ソフトバンクのミドルスペックスマホおすすめ5選|選ぶポイント解説

ソフトバンクのミドルスペックスマホを比較しておすすめを5機種ご紹介します。機種ごとのおすすめの理由とおすすめしない理由もまとめているので、自分に合ったスマホを見つけてください。スマホを選びのポイントも解説しているので、ぜひ参考にしてください。

  • 2021年7月21日
ソフトバンクのミドルスペックスマホおすすめ5選|選ぶポイント解説
ソフトバンク公式でスマホ本体代が最大50%OFFになるキャンペーン実施中!

ミドルスペックスマホとは、手頃な価格で購入できながらスペックもハイスペックモデルに劣らず日常使いにちょうど良いスマホのことを言います。

ソフトバンクで機種を購入したいと考えている人の中にも、自分にとってちょうどいいミドルスペックスマホがほしいと考えている人も多いのではないでしょうか。

本記事では、ソフトバンクのミドルスペックスマホの中からおすすめの機種を5機種紹介します。

ソフトバンクの総合おすすめスマホランキングもあるので、是非あわせてチェックしてみてください。

ソフトバンクのお得な割引

  • トクするサポート+で端末代が実質半額になる
  • 下取りプログラムで最大51,600円のPayPayボーナスor50,400割引
  • 3G買い替えキャンペーンで28,080円割引
  • おうち割 光セットで毎月1,100円引き
  • 新みんな家族割で最大毎月1,210円引き
2021年9月ソフトバンクの機種変更キャンペーン8種類|端末・月額の割引まとめ

※本記事はすべて税込み表記となります。

ソフトバンクでiPhone13を予約!
オンライン予約なら当日受け取り可能
Apple発表会
  • トクするサポート+で約50%OFF
  • 下取りプログラムで最大55,200円還元
矢印iPhone13をソフトバンク
公式ショップで見る

ミドルスペックスマホを選ぶポイント5つ

ミドルスペックスマホを選ぶポイント5つ
ミドルスペックスマホを選ぶポイント5つ
ミドルスペックスマホを選ぶポイント
  • CPU性能
    iPhoneならA13以上、AndroidならSnapdragon600以上
  • メモリ・ストレージ
    メモリ(RAM)4GB以上、ストレージ(ROM)64GB以上がおすすめ
  • カメラ
    1200万画素以上あるといい
  • ディスプレイ
    動画視聴やゲームプレイをするなら大きいものがおすすめ
  • 価格
    3万円〜5万円台が一般的

ミドルスペックスマホは、性能がちょうどいい機種が多いのですが、機種によって秀でている機能がある機種もあります。

自分にとって、どの性能が必要なのかを見極め、ぴったりの機種を選ぶことが大切です。

ミドルスペックスマホの性能を決めるのに大切なポイントのうち、特に大切なポイントについて詳しく紹介します。

CPU

スマホの処理能力を決めるのがCPUです。CPUはiPhoneなら「A13 Bionicチップ」、Androidなら「Snapdragon600」というように表記されます。

簡単に説明をすると、注目をするべき点は数字の部分で、基本的に数字が大きい方が高性能です。

ミドルスペックスマホを選ぶ中でも、処理能力が優れたスマホがほしい人はCPUに注目して選んでください。

メモリ・ストレージ

OPPO Reno3 5Gのメモリ
メモリ・ストレージ

メモリとはRAMとも表記され、簡単に説明をすると作業領域を表すもので、メモリもCPUと同様に数字が大きい方が高性能です。

メモリが大きい方が、複数のアプリを開いたり、重たいアプリを開いたりしたときでもサクサクとした動作が行えます。

特にゲームプレイなどを行う場合は、メモリの容量が多いものを選んでください。

ストレージとはROMとも表記され、スマホ本体に保存できる容量を表します。ストレージも同様に数字が大きい方がたくさんの容量の保存が可能です。

microSDカードなどで増やせる機種もありますが、写真をたくさん保存したり、アプリをたくさんダウンロードしたりしたい人は容量が大きいものを選んでください。

カメラ

OPPO Reno3 5Gのカメラ
カメラ性能について

近年ではスマホに搭載されるカメラはデュアルカメラが一般的で、トリプルカメラやクアッドカメラなどもあります。

カメラの数が多ければ、超広角やマクロ、望遠など撮影ができる幅が広がるため、様々なシーンで写真撮影を楽しみたい人におすすめです。

もう1つ注目したいのが画素数ですが、約1200万画素程度あれば問題ありません。

カメラを選ぶときには、スペック表だけでなく実際の作例なども確認して自分好みのスマホを選んでください。

▲目次に戻る

ソフトバンクのミドルスペックスマホおすすめ5選

ソフトバンクのミドルスペックスマホおすすめ5選
ソフトバンクのミドルスペックスマホおすすめ5選

ソフトバンクのミドルスペックスマホの中からおすすめの機種を紹介します。

それぞれの機種について詳しく紹介していきます。価格は全て税込となります。

5位:Redmi Note 9T

Redmi Note 9T
Redmi Note 9T
Redmi Note 9Tのスペック・機能・価格
種別5Gスマートフォン
発売日2021年2月下旬以降発売
カラーナイトフォールブラック
デイブレイクパープル
サイズ 約162mm×約77mm×9.1mm
重さ約200g
ディスプレイ約6.53インチ
TFT
バッテリー5000mAh
アウトカメラ約4800万画素+約200万画素+約200万画素
インカメラ約1300万画素
CPUMediatek Dimensity 800U
メモリ4GB
ストレージ64GB
防水・防塵-
おサイフケータイ
生体認証指紋認証
顔認証
販売価格(税込)21,600円
トクするサポート+適用時の実質負担額(税込)10,800円
Redmi Note 9Tをおすすめする理由
  • トリプルカメラ対応で撮影の幅が広い
  • 5,000mAh大容量バッテリーで1日中使っても安心
  • 赤外線センサーがついていてリモコンとして使える
Redmi Note 9Tをおすすめしない理由
  • 防水・防塵非対応
  • 200gと重たく、片手操作は難しい
  • トリプルカメラ搭載だが超広角カメラは搭載されていない

Redmi Note 9Tは2021年2月下旬以降に発売予定の5G対応のミドルスペックスマホです。

販売価格は21,600円、トクするサポート+を適用すると半額の10,800円とかなり低価格で購入できます。

5,000mAhの大容量バッテリーを搭載しており、1日中使っても安心して使えるのが特徴です。

赤外線センサーが本体上部についており、家電を登録すればリモコンとしても利用できます。

低価格で5Gが使えるスマホがほしい人や、バッテリー持ちの良いスマホがほしい人におすすめです。

Redmi Note 9T
XiaomiRedmi Note 9T

公式で2万円以上お得になるキャンペーン実施中!

ソフトバンク公式オンラインショップ>ソフトバンク公式ショップで確認する

4位:AQUOS sense5G

AQUOS sense5G
AQUOS sense5G
AQUOS sense5Gのスペック・機能・価格
種別5Gスマートフォン
発売日2021年2月10日
カラーライトカッパー
ブラック
オリーブシルバー
サイズ 約148mm×71mm×8.9mm
重さ約178g
ディスプレイ約5.8インチ
IGZOディスプレイ
バッテリー4570mAh
アウトカメラ約1200万画素+約1200万画素+約800万画素
インカメラ約800万画素
CPUSnapdragon 690 5G
メモリ4GB
ストレージ64GB
防水・防塵
おサイフケータイ
生体認証指紋認証
顔認証
販売価格(税込)43,200円
トクするサポート+適用時の実質負担額(税込)21,600円
AQUOS sense5Gをおすすめする理由
  • 大容量バッテリー×省エネIGZOで電池もち◎
  • 広角、望遠、標準のトリプルカメラ搭載
  • アルコール除菌シートで拭いても大丈夫
AQUOS sense5Gをおすすめしない理由
  • カラーバリエーションは3色のみ
  • どちらかというと初心者向け
  • 特別秀でた機能はない

AQUOS sense5Gは2021年2月10日に発売される機種で、販売価格は43,200円、トクするサポート+適用で21,600円で購入できます。

かんたんモードも搭載しているため、初心者でも使いやすいミドルスペックスマホです。

カメラも標準カメラに加えて広角、望遠と最低限のトリプルカメラを搭載しているため、日常使いにぴったりのスマホとなっています。

今の時代に嬉しい機能として、アルコール除菌シートで拭いても大丈夫という点も嬉しいポイントです。

AQUOS sense5Gの評価レビューはこちらで確認が出来ます。

AQUOS sense 5G SC-54A
SHARPAQUOS sense5G

公式で2万円以上お得になるキャンペーン実施中!

ソフトバンク公式オンラインショップ>ソフトバンク公式ショップで確認する

3位:Google Pixel 4a

Google Pixel 4a
Google Pixel 4a
Google Pixel 4aのスペック・機能・価格
種別4Gスマートフォン
発売日2020年8月20日
カラーJust Black
Barely Blue
サイズ 約144mm×約69.4mm×約8.2mm
重さ143g
ディスプレイ約5.8インチ
有機EL
バッテリー3140mAh
アウトカメラ約1220万画素
インカメラ約800万画素
CPUSnapdragon730G
メモリ6GB
ストレージ128GB
防水・防塵-
おサイフケータイ
生体認証指紋認証
販売価格(税込)49,680円
トクするサポート+適用時の実質負担額(税込)24,840円
Google Pixel 4aをおすすめする理由
  • 軽くて片手でも操作しやすい
  • シングルカメラでも十分な撮影技術
  • 背面がマットで指紋がつかない
Google Pixel 4aをおすすめしない理由
  • 防水・防塵非対応
  • microSDカード非対応
  • 指紋認証が背面で少し使いにくい

Google Pixel 4aは5Gは必要なく、日常使いにぴったりのスマホがほしい人におすすめのミドルスペックスマホです。

販売価格は49,680円、トクするサポート+適用で半額の24,840円で購入できます。

低価格ながら日常使いに十分なスペックを搭載しているほか、コンパクトサイズで片手でも操作がしやすい点が特徴です。

カメラはシングルカメラのみで、一見デメリットに見えますが、シングルカメラでも綺麗な写真撮影が行えます。

コンパクトサイズのスマホがほしい人や、日常使いにぴったりのスマホがほしい人におすすめです。

Google Pixel 4aの評価レビューと口コミ・評判はこちらで確認が出来ます。

Google Pixel 4a
GoogleGoogle Pixel 4a

公式で2万円以上お得になるキャンペーン実施中!

ソフトバンク公式オンラインショップ>ソフトバンク公式ショップで確認する

2位:Reno3 5G

OPPO Reno3 5G
OPPO Reno3 5G
OPPO Reno3 5Gのスペック・機能・価格
種別5Gスマートフォン
発売日2020年7月31日
カラーミスティ ホワイト
サイズ 約159mm×約72mm×約7.7mm
重さ約171g
ディスプレイ約6.55インチ
有機EL
バッテリー4025mAh
アウトカメラ約4800万画素+約1300万画素+約800万画素+約200万画素
インカメラ約3200万画素
CPUSnapdragon765G
メモリ8GB
ストレージ128GB
防水・防塵-
おサイフケータイ
生体認証指紋認証
顔認証
販売価格(税込)55,440円
トクするサポート+適用時の実質負担額(税込)27,720円
OPPO Reno3 5Gをおすすめする理由
  • 約6.55インチの大画面有機ELディスプレイ搭載
  • 高性能CPUと8GBメモリでさくさく動く
  • クアッドカメラ搭載で撮影の幅が広がる
OPPO Reno3 5Gをおすすめしない理由
  • 防水・防塵非対応
  • 画面内指紋認証が使いにくい
  • ポートレートカメラは非搭載

OPPO Reno3 5Gは5Gに対応したスマホながら販売価格55,440円、トクするサポート+で半額の27,720円で購入できるミドルスペックスマホです。

ミドルスペックスマホとはいえ、ハイエンドにも引けを取らないスペックを搭載しています。

カメラにはメインカメラの他に、超広角、望遠、モノクロのクアッドカメラを搭載していますが、ポートレート用の深度測位カメラは搭載されていないので注意が必要です。

本記事で紹介するスマホの中で最も大画面サイズを搭載したスマホなので、綺麗な映像を楽しみたい人やゲームを楽しみたい人におすすめします。

OPPO Reno3 5Gの評価レビューはこちらで確認が出来ます。

OPPO Reno3 A
OPPOOPPO Reno3 5G

公式で2万円以上お得になるキャンペーン実施中!

ソフトバンク公式オンラインショップ>ソフトバンク公式ショップで確認する

1位:iPhoneSE(第2世代)64GB

iPhoneSE(第2世代)
iPhoneSE(第2世代)64GB
iPhoneSE(第2世代)のスペック・機能・価格
種別iPhone(4G)
発売日2020年5月11日
カラーホワイト
ブラック
(PRODUCT)RED
サイズ 約138.4mm×約67.3mm×約7.3mm
重さ約148g
ディスプレイ約4.7インチ
Retina HDディスプレイ
バッテリー1821mAh
アウトカメラ1200万画素
インカメラ700万画素
CPUA13 Bionicチップ
メモリ3GB
ストレージ64GB
防水・防塵
おサイフケータイ
生体認証指紋認証
販売価格(税込)57,600円
トクするサポート+適用時の実質負担額(税込)28,800円
iPhoneSE(第2世代)64GBをおすすめする理由
  • 現在ソフトバンクで発売中のiPhoneの中で最安値
  • iPhone11 Pro Maxと同じCPUを搭載している
  • 防水・防塵・おサイフケータイ対応
iPhoneSE(第2世代)64GBをおすすめしない理由
  • 画面サイズが小さい
  • カメラはシングルカメラのみ
  • カラーバリエーションが少ない

iPhone SE(第2世代)は2020年5月に発売され、販売価格は57,600円ですが、トクするサポート+適用で半額の28,800円で購入できます。

現在発売されているiPhoneの中で最安値で購入できますが、iPhone11 Pro Maxと同じCPUを搭載しており快適な操作が可能です。

ただし画面サイズが一般的なスマホと比べても小さく、動画視聴をよくする人やゲームプレイをする人には物足りない点に注意してください。

iPhoneSE(第2世代)は、スマホはiPhoneが良いという人や、安くても性能が良いスマホがほしい人におすすめです。

iPhoneSE(第2世代)の評価レビューと口コミ・評判はこちらで確認出来ます。

AppleiPhone SE(第2世代)

公式で2万円以上お得になるキャンペーン実施中!

ソフトバンク公式オンラインショップ>ソフトバンク公式ショップで確認する

ソフトバンクのミドルスペックスマホおすすめ5選
  1. iPhoneSE(第2世代)64GB
    28,800円
    コスパ最強、カメラ重視じゃない人におすすめ!
  2. OPPO Reno3 AOPPO Reno3 5G
    27,720円
    ミドルスペックの中では高いスペック。対応していない機能があるので注意!
  3. Google Pixel 4aGoogle Pixel 4a
    24,840円
    軽い・持ちやすい・手触りがいい、丁度いいスマホ
  4. AQUOS sense 5G SC-54AAQUOS sense5G
    21,600円
    トリプルカメラ搭載+バランスのいい性能
  5. Redmi Note 9TRedmi Note 9T
    10,800円
    大容量バッテリーのバランスタイプ、少し重いのがデメリット

ソフトバンクの機種変更がお得になる割引キャンペーンはこちらでまとめているので、購入前に必ず確認をしておきましょう。

▲目次に戻る

自分にぴったりのコスパ抜群ミドルスペックスマホを選ぼう

ソフトバンクのミドルスペックスマホの中から、おすすめの機種を紹介しました。

ミドルスペックスマホは日常使いにぴったりの機種やプラス機能でより快適に使える機種など様々です。

価格も比較的低価格で購入できるため、価格も性能も自分にぴったりの機種を見つけられます。

ソフトバンクのミドルスペックスマホがほしい人は、本記事を参考に自分にぴったりの機種を選んでください。


ソフトバンク公式でスマホ本体代が最大50%OFFになるキャンペーン実施中!
この記事を書いた人
みっさん
家電量販店にて3年間携帯販売をして培った知識を活かし、スマホに関する「わかりにくい」情報を「わかりやすく」お届けします。ソフトバンクユーザーですが、ドコモ・au・ワイモバイル・楽天モバイルの利用経験があります。