読了時間:約 3

2018年の最新iPhoneも、上位2機種iPhone XS / iPhone XS Maxはすでに予約が始まりました。ミドルクラスの廉価モデルiPhone XRも予約開始が10月19日と迫ってきています。

ソフトバンクで最新iPhoneを発売直後に手に入れるためには、事前予約が必須です。この記事では、ソフトバンクで確実に新型iPhoneをゲットするために予約に関するとっておき情報をご紹介します。

iPhone 11をお得に購入したい方は、加えて是非こちらもチェックしてみてください。

全キャリア比較!iPhone 11に機種変更で60,000円得する最安購入方法

最新iPhoneシリーズのここが気になる!


画像引用元:iPhone | ソフトバンク

2018年発表のiPhoneは3種類がラインナップしています。それぞれの名称・クラスは次の通りです。

  • iPhone XR(中位クラス)
  • iPhone XS(上位クラス)
  • iPhone XS Max(最上位クラス)

廉価モデルのiPhone XR、iPhone Xの後継機という位置づけのiPhone XS、そのiPhone XSをさらに大画面にしたiPhone XS Maxという3機種がAppleによって公式に発表されました。

最新シリーズの中でAppleが一番主力モデルと位置付けているであろうiPhone XSと、一番低価格なため購入を検討しやすいiPhone XRの2機種について、魅力的な特徴を見てみましょう。

確実に最新iPhoneをゲットするためにも、ソフトバンクオンラインショップで予約約しましょう。

iPhone XS


画像引用元:iPhone – Apple(日本)

全3モデルの中でクラス的には真ん中に位置するiPhone XSですが、おそらく販売台数的には一番伸びると思われます。なぜなら、Appleの最新技術と価格のバランスが一番良い機種だからです。

iPhone Xと価格を比較してみた


2017年に発売されたiPhone Xは、それまでのiPhoneシリーズに比べて数万円も高額でした。

ソフトバンクでのiPhone X(64GB)の一括払い代金は131,040円(2018年9月時点)となっており、簡単には手を出せない金額設定です。そのため、iPhone Xは見込まれていたよりも販売台数は伸びませんでした。

その後継機となるiPhone XSは幾らになるのか注目されてきましたが、公式発表での販売価格は999ドルで、iPhone Xと同額となりました。ソフトバンクでは136,800円~の販売価格となっています。

価格はiPhone Xとほぼ同額ですが、その内容・スペックはどうなのでしょうか?

iPhone XSはバッテリーの持ちが伸びる


新型iPhoneはバッテリーの持ちも改善されています。バッテリー駆動時間はiPhone Xに比べて、iPhone XSが最大30分伸び、iPhone XS Maxに至っては最大1.5時間も伸びます。スペックは上がっているのにバッテリーはより長く持つというのはうれしいですね。

iPhone XSはフレームが超高級仕立て


画像引用元:iPhone XS 製品情報 | ソフトバンク

iPhone XSはボディフレームに医療器具にも用いられている高純度ステンレススチールを採用しており、そのクールな高級感はこれまでのiPhoneと一線を画しています。美しいだけではなくて剛性も高く、耐水性や防塵性能にも非常に優れています。

廉価モデルのiPhone XRはフレーム材質がワンランク下なので、上位クラスiPhone XSならではの高品質さが際立っています。

iPhone XR


画像引用元:iPhone XR 製品情報 | ソフトバンク

2018年発売のiPhoneシリーズの中でも一番低価格なモデルがiPhone XRです。低価格とはいえ、iPhone XRには上位機種と異なる魅力があります。

最新iPhone XRの最安価格はいくら?


画像引用元:iPhone XR 料金・割引 | ソフトバンク

ソフトバンクではiPhone XRの端末価格はまだ掲載されていません(2018年9月17日現在)。Apple公式ストアでは、84,800~101,800円(税別)となっています。他の2つの上位機種は10万円を軽く超えることを考えると、その価格帯は求めやすい金額といえるでしょう。

比較対象として、ソフトバンクではiPhone 8(64GB)の一括代金が86,400円(2018年9月時点)で同程度の金額です。6.1インチ大画面モデルと予想される最新iPhoneが、iPhone 8とあまり変わらない価格で購入できるというのは大きな魅力ではないでしょうか?

iPhone XRの安さの秘密は液晶ディスプレイ


画像引用元:iPhone XR 製品情報 | ソフトバンク
2018年販売の上位モデルは有機ELディスプレイを搭載しています。それに対してiPhone XRは液晶ディスプレイ搭載なので価格を低く抑えることができるわけです。

もちろん、iPhone XRは液晶ディスプレイでもLiquid Retina液晶搭載なので、液晶の中で最高レベルに画質が美しいのは間違いありません。では、上位機種の有機ELディスプレイの特徴とは何なのでしょうか?

上位機種が搭載する予定の有機ELディスプレイとは

有機ELディスプレイは、2017年11月に発売されたiPhone Xに初めて搭載されました。その特徴は次のようになっています。

  1. 色の明暗(コントラスト)が精細に表現される
  2. 残像が出ないため動画が見やすい
  3. 液晶に比べて高いコスト

①液晶ディスプレイでは、バックライトが漏れるため暗い色(黒色)を表現するのが苦手で、どうしても白けてしまいます。有機ELディスプレイはバックライトがないので、暗い色を本当に暗く表現できます。それで色の明暗がきれいに出るわけです。

コントラスト比で比較すると、有機ELディスプレイが100万対1、つまり黒から白にかけて100万の段階があるのに対して、液晶ディスプレイはせいぜい1400対1というところです。断然、有機ELディスプレイのほうが画面が精細といえます。

そのため、画像や映像の3D感つまり奥行きの表現を重視する人は、iPhone XSがおすすめです。

②サッカーなどの動きが激しいスポーツを観戦することが多いなら、残像が気になることがあるかもしれません。その点、有機ELは残像が生じないというメリットがあります。ですので、動画をよく見るという人は液晶モデルのiPhone XRよりもiPhone XSを選ぶといいでしょう。

③有機ELディスプレイは液晶よりも表現力に優れていますが、その分コストが高くなってしまいます。金額差にすると数万円もの差が出てしまうんです。

最新iPhoneを手に入れたいけど12万円オーバーは高すぎる・・・という人には、iPhone XRが魅力的に映るのではないでしょうか。

iPhone XRはカラー展開が6色


画像引用元:iPhone XR – 仕様 – Apple(日本)

iPhone XRの大きな特徴の一つとして、カラーバリエーションが豊富ということが挙げられます。色は次の6色です。

  • ホワイト
  • レッド
  • ブラック
  • コーラル(オレンジ)
  • ブルー
  • イエロー

iPhoneシリーズとして、オレンジやブルー、イエローといった色は珍しいですよね。これまではカバーで個性を出していたのが、iPhone では端末自体が個性的になるわけですから、人気も高くなりそうです。

ということで、iPhone XRの特に人気が出そうなカラーは予約申込みが重要になってきます。記事後半でソフトバンクでの確実な予約方法を紹介しますので、ぜひ実践してみてください。

2018年のiPhoneシリーズのスペック情報まとめ

  iPhone XR iPhone XS iPhone XS Max
価格 90,000-110,000円 120,000-160,000円 130,000-180,000円
CPU 最新A12チップ 最新A12チップ 最新A12チップ
メモリ 3GB 4GB 4GB
ストレージ 64GB / 128GB / 256GB 64GB / 256GB / 512GB 64GB / 256GB / 512GB
ディスプレイ 6.1インチ液晶 5.8インチ有機EL 6.5インチ有機EL
ホームボタン 無し 無し 無し
カメラ シングルカメラ ダブルカメラ ダブルカメラ
顔認識 有り 有り 有り
指紋認証 無し 無し 無し
DSDS 未対応 対応 対応
キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
1 2