読了時間:約 2

「半額サポート」を利用する


画像引用元:半額サポート | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

ソフトバンクでは、機種代金割引として「半額サポート」を提供しています。

「半額サポート」は対象機種を48回割賦で購入し、特定の条件を満たして、25ヵ月目以降に機種変更すると残りの機種代金が免除される割引サービス。

最大で機種代金の半額が割引されますので、機種の実質負担額を減らしたい方は「半額サポート」を積極的に利用するのが良いでしょう。

「半額サポート」が適用されるための条件

「半額サポート」は機種変更時に加入条件を満たすと加入でき、25ヵ月目以降に特典利用条件を満たすと割引が適用されるシステムです。

加入条件は非常に簡単ですので、機種代金を一括や24回払いで支払いたいという場合を除いて、ひとまず加入しておくのが良いかもしれません。

加入条件
  • 対象機種を割賦契約(48回払い)で購入する
    ※2年契約ありの場合のみ選択可能
  • データ定額 50GBプラス/ミニモンスター、データ定額スマホデビュー、データ定額(おてがるプラン専用)、データ定額ミニ 1GB/2GB、データ定額 5GB/20GB(U18)/20GB/30GB/50GB、データ定額パック・標準(8)/大容量(10)(15)(20)(30)、パケットし放題フラット for 4G/4G LTEのいずれかに加入する

48回払いは2年契約ありのユーザーしか利用できない点は注意が必要ですが、データ定額 50GBプラス(ウルトラギガモンスター)やミニモンスターといった主要プランで加入できますので、加入条件を満たせるユーザーが多いでしょう。

特典利用条件
  • 25ヵ月目以降に「半額サポート」「機種変更先取りプログラム」の指定機種に機種変更する
  • 機種変更の翌月末までに、加入時に購入した機種をソフトバンクにで下取りに出す
    ※査定条件を満たさなかった場合は一部支払いあり

25ヵ月目以降に「半額サポート」の対象機種に機種変更し、かつ使用している機種を下取りに出すことで、以降の機種代金が割引されます。

機種購入時に「半額サポート」へ加入し、25ヵ月目に特典利用条件を満たすと、実質半額で最新機種を購入できます

今は廃止された「月月割」のときも、割引が終了する2年ごとに機種変更していたユーザーは多いと思いますので、割引サイクルとしては非常に近いですね。

ただし、購入した機種の下取りが条件となっていますので、購入した機種が手元に残らないというデメリットはあります。

AQUOS R3に「半額サポート」が適用されるといくら?


割引を利用せずに購入すると、AQUOS R3の価格は113,760円とハイエンドスマホらしい価格になっています。

一方「半額サポート」を利用して、25か月目に機種変更した場合の実質負担額は56,880円とかなりお得です。

また48回払いを利用することになりますので、月あたりの負担額としても、24回払いの4,740円(24ヵ月)よりも、48回払いの2,370円(48ヵ月)の方が小さくなります。

実際に「半額サポート」を利用するかどうかは、旧機種がソフトバンクに回収されるデメリットと天秤にかけて決めるのが良いでしょう。

なお、「半額サポート」提供開始時は「半額サポートへの再加入」も特典利用条件になっていましたが、その条件は2018年11月29日時点で廃止されています。

「下取りプログラム(機種変更)」を利用する


ソフトバンクでは、機種変更時に「下取りプログラム(機種変更)」を利用できます。

「下取りプログラム(機種変更)」は、機種変更時に現在使用している機種を下取りに出すことで、通信料金から24回に分けて割引が受けられるプログラムです。

「半額サポート」に加入する場合も、初回加入時は利用できますので、下取りに出せる機種がある場合は活用することでお得に機種変更できます。

とくにiPhoneの場合は割引額も優遇されていますので、これまでiPhoneを使っていたという方は積極的に利用したいところです。

主な下取り対象機種と割引額は以下の通りです。

iPhoneの下取り価格

下取り対象機種 正常品(割引額) 破損品(割引額)
iPhone X 63,600円(2,650円×24回) 19,080円(795円×24回)
iPhone 8 Plus 39,600円(1,650円×24回) 11,880円(495円×24回)
iPhone 8 33,360円(1,390円×24回) 10,080円(420円×24回)
iPhone 7 / 7 Plus 23,760円(990円×24回) 7,200円(300円×24回)
iPhone 6s / 6s Plus 13,680円(570円×24回) 4,200円(175円×24回)
iPhone 6 Plus 11,400円(475円×24回) 3,360円(140円×24回)
iPhone 6 8,400円(350円×24回) 2,520円(105円×24回)
iPhone SE 4,800円(200円×24回) 1,440円(60円×24回)
iPhone 5s~iPhone 3G 2,400円(100円×24回) 720円(30円×24回)

下取りプログラム(機種変更) | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク参照

Androidの下取り価格

下取り対象機種 正常品(割引額) 破損品(割引額)
Xperia XZ1 / XZs / XZ / X Per / Z3 / Z4 / Z5 9,600円(400円×24回) 2,880円(120円×24回)
Galaxy S6 edge 9,600円(400円×24回) 2,880円(120円×24回)
Nexus 6P 9,600円(400円×24回) 2,880円(120円×24回)
HTC U11 9,600円(400円×24回) 2,880円(120円×24回)
その他のスマートフォン 2,400円(100円×24回) 720円(30円×24回)

下取りプログラム(機種変更) | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク参照

ソフトバンクオンラインショップから申し込む


機種変更を申し込むなら、実際のショップよりもソフトバンクオンラインショップの方がメリットが大きいです。

家電量販店やソフトバンクショップのような代理店では、機種代金とは別に頭金がかかるケースが多いですが、ソフトバンクオンラインショップなら頭金が不要になります。

また、実店舗では混雑状況によって結構な待ち時間が発生しますが、そうした時間や手間もオンラインショップなら省けますのでおすすめです。

ただし、事務手数料については、ソフトバンクオンラインショップでも機種変更時に一律で3,000円かかります。

AQUOS R3へ最大7.6万円お得に機種変更する方法
  • AQUOS R3の本体価格は113,760円。
  • 2019年6月30日までの購入ならPayPayの20,000円相当プレゼントが狙える
  • 「半額サポート」適用で実質56,880円割引
  • 「下取りプログラム(機種変更)」で毎月の利用料金から割引
  • ソフトバンクオンラインショップから申し込めば頭金が不要

できるだけお得にソフトバンク「AQUOS R3」を手に入れよう


機種代金と利用料金を完全に分ける分離プランが推し進められている現在、ハイエンドモデル購入時の実質負担額が高くなることが懸念されています。

ですが、ソフトバンクから購入するなら「半額サポート」を活用することで、実質半額で最新スマートフォンを運用できます。

さらに、PayPayの20,000円相当のプレゼントキャンペーンやソフトバンクオンラインショップを活用して、できるだけお得にAQUOS R3を手に入れましょう。

ソフトバンクの機種変更|最新機種にも使える3万円お得に購入する方法
1 2