Pocket

読了時間:約 2

ここ数年で格安SIMも急速に普及してきました。それに伴い、ソフトバンクのような大手キャリアから乗り換える人も多くなってきています。

一方、やはり使い慣れたソフトバンクなどの大手キャリアから移動することに抵抗のある方も、まだまだ少なくありません。

このページでは、ソフトバンクから格安SIMに乗り換えることで具体的にいくら安くなるのかを調べていき、格安SIMで使える機種についても紹介します。

ソフトバンクで月々かかる料金をシミュレーションする

最初に、ソフトバンクを使っていたらかかる月々の料金を見てみましょう。

ただし、一口にソフトバンクの料金といっても、プランや使い方によって値段は大きく上下します。

そこで、ソフトバンクの店員にオススメのプランを聞いてきました。その店員曰く、もっともスタンダードで人気の高いプランとのことでした。

ここではそのオススメされたプランの値段をそのままソフトバンクの料金と想定します。

ただ、あくまでもその店員が答えてくれたものであり、必ずしもソフトバンク全体の見解なのかはわかりません。あらかじめご了承ください。

ソフトバンクのおすすめ料金プランでは月々7,000円(税抜)

ソフトバンク店員からオススメされたプランでは、月々の値段は7,000円(税抜)とされました。

オプション 金額
基本プラン スマ放題ライト

2,000円/月    
データ定額プラン データ定額5GB

5,000円/月
合計 データ量:5GB

7,000円/月

上の表が7,000円の内訳です。表示価格は税抜です。

通話はあまりせず、データ通信はまあまあという方が対象になっているようです。

なお、

  • みんな家族割
  • 学割先生
  • 半額サポート
  • おうち割 光セット
  • スマホデビュー割

これらの割引キャンペーンはすべて適用しないことを前提としています。

データ定額プランは5択ある

ソフトバンクのデータ定額プランは5つの中から選べます。表示価格は税抜です。

プラン名 データ量 値段/月
データ定額ミニ2GB 1GB

2,900円/月
データ定額ミニ2GB 2GB

3,500円/月
データ定額5GB 5GB

5,000円/月
ギガモンスター 20GB

6,000円/月
ウルトラギガモンスター 50GB

7,000円/月

データ量が多いほど価格も高くなっていきます。

5GBが人気とのことでしたが、妥当に思えます。

5GBというのは、目安としてはYouTubeを6時間視聴できる量です。家にスマホとは別のインターネット回線があれば十分足ります。

自分は2GBでいいと感じる方は、データ定額5,000円/月を3,500円/月に直して考えてください。

逆に20GB必要と感じる方は、6,000円/月で考えてください。

ピックアップする格安SIM


画像引用元:https://smappy-if.com/companies/sim_search?order=high_average_like

さて、次にソフトバンクの7,000円/月と格安SIMの値段を比較したいところですが、格安SIMも今では何十とあり、すべてを取り上げることはできません。

ここでは「格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー – 厳選20社徹底比較! 」というサイトから、ソフトバンク回線を使える会社を取り上げます。

家族割などの家族向けプランは考えず、ひとりで使うことを想定します。

また、格安SIMはデータ通信のみのプランも選べる場合が多いですが、すべて音声通話も付けたプランを見ていきます。表示価格はすべて税抜です。

nuroモバイルなら5GBで月額2,480円


画像引用元: http://mobile.nuro.jp/service.html

nuroモバイルのソフトバンク回線での基本プランの以下のようになります。

データ量 値段/月
2GB 1,680円/月
5GB 2,480円/月

今回はソフトバンクのデータ定額5GBに条件を近づけるため、nuroモバイルでも5GBの選択を想定しました。

nuroモバイルはこの2,480円に、通話時間に基づく通話料と、追加でオプションを付ければそのオプション料が足されます。

追加オプションに必須なものはないため、通話をしなければ本当に月額2,480円+税で使えます。

ただ、2GBと5GBしか選択肢がないのは残念ですね。5GB以上使いたい方にはオススメできません。

サイト紹介: nuroモバイル

QTモバイルなら6GBで2,500円!


画像引用元:http://www.qtmobile.jp/price/index.html#a_type03

QTモバイルのソフトバンク回線での基本プランは以下のとおりです。

データ量 値段/月
1GB 1,700円
3GB 1,800円/月
6GB 2,500円/月
10GB 3,500円/月
20GB 5,100円/月
30GB 7,100円/月

5GBがなかったので、少し多めの6GBの選択を想定しましたが、それでも月額2,500円と非常にお安くなっております。

しかもUQモバイルは、30GBまで対応しており、大量のデータ通信をする方の使用にも耐えられます。

さらに2018年5月31日までは「QTモバイルスタート割」なるサービスが適用されて、月々の価格が12ヶ月間-560円されます。

ソフトバンク回線を使える格安SIMとしては非常にオススメです。

サイト紹介:QTmobile(QTモバイル)公式サイト

料金プランはあくまでも一例だが、安いのは確か

ここまで格安SIMの2社の料金プランを見てきて、いずれもソフトバンクより安くなるという結果になりましたが、これはあくまでも一例に過ぎません。

実際には通話時間や、スマホが壊れた際の修理代金などによっても変わってきます。

ただそれでも、データ通信量に対する料金だけに着眼すると、やはり格安SIMのほうがずっとお得に使えることは間違いなさそうです。

格安SIMで使える機種

ではここからは、格安SIMに乗り換えた場合に使えるスマホについて紹介していきます。

といっても、実は紹介するまでもありません。

ソフトバンクの回線を使った格安SIMであれば、ソフトバンク端末がそのまま使えます。

ソフトバンク回線の格安SIMを契約して、現在お使いのソフトバンク端末にそのSIMを入れれば、それで使えるようになるのです

このページで紹介した「nuroモバイル」「QTモバイル」はソフトバンク回線を利用できます。

ドコモ、auの端末をお使いの方は、ドコモまたはau回線を使った格安SIMを契約しましょう。

どのキャリアの端末でもSIMロック解除できる

また、今はどこのキャリアの端末であっても、SIMロック解除に対応しています。

例えばソフトバンクで購入した端末をソフトバンクショップでSIMロック解除してもらえば、それにドコモやau回線の格安SIMを入れて使うこともできます。

ソフトバンク回線を使った格安SIMはまだ少ないですが、ドコモやau回線であれば豊富なので、それらを使うためにSIMロック解除したほうがいい場合も多いと思います。

※SIMロック解除の方法は必ず各社に問い合わせるなどして確認してください。有料の場合もあります。

SIMフリー端末を購入する


画像引用元:http://shop.kitamura.jp/special/sale-fair/kaden/smart_phone/sim_free/

今使っている機種のSIMロック解除をしないで、SIMフリー端末を購入する手もあります。

SIMフリー端末ならどこのキャリアの回線かを気にせずに使えます。

主なSIMフリー端末としてはiPhoneがあります。SIMフリーのiPhoneは、Apple Storeで購入することができます。

Androidの機種でしたらHUAWEIがオススメです。性能は他のAndroid端末の中で頭ひとつ抜けていますね。

GalaxyやXperiaについては、日本ではSIMフリー端末を販売していません。

ソフトバンク独自のサービスを使っていないなら格安SIMにしてしまおう

格安SIMへの乗り換えは、やはり料金の面でオススメできます。

SoftBank Wi-FiやSoftBankメールといったソフトバンク独自のサービスをあまり利用しておらず、なくても構わないという方は、料金だけで判断して格安SIMに乗り換えてしまっても支障ないでしょう。

格安SIMの会社ごとにも独自のサービスがある場合が少なくないので、ご自身の使用スタイルと合わせて考えてみてください。

こちらのサイトが格安SIMを比較する上で非常に便利です。

格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー – 厳選20社徹底比較!

Pocket