ソフトバンクから発売の新機種を紹介!おすすめの人気スマホはどれ?

  • 2020年6月12日
Softbank_logo
キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円で断然お得!

【2018年5月30日追記】ソフトバンクから2018年夏モデルが発表されました。ソフトバンクの最新機種情報はこちらの記事をご覧ください。ソフトバンク2018夏モデル6機種発表!HUAWEI製2機種も話題

2017年冬から2018年春にかけて、新しいスマートフォンが続々とリリースされています。

新作ラッシュで、これから新機種に乗り換えたい!と考えている人も多いのではないのでしょうか。

その中で、ソフトバンクのスマホに乗り換えたい、でもどれがいいのかわからない、と考えている人は必見です。

ここではソフトバンクのおすすめスマホランキングと、人気機種の特徴を紹介していきます。スペックや料金を比較してみてくださいね。

ソフトバンクのおすすめスマホランキング

1位 iPhone 8

iPhone 7の後継モデルとして2017年秋に発売されたiPhone 8が堂々のトップ。

最新の「A11 Bionicチップ」を採用したことで、高性能コアが25%、高効率コアは70%になり、処理能力が格段にアップしました。

カメラ機能や電池の持ちはiPhone 7とさほど変わりはありません。ガラスパネルが採用されたスタイリッシュなデザインや、ワイヤレス充電ができるところも魅力です。

64GBと256GBの2種類がありますが、64GBの方が人気のようです。

iPhone 8
連続通話(LTE) 約840分
連続待受(LTE) 約240時間
電池容量 1,821mAh

高さ
厚さ
約67.3mm
約138.4mm
約7.3mm
重量 約148
ディスプレイ 約4.7インチ
HD(1,334×750)
外側カメラ(画素) 約1,200万
内側カメラ(画素) 約700万
CPU A11 Bionic
ROM 64GB
256GB
RAM 2GB
SDカード 未対応

2位 iPhone 7

新しいiPhoneが続々と発売されていますが、iPhone 7の人気も相変わらず高いようです。

iPhone 8やiPhone Xと比較してお値打ちに購入できる場合もあるので、最新のiPhoneにこだわらない人から人気です。

そんなiPhone 7は水回りに落としても水没で故障することがなく耐水性にすぐれています。ApplePayに対応していて、コンビニやスーパーでもスマホひとつで買い物できます。

ステレオスピーカーを搭載しているので、音楽や動画もより臨場感を感じられるでしょう。手ブレ機能が付いたカメラで、写真も楽しめます。

iPhone 7
連続通話(LTE) 約840分
連続待受(LTE) 約240時間
電池容量 1,960mAh

高さ
厚さ
約67.3mm
約138.4mm
約7.1mm
重量 約138
ディスプレイ 約4.7インチ
HD(1,334×750)
外側カメラ(画素) 約1,200万
内側カメラ(画素) 約700万
CPU Apple A10 Fusion 2.33GHz
ROM 32GB
128GB
256GB
RAM 2GB
SDカード 未対応

3位 Xperia XZs 602SO

3位にランクインしたXperia  XZs 602SOは、2017年の夏に発売された機種です。

サンドブラスト加工によるマット仕上げで高級感のある質感が特徴的。

SONYが独自に開発した「Motion Eye」を採用したカメラでは、一眼レフ並みの機能を体感でき、スローモーション撮影もできるので、あらゆる写真や動画を撮って楽しめます。

バッテリーは「いたわり充電」や「スタミナモード」などバッテリー長持ち機能も備わっています。

耐衝撃性能、防水・防塵性能であるところも魅力です。

Xperia  XZs 602SO
連続通話(LTE) 約1,710分
連続待受(LTE) 約700時間
電池容量 2,900mAh

高さ
厚さ
約72mm
約146mm
約8.1mm
重量 約161g
ディスプレイ 約5.2インチフル
(1,920×1,080)
外側カメラ(画素) 約1,920万
内側カメラ(画素) 約1,320万
CPU Snapdragon 820
ROM 32GB
RAM 4GB
SDカード 256GB

4位 iPhone 8 Plus

iPhone 7 Plusの後継モデルであるiPhone 8 Plusは、「A11 Bionicチップ」と呼ばれる最新CPUが採用されています。

iPhone 8同様に、高性能コアが25%、高効率コアは70%と高速化し、高い処理性能を期待できます。また、ガラスパネルが採用された点やワイヤレス充電ができるところもiPhone 8と同じです。カメラ機能と電池持ちは、iPhone 7 Plusとほとんど変わりません。

こちらも256GBよりも64GBの方に人気があります。

iPhone 8 Plus
連続通話(LTE) 約1260分
連続待受(LTE) 約384時間
電池容量 2,691mAh

高さ
厚さ
約78.1mm
約158.4mm
約7.5mm
重量 約202
ディスプレイ 約5.5インチ
HD(1,920×1,080)
外側カメラ(画素) 約1,200万+約1,200万
内側カメラ(画素) 約700万
CPU A11 Bionic
ROM 64GB
256GB
RAM 3GB
SDカード 未対応

5位 iPhone X

iPhone発売10周年記念として販売されたのiPhone Xは、発売当日に長蛇の列ができたことで話題を呼びました。

しかし、今はやや落ち着いてしまっている印象がありますね。

従来の「指紋認証」が無くなり「顔認証」が搭載されていますが、慣れていない人は指紋認証の方がよかったと思うのかもしれません。

CPUには最新の「A11 Bionicチップ」を搭載していて、アウトカメラは縦に並んだデュアルカメラ仕様となっています。

有機ELが採用されたディスプレイや、ベゼル部分がほとんどない「Super Retina HDディスプレイ」はハイスペックと評判です。

おサイフケータイ・Bluetooth・テザリング・防水防塵機能など、魅力のある機能が備わっています。

iPhone Xには64GBと256GBの2種類がありますが、256GBの方が人気が高いようです。

iPhone X
連続通話(LTE) 約1260分
連続待受(LTE) 不明
電池容量 2,716mAh

高さ
厚さ
約70.9mm
約143.6mm
約7.7mm
重量 約147g
ディスプレイ 約5.8インチ
2,436×1,125ピクセル
外側カメラ(画素) 約1,200万
約1,200万
内側カメラ(画素) 約700万
CPU A11 Bionic
ROM 64GB
256GB
RAM 3GB
SDカード 未対応

6位 Xperia XZ1 710

Xperia XZ1 710は、メタル素材を使用した高級感のあるデザインが特徴。ブルー・ピンク・ブラック・シルバーの4色展開です。

iPhoneに比べるとフラットかつ薄いデザインなので、ポケットに入れて携帯しやすいといえるでしょう。

指紋認証機能を備えた電源ボタンは大変便利です。

処理性能も高く、レスポンスもAndroid種類の中ではトップクラスといえるでしょう。

他にも、防水・防塵性能やおサイフケータイ、ワン・フルセグ、ハイレゾなどさまざまな機能も備えています。

Xperia XZ1 710
連続通話(LTE) 約1,460分
連続待受(LTE) 約430時間
電池容量 2,700mAh

高さ
厚さ
約148mm
約73mm
約7.4mm
重量 約156g
ディスプレイ 約5.2インチ
フル(1,920×1,080)
外側カメラ(画素) 約1,920万
内側カメラ(画素) 約1,320万
CPU Snapdragon 835
ROM 64GB
RAM 4GB
SDカード 256GB

7位 AQUOS R 604SH

AQUOS R 604SHは、2017年4月に発売されたスマホですが、現在でも根強い人気を誇っています。

これまで機種によって微妙に違っていたデザインや仕様が統一されたことで、AQUOSユーザーからは喜ばれました。

高精細・省電力性を備えるIGZO液晶ディスプレイを引き続き採用していますが、これまでと異なるのが「ハイズピードIGZO」の搭載。表示した映像の更新頻度を従来の倍の速度で行うため、動画がなめらかな印象を受けます。

ディスプレイ表示性能でこれまでは画面が黒く潰れてしまったり、白く飛んでしまったりして確認できなかった部分を、くっきりと表示できるようになりました。

SHARP独自の人工知能「エモパー」が備わっているため、会話によるスマホの操作が可能です。防塵防水に加えて濡れた状態でも操作しやすい機種です。

AQUOS R
連続通話(LTE) 約1,200分
連続待受(LTE) 約480時間
電池容量 3,160mAh/td>

高さ
厚さ
約153mm
約74mm
約8.7mm
重量 約172g
ディスプレイ 約5.3インチ
QHD(2,560×1,440)
外側カメラ(画素) 約2,260万
内側カメラ(画素) 約1,630万
CPU SnapDragon 835
ROM 64GB
RAM 4GB
SDカード 256GB

8位 AQUOS R compact

AQUOS R compactは、フラッグシップモデルの「AQUOS R」と比較すると処理能力や、カメラ画素数、ディスプレイ解像度は、やや劣りますがコンパクトモデルとしては十分な効果を期待できます。

AQUOS R compactの魅力はデザイン性の高さで、見た目がきれいと評判です。Bluetooth・テザリング・防水防塵・指紋センサー・おサイフケータイ・ワンセグが利用できるので、十分に機能性の高い機種です。ただし、フルセグには対応していないので注意が必要です。

水没による保護機能は、連続して水中に置いても故障等の有害影響はないとされているので、防水機能の中では最高ランクといえるでしょう。

AQUOS R compact
連続通話(LTE) 約1,530分
連続待受(LTE) 約630時間
電池容量 2,500mAh

高さ
厚さ
約132mm
約66mm
約9.6mm
重量 約130g
ディスプレイ 約4.9インチフルHD
(2,032×1,080)
外側カメラ(画素) 約1,640万
内側カメラ(画素) 約800万
CPU Snapdragon 660
ROM 32GB
RAM 3GB
SDカード 256GB

9位 DIGNO@G

京セラがソフトバンクから発売した「DIGNO@G」は、防水・防塵・耐衝撃に対応していて、画面が濡れている状態でも、手袋をしたままでも取り扱える点が魅力です。

赤外線通信にも対応していて、携帯電話やスマートフォンからのデータの移行も簡単です。約1,300万画素の高画素カメラを搭載しているので、簡単にキレイな写真を撮影できます。

「かんたんビギナーホーム」や「ケータイ入力」を搭載しているので、従来の携帯電話からスマホデビューしたいと考えている人にもおすすめです。

充電しなくても3日間以上、電池を気にすることなく使用できます。

DIGNO@G
連続通話(LTE) 約1,330分
連続待受(LTE) 約660時間
電池容量 2,300mAh

高さ
厚さ
約143mm
約72mm
約10.6mm
重量 約142g
ディスプレイ 約5.0インチ
(1,280×720)
外側カメラ(画素) 約1,300万
内側カメラ(画素) 約200万
CPU MSM8917
ROM 16GB
RAM 2GB
SDカード 256GB

10位 AQUOS Xx3

高品質・高スタミナ、さらに健康サポートAIを搭載した画期的な「AQUOS Xx3」もおすすめです。

この機種に搭載されている「ハイスピードIGZO」は、動きの激しい動画やスクロール時の残像による目の負担を軽減してくれます。
画像ロックを素早く解除できる上に、好きなアプリをすぐに起動できる「指紋認証」も見逃せません。高機能なプロセッサを搭載していながら、コンパクトなのでユーザーに満足されている理由です。

エコなIGZO液晶に加えて大容量の3,000mAhバッテリー搭載しているので、最長で3日の持ちが実現します。これで外出先でも充電を気にすることなくスマホライフを楽しむことができます。

AQUOS Xx3
連続通話(LTE) 約1,690分
連続待受(LTE) 約545時間
電池容量 3,000mAh

高さ
厚さ
約149mm
約73mm
約7.6mm
重量 約155g
ディスプレイ 約5.3インチフル
HD(1,080×1,920)
外側カメラ(画素) 約2,260万
内側カメラ(画素) 約500万
CPU SnapDragon 820
ROM 32
RAM 3GB
SDカード 256GB

番外編 Android one

2017年冬から2018年春の新作として新たに発売されたのは、「AQUOS R」と「AQUOS R compact」、「Xperia XZ1」、そして「Android one」の4種類。

今回、Android oneは圏外となってしまいましたが、Android OSが搭載されているAndroid oneを支持する人も一定数います。

シャープ独自のIGZOディスプレイを採用していて、画像の美しさを感じられるでしょう。防水機能もついています。

ランキングにある人気スマホをお得に手に入れるにはオンラインがおすすめ

ソフトバンクのスマホはインターネットで予約購入すると多くのメリットがあります。これまで店頭で購入していた人も、オンラインショップデビューしてみてはいかがでしょうか。

ソフトバンクオンラインのメリット

ソフトバンクスマホは店頭で購入できますが、おすすめはソフトバンク公式オンラインショップを通じてのネット購入です。

なぜなのでしょうか。ひとつ目は店頭では3,000~5,000円程度発生してしまう頭金が、ネット購入ではかからない点にあります。
待ち時間がなく、スムーズに注文できるところも魅力のひとつです。

注文したスマホは発売に自宅に届くまで、店頭に出向く必要もありません。購入額に応じてTポイントを貯めたり、使用できたりするメリットもあります。送料は無料というのでうれしいですね。

ソフトバンクオンラインで必要な書類

ネット注文することを決めたら、必要な書類を用意して申し込みをしましょう。ここでは必要な書類と手順を紹介します。
用意する書類は、契約タイプによって異なります。

新規契約の場合

  • 本人確認書類
  • クレジットカードか金融機関口座
  • メールアドレス

乗り換え(MNP)の場合

  • 本人確認書類
  • クレジットカードか金融機関口座
  • MNP予約番号
  • メールアドレス

機種変更の場合

  • My SoftBankのアカウント

My SoftBankアカウントが分からないときには、携帯電話番号+暗証番号で代用しましょう。

本人確認書類は、運転免許証・パスポート・マイナンバーカードのいずれか1点、または健康保険+公共料金領収証か住民票でも確認可能です。

ソフトバンクオンラインの申し込み手順

スマホの機種変更は、現在の契約プランをそのまま引き継ぐことができますが、新規・MNP契約などで契約プランを変更する際は、購入する前に料金プランをチェックして決めておきましょう。

料金プランは公式のソフトバンクサイトで確認できます。料金設定でわからないことがある人は、ソフトバンクに直接電話して問い合わせましょう。

ソフトバンク総合問い合わせ
0800-919-0157
受付時間 午前9時~午後8時

ソフトバンクオンラインショップから購入する際には、端末の受け取り方法を自宅かソフトバンクショップのいずれかから選べます。

新しい端末では、初期設定やデータ移行等を自分一人で行わなければいけません。操作に自信がない人は、「ソフトバンクショップで受け取り」にして、ソフトバンクスタッフに聞きながら設定を行うとよいでしょう。

下取りプログラムや割引制度を利用してお得に購入

ソフトバンクには、さまざまな割引制度がありますよ。一度契約してしまうと、後から加入できないプランもあるので、事前に確認しておきましょう。

月月割

機種代金が一定額割引される「月々割」は加入している人がほとんどです。
購入機種に応じて、本体代の8~9割が24カ月に分けて割引されます。

スマホデビュー割

はじめてソフトバンクの スマートフォンを契約する方を対象に、毎月の通信料金から2,420円が割引されます。ただし、月々割との併用はできません。

おうち割

ソフトバンク指定ネット回線とスマホをセットで契約すると、スマホの月額料金が2年間割引されます。
データ定額5GB・20GB・50GBの場合→毎月1,000円割引

下取りプログラム(乗り換え)

他の携帯キャリアからソフトバンクに乗り換え(MNP)する人が対象です。既存の端末を下取りして、下取り料金が月々料金から割引きされます。

みんな家族割

2人以上の家族がデータ定額のウルトラギガモンスター50GBに加入すると、家族1人につき最大2,000円の割引が適用されます。

ソフトバンクの料金プランを確認する

ソフトバンクで新規購入やMNPを検討している人は、基本料金プランを決める必要があります。自分の使い方や家族構成に合わせて決めましょう。通話時間・回数に関係なく同じ料金で使えるプランがおすすめです。

基本料金

通話定額ライト基本料
1回の通話が5分以内であれば、かけ放題になる
通話定額基本料
完全かけ放題で、通話が何分でも何度でもかけられるプランの2種類があるので、普段の通話料を考えて決めましょう。

データ容量次第で決められるスマ放題

「スマ放題」とは、定額の基本料金・ウェブ使用料・定額のデータ通信料をセットにしたプランです。
「スマ放題」と「スマ放題ライト」の2種類があるので、それぞれの違いを確認しましょう。

スマ放題
  • 通話定額基本料(2年契約時) 2,700円
  • ウェブ使用料 300円
スマ放題ライト
  • 通話定額ライト基本料(2年契約時) 1,700円
  • ウェブ使用料 300円

スマ放題・スマ放題ライトに下記のデータ定額プランを足した料金が、基本月額料金となります。いずれも2年契約者が対象です。

ウルトラギガモンスター
データ定額
50GB 7,000円
ギガモンスター
データ定額
20GB 6,000円
データ定額 5GB 5,000円
データ定額ミニ 2GB 3,500円
データ定額ミニ
(月々割対象外)
1GB 2,900円

人気のスマホをお得に購入しよう

昨年も数多くのスマートフォンが発売されましたが、その中でもやはりiPhoneシリーズの人気が高いです。

年々機能やデザインもよくなっているので、新しい機種に変えたいと考える人も多くいるはずです。

料金体系を理解して、自分に合うスマホを選びたいものですね。

ソフトバンクはネットで気軽に購入できるので、ぜひ公式サイトをチェックしてみてください。


キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円で断然お得!
dカード GOLDのメリット
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDの特徴
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
年会費10,000円(税別)ポイント還元率1~10%
ポイント名dポイント保険国内・海外あり
ETC年会費無料審査最短5分で審査完了
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)