格安SIM・格安スマホ 格安SIM乗り換えガイド 機種変更
読了時間:約 2

格安SIM会社が急速に増えてきた昨今、ユーザーは端末や通信業者を大手3大キャリアに限らず自身の好みで選べるようになりました。今使用している端末をそのままでキャリアを乗り換える際は契約内容を入念に確認するとともに、SIMロック解除の手続きについても確認しておかなくてはなりません。

「SIMロック解除という言葉は聞いたことがあるけれど、どのようなものかは分からない」という方は以外と多いのではないでしょうか。ここではSIMロック解除の詳しい解説とともに、格安スマホに乗り換えるための方法や注意点をご紹介しています。

SIMロック解除とはどのようなもの?

SIMロック解除を簡単に説明すると、「スマートフォンを他のキャリアで使用できるようにするための操作」という事になるでしょう。

例えば、ドコモで購入したスマートフォンはSIMロックという制限があるためにそのままでは他のキャリア(auやソフトバンクなど)では使用できないようになっています。

何故わざわざこのような事としているかと言うと、SIMロック制限をかける事により通信規格や周波数をキャリア独自のものにして、コストを抑えるためというのが一つの理由です。

また、SIMロックは単純にキャリア側の顧客の囲い込みとして利用されている訳では無くユーザーにとってもいくつかのメリットがあるのを忘れてはなりません。キャリアはユーザーが長期契約してくれる事を前提として開発費などを投入出来るため、スマートフォンの価格を抑える事が可能です。

SIMロックは、通信事業者とユーザー双方にメリットがある方式なのです。

SIMカードとは

「SIMロック解除」がどのようなものか理解出来たけど、そもそもSIMカードが何なのか分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。SIMは「Subscriber identity module」の略称であり、日本語では「加入者識別モジュール」などと呼ばれます。

このSIMにはスマートフォン契約者の識別番号や電話番号、メールアドレスなどが登録されておりキャリアはこれを元に料金の請求などを行っています。

これまでキャリアと携帯電話を契約する際は必ずセットになっていましたので、キャリアショップなどでSIMカードをスマートフォンに挿入するのを見た事がある方も多いかもしれません。

つまり、「SIMロック解除とは?」でもご説明したようにこれまではキャリアと契約したスマートフォンとSIMカードが同一でなければ利用出来ないようになっていたのです。

逆に考えればユーザー側は実質0円で販売されているような携帯電話を購入する事が出来るようになったので、回線の加入者が大幅に増加したという経緯があります。

SIMロック解除はどのような時に使う?

日本では瞬く間に普及したSIMロックと長期契約の方式ですが、実は海外では一般的では無く基本的にはSIMフリースマートフォンが中心となっています。

ユーザーの経済状況に限らず高価なスマートフォンを簡単に契約する事が出来るようになったのは良い点でしたが、契約する端末や回線を自由に選べない事が徐々に問題視されるようになって来ました。

このような状況を主に「ユーザーの囲い込み」として問題視した総務省は、2010年に「SIMロック解除に関するガイドライン」を策定します。このガイドラインが策定された事により、国内でも徐々にSIMフリースマートフォンが普及してくるようになりました。

SIMロック解除は2015年に義務化された

SIMロック解除に関するガイドライン」が策定された2010年はまだ格安SIM会社は少なく、携帯電話の契約もドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアが中心でした。

当然3大キャリアの足並みはそろわず逆に番号を変えずにキャリアを移行する事が出来るMNPやキャッシュバック、2年縛りなどの契約を複雑化させる要因が続々と誕生します。

携帯電話のキャッシュバックを目当てに乗り換えを続けるユーザーが問題視されたのを、覚えているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。このように紆余曲折あったSIMロック解除ですが、2015年にはようやく3大キャリアのSIMロック解除が義務化されました。

これにより、現在ではユーザーが希望する事で端末を変える事無くSIMカードの差し替えを行うだけで他業者の通信サービスを利用する事が出来るようになったのです。

SIMロック解除のメリットとは?

SIMロック解除が義務化された事により、ユーザーはこれまで使用していたスマートフォンをそのままで通信業者を乗り換える事が可能となりました。新しい端末が欲しい・端末が古くなったなど以外ではコストを抑える意味でもSIMロック解除を利用するのはメリットが大きいものです。

もちろん、SIMロック解除のメリットはこれだけではありません。

格安SIM会社への乗り換えで通信コストを抑えられる

上記でご紹介した「SIMロック解除に関するガイドライン」が策定された事により、格安SIM業者は急速に普及・拡大しました。格安SIM会社は大手のキャリアよりも通信費用を抑えてありますので、SIMロック解除を行って乗り換えるだけで大幅なコスト削減に繋がるでしょう。

データ通信料を見ても最低500MBから細かく分けている事業者も多くありますので、自身に合ったプランを選択できるのが魅力的。

これまで格安SIM事業者の通話プランはかけた分だけ料金が発生する従量制が中心でしたが、現在ではかけ放題など定額制のプランも多く登場し利便性はますます高まっています。

大手キャリアも流出を避けるため料金プランの見直しや低額化を進めていますが、まだまだ格安SIM事業者の方が料金は安い状況が続いているのです。

SIMロック解除を利用しての乗り換えは「キャリアからキャリア」という選択肢も可能ですが、通信コストを抑えたいというユーザーは多く格安SIM事業者への転出は増加傾向にあります。

海外SIMも簡単に利用出来るようになった

これまで海外で携帯電話を利用する際は、現地の端末レンタル・Wi-Fiルーターレンタルや通常料金より割高なローミング通信を利用する必要がありました。ローミング通信とは、一定の設定を行えば海外(現地)の通信業者の電波を利用してスマートフォンが使用出来るようになる仕組みです。

これらの対策を行っていなければ契約している回線に国内のパケット料金が適用され、高額な利用料を請求される事になります。一方、自身が持つ端末をSIMロック解除しておけば、現地で販売されているSIMカードを挿入するだけで通信料金を抑える事が可能です。

SIMカードを差し替えればすぐに利用を開始できますので、利便性も高いのが魅力的。また、海外用SIMカードやレンタルWi-Fiは国内にある空港などでもレンタルする事が出来ます。海外に行く予定が無い方でも、この仕組みを覚えておくといざという時安心ではないでしょうか。

SIMロック解除にもデメリットがある?

簡単に出来そうなSIMロック解除ですが、格安SIMに乗り換える場合などはSIMカードの差し替えなどは自身で行う必要があるためある程度の知識が必要となります。また、当然ながらSIMロック解除にもいくつかデメリットがあるのを忘れてはなりません。

SIMロック解除には手数料がかかる

SIMロック解除をするためには、自身が契約しているキャリアに対して「SIMロック解除の手続き」を行う必要があります。ドコモやau、ソフトバンクなどの大手ではSIMロック解除手続きはホームページや電話、店頭で対応しています。

ただし、キャリアごとに手続きを行える場所が異なる点には注意が必要です。店頭や電話のSIMロック解除は有料で3,000円(税抜)が必要となりますが、どのキャリアでもオンライン上の手続きは無料となっています。

よほどの事情が無い限りは、オンラインでSIMロック解除の手続きを行うのが無難な選択肢でしょう。ドコモ・au・ソフトバンクの各キャリアごとに申し込める方法と手数料は下記のようになります。2015年5月を境として申し込みの条件が異っているため注意が必要です。

申込方法/キャリア(2018年5月以降発売の機種)ドコモauソフトバンク
オンライン無料(My docomo)無料(auお客様サポート)無料(My SoftBank)条件有り
電話3,000円(税抜)局番無し「151」×(対応無し)×(対応無し)
店頭3,000円(税抜)ドコモショップ3,000円(税抜)auショップ×(対応無し)

SIMロック解除の条件に注意

上記の手数料に含める事も可能ですが、SIMロック解除を利用して他社に移る際はある程度の費用が必要となります。例え端末のSIMロックを解除したとしても、携帯電話の回線契約自体が解約された訳ではありません。

このためSIMロック解除後にすぐに格安SIM会社に移行した場合などは、2年縛りなどのキャリアの契約内容に注意しておかないと違約金が発生してしまう事があるのです。

契約内容などは各キャリア・MNO・MVNOごとに異なるので可能であればSIMロック解除前にチェックしておくのがおススメです。

また、特にドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアでは発売された時期によって端末のSIMロック解除の条件が細かく異なる点にも注意しておかなくてはなりません。一部下記の表に記載しましたが、より詳しく知るためには各キャリアのホームページを参照するのが良いでしょう。

SIMロック解除の条件/キャリアドコモauソフトバンク
2015年5月以降に発売された機種ネットワーク利用制限、おまかせロック等がかかっていない事など2015年5月以降に発売された機種でSIMロック解除に対応している事など2015年5月以降に発売された機種でSIMロック解除に対応している事など
2011年4月~2015年4月に発売された機種特に条件は無し△(SIMロック解除の可否判定が必要)店頭(ソフトバンクショップ)のみ受け付け可能

SIMロック解除を利用して格安SIMに乗り換える方法

SIMロック解除した端末を利用して格安SIM会社に乗り換える場合、大まかな流れは下記のようになります。SIMロック解除の作業だけで考えれば非常に簡単ですが、問題はその後の通信事業者への移行作業となるでしょう。

特に問題なのは移行のタイミングで、キャリアの解約日によっては1か月分の通信料が余計にかかる事にもなりかねます。MNP(電話番号を変えずに乗り換える場合)なども注意が必要ですので、乗換のタイミングには気をつけておきましょう。

STEP.1現在契約している端末のSIMロック解除
STEP.2格安SIM会社への申し込み
STEP.3キャリアの解約
STEP.4格安SIM会社への移行

格安スマホに乗り換える際の注意点

SIMロック解除を利用して乗り換える大まかな流れが理解出来た所で、最後に格安スマホに乗り換える際の注意点をチェックしておきましょう。2015年5月を境として条件が異なる事や乗り換えのタイミングなどについては先にもお伝えした通りですが、実はSIMロック解除の注意点はこれだけではありません。

SIMカードにも規格がある


画像引用元:https://mobile.rakuten.co.jp/article/welcome/sim/

一言でSIMカードと言っても、現在のスマートフォンのSIMには大きく分けて3つの種類がある事をご存知でしょうか。最も大きいものでは25mm×15㎜の「標準SIM」が、続いて15mm×12mmの「micro SIM」、12.3mm×8.8mmの「nano SIM」があります。

iPhoneでは基本的にnano SIMが採用されており、Androidスマホではnano SIMかmicro SIMが採用されているのが一般的となっています。

現行モデルではnano SIMとmicro SIMが基準となっていますが、中古市場に出回っている白ロム(SIMカードが無いスマホ)などを購入する場合は標準SIMが採用されているモデルもあるため注意が必要です。

格安SIMに移行する際は基本的に自身でSIMカードの選択まで行わなくてはなりませんから、確認を怠ると「端末にSIMカードが合わなかった」という事もあり得ます。格安SIM会社に移行する前は、自身の端末に採用されているSIMカードの規格を十分確認しておくようにしましょう。

事前に通信方式や周波数帯をチェックする必要がある

自社で回線網を所有している大手キャリアをMNO(Mobile Network Operator)と呼ぶのに対して、格安SIM会社はMVNO(Mobile Virtual Network Operator)と呼ばれます。

格安SIM会社は基本的に自社で回線網を所有しておらず、大手キャリアの回線を利用してユーザーと契約しているためこのように区別して呼ばれているのです。

通信規格はドコモとソフトバンクでは「W-CDMA」が採用されていますが、auは「CDMA2000」が採用されておりどちらも互換性はありません。このため例えばドコモからauの回線を借りている格安SIM会社に移行しようと思っても、通信規格があっていないと使用できないという事もありえます。

これらの通信規格は俗に「ドコモ系MVNO」などと呼ばれて区別されていますから、自身のキャリアや移行する格安SIM会社の情報を事前にチェックする事が必要不可欠だと言えるでしょう。

ちなみに格安SIM会社の楽天モバイルでは2019年より自社回線を提供すると発表していますが、他の通信事業者が追随するかどうかはまだ分からないのが現状です。

そもそもSIMロック解除が不要の端末もある

上記のように、現在契約しているキャリアと移行する予定の格安SIM事業者の通信規格には十分注意する必要があります。SIMロック解除にはそれほど時間はかかりませんが、直前になって慌てないよう早めに準備しておく事は重要です。

しかし、SIMロック解除は必ずしも必要なものでは無く、現在契約しているキャリアと格安SIM会社の通信規格次第ではそもそも不要という事もあるのです。

例えばドコモから回線を借りているMVNO事業者であれば、ドコモから移行する場合は基本的にSIMロック解除の必要がありません。逆に、au系SIMカードの場合は端末ごとに確認が必要となります。

Andoroid系スマホは2015年5月以降の機種がSIMロック解除に対応している事になりますが、それ以前の機種でもキャリアによってはSIMロック解除に対応した端末があります。

また、iPhoneだと下記の5機種はドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアすべてでSIMロック解除が可能です。

SIMロック解除可能なiPhone端末

  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone SE
  • iPhone 7
  • iPhone 7 plus

SIMフリースマホという選択肢もある

SIMフリースマホとは、初めからSIMカードが挿入されていない状態で販売されており単体でも購入できる端末の事です。通信規格に注意する必要はありますが、SIMフリースマホは基本的にどの格安SIM会社にも対応しています。

わざわざSIMロック解除を行う必要は無く、現在では種類も豊富にありますのでユーザーも自身に合った端末を選ぶ事が出来るようになりました。格安SIM会社でもSIMカードとのセット販売を積極的に行っていますので、予算に合った機種を探しやすいのもポイントでしょう。

SIMフリースマホと混同されやすいものに「白ロム」がありますが、こちらはSIMカードが挿入されていないだけでSIMロック解除は行われていないので注意が必要です。

SIMロック解除が必要かどうかは自身の状況次第

今回はSIMロック解除の詳細な内容と、格安SIM会社に乗り換える方法や注意点を合わせてご紹介させて頂きました。SIMロック解除は格安SIMに乗り換えるなら知っておかなければならない事ですが、移行するキャリアや端末によっては不要という事もあります。

また、格安SIM事業者でも取り扱われているSIMフリースマホを利用する事で、SIMロック解除をするよりもお得に乗り換えが出来る可能性もあります。自身が現在契約しているキャリアや移行する通信事業者の情報を事前に調べ、SIMロック解除が必要がどうか判断する事が重要だと言えるでしょう。

2018年|格安SIM・格安スマホ徹底比較|主要10社のメリット・デメリット・評判まとめ

2018年 全国 格安SIM会社一覧|エリア・基本料金・特徴・おすすめ度

Pocket