ソフトバンクで月々割のiPhone XをiPhone Xsに変更するときにかかる費用は?

  • 2020年6月12日
キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円で断然お得!

米国現地時間9月12日午前10時(日本時間9月13日午前2時)からのスペシャルイベントで、Appleの新型iPhoneが満を持して発表されました。

昨年度に引き続き今年はiPhone XS/iPhone XS Max/iPhone XRという3機種のiPhoneが登場しており、スペックやデザインなど魅力的なポイントが多いのも見逃せません。

今回は、ソフトバンクで月々割のiPhone XをiPhone XSに変更する際にかかる費用についてご紹介しています。既にソフトバンクユーザーの方はもちろん、これからソフトバンクでiPhone XSの購入を検討しているという方も是非チェックしてみてはいかがでしょうか。

ソフトバンクで新型iPhoneの予約をするなら!
iPhone 予約|ソフトバンクで新型iPhone XS / iPhone XRを確実に予約する方法

新型iPhoneはiPhone XS/XS Max/XRの3機種


画像引用元:iPhone XS 製品情報 | ソフトバンク

冒頭でもご紹介した通り、米国現地時間9月12日午前10時(日本時間9月13日午前2時)からのスペシャルイベントでiPhone XS/iPhone XS Max/iPhone XRが発表されました。

スペシャルイベントは日本をはじめとした世界各国でストリーミング配信されましたので、録画せず直接観ていたという方も多い事でしょう。発表された3機種のうち、既にiPhone XS/iPhone XS MaxはApple Storeや大手キャリアで予約が開始されています。

例年通り予約開始直後は回線が込み合ったようですが、現在大手キャリアではスムーズに予約受付が行えるようになっています。昨年度発表されたiPhoneは、先に予約・発売されたiPhone 8/iPhone 8 PlusよりもiPhone Xに人気が集中していました。

この点から考えると、10月に発売予定のiPhone XRは予約が集中し入手が難しくなるかもしれません。

iPhone XS/iPhone XS Max/iPhone XRの予約・発売スケジュール

  • iPhone XS/iPhone XS Max・予約開始、9月21日(金)発売
  • iPhone XR・10月19日午後4時1分より予約開始

新型iPhone3機種のスペック

9月12日にお披露目となったiPhone XS/iPhone XS Max/iPhone XRという3機種のiPhoneは、発表前から様々な予測・リーク情報の流出等がありました。

特にデザイン面に関しては「全面ノッチ型(切り抜き)ディスプレイ」が多くのメディアで予想されていましたので、発表時もあまり驚かなかったという方も多かったのではないでしょうか。

一方のスペック面に関しては、昨年度発表されたiPhone 8/iPhone 8 Plus/iPhone Xから確実なアップデートを果たしています。特に注目すべきは、プロセッサとして搭載されている「A12 Bionic」チップです。

このチップは機械学習の処理などを行うニューラルエンジンとしてiPhone Xから搭載されましたが、昨年度iPhone Xに搭載されていたA11よりもコア数が増えています。

簡単にご紹介するとこの「A12 Bionic」を搭載した事で処理速度が向上しiPhoneに搭載されているカメラなどをこれまで以上に快適に使用する事が出来るようになるというわけです。その他Appleから発表されたiPhone XS/iPhone XS Max/iPhone XRの詳細なスペックは下記の表をご参照ください。

名称iPhone Xs MaxiPhone XsiPhone XR
ディスプレイサイズ6.5インチ有機EL5.8インチ有機EL6.1インチ液晶
カラー3色(サプライズカラーにゴールド)3色(サプライズカラーにゴールド)6色
RAM(ベンチマークテスト結果より)4G4G3G
プロセッサA12 BionicA12 BionicA12 Bionic
容量64G・256G・512G64G・256G・512G64G・128G・256G
SIMスロットデュアル(nanoSIM+eSIM)デュアル(nanoSIM+eSIM)デュアル(nanoSIM+eSIM)
Face ID○(Touch IDは廃止)○(Touch IDは廃止)○(Touch IDは廃止)
公式サイトリンクiPhone Xs MaxiPhone XsiPhone XR

iPhone XやiPhone SEは販売終了?

日本、そして世界中のスマホユーザーがiPhone XS/iPhone XS Max/iPhone XRの発表に湧く中、一部のiPhoneユーザーにとっては残念なニュースもありました。

AppleのiPhone XS/iPhone XS Max/iPhone XR発表に合わせるように、iPhone X/iPhone 6s/iPhone SEという3機種のiPhoneがAppleの公式ストアのラインナップから外されたのです。

これは、Apple StoreではiPhone X/iPhone 6s/iPhone SEという3機種のiPhoneが実質的な販売終了になったという事です。Appleはこれまで旧モデルのiPhoneを値下げし、新モデルと併売するような販売戦略を行ってきました。

しかし、今回値下げが発表されたのはiPhone /iPhone 8 Plus/iPhone 7/iPhone 7 Plusの4機種です。特にiPhone Xは発売からたった1年で公式ストアのラインナップから外された事になりますから、一部のユーザーにとっては新型iPhone発表よりも衝撃的なニュースだったかもしれません。

最新iPhoneの販売開始とともに、今後のAppleの動向も注目を集めそうです。

噂|2018年モデルの新型iPhone X・9の予約・発売日はいつ?最新情報まとめ

新型iPhoneの価格はどうなった?

今回発表されたiPhone XS/iPhone XS Max/iPhone XRという3機種のiPhoneは、デザイン面の刷新・スペックの向上など注目すべきポイントが多々ありました。

しかし、スペックが大幅に向上した事が主な原因なのか、価格に関しては昨年度発表されたiPhone 8/iPhone 8 Plus/iPhone Xよりも高くなってしまったのは事実です。

SIMフリー版を取り扱うAppleストアでは分割払いを、また大手キャリアでは分割払いに相当する月々サポートなどを実施していますが、端末代金が安ければそれだけユーザーにとって手が届きやすくなるのは間違いありません。

既に確認した方もいらっしゃるかもしれませんが、Apple公式ストアや大手キャリアが発表したiPhone XS/iPhone XS Max/iPhone XRの価格を改めてチェックしてみましょう。

Apple公式価格

iPhone Xは初めて(OELD液晶)有機ELを搭載し、ホームボタンを廃止したiPhoneとして話題となりました。しかし、その分価格は非常に高額で2017年9月12日(日本は9月13日)に発表されたiPhone Xの当時の価格は64Gモデルが999ドル、日本円にして112,800円となっていました。

また、現在は値下げが発表されましたが、同時期に発表されたiPhone 8とiPhone 8 Plusの64Gモデルの価格はそれぞれ78,800円/89,800円でした。

今回発表されたiPhone XS/iPhone XS Max/iPhone XRは64G・128G・256G・512Gの中から3つの容量がそれぞれ用意されていますが、同じ容量で比較するとどのモデルも昨年発表されたiPhoneを上回っている点は見逃せません。

スペックの向上などを考えると仕方がない事なのかもしれませんが、価格を考えると一括で購入出来るという方は少ないかもしれません。Apple Storeでは最長60回までの分割払いを選ぶ事が出来ますが30,000円(税込)以上の購入で12回払いまでは金利0%となります。

Apple StoreでのiPhone購入を検討しているなら、金利0%の分割払いを上手く活用してみてはいかがでしょうか。

新型iPhone3機種の価格(Apple Store)

モデル名iPhone Xs MaxiPhone XsiPhone XR
64Gモデル(Apple Store公式価格)124,800円(税別)112,800円(税別)84,800円(税別)
128Gモデル(Apple Store公式価格)××98,000円(税別)
256Gモデル(Apple Store公式価格)141,800円(税別)129,800円(税別)101,800円(税別)
512Gモデル(Apple Store公式価格)164,800円(税別)152,800円(税別)×

買う?買わない?新型iPhoneの発売でiPhone 8とiPhone Xの値下げはあるか

大手キャリアでの価格

昨年度発表されたiPhone Xの売上がAppleの想定通りではなかった事などを理由に、発表前は「価格が抑えられるのではないか」と噂されていた2018年新型iPhone。しかし、蓋を開けてみるとiPhone XS/iPhone XS Max/iPhone XRすべてが昨年発表のiPhoneを上回るという以外な結果となりました。

既にiPhone XSとiPhone XS Maxの予約は9月14日からスタートしていますが、これに伴って大手キャリアの最新iPhoneの取り扱い価格も発表されました。下記の表を見ても分かる通り、端末代金だけで見れば大手キャリアの中ではソフトバンクが最も高額となっています。

ただし、これはあくまで一括で支払った場合の代金であり、選択するプランによっては価格を抑える事が可能です。

新型iPhone3機種の価格(大手キャリア)

iPhone名称iPhone Xs MaxiPhone XsiPhone XR
ソフトバンク64G:149,760円
256G:168,000円
512G:192,960円
64G:136,800円
256G:155,040円
512G:180,000円
64G:106,560円
128G:112,800円
256G:124,800円
au64G:141,600円
256G:159,840円
512G:184,800円
64G:128,640円
256G:146,880円
512G:171,840円
64G:98,400円
128G:104,880円
256G:116,640円
ドコモ64G:141,912円
256G:160,056円
512G:184,680円
64G:128,952円
256G:147,096円
512G:171,720円
64G:98,496円
128G:104,976円
256G:116,640円

ソフトバンクでの支払い費用を確認しよう


画像引用元:ソフトバンク

iPhone XS/iPhone XS Max/iPhone XRの情報を確認した所で、続いてはソフトバンクの支払い費用について改めてチェックしておきましょう。特に、これからソフトバンクとの契約を検討している方は料金プランの確認は必須です。

今回はソフトバンクの月々割にポイントを絞っていますが、他のプランについても改めて確認したいという方は「ソフトバンクで最新iPhone購入時の月額料金の目安とプラン・オプションの選び方」でも確認しておきましょう。

ソフトバンクで選べるプランは?

ソフトバンクで選択する料金プランは、大きく下記の4つに分ける事が出来ます。iPhoneに限らずスマートフォンを購入する際は選択が必須ですので、既にソフトバンクと契約している方に関しては改めてご説明するまでも無いかもしれません。

この4つの項目の内、今回ご紹介している月々割は「機種代金」に当てはめる事が出来るでしょう。ちなみにソフトバンクの公式サイトではおトクな割引プランとして「みんな家族割」や「おうち割光セット」が紹介されていますが、月々割は「その他の料金情報」に記載されており区別されています。

  1. 機種代金
  2. 基本プラン(通話)
  3. データ定額プラン
  4. オプションサービス

月々割の詳細


画像引用元:月月割 | オプション・割引 | 料金プラン | モバイル | ソフトバンク

月々割は新規で携帯電話を購入する場合に利用する事が出来るサービスで、端末の購入代金を大幅に抑える事が可能です。大手キャリアや格安SIM会社でも同じようなサービスが実施されており、近年ニュースでも話題となる「2年縛り」は主にこのサービスの事を指しています。

選択している基本プラン(通話)やデータ低額プランによって月々の支払は異なり複雑ですが、機種代金だけで考えると料金は比較的シンプルです。例えば、今回発表されたiPhone XSの64G・256G・512Gモデルを月々割で支払った際の料金は以下のようになります。

なお、ソフトバンクの月々割は2018年9月15日をもって新規受け付けを終了しており現在は機種変更の場合でしか適用されません。この点は下記でも詳しくご紹介していますので、しっかり確認しておくのが良いでしょう。

iPhone Xs 機種変更時のみ適用iPhone Xs 64GiPhone Xs 256GiPhone Xs 512G
機種代金(一括総額)136,800円155,040円180,000円
月々割(総額)
24回
73,200円(3,050円×24回)73,200円(3,050円×24回)73,200円(3,050円×24回)
実質負担額
(総額)
63,600円81,840円106,800円

半額サポート for iPhoneを利用した場合


画像引用元:半額サポート for iPhone | モバイル | ソフトバンク

ソフトバンクの半額サポート for iPhoneはその名の通りiPhoneだけに適用できるサービスで、機種代金を48回払いに分割する事が可能です。

半額サポート for iPhoneを利用すれば25か月目以降にiPhoneをソフトバンクに回収してもらう事で残りの分割代金の支払いを不要にする事が出来るため、実質的に端末代金を大幅に下げる事が可能なのです。

国内発売のほとんどのiPhoneとともに新たにiPhone XSとiPhone XS Maxも対象となりましたが、利用には「電源が正常に機能する事」などいくつかの条件があります。iPhoneを回収する際に条件を満たしていないと、別途20,000円の支払いが必要となるので注意が必要です。

半額サポート for iPhone対象機種

  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone X
  • iPhone 8/iPhone 8 Plus
  • iPhone 7/iPhone 7 Plus
  • iPhone 6s/iPhone 6s Plus
  • iPhone 6
  • iPhone SE

徹底解説!ソフトバンクの半額サポートと機種変更先取りプログラムの違い

端末代金以外の費用や注意点は?

ソフトバンクでは半額サポート for iPhoneをはじめ、iPhone向けのお得なプランが多数用意されています。iPhone XSやiPhone XS Maxは一括の端末価格だけでみれば大手キャリアの中でソフトバンクが最も高額となりますが、プランの選択やキャンペーンの利用で価格を抑える事は十分可能なのです。

最後に月々割のiPhone XをiPhone XSに変更する時にかかる費用を、主に端末代金以外の視点からチェックしてみましょう。

月々割は新規の受付を終了

月々割の項目でも少し触れましたが、ソフトバンクでは2018年9月15日をもって月々割の新規受け付けを終了しています。このため、これからソフトバンクでiPhone XSの新規契約を検討している方は別の割引プランを活用する必要があります。

また、データ定額ミニ1G~2Gやギガモンスター/ウルトラギタモンスターなど9月5日に新規受け付けを終了したプランは月々割以外にもいくつかあります。

現状料金プランの大幅な刷新が行われている最中ですので、詳細な料金プランに関しては一度ソフトバンクの「料金プラン」でシミュレーションしておくのが良いでしょう。その他、端末代金だけで計算したソフトバンクの24回払い/48回払いそれぞれのiPhone XSの価格は下記の表を参照して下さい。

ちなみに、既にソフトバンクでiPhone Xを契約しており従来プランを選択している方は2018年1月31日までは月々割を適用しての機種変更が可能です。ソフトバンクでiPhone XSの購入を検討しているなら早めの機種変更をおススメ致します。

iPhone Xs 分割価格iPhone Xs 64GiPhone Xs 256GiPhone Xs 512G
機種代金(一括総額)136,800円155,040円180,000円
24回割賦(月々の端末代)2,850円3,230円3,750円
48回割賦(月々の端末代)5,700円6,460円7,500円

月々割のiPhone XをiPhone XSに変更する


画像引用元:機種変更先取りプログラム | モバイル | ソフトバンク

ソフトバンクの月々割は実質的な2年縛りですが、2年経過する前に機種変更をしても違約金等はかかりません。しかし、まだ月々割が終了していない方は機種代金を引き続き分割で支払うか、一括で支払う必要性があります。

違約金がかかるケースはソフトバンクを解約する際などですので、機種変更だけならひとまず余計な出費を心配する必要はありません。また、「機種変更先取りプログラム」や「下取りプログラム」を利用していた場合も機種変更の費用が異なってきます。

機種変更先取りプログラムは旧機種の回収・査定完了を条件として残った機種代金が最大7か月分無料となります。昨年発表されたiPhone X/iPhone 8/iPhone 8 Plusも下取りプログラムに加わりましたから、対象の端末をお持ちの方は利用を検討してみてはいかがでしょう。

割引サービスを活用してiPhone XSを手に入れよう


画像引用元:Apple will livestream 2018 iPhone event on September 12 | 9to5Mac
いかがだったでしょうか。今回はソフトバンク内で月々割のiPhone XをiPhone XSに変更する際にかかる費用についてご紹介しました。

ソフトバンク内で月々割のiPhone XをiPhone XSに変更する際は特に違約金などは発生しませんので、ひとまず現在お使いのiPhone Xと機種変更するiPhone XSの価格を中心に考えておけば問題ないでしょう。

プランは大幅に刷新されている最中ですが、ソフトバンクでは先にご紹介した半額サポート for iPhoneをはじめ各種お得な割引サービスが用意されています。よりお得に新型iPhone/iPhone XSを入手したいなら、これらの割引サービスを徹底的に活用するようにしましょう。

次のステップ

ソフトバンクで3万円お得に機種変更するために必要な2つのポイント

ソフトバンクで機種変更するなら、知らないと3万円分損するかもしれないポイントがあります。お得に機種変更するためにも確実におさえておきましょう!

他社からソフトバンクへ乗り換えて新型iPhoneを購入するなら、おとくケータイやSMARTPHONE STORE、スマホ乗り換え.comのソフトバンク販売代理店3社に連絡して価格を比較しましょう。割引額が少ない実店舗よりお得に購入できます。
詳しくは、「MNPキャッシュバックとは?携帯乗り換えの前に知っておくべき基礎知識」をご覧ください。


キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円で断然お得!
dカード GOLDのメリット
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDの特徴
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
  • Amazon・マツキヨ・スタバ・ローソンなど人気店でポイントがお得
年会費10,000円(税別)審査最短5分で審査完了
ポイントdポイント還元率1~10%
保険国内・海外ありETCカード無料
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ
この記事を書いた人
mikeneko
mikeneko
契約社員・ウェブライターのWワークで活動しています。 10年以上ドコモユーザーでしたが2年ほど前に格安SIMを使い始めました。 機種情報はもちろん、料金プランなどお得な情報をわかりやすくご紹介していきます。