然に防ぎます。

「ジュニアスマホ」には「あんしんフィルター」が最初からインストール済みですので、契約してすぐに子供たちにスマホを渡す事が可能ですので安心です。

【簡単操作のホーム画面】

「ジュニアスマホ」を申し込むと、スマホのホーム画面も専用のレイアウトに変更となります。初めてのスマホを持つ子供たちでもシンプルで分かりやすいレイアウトとなり、操作方法のガイドも付いてくる親切設計です。

【「ジュニアスマホ」利用料金や申し込み方法】

ソフトバンクの「ジュニアスマホ」のサービス利用にかかる料金は無料となります。「ジュニアスマホ」を利用する旨をソフトバンクショップで申し込めば、ショップスタッフが「ジュニアスマホ」の設定などを行いますので、別途煩わしい手続きなども不要です。

学割で持つ場合でも「安かろう」では失敗のもとに

現在のスマホ市場は、機種の種類もさることながら搭載される機能も多種多様で全ての機能を使いきれていないユーザーも多いのが現状となっています。

そんな中、ソフトバンクの学割施策「学割放題」を利用して料金をやすく抑えようとするばかりになんの考えもなしに廉価機種に手を出してしまいがちですが、それは安易すぎます。

これだけ多彩な機種が溢れている訳ですから、自身にあった端末が必ず存在するものです。自分が利用する最低限の機能とそれに見合う価格を考慮し、購入後に後悔しないよう冷静な判断も必要です。

昨今一日のうちに手放す時間がどんどん短くなっているスマホなのですから、なんの不便も感じることなく利用ができればこれほど幸せなスマホライフはありません。

「安かろう」で自分にとって悪い買い物とならないように、廉価端末でも最大限お得に利用する事を考え購入の検討をする事を強くおすすめします。

Pocket