クレジットカード ソフトバンク ソフトバンク 手続き
読了時間:約 2

携帯電話・スマートフォンの月々の支払いは、口座振替やクレジットカードで手軽に行う事が出来ます。口座振替であっても預金残高や明細書で料金を確認する事が出来ますから、特に不便を感じるような事はないはずです。

しかし、携帯電話・スマートフォンの料金を口座振替で支払っている方は、クレジットカードで支払っている方に比べて損をしているかもしれません。ここではソフトバンクユーザーにお勧めのクレジットカードをご紹介するとともに、買い物やサービスへの活用などよりお得になる方法を解説しています。

現在ソフトバンクの携帯電話・スマートフォンをお持ちの方は、この機会にクレジットカード払いのメリット・デメリットをチェックしてみてはいかがでしょうか。

ソフトバンクの支払い方法は?

まだまだ現金主義が強い日本ですが、近年では電子マネー等の急速な普及によりスマートフォンの決済を中心とする方も増えて来ました。また、クレジットカードも以前よりだいぶ身近な存在となりましたから、大学生・社会人となってとりあえず1枚作ったという方も多いはずです。

クレジットカードは電子マネーなどに使用できるのはもちろん、通販や定額制配信などインターネットサービスの決済手段として当たり前のように導入されています。

口座振替orクレジットカード

ソフトバンクの携帯料金の支払い方法は、口座振替かクレジットカードの2つとなります。既にソフトバンクのスマートフォンをお持ちの方であれば、改めてご説明する必要はないかもしれません。口座振替の支払日は締日によって3通りあり、基本的に新規契約時にソフトバンクによって指定されます。

一方、クレジットカードは利用しているカード会社の締日と支払日に準じているため、ユーザーによって携帯料金の支払日は大きく異なるでしょう。口座振替かクレジットカードでの支払いが中心となっているのは、ドコモやauなどソフトバンク以外のキャリアでも同じです。

ソフトバンク以外だと請求書払いや振込なども用意されていますが、手数料や支払いの手間がありますので利用している方はあまり多くはないのではないでしょうか。

ソフトバンク/口座振替の支払日

ご請求締日ご利用期間支払日(締日の翌月)
毎月月末1日~月末26日
毎月10日11日~翌月10日6日
毎月20日21日~翌月20日16日

クレジットカードで支払った方がお得?

知名度に関わらず、クレジットカードを発行・運営している会社は多くあります。また、一言でクレジットカードと言ってもブランドや発行する会社によって特徴がある事を忘れてはなりません。

日本国内で使用する分にはブランドの選択はあまり重要ではありませんが、例えば流通系・信販系のクレジットカードは独自ポイントやキャンペーンが豊富・銀行系は信用が高いといった特徴が挙げられるでしょう。

銀行系以外のクレジットカードであれば独自のポイントシステム・キャンペーンを導入しているものが多いため、携帯料金の支払いに活用すればよりお得になるはずです。

クレジットカードのタイプ

クレジットカードタイプメリットデメリット
銀行系
(三井住友Visaなど)
信用が高い
ATMの手数料無料特典がある
還元率が低い
審査が厳しい
流通系
(イオンカードなど)
還元率が高い
比較的審査が通りやすい
作りすぎに注意が必要
信販系
(Oricoカードなど)
提携店舗が多く、還元が期待できる手数料は高め

ソフトバンクグループについて知っておこう


画像引用元:IoT|Internet of Things | ソフトバンク

クレジットカードは発行する会社によって、独自のポイントシステムやキャンペーンを導入している事があるというのは先ほどもお伝えした通りです。この発行している会社が大手キャリアと提携・もしくはグループ会社になっていた場合、ポイントシステムも共通して利用されている事があります。

例えば大手キャリアのドコモはポイントシステムとして「dポイント」を導入していますが、ドコモの発行・運営しているdカード以外でもdポイントと提携しているクレジットカードがあるのです。

つまり、グループ会社や子会社の情報をチェックしておく事で、必然的に利用するべきクレジットカードが分かるという事になるでしょう。

ソフトバンクグループの子会社

ソフトバンクは大手キャリアの一つとしてよく知られていますが、グループ企業・子会社も多く様々な事業を手掛けています。例えば、プロ野球チームとして有名な「福岡ソフトバンクホークス」もソフトバンクが出資する子会社という扱いです。

また、近年では海外企業への出資も行っており、中国の通販大手アリババや自動車配車サービスであるUberなどとも積極的に関わっています。このグループ企業の中で特に注目して頂きたいのは、インターネット事業を手掛けているヤフー株式会社が子会社として名を連ねているという事です。

ソフトバンクはTポイントを導入


画像引用元:Tサイト[Tポイント/Tカード]
ヤフー株式会社は米Yahoo!の日本法人として設立されましたが、現在の筆頭株主はソフトバンクグループとなっています。このためヤフー株式会社が運営するECサイトYahoo!ショッピング内でソフトバンクユーザー向けのサービスが実施されるなど、キャンペーンやサービスでの提携にも積極的です。

特に注目して頂きたいのは、ヤフー株式会社のポイント制度であるTポイントが携帯キャリアのソフトバンクでも使用できる事です。Tポイントはソフトバンクの月々の利用料金やアプリ・アンケートで貯まっていくのはもちろん、逆に携帯料金の支払いに利用する事も出来ます。

つまりこのTポイントと相性の良いクレジットカードをソフトバンクの携帯料金の支払いに利用すれば、よりお得に買い物なども出来るという事になるでしょう。Tポイントが貯まるという情報は公式HPにも掲載されていますから、ソフトバンクユーザーなら既に知っていたという方も多いかもしれません。

Tポイントは加盟している店舗も非常に多いですから、買い物やサービスの利用など携帯料金の支払い以外にも活用できるのではないでしょうか。

ソフトバンクユーザーにお勧めのクレジットカード5選

グループ企業や導入しているポイントについて理解した所で、続いてはいよいよソフトバンクユーザーにお勧めのクレジットカードをご紹介していきます。

Tポイントを導入しているクレジットカードはポイントの交換が出来るものを含めると以外と多くありますが、ソフトバンクでの携帯料金の支払いを中心とするとお勧めのものは数種類に絞り込む事が出来ます。

Tポイントの還元率とともに特徴などもご紹介していますので、これまでクレジットカードを持っていなかったという方はしっかりチェックする事をお勧め致します。

Yahoo! JAPANカード


画像引用元:ヤフーカードとは – Yahoo!カード
最初にご紹介するのは、ヤフーの連結子会社であるワイジェイカードが発行しているYahoo! JAPANカードです。ヤフーの連結子会社が発行しているクレジットカードという事で、特にYahoo!関連のサービスとは相性抜群。

Yahoo! JAPANカードは通常100円につき1円分のTポイントが還元されますが、Yahoo!ショッピングやLOHACOで使用する場合は通常ポイント2%+期間固定ポイント1%=合計3%のTポイントが還元されます。

また、Yahoo!ショッピングとヤフオクでは購入に対する一部無料保証特典が付いており、安心して買い物を楽しむ事が可能です。

肝心のソフトバンクのポイント還元率は100円につき1ポイントですが、Yahoo! JAPANカードはTポイントカードとしての機能も併せ持っている為1,000円(税別)につき5ポイントの通常ポイントも還元されます。

ソフトバンクの携帯を契約しているだけでもTポイントが加算されていきますが、更にヤフーのネットショッピングなどを利用すればTポイントをザクザクと獲得していく事が出来るでしょう。

Yahoo! JAPANカードはECT機能を付けなければ入会費・年会費無料で利用する事が出来るのはもちろん、常時新規入会でのTポイントプレゼントを実施しているため初めて作成するクレジットカードとしてもお勧めです。

Yahoo! JAPANカードサービス概要
ブランドJCB,VISA,MASTER
入会費無料
年会費永年無料
ポイントTポイント(100円につき1ポイント)
Yahoo!のサービス利用でポイントアップ
Tカード機能あり
入会特典あり(Tポイント)

ファミマTカード


画像引用元:カードをつくる|カード・ポイント|ファミリーマート

ファミマTカードはクレジットカード事業を手掛けるポケットカード株式会社が発行・運営しており、株式会社ファミリーマートは主要株主という関係で関わっています。

Yahoo! JAPANカードと同じく入会費・年会費無料で使用する事が出来るのはもちろん、Tポイントカードとしての機能も持ち合わせているためソフトバンクに登録してTポイントを貯めていく事が可能です。

ファミマTカードはその名の通り特にファミリーマートでの買いもので特典が付くようになっており現金・クレジットカードでは200円につき1ポイント、更にTカード提示で1ポイント=合計200円につき2ポイントが加算されていきます。

また、火曜日と土曜日はカード提示によるポイントアップ・1か月間の購入金額に応じて翌月のポイントレート変動など様々な特典が用意されているのも魅力的。

Yahoo! JAPANカードと比較するとポイントアップの対象は限られてしまいますが、各種公共料金の支払いにも使えますのでソフトバンクユーザーであればお勧め出来るクレジットカードの一つです。

ファミマTカードサービス概要
ブランドJCB
入会費無料
年会費永年無料
ポイントTポイント(200円につき1ポイント)
ファミリーマートの利用時+1ポイント、各種キャンペーンあり)
Tカード機能あり
入会特典あり(Tポイント)

Tカード プラス(TSUTAYA)


画像引用元:Tカード プラス | クレジットカードのポケットカード株式会社
その名の通り、Tカードプラスは通常のTカードにクレジットカードを付けたものです。Tカードプラス(TSUTAYA)ではTカード提携店やクレジットカード加盟店で200円につき1ポイントを獲得する事が出来るのはもちろん、TSUTAYAでの支払いはいつでも3倍以上のポイントが還元されます。

ランクによって変動がありますが現金払いでは3倍~5倍、クレジットカード支払いなら4倍~6倍のTポイントがいつでも還元されるのです。TSUTAYAはCD・DVDのレンタルの他に、雑誌・書籍・雑貨などの販売も行っていますからよく利用している方にとっては最適なクレジットカードではないでしょうか。

以前は初年度以降一度も利用しなかった場合は500円(税抜)の年会費が必要となっていましたが、2016年5月移行に申込む方であれば年会費無料に変更されました。

この他にもTカードプラスにはカメラのキタムラなどでTポイントが倍増する「キタムラTカードプラス」や富士シティオが運営するスーパーマーケットなどで特典がある「Tカードプラス 富士シティオ」などがあります。

Tカード プラス
(TSUTAYA)
サービス概要
ブランドJCB
(新生銀行グループのアプラスではVISAも選択可)
入会費無料
年会費無料
ポイントTポイント(Tポイント加盟店200円につき1ポイント、クレジット加盟店200円につき1ポイント)
ファミリーマートの利用時+1ポイント、TSUTAYAでのポイントアップあり)
Tカード機能あり
入会特典あり(Tポイント)

JCB CARD W


画像引用元:高いポイント還元率、年会費無料のJCB CARD W!|クレジットカードのお申し込みなら、JCBカード

JCB CARD WにTポイントカードとしての機能は付いていませんが、通常利用で1,000円につき2ポイントのポイント還元が受けられます。還元されるポイントはTポイントではなくJCBのOki Dokiポイントであり、Tポイントへの交換レートは現在Oki Doki 1ポイント=4Tポイントとなっています。

また、JCBのポイントポログラム「JCB×Yahoo! JAPAN ポイントクラブ」に登録する事で1ポイントを4.5~5円分のTポイントに交換する事が出来ますので、実質的に1%のポイント還元率という事になります。

セブンイレブンやスターバックス、Amazonなど一部の店舗ではボーナスポイントが付きますので、それらの店舗を良く利用する方にとっては使いやすいクレジットカードではないでしょうか。

Tカードの機能はついていませんのでソフトバンクに登録する事は出来ませんが、当然携帯料金の支払いにも使用出来ます。

JCB CARD Wサービス概要
入会費無料
年会費無料
ポイントOki Dokiポイント
(1ポイント=最大5円分のTポイント)
Tカード機能なし
入会特典あり(Amazonでのポイントアップ、JCBギフトカードなど)

JCB CARD R


画像引用元:JCB CARD R(リボ払い専用カード)|クレジットカードのお申し込みなら、JCBカード

JCB CARD Rのポイント還元率は通常使用で4倍となっており、JCBのポイントポログラム「JCB×Yahoo! JAPAN ポイントクラブ」を利用する事でTポイントの還元率を2%までアップする事が出来ます。

当然こちらもJCBオリジナルパートナーズとなっているセブンイレブンやスターバックス、Amazonなどでポイントが倍増しますから、上記のJCB CARD Wよりも更に多くのTポイントを獲得する事が出来るでしょう。

また、JCB CARD Wも含めて入会費・年会費無料で利用する事が出来るのも魅力的なポイントです。ただしJCB CARD Rはリボ払い専用カードとなっており、その他の支払い方法を選ぶ事は出来ません。

使い方が難しいクレジットカードですが、新規入会キャンペーンなどのポイントアップを活用すればお得になる可能性があるのではないでしょうか。

JCB CARD R(リボ払い専用)サービス概要
入会費無料
年会費無料
ポイントOki Dokiポイント
(1ポイント=最大5円分のTポイント)
Tカード機能なし
入会特典あり(買いものでのポイントアップ)

ソフトバンクカードはお勧めできない?


画像引用元:おすすめの2種類のカードをご紹介 | モバイル | ソフトバンク

ソフトバンクのHPをこまめにチェックしているなら、ソフトバンクが発行する「ソフトバンクカード」の事をご存じだという方も多いでしょう。一見するとクレジットカードのように紹介されているソフトバンクカードですが、実はプリペイド(前払い式)のカードであり申込みに審査等も必要ありません。

ソフトバンクカードはTカードとして使用出来るようになっており、貯まったTポイントをチャージしてクレジットカードのように加盟店で支払う事も可能です。ただしポイントの還元率は200円ごとに1ポイントとなっており、Tカード提示分を合わせても最大1.5%のポイント還元にしかなりません。

また、プリペイド式であるが故にソフトバンクも含めた携帯電話料金の支払いが出来ず、クレジットカードに比べて使えないサービスが多くあります。

クレジット機能(おまかせチャージ)というサービスに申し込めばソフトバンクカードでも携帯料金の支払いが出来るようになりますが、こちらは審査が必要となっておりポイントの還元率も変わりません。Tポイントの還元率を考えるなら、ソフトバンク以外のカードを利用するのが良いのではないでしょうか。

クレジットカードを最大限活用しよう

上記では5枚のクレジットカードと、ソフトバンクカードについてご紹介させて頂きました。順にご覧になってきた方はもうお分かりかと思いますが、どのクレジットカードを使用しても基本的にソフトバンクの使用料に応じたポイントは1,000円につき5ポイント=0.5%の還元率のまま変わりません。

クレジットカード決済分も含めると1%以上のポイント還元が受けられる事にはなりますが、よりお得に利用したいなら必然的に携帯料金以外のサービスにもクレジットカードを活用していく事が必要となるでしょう。

ポイントの還元率ではばらつきがありますが、例えば上記でご紹介したもののうちTカード機能が内蔵されているクレジットカードは決済と提示でTポイントの2重取りが可能です。

また、特にネット通販はキャンペーンを行っている事が多いため、それらを活用してより多くのTポイントを獲得できるようにする事も重要です。

総合的に考えるなら特にお勧めなのはYahoo! JAPANカードですが、各種キャンペーンはエントリーが必要なものも多いためYahoo!ショッピングやTポイントクラブなどで事前に確認しておく事も重要なポイントとなるでしょう。

Tポイント内蔵型カードを活用

  1. クレジットカード決済とTカード提示の2重取り
  2. 発行会社関連のネットサービスのキャンペーンを利用
  3. Yahoo!ショッピングはポイントアップデーなどをチェック

クレジットカードでソフトバンクの支払いをお得に

いかがだったでしょうか。今回はソフトバンクユーザーにお勧めのクレジットカードをご紹介するとともに、買い物やサービスへの活用などよりお得になる方法を解説させて頂きました。ソフトバンクは例え口座振替であっても、Tカードさえ登録すれば支払いに応じて0.5%のポイントが還元されます。

しかし、クレジットカードで支払いを行えば最低でも1%以上のポイント還元が受けられますからこれを活用しない手はありません。また、提携しているサービスやキャンペーンを活用する事で更に大量のTポイントを獲得する事も十分可能なのです。

年齢や審査などの条件こそありますが、これまでソフトバンクの支払いを口座振替にしていたという方はこの機会にクレジットカード払いを検討してみてはどうでしょうか。

Pocket