2022-23年ソフトバンクの新作スマホ秋冬モデル|最新機種の価格・スペック

ソフトバンクの2022-23年秋冬モデルの価格・スペック・機能などをまとめています。ソフトバンクの2022-23年秋冬モデルは、新型のiPhone14をはじめ魅力的なラインナップが揃っています。今期ソフトバンクでスマホを購入予定の方は、是非参考にしてみてください!

  • 2022年9月22日
2022-23年ソフトバンクの新作スマホ秋冬モデル|最新機種の価格・スペック

本記事では2022-23年ソフトバンクの新作スマホ秋冬モデルをご紹介しています。

ソフトバンクが取り扱うスマートフォンは、Android・iPhone・Google Pixelまで幅広いラインナップとなっているのが魅力です。

ミドル~ハイスペックが中心となりますが、エントリーモデルも用意されており自分に合ったスマホを選べるのは大きなメリットでしょう。

ソフトバンクの新規契約や買い替えを検討している方は、最新スマホの情報を是非確認しておきましょう。

ソフトバンクでiPhone14を予約!
オンライン予約なら当日受け取り可能
iPhone14/Plusのカラー展開
  • 新トクするサポートで約50%OFF
  • 下取りプログラムで最大58,800円還元
  • オンラインweb割で最大21,600円還元
矢印iPhone14をソフトバンク
公式ショップで見る

ソフトバンクの秋冬モデル発売日はいつ?

ソフトバンクのロゴ
ソフトバンク

ソフトバンク秋冬モデルの発売日一覧

ソフトバンク 2021-2022秋冬モデル発売日
2022年秋冬モデル
iPhone14(Plus/Pro/Pro Max)2022年9月16日発売
2021年秋冬モデル ※参考
arrows We2021年12月3日発売
OPPO A55s 5G2022年11月26日発売
BALMUDA Phone2022年11月26日発売
Xperia 5 III2021年11月12日発売
Google Pixel 6 Pro2021年10月28日発売
Google Pixel 62021年10月28日発売
AQUOS zero62021年10月8日発売
iPhone13 シリーズ2021年9月24日発売
2021-2022秋冬モデルは数こそ少なかったものの、Android・iPhone・Google Pixelまでラインナップが豊富でした。

2022-2023年モデルはAppleのiPhone14シリーズ以外まだ発表されていませんが、基本的に後継モデルが中心になると思われます。

2022-23年ソフトバンク秋冬モデル予想
  • AQUOS zero7
  • Google Pixel7/7 Pro
  • Xperia 5 IV
  • OPPO低価格モデル
  • arrows低価格モデル

現在予想できるモデルは上記5機種(シリーズ)です。人気の後継モデルを中心に、手に取りやすいエントリーモデルも販売されると予想されます。

2021-2022秋冬モデルを参考にすると、発売日は2022年9月~2022年12月となるはずです。

ソフトバンクの秋冬モデル予想機種一覧【2022年】

iPhone14
ソフトバンクの秋冬モデル予想機種一覧【2022年

続いてはソフトバンクの秋冬モデル発売機種一覧をご紹介します。

まだ発表前となるため未確定の情報が多いのですが、スペック・価格などを予想しました。

iPhone14シリーズ

iPhone14 Plus
iPhone13
iPhone14シリーズの特徴
  • iPhone14/Plus/Pro/Pro Maxの4モデル展開
  • ProモデルにA16 Bionicチップ搭載
  • 新機能「Dynamic Island」が追加

ソフトバンクの2022-23年秋冬モデルで唯一発売しているのがiPhone14シリーズです。

iPhone14シリーズはiPhone14/Plus/Pro/Pro Maxの4モデル展開で、2022年9月16日(金)より順次発売が開始されています。

iPhone14シリーズの中でも特におすすめなのがProモデルで、今回は最新A16 Bionicチップ搭載&メインカメラが4,800万画素になるというスペックアップがありました。

またProモデルのみ、通知バナーの形がアラート内容に合わせて変化する「Dynamic Island」という新機能が搭載されています。

購入予定の方は下記のスペック・価格をぜひ参考にしてください!

iPhone14のスペック

項目スペック
ストレージ標準128GB、256GB、512GB
Plus
Pro128GB、256GB、512GB。1TB
Pro Max
カラー標準ミッドナイト、スターライト、PRODUCT(RED)、ブルー、パープル
Plus
Proスペースブラック、シルバー、ゴールド、ディープパープル
Pro Max
ディスプレイ標準6.1インチ
Plus6.7インチ
Pro6.1インチ
Pro Max6.7インチ
サイズ標準146.7 mm×71.5 mm×7.80 mm
Plus160.8 mm×78.1 mm×7.80 mm
Pro147.5 mm×71.5 mm×7.85 mm
Pro Max160.7 mm×77.6 mm×7.85 mm
重量標準172g
Plus203g
Pro206g
Pro Max240g
プロセッサ標準A15 Bionic
PlusA15 Bionic
ProA16 Bionic
Pro MaxA16 Bionic

iPhone14の機能

項目機能
アウトカメラ標準メイン:1,200画素
超広角:1,200画素
Plusメイン:1,200画素
超広角:1,200画素
Proメイン:4,800画素
超広角:1,200画素
望遠:1,200画素
Pro Maxメイン:4,800画素
超広角:1,200画素
望遠:1,200画素
インカメラ標準1,200画素
Plus1,200画素
Pro1,200画素
Pro Max1,200画素
ビデオ撮影標準ビデオ再生:最大20時間
ストリーミング:最大16時間
オーディオ再生:最大80時間
Plusビデオ再生:最大26時間
ストリーミング:最大20時間
オーディオ再生:最大100時間
Proビデオ再生:最大23時間
ストリーミング:最大20時間
オーディオ再生:最大75時間
Pro Maxビデオ再生:最大29時間
ストリーミング:最大25時間
オーディオ再生:最大95時間
生体認証Face ID
耐水性能IP68等級
高速充電約30分で最大50%充電
ワイヤレス充電対応
端子Lightning

iPhone14の価格

機種容量価格(税込)新トクする
サポート適用後
iPhone14128GB140,400円70,200円
256GB161,280円80,640円
512GB201,600円100,800円
iPhone14 Plus128GB158,400円79,200円
256GB179,280円89,640円
512GB220,320円110,160円
iPhone14 Pro128GB175,680円87,840円
256GB201,600円100,800円
512GB238,320円119,160円
1TB275,040円137,520円
iPhone14 Pro max128GB201,600円100,800円
256GB220,320円110,160円
512GB257,040円128,520円
1TB281,520円140,760円

\端末代50%OFFになるキャンペーン実施中/矢印ソフトバンク公式ショップを見る

AQUOS zero7

ソフトバンクのAQUOS zero
AQUOS zero6
AQUOS zero7の特徴予想
  • 最新CPU搭載でスペックアップ
  • 10億色を表現する有機ELディスプレイ
  • 最大の特徴である軽量は継続

2022年にはAQUOS zeroシリーズの最新モデル、AQUOS zero7が発売されると考えられます。

AQUOS zeroシリーズはいわゆるミドルハイスマートフォンですが、最新CPUを搭載しスペックアップが図られるでしょう。

また、10億色を表現する有機ELディスプレイ、150gを下回る軽量性など前モデルAQUOS zero6の強みを引き継ぐスマートフォンとなるはずです。

カメラは3眼+ToFという基本的な構成を引き継ぎつつ、センサーサイズの大型化などがあると思われます。

スペック予想
カラー3色
ディスプレイ6.4インチ有機EL
CPUSnapdragon7 Gen1
メモリ6GB~8GB
ストレージ128GB
カメラ3眼+センサー
SIM物理SIM/eSIM
生体認証顔/指紋

Google Pixel7/7 Pro

Google Pixel6
Google Pixel6
Google Pixel7/7 Proの特徴予想
  • 次世代のGoogle Tensor搭載
  • リアカメラ周りのデザインを変更
  • カメラはセンサー最適化などで強化

iPhoneシリーズと並び、ソフトバンクではGoogle Pixelシリーズの販売にも力を入れています。

2022年秋に発売されるGoogle Pixel7/7 Proは、次世代のGoogle Tensorを搭載しさらに性能がアップすると考えられます。

また、リアカメラ周りに厚みを持たせ、前モデルGoogle Pixel6より少しデザインが変更される見込みです。

大きな仕様変更はないものの、カメラのセンサーなど特にソフト面で様々な強化が行われると思われます。

スペック予想Google Pixel77 Pro
カラー3色
ディスプレイ6.3~6.4インチ有機EL6.7~6.8インチ有機EL
CPU次世代Google Tensor
メモリ8GB12GB
ストレージ128GB/256GB128GB/256GB/512GB
カメラ2眼3眼
SIM物理SIM/eSIM
生体認証顔/指紋

\端末代50%OFFになるキャンペーン実施中/矢印ソフトバンク公式ショップを見る

Xperia 5 IV

xperia 5 III
xperia 5 III
Xperia 5 IV
  • Xperia 1 IVと同じ最新CPU搭載
  • コンパクトながらフラッグシップ級性能
  • カメラやゲーム、動画に強い

Xperia 5 IVは2022年9月1日時点で発表されており、今後日本国内・ソフトバンクでの販売も期待されます。

前モデル同様メタルフレーム+ガラスのデザインで、ディスプレイサイズなどに大きな変更点はありません。

ただし、側面が若干フラットになるなど形状が変更され、背面に「Gorilla Glass Victus」を採用することで強度を高めています。

また、Xperia 1 IVと同じ最新CPUを搭載し、コンパクトモデルながらカメラやゲーム、動画などエンタメに特化した機種であるのが特徴です。

スペック予想
カラーブラック、エクリュホワイト、グリーン
バッテリー5,000mAh
重量172g
ディスプレイ6.1インチ有機EL
(リフレッシュレート最大120Hz)
CPUSnaodragon 8 Gen1
メモリ8GB
ストレージ128GB/256GB
カメラ超広角:1200万画素
広角:1200万画素
望遠:1200万画素
SIM物理SIM/eSIM
生体認証顔/指紋

OPPO低価格モデル

OPPO A55s 5G
OPPO A55s 5G
OPPO低価格モデル予想
  • 一括3万円以下で手に取りやすい価格
  • 大画面+デュアルカメラで使いやすい
  • 防水・防塵に対応で安心

ソフトバンクは、OPPOやXiaomiなど中国メーカーの低価格モデルも取り扱っています。

2021年に販売されたOPPO A55s 5Gは一括3万円以下という価格ながら、6.5インチ大画面でデュアルカメラ搭載というポイントを押さえたモデルとなっていました。

おサイフケータイには対応していないものの、防水・防塵性能を有し、しエントリーモデルとして十分なスペックだったのが魅力です。

OPPOがエントリーモデルを発売すれば、ソフトバンクが取り扱う可能性もあるのではないでしょうか。

arrows低価格モデル

arrows We
arrows We
arrows低価格モデルの予想
  • 一括3万円以下で手に取りやすい価格
  • コンパクトサイズで徹底的にシンプルを追求
  • 丸洗いOKなどarrowsならではの機能も

2021年12月にソフトバンクから発売されたarrow Weは、5.7インチ液晶ディスプレイでコンパクトなスマートフォンとなっていました。

デュアルカメラを搭載しているもののCPUの性能は低く、ゲームや動画視聴には当然向いていません。

ただし、防水・防塵とおサイフケータイに対応し、シンプルモードを搭載するなどエントリーモデルとして使いやすいスマートフォンです。

次のモデルが発売されるにしても、スペック・機能が大きく変更されることはないでしょう。

新しいモデルが発売されれば、エントリーモデルとしてソフトバンクが取り扱う可能性もあるはずです。

\端末代50%OFFになるキャンペーン実施中/矢印ソフトバンク公式ショップを見る

ソフトバンクの秋冬モデルをお得に購入する方法

ソフトバンクの秋冬モデルをお得に購入する方法
  • 新トクするサポートを利用する
  • ソフトバンクのキャンペーンを利用する

エントリーモデルならまだしも、高額なハイスペックモデルを購入する際はソフトバンクのプログラムやキャンペーンを活用する事が重要です。

最後にソフトバンクの秋冬モデルをお得に購入する方法をご紹介します。

新トクするサポートを利用する

新トクするサポート1
新トクするサポート
新トクするサポート
概要対象機種を48回分割払いで購入し、25ヵ月目に機種変更すると機種代金が最大半額
プログラム料無料
注意点・プログラムを利用しないで割賦金を支払い続ける選択も可能
・1年くりあげオプションで13ヵ月目以降の機種変更も可能(24回までは支払いが必要)
・回収する機種が破損などで査定条件を満たさない場合、機種の回収に加えて22,000円(不課税)必要
・プログラムの加入時に購入した対象機種を譲渡した場合、プログラムが終了となる
ソフトバンクではスマホの購入時に加入できる新トクするサポートというプログラムを提供しています。

本プログラムに加入した上でスマホを48回分割払いで購入し、25ヵ月目に機種変更することで最大半額の割引が発生します。

25ヵ月目~48ヵ月目ならいつでもプログラムを利用できますし、13ヵ月目以降に1年くりあげオプションを利用することもできます。

もちろん、最終的にプログラムを利用せずソフトバンクにスマホを返却しない選択も可能です。

低価格のスマートフォンも対象となっているので、積極的に活用することをおすすめします。

スマホが破損しているなど返却の条件を満たさない場合に新トクするサポートを利用すると、別途22,000円(不課税)が必要となるので注意しましょう。

ソフトバンクのキャンペーンを利用する

ソフトバンク 下取りプログラム(2022年7月~)
下取りプログラム
主要キャンペーン概要(税込)
下取りプログラムソフトバンクのスマホを下取りに出すと最大58,800円分PayPayボーナス還元
【オンライン限定】web割対象機種に他社から乗り換えると最大21,600円割引
※ソフトバンクオンラインショップ・自宅受け取り限定
【オンライン限定】U30 web割5歳~30歳が対象機種に新規契約でと最大21,600円割引
※ソフトバンクオンラインショップ・自宅受け取り限定
3G買い替えキャンペーン3Gから対象機種に機種変更またはのりかえで機種代金割引
※直営店、オンラインショップは販売価格が最大0円
ソフトバンクでは機種代金を割り引くキャンペーンを提供しています。

長期間提供されている【オンライン限定】web割は最新機種も対象となるため、のりかえ(MNP)なら秋冬モデルをお得に購入できるはずです。

また、新規契約では【オンライン限定】U30 web割が使えますし、機種変更なら下取りプログラムを利用してPayPayの還元を受けられます。

ドコモやau、楽天モバイルと比較するとキャンペーンは少なめですが、契約形態別にお得なキャンペーンが提供されているのが魅力です。

対象条件を満たすなら、新トクするサポートとともにキャンペーンを併用するのがおすすめです。

\端末代50%OFFになるキャンペーン実施中/矢印ソフトバンク公式ショップを見る

エントリーモデルからハイスペックまで幅広いラインナップが魅力

5G
割引を活用してお得に購入

ソフトバンクではAndroid・iPhone・Google Pixelまで多種多様なスマホを取り扱っています。

iPhone14・Xperia 5 IV以外は未確定情報が多いのですが、2022年-23年秋冬モデルも幅広くラインナップされるはずです。

高価格で手が出しにくいハイスペックスマホも、新トクするサポートやキャンペーンを活用すればお得に購入可能です。

割引を最大限活用し、ソフトバンクの新作スマホをお得に購入しましょう。


この記事を書いた人
みけねこ
契約社員・ウェブライターのWワークで活動しています。 10年以上ドコモユーザーでしたが3年ほど前に格安SIMを使い始めました。特にお得なキャンペーン情報には目がありません。「スマホはお得が一番」をモットーに、 最新機種はもちろん料金プランなどの情報をユーザーの目線からわかりやすくご紹介していきます。
ソフトバンク公式オンラインショップ