読了時間:約 3

今ではなくてはならない便利な支払いの手段となっているクレジットカード。

インターネットショッピングなどの普及もあり、ネット関係の支払いはクレジットカードを使用するものが多くなってきているので、クレジットカードを持っていないというのは不便なものです。

そんな困った時に利用できるのが、「バンドルカード」です。

「バンドルカード」の申し込み方法からチャージ方法、その仕組みやメリット、安全性などをご紹介していきます。

トップ画像引用元:VANDLE CARD[バンドルカード] – 1分でカードを作って、3分でお買い物。

バンドルカードとは

画像引用元:VANDLE CARD[バンドルカード] – 1分でカードを作って、3分でお買い物。

バンドルカードは、Visaの加盟店での支払いが可能なチャージ式のVisaプリペイドカードです。インターネット上のVisa加盟店であれば、世界中どこからでもクレジットカード同様に利用することが可能です。

また、Vプリカとは違って、オプションで「カード発行」をすれば、実店舗でも利用できるというのも特徴となっています。

バンドルカードの種類

画像引用元:VANDLE CARD[バンドルカード] – 1分でカードを作って、3分でお買い物。

バンドルカードはその違いによって、3種類のカードに分けられています。

カードの違いは下記の表の通りとなります。

カードの種類バーチャルカード実際のカードリアル+(プラス)
入手方法アプリをダウンロードしてアカウント登録すると発行アプリ内から実際のカード発行手続きをすると発行アプリ内からリアル+(プラス)カード発行手続きをすると発行
利用できるお店(VISA加盟店)・国内のオンライン
・海外のオンライン
・国内の実店舗とオンライン
・海外のオンライン
・国内の実店舗とオンライン
・国外の実店舗とオンライン
発行手数料無料300円600円
1回あたりチャージ上限額3万円3万円10万円
月間チャージ上限額12万円12万円200万円
残高上限額10万円10万円100万円
全累計チャージ上限額100万円100万円無し

※VISA加盟店でも一部利用できない店舗もあります。

バンドルカードの作成の制限

画像引用元:VANDLE CARD[バンドルカード] – 1分でカードを作って、3分でお買い物。

クレジットカードとは違いバンドルカードの発行には、年齢制限がありません。ただし、未成年者の発行の場合には、保護者の同意が必要となりますので注意が必要です。

Vプリカが申し込み可能なのは「国内在住で18歳以上」となっており、バンドルカードの方がカード作成の条件的な敷居は低いといえます。また、その作成には面倒な手続きも必要なく、スマートフォンでアプリをインストールし、登録をするだけで利用が可能です。

面倒な本人確認・銀行口座の登録は、一切必要ありません。

登録によって発行される情報

バンドルカードの作成が終わると、即座にカード情報が与えられ、アプリ内で確認することも可能となります。

発行される情報は下記の通りです。

  • カード番号:クレジットカード同様、16桁からなる番号
  • 有効期限:月/西暦が下2桁で表示
  • セキュリティコード:クレジットカード同様、3桁の番号

バンドルカードでは、無記名で利用できるカードとなっていますので、所有者の氏名情報の登録は必要としません。インターネットなどで氏名を入力する必要がある場合にも、「姓:VANDLE」「名:USER」で利用可能なのもバンドルカードならではの仕様です。

登録名でも、カード作成時にニックネームの登録が必須となるVプリカとの大きな違いとなります。

有効期限

バンドルカードの有効期限は5年間となります。Vプリカの有効期限1年と比べても有効期限は長く設定されています。

利用が出来ないケース

バンドルカードもプリペイドカードという性質上、Vプリカ同様、利用が出来ない事もあります。

バンドルカードが利用できないお店や支払い内容は、下記の通りとなっています。

  • ガソリンスタンド
  • 宿泊施設
  • 公共料金
  • 定期支払い
  • 定期券の購買
  • 保険料
  • 高速道路料金
  • 機内販売

支払い範囲が広がる「リアルカード+(プラス)」とは

画像引用元:VANDLE CARD[バンドルカード] – 1分でカードを作って、3分でお買い物。

「リアルカード+(プラス)」は、バンドルカードでは支払いの出来ない、ガソリンスタンドや宿泊施設(ホテル内の飲食店を含む)、ネットショップ以外の海外のVISA加盟店で支払いができるカードとなっており、旅行好きの方にもおすすめです。

チャージ料金以上のお金を使うことが出来ない性質のカードのため、クレジットカードを旅行先での紛失などが心配という方にもおすすめ。

ガソリンスタンド・宿泊施設の料金というのは金額が後から確定するため、最初に決まった金額(ガソリンスタンドは8,000円、宿泊施設は25,000円)を決済させ、料金確定後に発生した差額を返金・追加徴収するといった仕組みとなっています。

バンドルカード使用上のメリット

ここでは、バンドルカードを使用するにあたってのメリットをいくつか詳しく見ていきます。

誰でも持てる

バンドルカードにはクレジットカードとは違い、審査がありませんので誰でも利用できるというのが一番のメリットとなります。バンドルカードの作成には事前審査・本人確認・年齢制限もありませんので、スマホが利用できれば誰でも持つことができます。

学生など事情によりクレジットカードが作れないまたは持てない人、クレジットカードをむやみに作りたくないという人にとっても一つの解決策となります。

最近では「クレジットカード支払い限定」のチケットなんていうのも増えてきています。そんな時、クレジットカードがない場合や、持てない場合には、バンドルカードを利用する事でチケットを購入できるようにもなります。

本名の登録の必要がないからこそのメリットも

バンドルカードは、作成の際に氏名登録する必要がないことは既にお伝えしていますが、このことがチケット購入時には大きなメリットとなり得ます。

例えば、支払い関連では厳しい「チケットぴあ」では、購入希望のアカウント名義と、クレジットカードの名義がイコールでないとそもそもカード決済を行うことが出来ません。

そんな「チケットぴあ」でも、バンドルカードを利用すれば、どんなアカウントでも問題なく支払いが可能です。

バンドルカードは無記名で利用可能なカードですので、名義チェックの意味がありません。このカードの性質を利用する事で、厳しい「チケットぴあ」であったとしても、家族や友達に協力をしてもらってチケットを購入する事も可能となります。

チャージの手数料・維持費が無料

バンドルカードは、Vプリカと比較してもその手数料が非常にお得となっています。

チャージの際の手数料も無料となり、しかもクレジットカードにありがちな会員費のような、カードの維持費もかかりません。

Vプリカの場合には、チャージの際には2,000円で200円10,000円では390円のチャージ手数用が必要となり、また3ヶ月間の間利用が無い場合には休眠カードとして125円が維持費として引かれます。

バンドルカードは中高生の利用も安心

バンドルカードはチャージ金額限度が設定されていますので、電子決済などに慣れていない中高生の利用にも安心な設計となっています。また、チャージの上限額まで利用した場合には、更新手続きをすれば引き続き利用する事も可能です。

バンドルカードはチャージも簡単

画像引用元:VANDLE CARD[バンドルカード] – 1分でカードを作って、3分でお買い物。

バンドルカードのチャージは、コンビニの端末(Famiポート・Loppiなど)で申込券を発券し、レジで支払いを行う事で簡単に行う事が出来ます。

1 2