キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円で断然お得!
読了時間:約 2

MNP引き止めポイントをご存知でしょうか。

ソフトバンクから他のキャリアへのりかえ(MNP)を検討して最終的にソフトバンクにとどまって機種変更すると、多くの場合20,000ポイント程度がもらえるというものです。

ここからは、普通に機種変更してしまうともらえないMNP引き止めポイントを、しっかりゲットする方法を解説しましょう。

ソフトバンクでMNP引き止めポイントをもらえる理由

もらえるとすごくお得に機種変更できるMNP引き止めポイントですが、ソフトバンクからMNPで他キャリアにのりかえることを止めて機種変更するだけで、20,000ポイント前後もの大量ポイントがもらえてしまうのはどのような理由からなのでしょうか。

ソフトバンクはMNPされたくない


スマホやケータイのユーザーのなかには、2年毎にキャリアを乗り換えているという方が主体となっています。

キャリアの乗り換えはソフトバンクで「のりかえ」、一般的にはMNP(携帯電話番号ポータビリティ・Mobile Number Portability)といわれているもので、本来は単に電話番号を変えずに携帯電話会社を変更できるサービスのことです。

このMNPを利用すれば気軽にキャリアを変更できるのですが、キャリアとしてはMNPされると既存の顧客を失ううえライバル会社に引き抜かれてしまうというダブルパンチのダメージとなるため、なんとか阻止したいというところなのです。

そこで各キャリアでは、MNPで新しく顧客になるユーザーに対してお得なキャンペーンを多数展開して、なんとか自社にMNPで流入してもらおうと企業努力を重ねてきました。

一方MNP引き止めポイントは、自社から他社へ顧客が流出することを防ぐための戦略です。MNPを検討している自社のユーザーに対して「MNPするよりこのまま自社にとどまって機種変更したほうがお得ですよ」と、ポイントを大量に付与してくれるのがMNP引き止めポイントなのです。

MNP引き止めポイントでソフトバンクからMNPに対抗


ソフトバンクでは「のりかえ」と呼んでいるMNPですが、利用するためには手数料が必要となります。手数料は転出するキャリアと転入するキャリアの両方で発生し、ソフトバンクからMNPを利用して転出するときにかかるMNP転出手数料は3,000円、MNPを利用して転入するキャリアでかかる契約事務手数料はソフトバンクでは3,000円となっているのです。

しかし、各キャリアでは乗り換えキャンペーンとして解約金や手数料のキャッシュバックや端末代金の大幅な割り引きなどを行っているため、MNPはとてもお得で魅力的に見えてしまいます。

例えばソフトバンクなら他社からソフトバンクへMNP(のりかえ)するユーザーには最大25ヵ月間基本料が無料となるキャンペーンや、これまで使用していた機種の下取りで割引を受けられたりするキャンペーンを展開しています。

しかし、他のキャリアでも同様のキャンペーンで対抗しているので、ソフトバンクにとどまって機種変更してもらえるように、MNP引き止めポイントの大量ポイントが提案されるわけなのです。

MNP引き止めポインはだれでもいつでももらえるの?

お得に機種変更できるMNP引き止めポインは、もらわないと損です。ところでよくあるお得なキャンペーンのように、MNP引き止めポインももらえる対象者や期間は限定されているのでしょうか。

普通に機種変更するとMNP引き止めポイントはもらえない


MNP引き止めポイントは、ソフトバンクから他社へMNPしようとしているユーザーを引き止めるための特典です。これを知らずに普通に機種変更してしまうユーザーに対しては、ソフトバンクとしては引き止めを行う必要がありません。

つまり普通に機種変更した場合では、MNP引き止めポイントをもらえずに終わってしまいます。

MNP引き止めポイントをもらうためには一定の手順を踏んだ手続き、つまり「MNPするフリをすること」が必要なのです。

MNP引き止めポイントは非公式の個別対応


MNP引き止めポイントをもらうには、ソフトバンクにMNPによる転出意思を示さなければなりません。そのためには、MNPの手続きをある程度の段階まで行う必要があるのです。

MNPを行うための最初の手順としては、まずMNP予約番号を取得しますが、この手続はネット上では行えず、電話かショップの窓口での対応のみとなっています。

ここからはオペレーターやスタッフが個別に手続きを進めてくれますが、この途中でMNP(のりかえ)を阻止するために用意されたマニュアルがあるようなのです。

MNP引き止めが提案されるまでの流れ


MNP予約番号を取得する際に、オペレーターやスタッフからいろいろと質問や確認をされます。

たとえば、これまで貯めたポイントが無効になってしまうことや、自宅のインターネット回線でソフトバンク光を利用している場合には、ネットとスマホを併用することで受けられていた割り引きがなくなってしまうことなど、暗に「のりかえると損しますよ」と控えめな引き止めが始まります。

その他、乗り換え先のキャリアや購入予定の機種、乗り換えの時期などについても質問されることがよくあります。そうこうしているうちに「お客様はキャンペーン対象になっております」などと、おもむろにMNP引き止めポイントが提示されるという流れで、なんとかMNPを引き止めようとしてくるのです。

MNP引き止めポイントはいくらもらえるの?


ソフトバンクのwebサイトを探してみても、MNP引き止めポイントについての記載はありません。MNP引き止めポイントは公式に行われているものではなく、ネットでよく見かける体験談にあるように、実際にMNPをしようとしているユーザーに対して個別に提案されるものだからです。

付与されるポイント数も、ソフトバンクの利用歴や機種変更で選択する端末機種などによって違いがありますが、最大で30,000ポイントがもらえます。

しかし先ほども説明したとおり、普通に機種変更する場合だとMNP引き止めポイントは1ポイントももらえません。

MNP引き止めポイントは1回しかもらえない?


ソフトバンクでMNP引き止めポイントを1回もらってしまうと、その後はもうもらえなくなるということはないようです。

MNP引き止めポイントは非公式のサービスなので、ソフトバンクの公式webサイトで確認することはできませんが、ネットでの口コミや体験談を調べて見る限り、複数回MNP引き止めポイントをもらってお得に機種変更を続けているという方がおられるようです。MNP引き止めポイントをもらうためにはなんらのコストも発生しないため、気軽にチャレンジしてみられるとよいでしょう。

次のページではソフトバンクのMNP引き止めポイントゲットの手順を解説します。


1 2 3