読了時間:約 2

ソフトバンクエアーの通信速度

容量不足
結論から言えばソフトバンクエアーの通信速度はあまり速くありません。

 ソフトバンクエアーフレッツ光WiMAX
上り最大速度15Mbps100Mbps75Mbps
下り最大速度261Mbps1Gbps758Mbps

グラフを見ると分かる通り、ソフトバンクエアーの通信速度は自宅用Wi-Fiの中でも最低クラスです。

これでは通信速度があまり速くないのも無理は無いでしょう。

特に光回線を用いて構築したWi-Fi環境と比べた場合は顕著で、同じように使えると考えていた場合は通信速度の違いに驚く可能性が高いです。

そのため、通信速度を重視するのならソフトバンクエアーは自宅用Wi-Fiの候補から外れてしまうでしょう。

快適にゲームをしたり、動画を見たりしたいのなら尚更で、Webサイトの閲覧やSNSの利用程度でなければ通信をする度にストレスを感じてしまいかねません。

ほんとにデータ通信無制限?

ソフトバンクエアーはデータ通信無制限を標榜しており、いくらデータ通信を行っても速度制限を掛けられることはありません。

しかし、ソフトバンクは「混雑する時間帯では通信速度を制限する」と公式にアナウンスしています。

実際に夜22時以降はかなり通信速度が落ち、翌日の朝7時頃までは通信速度が回復しません。

つまり、データ通信のし過ぎなどで速度制限を掛けられることは無いものの、通信速度が落ちるタイミングがまったく無いわけではないのです。

利用者の増加によって速度低下する時間帯が更に拡大する可能性は充分に考えられるので、ソフトバンクエアーを契約しようか考えている方は注意した方が良いでしょう。

ソフトバンクエアーの評判

料金に比べてサービスが悪い

料金は普通の光回線と変わらないのに通信速度は格段に遅い」という旨の評判はかなり多いです。

割引があるとは言え、ソフトバンクエアーの実質料金は購入した場合3,800円(税抜)/月、レンタルした場合4,290円(税抜)/月と決して安くはありません。

それにも関わらず通信速度が遅いのなら、「サービスが悪い」と言われてしまうのも仕方が無いでしょう。

特にソフトバンクエアーは通常速度でもあまり速い通信が出来ないにも関わらず、夜間は速度制限まで掛けられてしまいます。

魅力が無いサービスとまでは言えませんが、少なくとも通信速度を重視するのなら、ソフトバンクエアーを契約するべきでは無いでしょう。

すぐに使えるから手間が掛からない

ソフトバンクエアー最大の魅力である「工事も設定も要らない」という点を評価する口コミやレビューもよく見かけます。

特に数が多いのは、

  • 引っ越しの手間が省けて嬉しい
  • 機械に詳しくなくても使える

という内容です。確かに引っ越しの手間が大幅に減るのは大きなメリットと言えるでしょう。

引っ越しの際はWi-Fiの他にも電気やガスの開通など、煩わしい手続きが多いため、それらのインフラ整備の手間がひとつでも減るのはかなり嬉しいポイントです。

また、「コンセントに差すだけでWi-Fiが使える」という手軽さも、機械に詳しくない方にとっては魅力のひとつとなるでしょう。

光回線を用いたWi-Fi環境を構築しようとすると、どうしても難しい設定を行わなければいけません。

自分では設定が出来ないために設定を委託すると1、2万円の設定委託料を取られることもあります。

その点、ソフトバンクエアーならば難しい設定をすることなく、すぐにWi-Fiを使い始めることが可能です、

手軽さを重視するなら、通常のWi-Fiよりソフトバンクエアーを選んだ方が良いでしょう、

ソフトバンクエアーは万人向けではない

総評として、ソフトバンクエアーは万人向けのサービスではありません

一部の方にとっては非常に魅力のあるサービスですが、それ以外の方が契約するメリットはあまりないでしょう。

こんな人にはソフトバンクエアーがおすすめ
  • 機械が苦手な方
  • ソフトバンクユーザーの方
  • 通信速度を重視しない方

ソフトバンクエアーをおすすめ出来るのは上記のパターンのいずれかに合致する方です。

特にソフトバンクユーザーであるなら大きな割引を受けられるため、多少通信速度が遅くともソフトバンクエアーを使う価値があります。

上記のパターンに合致しないのであれば、ポケットWi-Fiを契約したり、光回線を使ったWi-Fi環境の構築をしたりした方が良いでしょう。

キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
1 2