ソフトバンクのiPhone機種変更で受けられるキャンペーンまとめ|2018年9月

  • 2021年1月17日
補償は大切
ソフトバンク公式でスマホ本体代が最大50%OFFになるキャンペーン実施中!

新型iPhoneに関する情報がどんどん公開され、機種変更を考えているという方は非常に多いでしょう。

機種変更をする際に最も気になるのは「どれくらい割引されるか」です。現在は実質負担ゼロも出来なくなり、割引は一昔前に比べてされなくなったと噂されていますが、実際のところはどうなのでしょうか。

今回は大手キャリアの中で最もiPhoneの機種変更に力を入れているソフトバンクの割引やキャンペーンについてご紹介します。

iPhoneの機種変更に力を入れるソフトバンク


画像引用元:キャンペーン一覧 | モバイル | ソフトバンク
新型iPhoneの発売に合わせて機種変更キャンペーンを展開するキャリアは多くありますが、その中でもソフトバンクはかなりの力を入れているキャリアと言えるでしょう。

2年縛りの最中であっても違約金無しで機種変更が出来るサービスや、ガラケー時代のパケホーダイのようなデータ定額プランを導入するなど、新型iPhoneへの機種変更を促すキャンペーンが続々導入されています。

とは言え、どれだけのキャンペーンを展開しても問題なのは「お得に買えるか」、「料金は安いか」という点です。また、既存のソフトバンクユーザーからすれば機種変更の際に使えるキャンペーンがあるかどうかが重要なポイントでしょう。

4年縛り問題はどうなった?

格安SIMへ移ったユーザーが関心を寄せる「4年縛り問題」ですが、2018年9月以降のソフトバンクはどのような対応をしているのでしょうか。

ソフトバンクを始めとする大手キャリアは格安SIMへ流れてしまったユーザーを再獲得するために料金の値下げやキャンペーンのボリュームアップなど様々な施策を打ち出していますが、「縛り」の問題を考えると出戻りは難しいと考えている人は非常に多いです。

「縛り」の問題点は、機種代金は48回払いにも関わらず通信契約は2年刻みの契約となっている点にあります。高額機種を安く手に入れられる反面、契約期間が終わっても延長し続けなければならないというのはかなりのデメリットとなっていました。

このようにソフトバンクを始めとした大手キャリアの「縛り」問題は多くのユーザーを悩ませてきましたが、ソフトバンクは9月21日に「今後は半額サポートの適用条件からプログラムへの再加入を外す」と発表しており、事実上「縛り」は撤廃となります。

2年スパンでの契約が基本となる点で縛りの問題は無くなっていないという見方はあるものの、ソフトバンクでは1年で機種変更をしても割引を受けられるプランが存在するため、拘束力の強い縛りはほとんど無くなったと見ることが出来ます。

条件が変更となるのは11月29日からと新型iPhoneの発売から少し遅れますが、予約をしていない人が新型iPhoneを購入する場合はちょうど良いタイミングと言えるでしょう。

ソフトバンクのiPhone機種変更で受けられるキャンペーン


9月に入ってからソフトバンクは9月21日の新型iPhone発売に向けて様々なキャンペーンを展開しています。その中でも特筆すべきなのは機種変更で受けられるキャンペーンでしょう。

ソフトバンクは新規契約の獲得だけでなく既存ユーザーの囲い込みにも力を入れており、非常に多くの割引を提供しています。そんなソフトバンクのお得なキャンペーンをiPhone機種変更時に利用することは出来るのでしょうか。

ソフトバンクのキャンペーン・割引の詳細をご紹介すると共に、具体的にどれくらいお得になるのか解説していきます。

1年おトク割

1年おトク割はソフトバンクに新規契約もしくは機種変更をした人のみが受けられる割引です。1年おトク割を受けたことがある人が再度割引を受けることは出来ませんが、1年おトク割は2018年9月に始まったキャンペーンなので、ほとんどの方は問題ないでしょう。

また、1年おトク割は通話基本プランウルトラギガモンスター+またはミニモンスターに加入している人しか適用されません。とは言え、通話基本プランやデータ定額パックはソフトバンクと契約を行う限りほぼ必須のプランであるため誰でも受けられると考えて良いでしょう。

割引内容は12ヵ月の間、月額料金から毎月1,000円の割引が受けられるというものです。年間だと12,000円の割引を受けられることになるため、新しいiPhoneへ機種変更した場合の月賦料金を大きく引き下げられます。

詳しくは後述しますが、1年おトク割や新プランを組み込んで月額料金を算出すると、毎月50GBものデータ通信が行えるウルトラギガモンスター+に加入した場合でも月々の支払額は3,480円とかなりお得です。

仮にiPhoneXS/64GBモデルを2年契約かつ分割で購入した場合、毎月の携帯料金は5,076円となります。12万円を超える超高級機種であるiPhoneXSが毎月5,000円程度の支出で持てるというのはかなり魅力的です。

ガラケ→スマホ割


ガラケ→スマホ割も1年おトク割と同じく2018年9月から導入された割引で、簡単に言えばガラケーユーザーの新型iPhone等への機種変更を促すためのキャンペーンです。

割引期間も1年おトク割と同様ですが、割引額は1ヵ月辺り1,980円と1年おトク割の倍近い割引額となっています。1年間限定とはいえ、iPhoneXS/64GBモデルの分割料金をほぼゼロに出来ることを考えれば非常にお得なキャンペーンと言えるでしょう。

ガラケ→スマホ割の適用条件は、対象機種を購入する際に割引が適用となるプランへ加入するというものです。割引が適用されるプランは通話基本プラン+ミニモンスター+ウェブ使用量を組み合わせたプランのみとなり、ウルトラギガモンスター+に加入することは出来ません。

この点はガラケ→スマホ割唯一の欠点と言えるでしょう。例えば家族全員でソフトバンクへMNPする場合などは親回線でウルトラギガモンスター+に加入し、子回線でシェアオプションに加入した方がお得になります。

ウルトラギガモンスター+が家族みんなで使うプランだとすれば、ミニモンスターは自分ひとりでソフトバンクと契約する際にお得なプランです。そのため、ガラケ→スマホ割は実質自分ひとりでソフトバンクと契約する個人向けのキャンペーンと言えます。

みんな家族割+

みんな家族割+は名前の通り家族でソフトバンクと契約すると月々の携帯料金が安くなる割引です。新型iPhoneへの機種変更を機に家族の回線をソフトバンクにまとめる人にとっては必須の割引と言えるでしょう。

割引が適用されるのは「家族割引」およびウルトラギガモンスター+、旧プランであるウルトラギガモンスターに加入している人のみですが、グループ内にひとりでも新旧ウルトラギガモンスターに加入している人が居れば、ミニモンスター加入者も恩恵を受けられます

割引額は対象となるプランに加入している人につき500円/月で、例えば3人家族でソフトバンクと契約し、親回線がウルトラギガモンスター+、子回線が両方ミニモンスターの場合は毎月1,500円の割引を受けることが可能です。

みんな家族割+はデメリットを挙げるとするならばデータシェアをしている回線については割引対象としてカウントされないことでしょう。

その分、みんな家族割+は離れた家族や同棲している人とも割引を共有できるため、大人数で使えば割引額をグンと引き上げることが可能です。

ギガ放題キャンペーン


画像引用元:ウルトラギガモンスター+(プラス) | モバイル | ソフトバンク
ギガ放題キャンペーンはウルトラギガモンスター+に加入した人のみが受けられる特典です。内容はキャンペーン期間中すべてのデータ通信がカウント対象外となるもので、実質的にはガラケー時代の「パケホーダイ」とも言えるキャンペーンとなっています。

ギガ放題キャンペーンが適用される期間は2019年4月までとそこまで長くはありませんが、データ制限が事実上撤廃されるというのはこれまでに無い画期的なキャンペーンでしょう。実際にギガ放題キャンペーンが発表されてからソフトバンクへの乗り換えを検討している人はとても多いです。

新型iPhoneを購入したら綺麗なディスプレイで思う存分動画を楽しみたいアプリやゲームをたくさんやりたいという方にとっては必須のキャンペーンと言えるでしょう。

また、ギガ放題キャンペーンでは新型iPhoneでの通信分だけでなくテザリング使用時のデータ通信量もカウントしないため、出先でよくテザリングを利用する方にもおすすめです。

半額サポート for iPhone


画像引用元:iPhone の修理 – Apple サポート 公式サイト
半額サポート for iPhoneは新型iPhoneの購入を強力にサポートしてくれるキャンペーンです。キャンペーンの内容は名前の通りiPhoneの実質負担額をキャリアが半額負担してくれるというもの。

例えばiPhoneXS/256GBモデルの場合、最大で77,520円もの割引を受けることが可能です。キャンペーンを利用する場合の支払い方法は48回払いのみで、一括払いや24回払いで新型iPhoneを購入することは出来ません。

また、半額サポート for iPhoneを使って24回以上分割代金を支払いしてから機種変更をすると、残りの支払いが不要になります。加えて、機種変更の際に再び半額サポート for iPhoneを利用すれば再度割引を受けることが可能です

基本的には上記のように2年スパンで機種変更を行う際に有用なキャンペーンと言えますが、13回以上支払いをしている場合は24回目までの支払い分を精算することで機種変更を行うことも出来ます。毎年新型iPhoneに買い替えたい人には有難い割引と言えるでしょう。

オンラインショップ限定キャンペーン

最近はどこのキャリアもオンラインショップでの機種変更に力を入れており、ソフトバンクもその例外に漏れず様々なキャンペーンを展開しています。

例えば頭金が無料となるのは機種変更を行うユーザーからすると非常に有難いキャンペーンと言えるでしょう。頭金は機種変更や新規契約時に必ず必要となるものと考えられがちですが、実はオンラインショップで端末を購入すると支払う必要が無くなるのです。

他にもショップでは必ずと言ってよいほど勧められる有料オプションを断る必要がない長時間待つことなく手続きを終えられるのもオンラインショップならではのキャンペーンと言えるでしょう。

また、上記のメリット以外にもオンラインショップでは「機種変更をすると最大1万円のAmazonポイントが貰える」などの期間限定キャンペーンを頻繁に実施しています。

これらの点を考えると、新型iPhoneへ機種変更をするならショップではなくオンラインショップにて手続きをした方が良いのは間違いありません。

ソフトバンクのキャンペーンは他のキャリアよりお得?


ソフトバンクの展開するキャンペーンがとてもお得なのは分かりましたが、他社のキャンペーンにはどのようなものがあるのでしょうか。

いくらソフトバンクの割引やキャンペーンだとは言え、他社のキャンペーンに劣っているようでは継続してソフトバンクを使い続ける意味がありません。ソフトバンク以外のキャリアが展開するキャンペーンを見てみましょう。

ドコモの新型iPhoneに関するキャンペーン


画像引用元:NTTドコモ ホーム
ドコモは細かいものも合わせると常時30以上のキャンペーンを行っていますが、新型iPhoneの需要増加に対応したキャンペーンは現在展開していません。

強いて言えば「月々サポート」による割引期間が24ヵ月と長い程度で、ソフトバンクのように複数の割引を適用して毎月の料金を大きく引き下げるのは難しいと言わざるを得ないでしょう。

9月からの「秋のサン9キャンペーン」や端末代金の一部を負担してくれる「端末購入サポート」の対象機種に新型iPhoneが含まれていない点を見ても、ドコモがあまり新型iPhoneの販売に積極的ではないことが分かります。

お得な料金、実質負担額で新型iPhoneを手に入れたいのであればMNPなどでソフトバンクへ移った方が旨味があるでしょう。

auの新型iPhoneに関するキャンペーン


画像引用元:au
auはドコモと比べると新型iPhoneの販売に積極的な姿勢を見せています。特に最大71,720円還元される「iPhone交換プログラム」や機種代金が最大10,800円割引される「iPhoneおトク割」などのキャンペーンは魅力的です。

ソフトバンクと比較した際のデメリットはウルトラギガモンスター+やギガ放題キャンペーンのようなデータ通信量に関するキャンペーンがほぼ存在しないことでしょう。

Netflixパック」に加入することでデータ容量が5GBアップするキャンペーンがあるにはありますが、増量されるのは契約月の翌月だけであり、ソフトバンクの展開するデータ定額プランと比較すると大きく見劣りします

格安SIMの新型iPhoneに関するキャンペーン


デュアルSIMに対応するなど、新型iPhoneは格安SIMで利用しやすくなると騒がれましたが、MVNOの姿勢としては「あくまで端末の割引やキャンペーンはしない」というスタンスです。

実際、新型iPhoneを取り扱っている格安SIMは現在存在せず、自社販売の端末は新型iPhoneの発売によって値引きされた旧モデルの取り扱いのみに留まっています。

過去の傾向を見てみても、新型iPhoneが格安SIMにラインナップされたところで大手キャリア並の割引を受けられることは無いでしょう。割引を期待するのならソフトバンクのような大手キャリアで購入した方が無難です。

ソフトバンクの新型iPhoneキャンペーンは超お得!


新型iPhoneが安く買えるだけでなく、ソフトバンクの料金プランは他社とそこまで大差は無いものの内容で大きく上を行っています。

そのため、今ソフトバンクを使っている人は他者への乗り換えではなく機種変更を選択した方が得できるでしょう。他のキャリアとの比較を見ても分かる通り、ソフトバンクの機種変更キャンペーンはどこよりもお得な内容となっています。

特に1年おトク割やギガ放題キャンペーンなどの機種変更・新規契約でしか利用できないサービスの質は他社を大きく突き放しています。

この点を加味すれば、ソフトバンクでの新型iPhone購入は機種変更をする人だけでなく、MNPなどで新たにソフトバンクと契約する人にもおすすめです。

可能な限り安い価格で新型iPhoneを手に入れたい方、今ソフトバンクを使っていてお得なタイミングで新型iPhoneへ機種変更をしたいと考えている方は、キャンペーンの手厚い今の時期に購入した方が良いでしょう。


ソフトバンク公式でスマホ本体代が最大50%OFFになるキャンペーン実施中!
この記事を書いた人
empire
スマホ、PCが大好きなガジェットオタクライター。大手キャリア系の記事を中心に担当し、格安SIMやクレジットカードも執筆中。誰が読んでも分かりやすく、どこよりも詳しい解説を心掛けています。