読了時間:約 2

インターネットのお陰で世界はどんどん便利になっています。その中でも今注目すべきなのは、スマホを使った支払い方法についてでしょう。

モバイルSuicaやApple Payなど、時代は急激にキャッシュレス化へと進んでいます。今回ご紹介するのはそんなスマホを使った支払い方法の中でも新しい部類に入る「スマートデビット」についてです。

デビットカードのシステムを利用して作られたスマートデビットは、私たちの生活をどのように変えてくれるのでしょうか。話題のスマートデビットについて丁寧に解説していきます。

そもそもデビットカードって?


スマートデビットについて知る前にまずはデビットカードについておさらいをしておきましょう。デビットカードに関する知識があれば、スマートデビットについてより深く理解することが出来ます。

また、混同されがちなクレジットカードとの違いもご紹介しますので、いまいちクレジットカードとデビットカードの違いが分からないという方は参考にしてみて下さい。

デビットカードとは

デビットカードとは口座のお金を直接使って支払いをするカードのことです。基本的には銀行などの金融機関によって発行されるもので、デビットカードを使って支払いをすると、自動的に代金が預金から引き落とされる仕組みとなっています。

デビットカードはクレジットカードでお馴染みのVISAやJCB、MasterCardなどの国際カードブランドがシステムを提供して発行されているのが特長です。デビットカードと似たものとして挙げられるプリペイドカードとの決定的な違いはこの点にあると言っても良いでしょう。

また、クレジットカードと同一のブランドがサービスを提供しているため、デビットカードはクレジットカードが使える場所ならどこでも使うことが可能です。

余談ですが、デビットカードにはVISA等の国際カードブランドがシステムを提供しているものだけでなく、「J-Debit」と呼ばれる日本独自のシステムを採用したものも存在します。

しかし、利用可能時間に制限がある、決済できる場所が少ないなどの理由からあまり人気が無く、利用者は国際カードブランドが発行するデビットカードに比べるとかなり少数です。

デビットカードを発行していない銀行の口座しか持っていないケースなどでは役立ちますが、利用している銀行が国際カードブランドのデビットカードを発行しているのならば、わざわざJ-Debit対応のデビットカードを使う必要は無いでしょう。

クレジットカードとの違い

前述の通りデビットカードは決済をすると自動的に口座から代金を引き落とす仕組みですが、クレジットカードは一旦カード会社が代金を立て替えた後、後日まとめて利用額を請求する仕組みです。

つまり、デビットカードは即時払い、クレジットカードは後払いとなっており、デビットカードは現金払いに限りなく近い感覚で使えるカードと言えます。

スマホ対応デビットカード『スマートデビット』

乗り換えに必要な費用
スマホ対応デビットカードとは、簡単に言えば「スマホがデビットカードの代わりになるサービス」のことを指します。日本では2018年4月にサービスが開始されたばかりでまだ名称は定まっていませんが、「スマートデビット」、「モバイルデビットカード」と呼ばれることが多いです。

デビットカードで決済をする場合、支払いの際は必ずカードが必要になりますが、スマートデビットはアプリにデビットカードの機能が搭載されているためカードを必要としません。つまり、財布を持ち歩く事無くスマホだけで支払いを済ませることが可能なのです。

もちろん、支払いが出来るのはスマートデビットに対応した店舗に限りますが、スマートデビットは従来の電子マネーのシステムやネットワークを利用して支払いを行うため、対応する店舗はかなりの数になります。

決済できるのは電子マネー対応店のみ

クレジットカード加盟店であればどこでも支払い可能なデビットカードに対し、スマートデビットはクレジットカード加盟店では使うことが出来ません。スマートデビットが使えるのは電子マネーに対応した店舗のみで、オンライン決済にも未対応となっています。

というのも、スマートデビットはあくまで預金を一旦電子マネーに変えてから決済を行うものであるため、電子マネーを経由しないカードブランドのシステムを使うことは出来ないのです。

ただし、スマートデビットとは別にデビットカードやクレジットカードを持っていれば、カード加盟店でも決済を行えます。

例えば国内初のスマートデビットであるみずほ銀行スマートデビットは銀行口座だけでなく自社の発行するデビットカードも登録できるようになっており、デビットカードを発行・登録しておけば状況によってスマートデビットとデビットカードを使い分けられるのです。

現金と違いクレジットカードやデビットカードはかさばらず、スマホケースに忍ばせておくこともできるので、買い物へ行く先がスマートデビットに対応しているか分からないというケースではスマホだけでなくカードも持ち歩くようにすると良いでしょう。

一般的な電子マネーとの違い


スマートデビットと一般的な電子マネーとの違いは「チャージの必要があるかどうか」にあります。電子マネーの場合、使うためには予め一定額チャージしておかなければいけません。

しかし、スマートデビットは使える額が預金残高に依存するため、預金が無くならない限りは使い続けることが出来ます。チャージの手間が無いというのは非常に優れた点で、スマートデビットが登場して以降、チャージ式の電子マネーを使うことが減ったという人はとても多いです。

実用化されているのは「みずほ銀行スマートデビット」のみ


画像引用元:https://www.mizuhobank.co.jp/retail/mizuhoapp/wallet/index.html
現在実用化されているスマートデビットはみずほ銀行の提供する「みずほ銀行スマートデビット」のみで、他の銀行は未だスマートデビットには未対応となっています。

ただ、みずほ銀行のサービス開始に合わせて他の銀行も続々とスマートデビットの準備に取り掛かっています。例えば、じぶん銀行は2019年春よりスマートデビットサービスの提供をスタートすると発表しました。

今後もこの流れは続くと予想され、ゆくゆくは様々な銀行でスマートデビットを利用することが可能となるでしょう。

スマートデビットのメリット・デメリット


スマートデビットの詳細が分かったところで、スマートデビットのメリット・デメリットについて見てみましょう。サービスの良い点、悪い点を知れば、スマートデビットが自分に向いているのかどうかが分かります。

スマートデビットのメリット

スマホだけで支払いができる

スマートデビット一番のメリットはスマホだけで支払いが出来る点にあります。これまではどこへ行くにも財布に現金またはクレジットカードや電子マネーのカードを入れて持ち歩かねばなりませんでした。しかし、口座に直結しているスマートデビットがあれば財布は必要ありません。

コンビニやスーパーなどのちょっとした買い物であれば財布を持っていくことなく、スマホだけで手軽に支払いを済ませることが可能なのです。

また、支払い時に小銭を数える必要が無いのもメリットのひとつでしょう。現金で支払いをする際は購入するものや利用したサービスによって1円単位で小銭を数えなければいけませんが、スマートデビットなら機器にかざすだけで支払いを完了させられます。

現金での支払いに煩わしさを感じている方や出来るだけ物を持たずに外出したい方にとって、スマートデビットはまさに待望のサービスと言えるでしょう。

わざわざお金を下ろす必要がない

預金を直接使えるスマートデビットがあればお金を下ろす機会が減ります。というのも、日々の支払いがスマートデビットに対応した場所で完結する場合、わざわざ現金を用意しなくても良いためATMへ行く必要が無くなるのです。

普段何気なく行っていることですが、お金が無くなる度にATMに行くのは非常に面倒ですし、なにより手数料を考えるとATMへ行く頻度は減らした方が良いでしょう。

1 2