ギガモンスター

読了時間:約 2

2018年9月6日、ソフトバンクはこれまでの料金体系を一新して新たなサービスを提供開始しました。

このサービスはこれまで以上にシンプルで分かりやすい料金体系となっていますが、割引の適用・併用に条件があるためユーザーによっては旧プランよりも割高となってしまう可能性があります。

ここではソフトバンクの新サービス料金の特徴を分かりやすく解説するとともに、2018年に発売された新型iPhoneをお得に契約する方法をご紹介しています。ソフトバンクの料金プランのみならず、新型iPhoneに興味があるなら是非チェックしてみてはいかがでしょうか。

トップ画像引用元:ウルトラギガモンスター+(プラス) | モバイル | ソフトバンク

ソフトバンクの新サービス料金や仕組み

現在ソフトバンクが提供しているスマートフォン向けサービスで最も新しいものは、2018年9月6日より開始された「ウルトラギガモンスター+」と「ミニモンスター」の2つです。

この2種類のデータプランに機種代金・基本プラン(通話)・オプション(割引キャンペーン)の3つを加える事で毎月の支払額が決定されます。基本プラン(通話)は3種類しかありませんが、通話時間によって選ぶようになっているため特に迷うような事はないはずです。

これまでのサービスと比較すると、選択肢が少なくなった分シンプルで分かりやすい料金体系になったと言えるでしょう。

基本プラン(通話)内容
通話基本プラン国内通話20秒/30円
+準定額オプション1回5分以内の国内通話無料
+定額オプション24時間いつでも国内通話無料

ウルトラギガモンスター+


画像引用元:ウルトラギガモンスター+(プラス) | モバイル | ソフトバンク

ウルトラギガモンスター+は毎月50GBまで使える大容量データ定額プランであり、ソフトバンクの新サービスの目玉として提供されています。月額料金は5,980円となっていますが、各種割引を適用する事により1年目は3,480円から利用出来るのも魅力です。

50GBと言うと頻繁にダウンロードを行うゲームや動画などを見ていない限り使いきれない容量ですが、家族観でデータシェアを結ぶ事が出来るため「みんな家族割+」などと併用する事で通常よりお得に利用出来る可能性があるでしょう。

さらにウルトラギガモンスター+はYouTubeやLINEなど10種類のサービスで一部機能を除きデータが消費されないようになっており、容量や速度制限に悩まされる事なく動画やSNSを楽しむ事が出来ます。

また、2019年4月7日まではすべてのサービスでデータが完全使い放題となっているため、50GB以上の大容量通信を体感する事が可能です。

スマートフォンが生活の中心となっている方は、ウルトラギガモンスター+に加入する事で日々の生活をより便利で快適にする事が出来るはずです。

データカウントフリーサービス(データを消費する一部機能)

  • YouTube(広告クリックの遷移先)
  • AbemaTV(お知らせページ・FAQページ・番組公式サイトの閲覧)
  • TVer(広告・計測関連のビーコンなど)
  • GYAO!(広告の視聴と閲覧・画像テキストの視聴と閲覧など)
  • hulu(動画視聴やダウンロード以外の通信)
  • LINE(音声通話・ビデオ通話)
  • Twitter(広告クリックの遷移先)
  • Instagram(音楽の再生)
  • Facebook(音楽の再生・Messenger)
  • TikTok(広告クリックの遷移先)

ミニモンスター


画像引用元:ミニモンスター | モバイル | ソフトバンク

大容量データ定額プランのウルトラギガモンスター+に対して、ミニモンスターは使った分だけ請求が発生する段階制のプランとなっています。

こちらは特にスマートフォンをあまり使わないユーザーに向けたサービスであり、各種割引を適用する事で1GBまでなら1年目1,980円~という低価格で利用する事が可能です。

ただし3GBからはウルトラギガモンスター+と同じ月額5,980円(割引適用無し)となりますので、あらかじめ自身のスマートフォンの使い方を見直しておく必要性があるでしょう。

内容的にはauの「ピタットプラン」やドコモの「ベーシックパック」と同じですが、データ定額と段階制を中心としているのはすべてのキャリアで共通している特徴だと言えます。

データ定額ミニモンスターの料金/1GBまで

プラン・割引金額
データ定額ミニモンスター(1GB)2,480円/月
通話基本プラン(2年契約)1,500円/月
1年お得割(12か月間)-1,000円/月
おうち割 光セット-1,000円/月
月額利用料(12か月間)1,980円/月

旧サービスとはどう違う?

ソフトバンクではこれまでの旧サービスから、上記でご紹介したウルトラギガモンスター+とミニモンスターへの移行を着々と進めています。

ソフトバンクを長く使い続けているならまだ旧サービスを使っているという方もいるでしょうが、基本的に新規や乗り換え(MNP)ではこの2種類のサービスを中心としてプランを選択していく事になるのです。

参考までに、ここではウルトラギガモンスター+とミニモンスター以前の旧サービスを少しご紹介致します。

スマ放題/スマ放題ライト


画像引用元:スマ放題/スマ放題ライト | モバイル | ソフトバンク

ウルトラギガモンスター+とミニモンスター以前の旧サービスは、各種プランを組み合わせる事で月々の料金が決定するスマ放題/スマ放題ライトです。

このサービスは国内通話かけ放題の「スマ放題」と国内通話5分以内かけ放題の「スマ放題」を中心としてプランを選択するもので、現在のプランで言えば基本プラン(通話)に相当します。

ただしデータ定額プランは「なし(データ容量を付けない)」を含めて6種類あり、選択肢が豊富な事がメリットとなっていました。

また、現在のミニモンスターに相当する段階制の「おてがるプラン」もありましたが、こちらもスマ放題/スマ放題ライトと同じく既に新規での受付・他プランからの変更は終了しています。

新旧サービスどちらにも通話プランでの2年契約/2年契約フリープランでの割引がありますが、2年契約未加入の場合を除けば料金設定はまったく同じです。

ちなみに2年契約は24か月目以降も契約が自動更新されるのに対して、2年契約フリープランは24か月目以降いつ解約しても解除料(違約金)が発生しないという点で違いがあります。

新サービスと旧サービスの比較(2年契約ありの場合)

通話サービス新プラン
(通話基本プラン)
旧プラン
(スマ放題/スマ放題ライト)
かけ放題なし
(ウェブ使用料300円含む)
月額1,500円~なし
5分間かけ放題
(ウェブ使用料300円含む)
月額2,000円~月額2,000円~
かけ放題
(ウェブ使用料300円含む)
月額3,000円~月額3,000円~

月々割は条件が厳しくなった


画像引用元:月月割 | モバイル | ソフトバンク

ソフトバンクには新しく携帯電話を購入する場合、月々の利用料金から一定額が値引きされる「月々割」という制度があります。

月々割は通話とデータ利用料の値引きとして扱われていますので、この制度を利用してお得に最新機種を購入したいと思っている方も多いはずです。

しかし、現在のサービスである通話基本プランを2年契約/2年契約フリープランの割引価格で契約した場合月々割は適用されません。これはつまり、2年契約無しで月々割を利用した場合は月々の支払額が2,400円or2,700円も高くなってしまうという事になります。

また、機種変更における月々割の適用は2019年1月31日に終了予定となっていますので、現在スマ放題/スマ放題ライトで契約している方は注意が必要です。

月々割の割引額は購入する機種によっても異なりますが、ほとんどの方が2年契約/2年契約フリープランを選んだ方がお得になるのではないでしょうか。

2年契約/2年契約フリープランの料金比較

通話サービス2年契約
(月々割は対象外)
2年契約フリープラン
(月々割は対象外)
2年契約なし
かけ放題なし
(ウェブ使用料300円含む)
月額1,500円~月額1,800円~月額4,200円
5分間かけ放題
(ウェブ使用料300円含む)
月額2,000円~月額2,300円~月額4,700円
かけ放題
(ウェブ使用料300円含む)
月額3,000円~月額3,300円~月額5,700円
1 2