Pocket

読了時間:約 2

ソフトバンクをご利用中の方で、そろそろ新しいスマホに買い替えたい…特に、iPhone8が気になっている!という方は多いのではないでしょうか。ソフトバンクでは新しいiPhoneシリーズに機種変更する方をサポートするプログラムが充実していて、安くiPhone8に買い替えることができます。

今回はiPhone8について詳しく、さらにソフトバンクでの機種変更をする際に知っておきたいおトクなキャンペーン・プログラムについて説明していきたいと思います。

iPhone8に新色カラー登場!

2018年4月9日、AppleからiPhone8/8Plusの新色(PRODUCT)RED Special Editionを発表しました。ソフトバンクも4月13日(金)から発売開始となり、気になっている方も多いのではないでしょうか。
 
ちなみにこちらのREDモデルを購入すると、金額の一部が「世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)」に寄付されます。iPhoneシリーズ以外にもiPhoneケース、iPodなども同じモデルが発売されているのでこちらも合わせて購入してみてもいいと思います。

iPhone7/7PlusのREDカラーは背面が赤、前面が白のカラーモデルでしたが、iPhone8/8Plusは前面が黒と変化し以前よりもシックな印象を受けます。カラー以外の仕様・本体価格は従来のiPhone8/8Plusと同じとなっています。これを機会にスマートなREDカラーのiPhone8をGETしてみませんか?

関連記事:iPhone 8 / Plusに新色レッド登場|(PRODUCT)RED Special Edition

まずはiPhone8の性能をチェックしよう

そもそもiPhone8の仕様ってどうなの?と気になる方のために、iPhone8の性能について紹介しようと思います。
まずはiPhone7、iPhone8、iPhone8Plusの仕様の比較をしていきましょう。

7と8のサイズはあまり変わらず、手持ちの操作感はそのままになります。画面サイズも同じ4.7インチとなります。しかし背面がガラスになったことにより少し重さが増えたので、最初は重さにビックリすると思います。これは使い続けることで慣れていくのであまり気にしないでください!

それではiPhone8の特徴を3つに絞って紹介していきます。

カメラの性能がアップ!

こちらはiPhone8 Plusのみの性能になりますが、カメラにポートレートモードが追加されました。ポートレートとは、背景をキレイにぼかしながら、被写体にフォーカスを定めた写真を撮ることができる機能です。

スマートフォン1つで一眼レフのような画質の写真を撮れるとなると、インスタグラムに写真を投稿する若い女性をはじめとしたカメラ好きの方々にはとても魅力的な機能ではないでしょうか。

もちろんiPhone8のカメラも新しくなっています。新しいカメラではビデオ手ぶれ補正が改良され、4Kビデオや1080pスローモーションなど、これまでよりも更に高品質のビデオ撮影ができるようになりました。

写真もよりディティールが鮮明となり、12メガピクセルのカメラに進化しているためこれまでより写真がキレイに撮れるようになっています。

iOS11ではiPhone8/8 Plusの写真・ビデオが最大2倍で圧縮できるようになったため、これまでと同じストレージに2倍の容量の写真とビデオを保存することが可能となりました。

CPUの性能がアップ!

続いてはCPUの性能。先程の表を見返すと、チップについて記載がありましたね。
iPhone7はA10ですが、iPhone8からはA11 Bionicとなっています。これにはどんな違いがあるのかというと…

高性能コア(負荷のかかるタスクの処理を行う)がA10より最大25%高速
高効率コア(負荷のかからないタスクの処理を低消費電力で行う)がA 10より最大70%高速

となっています。たとえばテキストメッセージの送信・ネットサーフィンなどは消費電力を抑えて処理できるということになります。動作が重くなりがちなゲームアプリも処理性能が上がったので滑らかに操作することが可能となります。

ちなみにCPUとは、スマートフォンの頭脳を司る部分となります。CPUが高くなったということは、その分賢くなったということ。重くなりそうだから…と敬遠しがちだったARを使用したゲームも気軽に遊べることができます。

iPhone7と比べ、バッテリーの消耗を抑える・処理能力が向上したiPhone8。これこそiPhone8に機種変更する最大のメリットとも言えるでしょう。

デザイン性と機能性を持ち合わせた背面

iPhone8から背面がガラスになったことはデザインが更に美しくなっただけではありません。
 背面がガラスになったことでQi(チー)に対応することが可能となったため、これまではLightningケーブルでしかできなかった充電が、ワイヤレスという選択肢が増えたのです。

ワイヤレス充電マットに本体を置いておくだけでバッテリーの充電ができるということで、これまでケーブルの断線などが気になっていた方には便利な機能になっているのではないでしょうか。

ワイヤレス充電マットは別売りとなっています。2018年発売とされているApple公式のアクセサリ「Air Power」では、iPhone本体とApple Watchなど同時に3台充電することが可能となるので、コチラの発売を待ってみることをオススメします。

関連記事:iPhone 8/ Xに機種変更するべき?性能評価と買わない理由

ソフトバンクの下取りプログラムとは

それでは機種変更でiPhone8に変える際、1円でも安くするために利用すべき「下取りプログラム」について説明します。

「下取りプログラム」とは、iPhone8に買い換える前に使っていたiPhone/Android・ケータイを下取りとしてソフトバンクに預けることで、割引された機種本体を購入できるソフトバンクのキャンペーンのことを指します。

使わなくなったスマホやケータイは家にあっても処分に困るので、買い換える際に引き渡してしまったほうが邪魔にならないし安く買える、とオトクなことしかありません!

特典はA・Bに分かれていますがどちらも受け取ることができます。続いてプログラムでもらえる特典・条件・手続きについて紹介していきます。

プログラムでもらえる特典

下取りプログラムで受け取れる特典は以下の2つです。どちらも受け取ることができます。

特典A…通信料金から24回の分割割引もしくは割引総額相当の商品券・ポイント等付与のいずれかから選択
特典B…ソフトバンクカードへのプリペイドバリューチャージ

それぞれの割引額、チャージ額は下取りの対象機種によって異なります。以下のリンクでそれぞれ確認してください。(2017年9月19日以降に購入していた場合)

下取りプログラム(機種変更)

特典Bのソフトバンクカードとは、ご利用の金額に応じてTポイントが貯まるプリペイドカードで、年会費・入会費は無料です。こちらのカードに相当額がチャージされ、コンビニやレストランなどVisaカード対応のお店で現金代わりに支払うことができます。

もちろん自分が使いたい分を入金しておけば今後もプリペイドカードとして使うことができるので、これを機会に入会してみることをオススメします。なおTポイントは200円(税込)ごとに1ポイント貯めることができるので、現金で支払うよりもさらにおトクになります。

特典をもらうための条件

特典を受け取るには条件に適用されなければいけません。

特典Aの適用条件
・機種変更でソフトバンク指定機種を購入すること
・機種変更前の機種をソフトバンクで購入していたこと
・下取り対象機種の査定を完了すること
・製造番号が確認できること
・メーカーの保証対象外でないこと(改造していないこと)
・下取り対象機種が「スマホデビュー割」に適用していないこと
スリープボタンが正常に機能し、データを初期化していること

特典Bの適用条件
・特典Aの適用条件を満たし、下取り申し込み日の翌月末以内にソフトバンクカードIDを登録すること

条件が多く感じますが、以前からソフトバンクを利用していて、派手な損傷や故障がなければ下取りはしてもらえるので大丈夫です。ただし注意しておきたいのはデータの初期化。これは下取りに出す前に忘れないように処理しておきましょう。

参考記事:ソフトバンクの機種変更で「下取りプログラム」が使えない?そのワケ

プログラムを手続きする流れ


下取りプログラムを手続きする流れは二通りから選ぶことができます。
手続きが素早く済む店頭での申し込みと、来店不要の郵送での申し込みからそれぞれの都合に合わせて選んでみてください。

店頭で下取りをしてもらう場合は以下の流れになります。
①下取り対象機種のデータのバックアップを取り、初期化、各種ロックの解除を実施
②店頭にて下取り対象機種の査定を実施し、下取り可能の場合のみ本人確認を行い同意書に署名
③下取り対象機種をそのまま店頭にて回収
④申し込みの翌請求月の請求金額から割引を開始

データのバックアップ、初期化の方法はこちらのリンクを参考にしてください。
下取り前の準備について

なお、本人確認には免許証・パスポートなどの原本が必要となりますので、必ず忘れないように持参してください。

郵送で下取りをしてもらう場合は以下の流れになります。
①店頭で下取りを申し込み、添え状と送付キットを受け取る
②下取り対象機種のデータのバックアップを取り、初期化、各種ロックの解除を実施
③下取り対象機種を梱包材に入れ、添え状と一緒に送付キットに同梱。送り状ラベルが正しく貼り付けられているか確認した上で、ポストに投函。
④下取りできる場合はソフトバンクよりSMSを送付、特典が適用される

添え状の記入例はこちらのリンクを参考にしてください。
添え状記入例

故障してしまった端末…でも諦めない!


残念ながら下取り対象機種が故障していて、下取りに出せない…という方もいると思います。しかし諦めてはいけません!

ソフトバンクでは故障端末買取キャンペーンを実施中です。3R(リデュース・リユース・リサイクル)を推進することで循環型社会の実現に取り組んでいるため、故障してしまった端末も買い取ることに積極的なのです。

下取りプログラムと同様の料金割引がされるわけではありませんが、故障した端末を渡すことを引き換えに高いTポイントを受け取ることができます。

故障端末買取キャンペーンで高ポイントをGET

それでは故障端末買取キャンペーンとはどのようなものか、詳細を説明していきます。

対象機種は水没してしまったり、重度の破損、電源が入らない…など、故障している端末が対象です。
※ただし改造や分解をしている端末は対象外となります

ひとりあたり最大5台まで買い取ってもらえるため、これまで故障により下取りしてもらえなかった…と諦めていた端末もあわせて買取に提出できます。

査定により判明した機種にもとづいてTポイントが付与されます。iPhoneシリーズの付与ポイントは以下のリンクを参考にしてください。

故障端末買取キャンペーン

Tカード番号の登録が済んでいない方は、事前にTカード番号の登録手続きを済ましておきましょう。申し込みはWEBから簡単に行うことができます。申し込み完了後、指定した住所に送付キットと添え状が発送されるので、端末を同梱して発送してください。

査定完了後にSMSで結果が通知され、翌月末にTポイントが付与されます。それでは獲得したTポイントはどのように使うことができるのでしょうか?続いてはTポイントの使い道を紹介していきます。

Tポイントの使い道

Tポイントの利用方法は以下が挙げられます。

・毎月の通信料
・携帯電話の購入代金
・携帯電話の修理代金
・ロハコforソフトバンクのショッピング
・オプション品の購入
・Tポイント連携先での支払い

 1ポイント=1円として利用可能なので、付与ポイントを相当金額分通信料に充てることができるのはかなりおトクではないでしょうか。

半額サポートで更に安く

先程紹介した下取りプログラムは、半額サポートと併用することで更に安くすることができます。

下取り対象機種がiPhone6で、半額サポート for iPhoneと併用してiPhone8(64GB)を購入した場合、本体代金が実質0円となるのです。もちろんiPhone6でない場合も、下取りプログラムの割引額に加えて更に安くすることはできます。

25ヶ月目以降に新たに機種変更をする必要がありますが、2年間はiPhone8を使用することができるのでかなりおトクなキェンペーンになります。

半額サポート for iPhoneとは

半額サポート for iPhoneについて詳しく説明していきます。機種変更でiPhone8を購入した場合の実質負担額はコチラになります。

かなり安くなることがわかりますね。ではその内訳を見ていきましょう。
まずは機種代金の分割が48回払いなので、24回払いに比べ毎月の負担額が減ります。更に「月月割」に加入可能なので、こちらに加入して更に毎月の支払額を安くしましょう。

半額サポートの最大のポイントなのが、2年目以降にiPhone8と引き換えに新たに機種変更をすることで、iPhone8の残りの支払いをソフトバンクが負担してくれる点です。つまり48回分の24回のみ支払えばいいことになります。ということでこれらをまとめると内訳が出ます。

iPhone8(64GB)を購入後、25ヶ月目で機種変更した場合
機種代金94,320円—「月月割」適用(24ヶ月分)33,720円−「半額サポート for iPhone」適用47,160円=13,440円(560円×24ヶ月)

10万円近くの機種代金が1万円近くまで抑えることができるのは、かなりおトクということがわかります。また、2年毎に新しいiPhoneに買い換えることができるのでiPhoneの新作を見逃せない!という方にはピッタリなキャンペーンになります。ちなみに「半額サポート for iPhone」は無料で利用可能なため、気になる方は気軽に申し込みができます。

半額サポートと併用する際の注意点


「半額サポート」は条件が厳しいのでいくつか注意しておきたい点を紹介しておきます。

・25ヶ月目以降機種変更した際、iPhone8が査定条件を満たさなかった場合は20,000円の支払いが必要となる
査定条件とは水没や故障がなく電源が入ることができ、各種ロックが解除された状態のものを指します。iPhone8を購入後は故障がないように扱う必要があります。なお、あんしん保証パックシリーズのいずれかに加入している場合は支払い金額が2,000円となります。

・一部の割引キャンペーンとの併用ができない場合がある
「ワンキュッパ割」「スマホデビュー割」「機種変更先取りプログラム」とは併用ができないので、どちらのプランを利用するかよく考えてから決めたほうがよさそうです。

・次回機種変更時に「半額サポート for iPhone」を利用する場合は、「下取りプログラム」との併用ができなくなる
初回の機種変更時には併用が可能ですが、iPhone8に変更後25ヶ月目以降に機種変更する際は併用ができません。このプログラムは購入した機種を引き渡すことが条件となるためです。

以上の点を考慮して、下取りプログラムと併用して本プログラムを利用するかを決める必要があります。

関連記事:ソフトバンクの半額サポートと機種変更先取りプログラムの違い|徹底解説

下取りで安く、賢く、iPhone8に機種変更しよう!

ソフトバンクをご利用中の方は、iPhone8に下取りで安く機種変更しましょう!また併用することで更におトクになるプログラムもあるので、見比べながら1円でも安くできる道を探してみてください。

Pocket