キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円で断然お得!
読了時間:約 2

大手キャリアのソフトバンクが実施しているという事で、知名度・利用者ともに多いソフトバンクエアー。

ソフトバンクのスマホとのセット割も実施していますから、既に利用している方も多いのではないでしょうか。

ここではソフトバンクエアーのエリア確認方法やエリア外だった時の対処法などをご紹介しています。

これから自宅などにWi-Fiを導入しようと思っている方は、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。
画像引用元:【公式】SoftBank Air(ソフトバンクエアー)工事不要!おうちのWi-Fi | インターネット | ソフトバンク

ソフトバンクエアーのエリア確認方法は?


画像引用元:【公式】SoftBank 光(光回線のソフトバンク光) | インターネット | ソフトバンク

LANケーブルを引く光回線などと違い、ソフトバンクエアーは4G・LTEを利用した無線サービスです。

有線式と比較して料金も安く、工事が不要など多くのメリットを持つソフトバンクエアー。

インターネットはもちろん、携帯電話やゲーム機などのWi-Fi環境を手軽に整えられる事から人気です。

しかし無線Wi-Fiですので日本全国どこでも利用できるという訳ではありません。

また、家庭用コンセントに挿して使うタイプですので、家の外に持ち出して利用する事も出来ない点には注意が必要です。

対応エリアは公式HPでチェックしよう

ソフトバンクエアーの対応回線は、ソフトバンクの公式HPで確認する事が出来ます。

まずは公式HPより「インターネット→SoftBank Air(ソフトバンクエアー)」の順に進んでいきます。

続いて「SoftBank Air(ソフトバンクエアー)速度情報(住所別下り最大通信速度)」から自身の住んでいる住所を調べましょう。

掲載されているのは下り(ダウンロード)の速度のみで、上り(アップロード)は記載されていません。

また、使っているソフトバンクエアーのバージョンによって261Mbpsと350Mbpsの2種類の速度が記載されています。

念のため電話確認を行おう

上記の方法の他に、ソフトバンク公式HPの「ソフトバンクのサービスエリアマップ」から大まかなエリアを調べる事も出来ます。

ソフトバンクエアーは4G・LTEを利用していますので、地図上に示された赤い場所が対応エリアという事になります。

上記よりもお手軽に確認が出来ますが、こちらはあくまで携帯電話向けのエリアです。

ソフトバンクエアーの対応エリアは携帯電話と若干異なるため、上記の方法で調べた方が正確だと思われます。

また、「SoftBank Air(ソフトバンクエアー)速度情報(住所別下り最大通信速度)」に掲載されていても一部申込み出来ないエリアがあります。

残念ながらより詳細に調べる方法はインターネット上には掲載されていません。

このため申し込み前には確認もかねてソフトバンクエアーの受付センターに電話をするのが良いでしょう。

基本的には申込者の住所がエリア外となっていた場合、ソフトバンクエアーのサポートセンター側から連絡が来るはずです。

ソフトバンクエアーのエリア問い合わせ先

  • 0120-981-072(新規申込みダイアル)
  • 10:00~21:00まで

ソフトバンクエアーはキャンセル出来る?


上記でご紹介したエリアの確認をしっかりと行えば、ソフトバンクエアーをスムーズに使い始める事が出来るでしょう。

しかしエリア確認をせずに申し込んでしまった場合は、上手くインターネットに接続する事が困難だったという事もありえます。

また、その他のトラブルでソフトバンクエアーをキャンセルしたいという方もいらっしゃる事でしょう。

ここではソフトバンクエアーのキャンセル方法などをご紹介します。

エリア外だった場合は無料でキャンセル可能


画像引用元:契約のキャンセル(8日間キャンセル) | ご購入方法(ご予約方法) | ショップ | ソフトバンク

結論から言ってしまえば、ソフトバンクエアーがエリア外だった場合のキャンセルは可能です。

このキャンセルは自宅などで電波状況が不安定な場合、もしくは説明が不十分・契約書面が交付されていない場合などで利用する事が出来ます。

キャンセル出来るのは契約当日から8日間で、制度自体は通信販売などで使われる「クーリングオフ制度」です。

ソフトバンクエアーは通常契約期間が設けられており期間内に解約すると9,500円の解除料が必要となります。

しかし、この方法でキャンセルすれば契約解除料はもちろん、端末の残債返済義務も発生しません。

ただし「想定より遅かった」や「他のWi-Fiルーターにしたくなった」など個人的な理由ではキャンセル出来ないとしています。

あまりにも遅い場合などは「エリア外」と考えて問題ないでしょうから、このクーリングオフ制度を利用しましょう。

キャンセルできる条件など

  1. ソフトバンクエアーの電波状況が不十分
  2. 契約時に十分な説明が無かった
  3. 契約書面が交付されていない場合

8日以降は解除料が必要

「クーリングオフ制度」を利用する以外では、基本的にソフトバンクエアーを無料でキャンセルする方法はありません。

なるべく早めに動作チェックするのが一番ですが、何らかの理由でソフトバンクエアーを8日間使えなかったという方もいるかもしれません。

無料キャンセルは出来ない可能性が高いですが、このような場合まずはサポートセンターに相談してみるのが良いでしょう。

また、8日間以内の解約であっても解除料以外の料金が必要となる事があります。

例えばソフトバンクエアーをレンタルしていた場合、契約事務手数料や返送料金は自己負担となります。

返却が完了していない場合や破損していた場合などは更に高額な費用が必要となりますので、最後まで注意深く作業を行いましょう。

解約・キャンセル等の問い合わせ先

  • (186+)0800-1111-820
  • 10:00~19:00まで

ソフトバンクエアーの契約内容は?


ソフトバンクエアーの料金プランは、携帯電話と比較するとそれほど複雑ではありません。

しかしこれから申込みを行う場合や初めてWi-Fiを契約するなら、ソフトバンクエアーの契約内容が気になる方もいらっしゃるでしょう。

ここでは、ソフトバンクエアーの詳細な契約内容などについてご紹介しています。

基本的な契約内容

ソフトバンクエアーの契約期間は基本的に24か月に設定されています。

契約満了月は1ヶ月しかありませんが、携帯電話の契約でも見られる実質的な「2年縛り」だと言えるでしょう。

この契約満了月以外に解約を行うと9,500円の解除料が必要となる他、契約時に事務手数料3,000円も必要です。

また、端末を分割で購入するかレンタルするかでも違いが見られます。

この他端末を一括で購入する事も可能ですが、価格が高額な上に月々割等のサポートも無くなります。

クーリングオフ制度を利用した場合は分割払いでも残債の支払いは無料となりますから、自身の状況によって選ぶと良いでしょう。

分割払いとレンタルはどちらがお得?


画像引用元:SoftBank Air(ソフトバンクエアー) 料金・価格 | インターネット | ソフトバンク

ソフトバンクエアーの基本料金は、分割払い・レンタルともに月額4,880円となっています。

分割の場合はここから-1,080円の割引が24か月間発生しますので、2年間は3,800円(税込4,104円)で利用する事が出来ます。

25か月目以降は割引が無くなりますので、月額4,880円(税込5,270円)と若干高めの金額となります。

レンタルの場合24か月目まで割引が発生するのは分割と同じですが、ここに端末のレンタル料金月額490円が加算されます。

24か月目までは4,290円(税込4,633円)となっており、25か月目以降も5,370円(税込5,799円)と分割より割高です。

しかし分割払いは端末の購入代金に月々割が適用されているため、契約満了月以外での解約はレンタルより高額になる恐れがあります。

この他に端末代金の一括払いも選べますが、Wi-Fiルーターが長期的に契約するものだと考えると利用する方は少ないのではないでしょうか。

ソフトバンクエアー分割レンタル
契約事務手数料3,000円3,000円
月額利用料金4,880円/月4,880円
Airターミナル料金1,620円(税込)/月490円(税込)/月
月々割(36か月間)-1,620円(税込)/月0円(税込)/月
SoftBank Air割(24か月間)-1,080円/月-1,080円/月
初月利用料金6,800円/月6,800円/月
2~24か月目まで3,800円/月4,290円/月
25か月目以降4,880円/月5,370円/月

ソフトバンクエアーを解約する際の費用を抑えるには?

ここまでで触れた通り、ソフトバンクエアーを解約する際に最も安いのはクーリングオフ制度を利用する事です。

最初に払った契約事務手数料や発送代金等は自己負担となりますが、違約金等もかからず解約できるため費用は最小で済むでしょう。

最後に、クーリングオフを利用する以外でかかる費用や解約方法などについて理解しておきましょう。

解約の方法と費用


画像引用元:[SoftBank Air]解約時に解除料は発生しますか? | よくあるご質問(FAQ) | サポート | ソフトバンク
既に契約から8日間が過ぎている場合、当然クーリングオフ制度は使えません。

8日間以降に解約する場合の選択肢は、「契約満了月まで使う」か「違約金を払って解約する」の2通りがあるでしょう。

レンタルでソフトバンクエアーを利用していた場合、基本的に違約金9,500円以外の料金は必要ありません。

ただし返却していた端末が破損していた場合などは高額な費用が必要となりますので注意が必要です。

また、毎月の利用料金が安くなるという事で分割払いを選択している方は更に注意が必要でしょう。

ソフトバンクエアーの端末代金は、最新のもので58,320円となっています。

月々割を適用していれば場合この残債も一括で請求される事になりますから、合計の費用は高額となるはずです。

ちなみに月々割を利用していた場合は端末代金が36か月分割となりますので、24か月経った契約満了月に解約しても残債は残ります。

一括請求があまりにも高額となる場合は、契約満了月まで使い続けるという手もあるかもしれません。

分割払いの残債推移

ソフトバンクエアー(分割)12か月目24か月目36か月目48か月目
違約金9,500円0円9,500円0円
端末の残債額38,880円19,440円0円0円
支払い金額48,380円19,440円9,500円0円

キャッシュバック乗り換えを利用


画像引用元:WiMAX(ワイマックス)料金プラン | 【公式】Broad WiMAX
インターネット・Wi-Fiルーターの新規契約・乗り換えキャッシュバックは多く、現在では様々な場所で目にする事が出来ます。

このようなキャッシュバックのうち、近年では他社の違約金を負担するキャンペーンも注目を集めています。

例えばWi-FiルーターだとWiMax大手の「BroadWiMax」などが違約金負担キャンペーンを実施しています。

また、違約金ではありませんが固定回線だと大手キャリアauの「au光」やドコモの「ドコモ光」などの高額キャッシュバックも有名です。

固定回線の工事があっても構わないという方は、一度検討してみてはいかがでしょうか。

ソフトバンクエアーのまとめ
  • ソフトバンクエアーは4G・LTEを利用した家用Wi-Fi
  • 家庭用コンセントに挿して使うタイプで、LANケーブルを引くなどの工事が必要ない
  • ソフトバンクエアーの契約期間は24か月に設定されており、契約満了月以外に解約を行うと9,500円の解除料が必要となる
  • 契約当日から8日間であれば、クーリングオフ制度を利用することができる
  • ソフトバンクエアーの端末「Airターミナ」は、最新のもので58,320円
  • Airターミナルは分割、レンタルの両方が可能。分割の方が月々の料金が安くなるが、解約時に残債がある場合は一括で払わなければならない

申込み前にしっかりエリア確認をしよう

自宅のコンセントに挿すだけで、簡単にWi-Fi環境を整えられるソフトバンクエアー。

便利なサービスではありますが、対応しているエリアは限られており速度にも一定の制限があります。

高額な違約金を支払わないためにも、エリアや契約内容など事前の確認は必須です。

ソフトバンクエアーに申し込む前に、クーリングオフ制度や違約金などについて理解し万全の状態にしておきましょう。