読了時間:約 2

ドコモ・au・ソフトバンクなどの所謂「大手キャリア」の料金は非常に高く、契約している料金プラン次第では毎月1万円以上の通信費が掛かってしまうこともあります。

しかし、スマホ料金が高い原因は大手キャリアの提供する料金プランにばかり問題があるわけではなく、契約しているユーザー側に問題があるケースも少なくありません。

というのも、長い間料金の見直しをしていないという方や、利用実態に合わないプランを契約している方などは、減らせるはずの料金を余分に払っていることがあるのです。

では、スマホ料金を適正化し、毎月の通信費を安く抑えるためには、どのような方法を取れば良いのでしょうか。

ここでは、料金プランを見直し、無駄な出費を減らす方法に加え、更にスマホ料金を安く抑えられる「格安スマホへ乗り換える」という方法についてご紹介していきます。

スマホの料金が高いと悩んでいる方は是非目を通して見て下さい。

データ容量別に比較|月額利用料金が安い格安スマホランキング

スマホ料金を安く抑える2つの方法


冒頭でもご紹介しましたが、スマホ料金を安く抑えるには大きく分けての2択のうちいずれかを行わなければいけません。

スマホ料金を安く抑えるポイント
  • 今の料金を見直し、料金プランの変更を行う
  • 格安スマホへ乗り換える

使い勝手を変えずに料金負担を減らしたいのであれば、料金の見直しを行うのが良いでしょう。

ただ、料金の見直しで減額できるのはせいぜい2,000円から多くても3,000円程度であることがほとんどです。

そんな時に考えたいのが「格安スマホへ乗り換える」という方法。料金の安い格安スマホであれば、通信費の負担を今までの1/3以下にすることすら可能です。

使い勝手が変わってしまうというデメリットこそあるものの、現状大幅に料金を安くするためには、格安スマホへ乗り換える以上の方法は存在しません。

どちらの方法が良いかは人によってそれぞれですが、料金が高いと感じているのなら、上記2つのうちどちらかの方法を実践してみることをおすすめします。

料金プランの見直しを行う

まずは通話料金の見直し

通話料金を見直すにあたって見ておきたいのは、

  • 毎月の通話料金
  • 通話時間の平均

の2つです。毎月の通話料金が700円、ソフトバンクを使っているなら500円を超えるのであれば、「通話定額オプション」へ加入すると良いでしょう。

通話定額オプションに加入しておけば、割高になりがちな通話料を定額に抑えられるため、毎月の料金を安く抑えることが可能です。

ただ、500-700円で加入できる通話定額オプションは通話時間に制限があり、5分以上通話をすると通常通り20円/30秒の通話料金が掛かってしまいます。

そのため、通話時間の平均が5分を超える場合は、通話時間に制限のない通話定額オプションに加入しなければいけません。

従量課金型プランに切り替える


現在ドコモ・au・ソフトバンクの3社は従量課金型プランとデータ定額プランの2種類の基本プランを提供しています。

従量課金型プランは名前の通り「使ったデータ量によって料金が変化するプラン」です。

ドコモの「ギガライト」、auの「auピタットプラン」、ソフトバンクの「ミニモンスター」を思い浮かべると分かりやすいでしょう。

データ定額プランは「〇〇GB/〇〇円」というように、使ったデータ量に関わらず一定の料金を支払わなければならないプランです。

ドコモでは「ギガホ」、auでは「auフラットプラン」、ソフトバンクでは「ウルトラギガモンスター+」辺りが定番のデータ定額プランとなっています。

料金のことを抜きにして考えれば、従量課金型プランとデータ定額プランの間に良し悪しはありません

あまりデータ通信をしない方は従量課金型プラン、たくさんデータ通信をする方はデータ定額プランを選ぶと良いでしょう。

しかし、料金を抑えたいのなら絶対にデータ定額プランを選んではいけません

というのも、従量課金型プランが最低3,000円程度から利用できるのに対し、データ定額プランは7,000円近い料金が掛かってしまうのです。

その分使えるデータ量は従量課金型プランより遥かに多いものの、「料金を抑える」ということを一番に考えるのなら不適切な料金プランと言えるでしょう。

少ないデータ量でも問題なくスマホを運用できるのであれば、従量課金型プランへの乗り換えを検討してみて下さい。

また、従量課金型プランに加入しているのに料金が高くて困っている、という方にはWi-Fiの導入をおすすめします。

特に光回線を使ったWi-Fiは非常に優秀で、自宅でのデータ通信量を削減出来、契約しているキャリアの光回線を使えば携帯料金が割り引かれる特典まで受けられます。

必要ないオプションは解約する

大手キャリアは格安スマホなどに比べてオプションを豊富に用意しており、上手く使いこなせばスマホライフをより快適にすることが出来ます。

しかし、便利なオプションはどれも高く、スマホ料金が高くなる原因となってしまいがちです。

複数のオプションに加入しているという方は、一度オプションの内容を調べた後、本当に必要なのかどうか考えてみましょう。

必要ないオプションを解約することが出来れば、その分スマホ料金を安くすることが可能です。

利用できる割引がないか調べる


格安スマホにはない大手キャリアならではのメリットとして「割引が多い」というものがあります。

例えば、光回線とセットで契約することで受けられる「コラボ割引」や家族で同じキャリアに加入すると受けられる「家族割」などは代表的でしょう。

大抵の割引は適用条件がそこまで高くないので、利用出来そうな割引があれば積極的に活用してみて下さい。

特に家族の人数が多い場合は家族割によって2,000円以上の割引を受けることも可能です。

せっかくの割引を利用しない手はないので、料金を見直す際は使える割引がないか確かめてみることをおすすめします。

高額なスマホを買わない

分割でスマホを購入する方が多い関係上、高額なスマホを購入することは毎月の支出を増大させてしまうことに繋がります。

特に、今後は端末に対する割引が減少していく可能性が非常に高いため、高額なスマホを考え無しに買ってしまうと、大きな負担となりかねないのです。

そのため、スマホを購入する際は出来る限り安いスマホを選ぶようにし、10万円を超えるような機種は割引がない限り買わないようにした方が良いでしょう。

料金プランの見直しと安く抑える
  • 毎月の通話料金、通話時間の平均など通話料金の見直す
  • 従量課金型プランに切り替える
  • 必要ないオプションは解約する
  • 利用できる割引がないか調べる
  • 高額なスマホを買わない
【経験者が語る】携帯乗り換えで損する人の特徴と得する方法

次のページでは、スマホ料金を安く抑えるために格安スマホに乗り換える方法をご紹介します。

1 2